1062006 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ストップ !! 「第二迷信」

2015年05月06日
XML
カテゴリ:平和のこと
「憲法記念日」の集会や行事は多かった。

京都の憲法記念日集会は、「集団的自衛権」の解釈改憲、「戦争する国」許すなと、
危機感をもった人々が、円山音楽堂いっぱい、3000人集まった。

ただ、「戦争をさせない」という気持ちはあふれるが、
アベだって、ハシモトだって、「戦争をしましょう」といって改憲をすすめるわけじゃない。
「平和維持」の旗を掲げて武装する、というのが、いつものやり方。

それを押さえないと、かみ合わない。
(いわゆる、身内の盛り上がり?)

(毎年のことだが、) 「82年知事選挙」を前にした、川口是先生の訴えを思いだそう。

「何もないときに【戦争か平和か】と問われて【戦争だ】と答えるのはよっぽどの軍国主義者だけ。
ただ、【戦争か飢え死にか】という選択を迫られたときに、【それでも平和だ】と答えられる人がどれだけいるか。
そういう選択をさせないために、
日頃から食料自給をしておく必要がある。・・」

アベ政権やら、維新やらの「軍国思想」がTPPを推進したがるのは、
【飢え死にしたくなけりゃ戦争に協力しろ】の下地作りに他ならない。

食料やエネルギーの確保のために、供給地を「植民地支配」するという、軍国主義では当たり前のことが、
「安い食料・製品」に依存して、国内の農業や製造業をワーキングプア競争に陥れる根拠になっている。

TPP論議が「個々の問題」でしか論じてられないのが、不思議でしかたない。


「抑止力」だといって、侵略先の人々に反抗させなければ(蜂起する前に潰せば)「戦争」にはならない。
それは「平和」なのか? を問わなければ、ただ「若者を戦場に送るな!」といっても、「現実論」に負けるのではないだろうか?







最終更新日  2015年06月08日 20時53分58秒
コメント(1) | コメントを書く
[平和のこと] カテゴリの最新記事

PR

コメント新着

meisinn2006@ Re[1]:「別姓」判決。東京地裁(10/08) maki5417さん コメントありがとうございま…
maki5417@ Re:「別姓」判決。東京地裁(10/08) 川口是先生とは、なつかしいですね。 森…
meisinn2006@ Re[1]:「平服着用」バトル?(09/07) makiさんへ コメントありがとうございます…
maki@ Re:「平服着用」バトル?(09/07) 平服着用OKの結婚式に出たことがあります…
meisinn2006@ Re[1]:結局は、「維新」(04/09) 伏見人さんへ コメント見忘れていました…

フリーページ

お気に入りブログ

さくらママの日記 さくちゃんのママさん
日本の教育は、これ… 今日9729さん
すずき産地の切り抜… すずき産地さん

カレンダー

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.