田舎暮らし日記

イギリス【2】


イギリス 【2】 (2010.5.31~6.9)




すっかりブログも放置し、5月の31日から10日間、イギリスに旅行に行ってました。
イギリスは寒いかなって思ってたんですが、私たちの行ってる間はかなり良い天気で、最後の夜にちょっと雨が降ったぐらい。
お天気には恵まれました。

一昨日帰って来たんですが、もうメッチャお疲れ。
旅行が疲れたって言うか、向こうでのトレッキング?でバテバテでした。
詳しくは久しぶりに書く旅行記に・・・。

それでは先ずは岡山出発です。
5月31日午前成田出発のため、当日では間に合わず30日の夜には東京に行きました。
成田で前泊したんですが、ここが寒かった。
岡山では半袖でも良い感じだったのに、成田はめちゃ寒い。
ホテルの中も寒くて私はヒーターを借りてしまいました。

翌日成田からヴァージン航空でイギリスに出発です。
本当に久しぶりのヨーロッパまでの飛行機、5年ぐらい前に行ったポルトガル以来です。
やはりヨーロッパは長かった。
朝起きて日中が移動時間なので飛行機の中も全く眠くはありません。
おまけに行きは満席だったので、座席もゆったり使えません。
立ったり座ったり、早く着かないかなあ~って私的にはかなり疲れた時間を過ごしました。
でも我慢のお陰で旅行以外にもコンチネンタルのマイレージカードにマイルが貯まり、ちょっと嬉しい。
これでもう少しでまたパラオに行けます(笑)。

イギリスに着いてからはまっすぐホテルに直行。
若くて元気な友人たち二人はそれからお出かけしたのですが、私は途中で買って来たサンドイッチをホテルで食べて早めに就寝。
友人がその日帰って来たのも知らず朝まで眠りこけていました。

そしてイギリス2日目、電車で湖水地方、ウインダミアに向かいます。
実は行く前にレンタカーを借りた方が良いんじゃあないの?って元イギリス在住の方に2人も言われたのですが、今回の旅行を任せっ切りにしている友人が要らないって言うので公共機関んの乗り物と、自分の足が移動手段になりました。

これがやっぱ普段運動不足の私にはきつかったんですね。
平地はそんなにしんどくないのですが、まず最初に行ったここ湖水地方は山ばかり。
街中もそうですが、そこからホテルまでの道も山坂ばかり。
おまけにウインダミアに着いた翌日は歩いた歩いた・・・その様子はまた明日。
とりあえずは湖水地方の写真です。

399


イギリス到着3日目、今回のメインである湖水地方です。
この日は一緒に行った2人と一緒にハイキング。
これが今回のいちばんのお疲れの原因となりました。

万歩計を持って行った私ですが、この日は2万歩。
大した歩数ではないのですが、なんと行っても山坂を上がったり降りたり。
12キロぐらいじゃあないかと思います。
でもこれが後々の旅行にたたった?災いとなったのでした。

でも写真はすごくきれいでしょ!
こんなところやあんなところをハイキングしました。

1枚目の写真はお気に入りです。
写真の上にあるのは教会です。
そうそう、こんな風にハイキングしてる間はほとんど人に会いませんでしたね。
自転車の外国人にはわりと会いました。

400


401


装備もしっかり、トレッキング?している外国人です。
ちなみに私たちは無装備。
右側に写ってる湖の周りを歩きました。

402


今日の写真はウインダミアで泊まったホテルの写真です。
ここには3日間泊まりました。
大きなエントランスとかそう言うのはありませんでしたが、私が今回泊まった3つのホテルの中ではいちばん高級ホテルな様でした。

403


イギリスならでは?広い芝生のお庭はきれいに手入れが行き届いています。

404


さて、今日は今回のイギリス旅行で感じた食べ物事情のお話です。
私は二十数年前に一度ロンドンに一人で一週間ぐらい滞在してたことがあるんですが、その時の記憶では不味かった。
そして二十数年経った今、少しは美味しくなったでしょうか?
う~ん、ロンドンは少しは変わってる様子だったけど、田舎の方はそう変わらないんじゃないかな?
そう感じた今回でした。

先ずは上の写真にあるウインダミアのホテルでのことです。
そのレストランの高いこと高いこと。
ちゃんと食べるとだいたい日本円で1万円ぐらいにはなるようです。

私たちはここに着いた初日、着いた時間も遅かったのでここで夕食を食べましたが、食べ物をシェアしてちょっとひんしゅく、いえかなりひんしゅく?だったと思います(笑)。
ちなみにオーダーをする部屋はゆったりソファーのあるお部屋で、飲み物を飲みつつ食事の用意ができるのを待ちます。
そして準備ができるとレストラン内に案内されました。

このウインダミアの高級レストラン、値段も高いですが雰囲気はとても良いです。
こんな良いホテルにあるレストランですから、イギリス人の評価としてはそんなに不味くはないんだと思います。
でも私たちの口には???
やっぱりあまり美味しくない。
高いお金を払ってもあまり美味しくないのはかなり悲しいものでしたね。

何だか聞いただけでも高級そうでしょ?
私たちにはちょっと身分不相応なホテルだったと思います。
日本人の宿泊客はいましたが、あとは外国人のご年配の方ばかり。
落ち着いた時間が流れているような、そんな雰囲気のホテルでした。

その後ちょっと場違いの私たちは、ウインダミアでは街のレストランとかで食べました。
次の場所に行ったら、ここもホテルの周りには何もないところだったので、ホテルで2日間夕食を食べました。
こっちは一軒目よりは美味しいメニューも見つかり、値段ももう少し安くてカジュアル。
こっちの方が良かったです。

しかし全般的にはやっぱりイギリスは不味い。
これぞ美味しいと思ったのは、ロンドンに移動してから、テムズ川沿いで食べたピザとコーヒー。
これは私的には合格点。
あとはロンドンでインド料理屋にも行ったのですが、ここはとてもインド料理とは思えない不思議な料理ばかりで不味い。
不味いって言うよりインドのカレーと思って食べなければそうでもなかったのかも知れませんが・・・。
まあイギリスの食事事情はこんなものでしょうか?

そうそう、食事で今回ものすごく感動したのは、ヴァージン航空の機内食。
私は初めて乗ったのですが、ここの機内食は過去食べたどこの航空会社のものより美味しかったです。
それでも昔に比べたらずっと良くなくなったと耳にしました。

最後に食事ではありませんが、今回ロンドンで一緒に行った人のリクエストで本格的ホテルでアフタヌーンティーをって言うのにご一緒しました。
これはサンドイッチにスコーン、最後にケーキ、飲み物はお茶って言うイギリスらしいティータイム?を味合うってものみたいですが、これも私にはびっくりするぐらい高かったです。
3000円ぐらいかなって思ってたんですが、5000円ちょっとって言うぐらい。
食べた物のお味は?まあ普通でした。
でもまあこれもイギリス旅行の良い思い出になりました。
一人で旅行してたら私は絶対そんなところには行かないですからね。

イギリス旅行4日目。
前日のトレッキングですっかり疲れた私は一人でのんびり湖の遊覧船に乗りました。
湖の上ではこんな様子が見られます。

405


ヨットは多いみたいであちこちにこんなに係留していました。

406


天気も良かったのでカヤックをしてる人も。
天気は良くてもまだ寒いんですけどね~。
落ちたら水が冷たくて大変です。

407


湖の側にはこんなSL、観光用ですが、走ってる姿も見れました。
ここには水族館もあって湖水に住むお魚たちがいました。
もちろん見たこともないような顔をしています。
まあ地味ですけど・・・。

408


昨日はイギリスの食事事情について書きましたが、今日はイギリスの物価について少し。
今はものすごく円高で1ポンドが140円ぐらいですから、今までより破格に安い感があっても良さそうなのですがとんでもありません。
私はイギリスに着いたその日から、あまりの物価の高さにひっくり返りそうになりました。

って言うのはね、今回の旅行はまるっきりの人任せだったので、私は予めガイドブックを読むでもなく、そのイギリスの国についてもほとんど何も知らない状態で出かけたのです。
もちろん用意するお金はどのぐらい?とかは友人に言われるがままです。

ちなみに私が二十数年前ロンドンに行った時は、確か1ポンド280円ぐらいだったような記憶が・・・。
その頃はバックパッカーもどき?ですから、節約に節約を重ねて旅行していました。

で、物価の分かり易い例で電車代。
ロンドンの地下鉄ですが、初乗り4ポンド、1ポンド140円としても560円です。
バスは少しは安く、2ポンド、280円でしたが、それでも十分高い。
ちなみに旅行者用か?バスと地下鉄1日乗り放題券ってのがあって、確かそれは5.6ポンド?ぐらい。
それだと780円ぐらいですから、何回も乗ればまあ納得の値段です。

とりあえずイギリスに8日間私が旅行してみた感覚では、1ポンドは1ドル=100円ぐらい。
そんなイメージでお金は無くなって行きます。
物価は高いって聞いてはいましたが、改めて実感しました。
円安になったらあまり旅行に行く気はしない国ですね。


湖水地方の遊覧船に並走して飛んでくれてる鳥がいました。
海でもイルカがボートに並走して泳ぐのが好きなように、鳥にもボートに並走して飛ぶのが好きな鳥もいるのでしょうか?
鳥の名前は分かりません。
この鳥はこの湖にはけっこうたくさんいましたよ。

鳥を撮るのは難しいですね。
わりと近くまで飛んで来てくれるのですが・・・。
写真は全てトリミングです。

409


410


411


イギリス5日目、この日はウインダミアからコッツウオルズに電車で移動しました。
その電車が故障?だかなんだか、英語が分からない私は理由は分かりませんが、途中で何度も止まりました。
で結局、午前中にウインダミアを出たのに、コッツウオルズに着いたのはもう夕方。
その日はホテルに着いてゆっくり休養となりました。

写真は翌日観光したコッツウオルズでの写真です。
ここは平坦なところが多くこんな感じ。
あたり一面に草原とか木が広がっています。
この黄色い花は菜の花ではありません。
でも何だったけっかな?

412


観光客が多くにぎやかな街もありましたが、こんな静かな感じが多い様。

413


草原の中にはこんな風にポツンと建物があったりします。

414


また羊さんもいます。
背中に番号が付いてる、名前じゃないのね。

415


ここがコッツウオルズで泊まったホテルです。
正面玄関の写真を撮るのを忘れました、ここは中庭。
湖水地方で泊まったホテルよりは素朴な感じです。

416


この木の柵の内側がホテルのお庭?みたいだったんですが、こちらも草ぼーぼー?
でもお部屋は広く、居心地は良かったです。

417


イギリス旅行6日目、この日はコッツウオルズを観光しました。
ここは村から村までが離れている上、バスはものすごく少ない。
で結局この日は6時間タクシーチャーターしました。
3人もいるとそんなこともできるから便利です。

他の二人が買い物をしてる間、私は一人でドライバーさんにコッツウオルズで一押しの観光ポイントに連れて行ってとお願いしました。
で連れて行ってもらったところがここ。
この観光ポイントの名前は忘れましたが、この辺りではわりと高いところにあり、景色が良いところらしいです。

私が撮ってる写真の中に入って来てポーズをとり、「パーフェクト!!」ってサービスしてくれた?ドライバーさん。

418


天気の良い日はここから遠い町までくっきりと見渡せるそうです。
残念、この日はもやがかかった様です。

419


上の写真にもありますが、石を重ねて作られた塀の一番上の部分はこんな風に縦に並んでいます。
ウインダミアでも同じでした。
なぜか理由があるんでしょうね。

420


イギリス旅行も最後になりました。
また出発点のロンドンに戻って来て、ここに2泊しました。
私的にはロンドンにはほとんど興味がなかったのですが、友人たちの買い物や観光目的のための滞在になりました。

さて私はどこに行こう?
って結局以前にも言ったロンドンらしい景色の見えるテムズ川側を散策、観光。
写真も昔撮ったのとなんら変わり映えしないものとなりました。
またこの日はあいにくの天気で空は鈍より雲がいっぱい。
まあでも夕方までは雨になりませんでしたから良かったです。

421


422


この下の写真の大観覧車は二十数年前にはありませんでした。
ロンドンアイって言うそうです。
高いところから街を見るのが好きな私ですからもちろん乗りました。
でも天気も悪く今一つだったです。

この観覧車の右側には水族館もできていて、私はイギリスに来てまで水族館見学。
しかも湖水地方に次いで2個目です(笑)。
ここは湖水地方のよりは面白かったですよ。
見たことがなかったタイガーシャークが3匹(だったかな?)、きれいなハナダイや、まっ黄色のスコーピオンフィシュ。
黄色いのはボロカサゴではないと思うんですが??何だったんでしょう?

423


これにて今回のイギリス旅行は終了です。
今回は円高で、これでも今までよりはかなり安く旅行できたはず?
とは言え私にとっては破格の値段。
またイギリス旅行に行くことはあるかなあ?(笑)



次のページへ






Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.