1114013 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ストップ !! 「第二迷信」

スキーは「直滑降」だ 続

実践編。

とにかく、緩斜面を直滑降で滑りきろう。


(「スキーは直滑降だ。」続)
http://plaza.rakuten.co.jp/akatamago/diary/200801120001/


スキー板はそもそも真っすぐ進むようにできている
わざわざ「斜め」に滑るのは、高等技術。

漢字の「木」より「板」を先に習ってどうするんだ?
…というのが、「ハの字」から始めない理由。

直滑降から始めるメリットは、とにかく「本数」をこなせる。一日券の元を取れ、という貧乏性もあるが、
回数を滑らないと面白くない

そこそここなしたら、カーブの練習へ。

物理学的に、スキー板は、雪を圧縮するほどよく滑る
 直滑降から「右」に回りたければ、「左」を前に出せばいい。

左足に体重をかけたら自然に右に曲がっていく。

(左手でグーを握って押し出せ、というと自然に左足に力が入ります)

曲がった後は、ほっといても「重力」で「下」に向く。

これだけでも、「初級ゲレンデ」はすいすい。

「ハの字」で苦戦してるスクールのお嬢さん達を尻目に、うちの子達はぶっ飛ばす。

(いや、考えすぎかもしれないけど、)簡単に滑れたらコーチ料が高く思われるから、わざとボーゲンに時間かけてるんじゃないか?と思ってしまう。

いくらでも機会のある雪国育ちと違って、「二泊三日」で帰る者は、翌年までにカンを忘れないために、「その年のこと」はしっかり身につけないと無駄になるんですよ。


楽しさがわかれば、いろんなことに挑戦できる。

(「スキーは直滑降だ」続続)

http://plaza.rakuten.co.jp/akatamago/diary/200801140001/

中級コースになると、斜度がちょっとあるのと、
斜面の凹凸が目立つ。

コブをうまく使ってターンを決めると、カッコイイ。
(ゲレンデスキーなんてのは、ほとんどが「格好つけ」みたいなもん)

その前に、小さい凹凸は「膝の屈伸」で越える。
(モーグルの里谷選手をお手本)

初級の直滑降練習で、おもいっきり前傾してたのを、ここで初めて、身体をおこす。

左右の振りも、膝を使えるようになると、ずいぶん自由ができるし、
ちょっと膝を傾けるのを覚えると、パラレルターンの時のエッジの練習に使える。

「ハの字」の欠点は、自転車の補助輪と同じく、
「底面積」を広げてしまうこと。

パラレルがボーゲンと根本的に違うのは「重心を底面の外に出す」こと。
開いた脚の内側に体重を乗せる癖をつけたら、抜けるのに苦労する。

後で抜く癖なら、初めからつけないのが一番。
シュテムターンだといって、曲がるたびに開け、閉じろと言われたら、面倒だわ(コーチ料のために余分に時間かけてるんじゃないか…?)

じつは体重の軽い子供の場合、パラレルより、「ウェーデルン」のほうが身につけやすいようにも思います。

「ハの字」は止まるための技、と割り切って、滑りまくるのが「二泊三日」スキーヤーの上達法。

「いくつのワザを身につけたか」が問題ではない。


(「スキーは直滑降だ」続続続)
http://plaza.rakuten.co.jp/akatamago/diary/200801210000/

さいきんのカービングスキーは、エッジがカーブしてるので、膝をまげて雪面に「カーブの内側」(だいたいは「谷がわ」)にエッジを引っ掛けたら、自然に曲がれるらしい。
(自分で履いたことがないので「らしい」としか言えない)

 エッジを鋭角に入れようと思えば、上体は傾けず、膝から下を傾けて、板の底の角度を取ればいい。
(もちろん「前傾」はしたまま)

 このへんは、スノボの兄ちゃんがボードの両側を交互に使いながら、上体を安定させてるのが参考になりそう。

 ボードでは絶対にできないのが「ストック」

 右にターンしたいとき、体を前に伸ばして、右前方に狙いをつけて、
ストックを突くのとあわせ、(ストックをコンパスの針にして)
小さく跳び上がるつもりで体をうかせて、そのまま右にむいて着地すると、
かなり「直角」のターンができます。

パラレルで回ったほうが楽なんですが、
ボードの人達の目前で、直角(鋭角)ターンを決めると、ちょっと気持ちよかったりします。

 「二泊三日」スキーヤーで、このくらいは充分楽しめます。
(と言っても、最終日は子供たちは半日券で自由に滑ってるのに、オヤジは朝から温泉で骨休め。
子連れで夜行は難しいので、早朝発の「半日+1日」で一日半しか滑れない)

 あー、久しぶりにスキー行きてぇー…。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.