田舎暮らし日記

タイ2【2】

さて、次の写真は同じくカンチャナブリにあるムアンシン歴史公園です。
誰一人いない静かな公園でした。
タイもこんな感じのところがあるのですね。
公園内の庭もお客さんがいないのにとっても手入れがされてて驚いてしまいました。
驚いたのはこんなので採算がとれるのかな?って。
でも考えてみればタイのこんな田舎では仕事もないから、これも人々の生活のためには大事な仕事の一つなのでしょうか?

379


これは何かの遺跡なのかな?
その公園内にありました。
相変わらずよく分からないままの観光は続くのでした。

380


次の写真は映画「戦場に架ける橋」の舞台になった鉄橋です。
かなり昔の映画なので、なんとなく記憶にあるような?ないような・・・。

381


鉄橋の上はこんな感じ、人の歩くところはありませんが・・・。

382


観光客もこの鉄橋を歩いて渡ってますが、こんな観光用の汽車も走っています。
橋のところどころに電車が来た時に人が避けられるような場所がありました。

383


私も渡ってみましたが、ここもけっこう恐いです。
なんせ細いので人とすれ違うと、側の足下はすぐ川ってところに避けなければなりません。

384


橋の下側にはこんなお茶屋さんがありました。
あそこでゆっくりお茶でもしたいなあ~。
でも私達はツアーですからそんな時間はありません、残念。

385


1日目の観光はやっと終わってバンコクに戻って来ました。
この日はかなり疲れましたね。
たぶん一日のうち5~6時間はミニバスに乗っていたと思います。
もう身体を動かさないので足腰が変。
私的には歩き回る方がどうも疲れないみたい。

さてこの日はタイ古典舞踊を見ながらのタイ料理の夕食です。
でこのきらびやかな女性の写真なのです。
ちなみにもちろん男性の舞踊もありましたよ。
でも後ろの方の席だったのであんまり写真は撮れませんでした。

386


タイ料理はごく普通の観光客用のお料理でした。
トムヤムクンスープやレッドカレーなど食べましたが、まあ普通のお味。
タイ料理は大好きなので辛くなくてもその香辛料の独特の匂いだけでわりと美味しく食べられます。

ところで今日はタイ人の服装について気が付いたことを・・・。
日にちは前後するんですが、私がバンコクに着いたのは月曜日でした。
空港からホテルに向かうバスの中、街の中をボンヤリと眺めていたのですがふと気付いたことが・・・。
それはね、なぜかタイの人、黄色の服を着てるのがやけに目立つ。
なんでだろう??
しかもそれはTシャツではなく、どうも襟付きのポロシャツみたいなのです。

見ても見ても黄色い服の人。
これって何かの制服?
どうしても気になってガイドさんに聞いてみました。
そしたらね、「今日は月曜日だから黄色の服を着る人が多いんです」とのこと。
理由は国王のシンボルカラーが黄色で、それは現国王がお生まれになった日が月曜日だからだそうです。
で国民は月曜日にはそのお祝いのため(だったかな?)に黄色のお洋服を着るんだそうです。

へえ~~、って感じでしょ。
で確か翌日火曜日はピンクの日。
理由はなんだったか忘れましたが・・・。
でも火曜日になってもやっぱり黄色のお洋服の人は多いように思いました。

タイ人は自分の生まれた曜日の色、曜日によって決まってるらしいのですが、その色を自分のラッキーカラー?として身に着けると良いみたいです(とガイドさんが言ってました)。
さっそく私のも教えてもらいました。
私は自分では何曜日に生まれたかも知らなかったんですけどね。

私は日曜日の生まれだそうで、ラッキーカラーは赤色だそうです。
えっ、そうなんだ!
偶然にも?私は赤色がかなり好きです。
これは良いことを聞きました。
これからは尚いっそう赤色を身に着けなくてはね。

さて観光2日目、短いタイ旅行は今日でもう終わり。
夕食を食べたらすぐに空港に向かいます。
午前中はバンコク市内観光、午後はショッピングと言う1日のツアー予定でした。

先ず朝いちばんに向かったのはワットアルンです。
ここは対岸から渡し舟で行きました。
これは昔行った時と同じです。
この日は天気も良く、青空がきれいなワットアルンの写真です。

387


バンコクではこれと似た様な鬼の像?をよく見かけますね。
前日に見たタイの古典舞踊にもこの衣装を着けた男性の踊りがありました。

388


間近で写したワットアルン。
すごく高くて切り立った様子が分かるでしょうか?
左側に見えるのが階段で、これがものすごく急なんです。
急と言うことは、その階段のステップの幅がものすごく狭い訳で・・・。
一つ目の階段はまだマシですが、その上の階段はすごいです。
登るのは簡単ですが、降りる時にはびっくりです。
手すりをつかまずにはとても降りて来れません。

389


ワットアルンの上から撮影した対岸の写真です。
以前にもここで撮った写真があるのを思い出して今回も撮影。
以前の写真はもう20年近く前ですが、バンコクはさほど景観が変わってないですね。

390


さて、最後の観光になる王宮です。
ここは塀に囲まれていて、その塀の中にはいろんな建物があります。
旅行記の最初の写真を載せた時にも書きましたが、私が思うになんかここはメインの正面玄関?みたいなところがないんですよね。
だからなんとなく、これこそ王宮って写真が撮れず?
こうなんて言っていいのかなあ?・・・ちょっと失礼な言い方ですが、メインがよく解からないって感じなんです。
そんな中でも特に印象に残った場所の写真を先ず載せますね。

この金キラ金の建物はプラ・スワンバ・チェディと言う仏塔です。
派手な金色ですが、実は以前見た時にはこんなにキンキラしてなかった記憶があります。
ガイドさんに聞いてみたら、ここの建物は何年かに一回、どんどん修復するので今はきれいなのだそうです。

で私がここが印象に残ったのは、前回来た時もここで写真を撮ったから(笑)。
ってな単純な理由でもありますが、この塔の下を支えてるヨイショ人形?(私が勝手にそう名付けました)、これが面白かったからです。
前回も、今回も、ここの前でヨイショ!って同じポーズをして写真を撮りました(笑)。
ちなみにワットアルンも、このヨイショ人形みたいなのあります。

391


今回教えてもらったのですが、この台座を支えてるのは悪魔と猿神だそうです。
真ん中の靴を履いていないのが猿神。
確か猿神はこの一つしかないんだと思います。

392


次のこの写真は、ワット・ポーと言う寺院の中にある巨大な寝釈迦仏。
ここもなんとなく覚えてました。
このお釈迦様は全長が46メートル、高さが15メートルもあります。
この足の裏の下側からならその全体の写真を撮れるのだそうです。
それがこの写真です。

393


ところで今日は珍しく買ったお土産のお話です。
私は滅多にお土産は買わないんですけど、今回はすごくお気に入りの物があったので即購入。
それは昔バリで買った竹で出来たガムランみたいな音のする風鈴です。
この風鈴、私はとっても気に入って大きな物なのに3個ぐらい買って来ました。
で長い間お家に吊ってありましたが、どんどん壊れてしまったのです。

バリに行く機会もなかったので、日本のエスニックっぽいお店で似た様な物を買って今までは吊ってましたが、どうもバリで作られた物と音が全然違います。
バリ産のものはそれはそれは落ち着いた素敵な音色が・・・。

で今回行ったのはタイなんですが、なぜかその同じ物がありました。
これはバリの物か?って聞いてみると、タイで作ってるとのこと。
でもその音色はとてもきれいで以前のものと同じ感じです。
さっそく気に入り購入。
今は冬なのでお家の中に吊ってありますが、来年温かくなったらまたお家の庭で癒しの音を聞かせてくれることでしょう。
とっても楽しみです。
そうそう、バンコクのおみやげ屋さんではわりとバリの民芸品と同じ様なものを目にしました。
バリは民芸品はとってもオシャレで素敵ですから、近くの国タイでもきっと真似して作るようになったのでは?って思います。

残りの写真はこの王宮内で撮った写真なのですが、前述のようになんかこうメインはどれか分からなかったのでこんな感じの様子です。
先ずこれが、いちばん王宮らしいかな?って最初に載せた写真の場所。

394


あとはどれが何だかよく分かりません。
すみません、適当な旅行記で・・・。

395


396


397


398


ここまでで、今回の観光は終了。
中華料理のお昼ご飯を食べて午後からはショッピングとなりました。
一軒めに行ったお店は宝石店。
私には全く縁がなく、さあ~って見て、タダで頂けるお茶を飲んで休憩してました。
で次に行ったのは巨大なDFS。
ここのDFSはすごいわ~!
何がすごいって?それは一度入ると、一方通行みたいな順路があって、途中で出口がないことです。
お陰で歩き回って疲れました。

さて、ショッピングも終わり最後の夕食はタイシャブ。
タイシャブはたぶんタイ料理ではなく、日本人が作ったタイ風の食べ物?なんだと私は思うのですが?
でタイシャブはとっても美味しかったのですが、私は初めて食べた食べ物がありました。
それはツバメの巣です。
ツバメの巣って名前は聞いたことがありましたが、どんな食べ物?
中華料理でしたっけ?
全く知らなかったのですが、今回食べたのはデザート。
お汁粉みたいに甘くて美味しかったです。

実はこのツバメの巣を食べるために私はお金が足りず、一緒に食事をしたツアーの参加者の方に、足りない200円分だけを両替してもらって食べました。
メニューを見て、どうしても食べたかったんですよね(笑)。
もう食事の後はすぐ空港ですから、タイバーツは全く残っていません。
ああそうそう、ツバメの巣はなんと日本円で480円ぐらい。
向こうの物価を考えると、ものすごく高級料理みたいです。

さてそんな最後の夕食に大満足、あとはもう日本に帰るだけ、と空港に向かったのですが・・・。
これから災難が降りかかるのです(ちょっとオーバーですね)。
帰って来た時にも書いた、悪夢の?17時間の旅となりました。
ちなみに行きの所要時間は12時間です。

それでは最後に空港でのトラブル?の様子を・・・。
夕食の後、バンコク市街地から空港へ、飛行機の出発時間は22:10、空港へは8時過ぎぐらいに着きました。
でシンガポール航空のカウンターへ。
そこで飛行機が遅れてるとのこと、この時点では飛行機の遅れはわずか30分ちょっと(だったと思います)、確か22:45発だったんじゃないかな?

たった30分の遅れなんてまあよくあることなので、ああそうなんだって・・・。
おまけにさすがシンガポール航空、たったそれだけの遅延なのに、なんとミールクーポン400バーツ分をくれたんです。
へえ~、すごいなあってちょっとびっくり。
だって普段よく乗る飛行機ではそんなこと絶対ありえませんから・・・。
ちなみに大昔にもシンガポール空港で遅延した時、20ドルぐらいなミールクーポンもらったっけなあ?
やっぱシンガポール航空はお金持ち?サービス満点です。

でも夕食直後に空港に行ったため、お腹はいっぱい。
しかしこのもらった400バーツ、勿体ないしなあ・・・せこい私です(笑)。
そこで思い浮かんだのは、何かを買ってテイクアウトにしてもらうこと。
すぐ様美味しそうなパン&ケーキを売ってるカフェを見つけました。
そこでアップルパイとか、痛みそうにないケーキを3個購入。
これなら日本まで持ち帰れるだろうってその時点では大満足。
でそれから搭乗ゲートに・・・。

するとまたまた飛行機遅延。
今度は更に1時間送れて出発時間は11:45に。
え~~っ、また遅れるんですかあ?!
普段なら1時間半ぐらいな遅れでミールクーポンまでもらえば何の文句もない私ですが、今日は朝早くから一日中観光したりでとっても疲れてる。
まあ自分勝手なもんですね(笑)。
だからそれを聞いて、一気に疲れが・・・。
そしてこれはお茶でも飲みたいなって思うもののタイバーツはもう持ってません。
空港の中のお店を見て回る元気もなく、そこでブツブツ不機嫌になりながら飛行機の出発時間を待ったのでした。

余談ですが、私は大昔にバンコクから成田に帰ろうとした時、その時はタイ航空だったのですが、飛行機がトラブルで飛ばなくなり、バンコクに余分に一泊お泊りになった経験があります。
私ってバンコクとなんか相性が悪いんじゃないの~?!って嫌な予感が頭をかすめました。
結局出発したのは深夜12時過ぎ頃だったでしょうか?
まあそれでもその後は無事関空に着いて・・・。

しかし、関空に着いたらまた悲惨でした。
チケットを持ってる「はるか」はしばらくなく、普通の急行しかない。
おまけに到着したのは、なんと朝の通勤ラッシュの時間。
更にその電車は新大阪までは行けず、大阪で乗り換え。
はあ~、ほんと疲れました。
そんなこんなで結局お家に着いたのは17時間後のお昼12時ごろになってしまった訳です。

これで今回のタイ旅行記は終わりです。
タイにはまたきっと行くことがあると思います。
なんせ私は大のタイ料理好きですから・・・。
海ももちろんですが、今度はチェンマイとかアユタヤとかも観光したいと思ってます。



次のページへ





Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.