1581500 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

夏でもスキーを想う

PR

Profile


ドジボ

Calendar

Archives

Freepage List

Category

Favorite Blog

厚真町 omoidori pro… のるでぃ。さん

小春☆日和 はる☆SSSさん

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

ドジボ@ Re[1]:ゲレンデの端っこを狙え(09/29) 平さんさんへ あはは♪ ウケました~(笑) …
平さん@ Re:ゲレンデの端っこを狙え(09/29) いつも楽しく拝見してます。 スキーと同…
ドジボ@ Re[1]:ゲレンデの端っこを狙え(09/29) ライザさんへ こんにちは! 私、最近はシ…
ドジボ@ Re[1]:ゲレンデの端っこを狙え(09/29) snowmanさんへ そうなんですよ~。 シー…
ライザ@ Re:ゲレンデの端っこを狙え(09/29) ドジボさん だんだん寒くなってきました…

全5件 (5件中 1-5件目)

1

カヤック

2018.07.24
XML
カテゴリ:カヤック
夏にスキーなんか想ってらんない。
夏はやっぱ海でしょ。

私、マリンスポーツとは
縁がなかった。

そりゃ海水浴ぐらいには行ってた。
でも浅瀬でパシャパシャしてるだけなので
とてもスポーツとは言えない。

20代の頃は毎年数回行ってたけど
もうまったく行かなくなった。

人に見せられないお腹になってきた
ということもあるけど…。

そんな、海とは無縁の私が
ひょんなことからカヤックと出会い
マリンスポーツを楽しむようになった。

昨日は宮城県の女川っていう所から
漕ぎ出した。




仙台の気温は36度超え。
でも海の上の風は
とっても心地いい。




海の上を自由自在に
どこへでも行ける。

洞窟にも入れる。



海サイコー!

漕ぐのをしばし止めて
ゆらゆらと波に揺られるのも
また気持ちいい。

あぁ…このままプカプカ流されて
この海で繋がっている
アメリカまで行ってしまいたい(笑)

どうせならカナダに流されて
そのまま冬まで暮らして
スキーをしたい…。

ふわふわのパウダースノーに飛び込みたい。

あれ?
海サイコーとか言いながら
いつのまにかパウダースノーを想ってる…。

私やっぱり、スキーヤー(笑)



夏は山へプラスノーしに行く人も
出っ張ったお腹を気にせず海水浴へ行く人も
クリックしてチョーダイませ。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村


スキーランキング






Last updated  2018.07.24 00:38:56
コメント(5) | コメントを書く
2018.07.17
カテゴリ:カヤック
やっぱり無理だった。
痛風を押してのシーカヤック。

前日になっても痛みの治まる気配はなく
泣く泣くキャンセルした。

私が申し込んでたのは
ガイド付き、カヤックレンタル付きの
1日ツアー。

ところで
スキーもそうだけど
何かスポーツを始めるときは
まずスクールに入って体験するのがいい。

私が今回申し込んだのは
仙台のアースクエストって会社で
本格的な講習をしてくれるとこだ。

初心者はまず、丸1日の初級講習を受けなければならない。
そうしないとツアーへ連れてってくれない。

私はすでに初級講習を受けているから大丈夫なのだ。

一昨年、講習を受けた後
松島湾ツアーにも参加した。

観光遊覧船が行き交う合間を縫って
松島湾を悠々とクルーズするのだ。

遊覧船でしか巡れないと思っていた島々に
自分で漕いで行けちゃう。
不思議な感覚で、すんごく楽しかった。

最初に受ける初級講習では
漕ぎ方や止まり方
急旋回などの曲がり方などを教えてくれる。
その中でも一番大事なのが
セルフレスキューの仕方だ。

艇がひっくり返った時に
自分ひとりで対処する方法ってこと。
ちなみに艇がひっくり返ることを、沈(ちん)と呼ぶ。

沈したときの練習なので
まずは、わざと沈させる。
自分で艇ごとひっくり返るのだ。まじすか…。

沈したら最初は
腰に着けてるウオータースカートを外さなきゃならない。
ウオータースカートとは
座ってるコックピットの穴を塞ぐゴム製の蓋だ。

海の中に逆さになると
ボコボコボコっていう水の音が聞こえてくる。
これ、テレビなんかで
人が溺れたときに聞こえる音だ…。

この音で、まず慌てる。

息を止めたまま
焦る気持ちを抑えて
ウォータースカートを、よいしょ!と外す。

すると体がコックピットからスルリと抜け出る。
そのまま海面へと浮き上がって
ひっくり返ってる艇の底にしがみ付く。

プハァ…、助かった。
自分で落ちておきながらも、ほっとする。

そしたら艇を元通りに
どっこいしょとひっくり返す。

さて、ここからが本番。

這いつくばるようにして艇に上るのだ。
しかし、艇が不安定でグラグラ揺れるので
なかなか難しい。
上がったと思ったら向こう側に落ちちゃったり
艇をまたひっくり返しちゃったり…。




ここが練習のしどころ。
これが出来ないままツアーに参加して
沖で沈しても
誰も助けてくれない。
絶対に出来るようにならないとダメなのだ。

なんとか上がったら
両足で艇を跨いで
バランスを取りながら
コックピットまで、にじり寄って行く。

そしてさらにバランスに気をつけて
座って無事終了。

あ、まだだった。
コックピットに入った水を
ヒシャクでかき出して
これでほんとに終了ってことになる。

沈したときに海中で抜け出すことなく
乗ったままクルンと回転して元に戻す
ロールって技もあるんだけど
ちょっと高度なのでまだ教えてもらえてない。
それはまぁ、おいおい。

と、こ~んな講習なのだ。

CMHヘリスキーで
ビーコンの使い方を練習して
出来るようになるまでヘリに乗せない
ってのと同じだな。

自然を相手にする遊びは
リスクに対応できるスキルを身に付けとかないと
自分自身が危険になるのはもちろん
周りにも迷惑をかけてしまう。

そんな意味で
ちゃんとした講習をしてくれるアースクエストは
信頼がおけるのだ。

初級講座といっても
波の少ない入り江でのレッスンのあと
午後からは沖のほうへと漕ぎ出すから
ツアーの楽しみも味わえるよ。

あ、ちなみに
湖でやるカヤックと
シーカヤックはちょっと違う。

艇自体が違うし
湖でのカヤックは
シーカヤックほどシビアじゃない。

湖でのカヤック(カヌー)体験コースって
あちこちでやってるけど
10分ぐらい浅瀬で練習すれば
すぐ沖へ漕ぎ出せるから
気軽に参加してみて。
もちろん沈の練習なんかしないよ(笑)

湖ではのんびりカヤック。



海では、のんびりプラス
波を乗り越える
アトラクション的な楽しみもある。



波を次々に乗り越えて進むのって
コブ斜面を滑ってるような感覚だ。

夏はやっぱり
海や湖での遊びが一番。

スキーのことなんか想ってる場合じゃないよ。(おいっ!)

宮城のお勧めツアー会社 アースクエストは⇒ こちら


そだよね、スキーなんて想ってらんないよね! という人も
ブログタイトルに偽りあり! と思った人も
クリックしてチョーダイませ。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村


スキーランキング






Last updated  2018.07.17 13:54:52
コメント(2) | コメントを書く
2016.08.30
カテゴリ:カヤック
子供っちゅうのは
海があれば飛び込みたくなるし
岩穴を見つければくぐりたくなる。
で、怒られたりする(笑)

私たち大人が子供と違うのは…

誰にも怒られないので
ホントにやっちゃうところ(笑)

うひょ~! ドッボ~~ン! ♪♪♪



よーし! 行くど~! ♪♪♪



子供より手に負えない
子供に戻っちゃった大人たち…。

まいっか♪


写真はどちらもドジボじゃないよ。

大人のあなたも
子供みたいな大人のあなたも
山に雪が降ると子供に戻っちゃうあなたも
クリックしてチョーダイませ。

にほんブログ村


スキー ブログランキングへ






Last updated  2016.08.30 22:14:31
コメント(0) | コメントを書く
2016.08.24
カテゴリ:カヤック
浜で食べる特製チキンカレー。パンはいくつ食べてもいいよ。
でもチキンは一人2本(笑)
カヤックツアーでの昼食。



最近、カヤックに目覚めた。
シーカヤックで海に漕ぎ出し
秘密の浜に上陸して
お茶を飲んだり
ご飯を食べたりする。

ガイドが
バーナーでお湯沸かして
豆をドリップして
コーヒーを淹れてくれる。

ガイドたちのようなアウトドアな人って
インスタントコーヒーを使わずに
ちゃんと挽いた豆を使う。

こだわるんだねぇ。

私が自分でやるとしたらインスタントだな。
だって、めんどくさいもん。

あ、淹れてくれるんなら話は別。
コーヒーは豆から淹れるに限るよね♪

(……)


カヤックのツアーで
沖の小島まで漕いで行って
一泊するツアーがあるそうだ。

寝るのはテント。

私、ムリ。

テントを設営するのは
気持ちが盛り上がってるからまだ出来るけど
片付けるのがチョーめんどくさい。

ペグを抜いてきちんと揃えて袋に入れたり
テントの幌をきちんと畳んだり
めんどくさくて、やってらんない。

そもそも私
カバンやリュックから出した荷物を
また同じように詰め込むことができない。
必ず何か入りきらなくなる…。

あ、誰かが設営から片付けまでやってくれるなら
まぁ、一回ぐらいは行ってもいいかな。

(来ていただかなくて結構です…)


同じくめんどくさいって理由で
自分主催のBBQもやりたくない。

何故かいつも火起こしに手間取って
みんなが楽しくビール飲んでるときに
大汗かいて炭と格闘しちゃうし。

みんなが部屋の中に移動して
楽しく喋ってるのに
暗くなった庭で蚊に刺されながら
炭の処理とか
焦げ付いた網やコンロを掃除しなくちゃならない。

こんなことなら、焼き肉屋に行ったほうがずっといい。

あ、誰かに呼ばれるBBQならいいよ。

(ドジボさんのこと、まじ呼ばないから…)


話は逸れるけど
銭形平次の歌で

♪誰が呼んだか、誰が呼んだか銭形へい~じ~

って歌詞があるけど
「え~、平次なんか誰が呼んだんだよぉ」
ってな意味に取っちゃうよね。

(取らね~から…)



スキーもカヤックもやるのに
全くアウトドア派じゃない私。

スキーとかカヤックの後は
温泉旅館がいいな。
上げ膳据え膳で♪


そー言えば最近
BBQ仲間に若手が増えてきて
ぜ~んぶ若手がやってくれるから
結構、上げ膳据え膳なのだ。
「ドジボさん焼けたっすよ」とかって皿に分けてくれたりして♪
ま、私も今までずっとそうやって来たんだから
世代交代だね。
若手諸君、頑張りなさい。

(偉そうに…。誰が呼んだの?ドジボさんのことぉ)

え?


BBQの火起こしが苦手な人も
焦げた網の掃除が苦手な人も
焦げた網をすぐ取り替えてくれる焼き肉屋が好きな人も
クリックしてチョーダイませ。

にほんブログ村


スキー ブログランキングへ






Last updated  2016.08.24 08:30:51
コメント(0) | コメントを書く
2016.08.19
カテゴリ:カヤック
納涼写真。雪山じゃなく海の写真じゃ。
ドジボ、カヤックで海を行くのだ。



そろそろオフトレのジョギング始めなきゃ。
てか、スキーの前にマラソン大会もあるっつうの。

てな話は置いといて。

春に、夏物のスーツを買おうと思ったけど
ダイエットして痩せてから買うことにした。

すぐジョギング始めるし
すぐ痩せられるから。

まだ買いに行けてない…。

それどころか、ウエスト成長してる…。

そりゃそうだ。走ってないもの。

さすがの私も後悔してる。

(ちゃんと走ってればよかったね、ドジボさん)


あの時買っておけばよかった…。

(そこかいっ!)



オフトレ順調な人も
オフトレそっちのけでカヤックだので遊んでる人も
クリックしてチョーダイませ。

にほんブログ村


スキー ブログランキングへ






Last updated  2016.08.19 23:02:28
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.