857025 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ストップ !! 「第二迷信」

2007年07月30日
XML
カテゴリ:数学は芸術だ
 参議院選挙の結果がでています。(くわしい結果は明日の新聞で見るとして)

全国区比例代表の定数48が「ドント方式」という計算で割り振りされる。

「比例」というと、ちゃんと比例配分される印象があるけれど、
割り当て数が「48」という整数であり、投票数が何千万であれば、最後には端数の始末になる。

計算例として、スケールを小さくして。
「定数16」をÅ:10万、B:5万、C:3万、D:2万、E:1万
の得票で配分した場合。

単純に投票数20万で定数16だから、頭割り比例配分すれば、
A:8.0議席、B:4.0議席、C:2.4議席、D:1.6議席、E0.8議席。
四捨五入すれば
A:8議席、B:4議席、C:2議席、D:2議席、E:1議席
(1議席不足するから、Dに泣いてもらって0.6を切り捨て。)
A:8議席、B:4議席、C:2議席、D:1議席、E:1議席


これが、ドント方式で配分すれば、
A:9議席、B:4議席、C:2議席、D:1議席、E:0議席

あれー?
CDEの「端数」がすべて切り捨てられて、まるまる、「端数のなかったA」にいっちゃう。

【計算式】
(A:10万÷9≒1.1万)
(B:5万÷4≒1.2万)
(C:3万÷=1.0万)
(D:2万÷=1.0万)
(E:1万÷=1.0万)
※Cの3人目、Dの2人目、Eの1人目の「1.0」より、Aの9人目の「1.1」が優先。
(Bの5人目、Aの10人目も「1.0」。定数が20あれば、1万票ごとに1議席。)

もともと、参議院全国区が「完全個人票」だったとき、
たとえばA党候補の実力にばらつきがあって、一人が大量得票したら他の何人かが共倒れ、
というのを防ぐために作られたような歴史で、
「比例配分」が原点でないのが、いまの「比例代表制」のしくみ。

その良し悪しは別にして、そういうことであれば、
「比例」という名前を使ってほしくないなあ。
「山分け方式」とか。






最終更新日  2007年07月30日 23時48分20秒
コメント(3) | コメントを書く
[数学は芸術だ] カテゴリの最新記事

PR

コメント新着

meisinn2006@ Re[1]:たたかう相手は。(10/24) >伏見人さん こんばんは。 政策がない…
伏見人@ Re:たたかう相手は。(10/24) こんにちは >選挙 K産党が大敗したのは…
meisinn2006@ Re:佐賀市・山下明子議員(10/17) ほとんど活動してないから、 「個別の問題…
meisinn2006@ 前原・民進党 しかし、前原。 「解党」したいんなら、代…
meisinn2006@ Re[2]:「同和行政廃止」判決(08/15) 伏見人さんへ ご無沙汰してます。 京都は…

フリーページ

お気に入りブログ

さくらママの日記 さくちゃんのママさん
日本の教育は、これ… 今日9729さん
すずき産地の切り抜… すずき産地さん

カレンダー

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.