1395791 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ストップ !! 「第二迷信」

ストップ !! 「第二迷信」

2012年03月24日
XML
カテゴリ:地域の話題
 政府の「広域がれき処理」要請にこたえて、
京都府議会が「全会一致」で「受け入れ決議」をあげた。

京都市長選挙の前から、「がれき受け入れ」をめぐっていろんな意見があったが、
「放射能の有無・危険性・不安感」だけの問題に歪曲されていたと思う。

で、唯一野党の共産党議員団(前窪義由紀団長)

3月23日に「受け入れ賛成」についての見解発表。(2012/3/24京都民報


 1、東日本大震災によるぼう大な災害がれきに対し、被災地の首長や自治体、被災された方々等から「復興のためにも処理を急いでほしい」と痛切な声があがっています。震災から一年が経過したにもかかわらず、災害がれき処理が「全体の7%」と言われるように、進まない最大の問題は、政府や東京電力が災害がれき処理や放射性物質への責任ある対応をしてこなかったことにあります。このため、政府が総力をあげ、被災地での処理能力の強化等、復興にむけた処理の推進をはかることが重要です。同時に、被災地の現実と災害がれきの状況をふまえ、広域処理を住民合意で行うこと自体は必要と考えます
 また、国の災害がれき処理対策の遅れが問題であるにも関わらず、災害がれきの受け入れに反対することをバッシングしたり、それを国が先導するかのような動きに対し、厳しく批判するものです。
 2、災害がれきの処理に対し、「焼却した場合に放射性物質が拡散するのではないか」「廃棄物の焼却場周辺や焼却灰埋め立て処分場周辺は大丈夫か」などの不安や政府への不信の声が多くだされています。こうした不安に対し、政府の責任ある対応が求められています。・・


つまりは、「広域処理自体は必要」だが「放射能の不安」があるので、合意を・・・という立場にかわりない。

しかし、「広域処理」の目的は、「被災者の支援」などではない。
多くの自治体で、「がれき置き場」を、どういうふうに使うかの計画は出来ていない。
いち早く計画を提案したのは、宮城県や仙台市などの、「復興特区構想」。

そりゃ、「復興構想」のためには、早く「邪魔ながれき」をどけて、広い土地を確保する必要があるだろう。

村井知事やゼネコンの意向には沿うだろうにしても、
被災者のためにはならない。
(むしろ、「どう使っていいかわからない被災地」の土地所有者に「がれき保管」の賃料を払って、
 少しずつ地元処理するほうが被災者も助かる。
 沖縄の米軍基地は、「使い道がある」土地を強制的に基地にしておいて「賃料」が地元の経済を潤すような理屈を通した)

 本当に「脱・原発」を進めるつもりがあるなら、山になった木質バイオマスは貴重な「資源」だ。まず、「どう利用するか」が問われる。
 石油を使って遠距離輸送して、石油を使って焼却する意味がない。(で、灰をまた遠距離輸送?)

 神戸みたいに、ドサクサ紛れに小土地を「集約」して、大規模開発に使う前提の計画に、
「唯一野党」が賛成するのが情けない。


 「放射能の不安」しか論議の対象にもなっていないのは、府議団の力不足だと思うし、
記者会見までするような議決ならば府委員会の論議もされていて当然だと思うが、
誰も考えなかったのか、あえて無視したのか・・・?






最終更新日  2012年04月07日 13時14分26秒
コメント(1) | コメントを書く
[地域の話題] カテゴリの最新記事


PR

コメント新着

レンマ学@ Re:閻魔様に舌抜かれるぞ!(10/06)  √6点線面と閻魔帳  √6意味知ってれ…
meisinn2006@ Re:「空白克服」移住者募集(02/08) さすがに、「幸福実現党」に負けたのは痛…
maki5417@ Re:不破ちゃん?(02/02) そうだったのですね。知りませんでした。
meisinn2006@ Re:生坂村議会(12/19) <small> <a href="http://www.village.ik…
maki5417@ Re:マスク増産(03/27) マスクより検査です。 ドイツを見倣った方…

フリーページ

お気に入りブログ

さくらママの日記 さくちゃんのママさん
日本の教育は、これ… 今日9729さん
すずき産地の切り抜… すずき産地さん

カレンダー

バックナンバー

2022年08月
2022年07月
2022年06月
2022年05月
2022年04月

© Rakuten Group, Inc.