あきえべ2

全39件 (39件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

カテゴリ未分類

2016.06.15
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 サリとトロが我が家の一員となってから1年と258日となりました。






     ぼ、ぼくじゃないよ.jpg


 ‥‥‥‥ん?


 ‥‥‥‥‥‥!








     食べてる‥‥.jpg


 お・ま・え・だ !!







 トロの布食い~ウールキッシング~が止まりません。

 彼の目の前から布類を撤去するため、我が家から、やわらかい布類が次々と姿を消していきました。

 猫ベッドはもちろん、クッション類などモチロン無くなりました。



 これで一番の被害者は、布食いを全然やらない & 布に潜り込むのが大好きなサリです。

 




     サリ立ち姿.jpg
           被害者のサリさん(1歳8か月)

 




     トロ御満悦.jpg
           容疑者のトロ(1歳8か月)無職






 上記のベッドカバーも「布団さえ無ければ大丈夫だろう」と甘い考えをしてて、やられてしまいました。

 
 現在はベッドカバーの上にフロア畳を置いてガードしております。






     サリトロ20160615.jpg


 どういうわけか、この小さな座布団だけは無事です。

 この下に敷いてあるカーペットは昨日食ってしまったのに。嗜好がよく分かりません。


 とにかく

 頼むから、3歳くらいまでに、布食いに飽きてくれますよーに!






Last updated  2016.06.15 18:31:32
コメント(2) | コメントを書く


2016.05.18
カテゴリ:カテゴリ未分類
 
 サリとトロが我が家の一員となってから1年と230日となりました。






     かまくらA.jpg

 「かまくらの中は暖かい」と聞いたことがありますが、実際どの程度なんでしょうね。







 さて、その日の福岡市内は25度の気温でした。当然『夏日』です。
 
 少々汗をかいて帰宅しますと、部屋の中もちょっと蒸し暑い状態でした。



     寝てるトロ.jpg

 さすがにトロはベッドの布団の中ではなく、布団の上で寝ておりました。

 しかし、サリの姿は見えません。







     そーっと開ける.jpg

 まさか‥‥まだ布団の中?







     寝てるサリ.jpg

 いました‥‥。

 『猫の暑いは年3日』とは言いますが、いつまで寒がってのでしょうかね?







 サリトロ20160515

 衣替えの次期には、サリの寒がりも治まりますよーに。






Last updated  2016.05.18 16:50:59
コメント(0) | コメントを書く
2016.05.09
カテゴリ:カテゴリ未分類

 サリとトロが我が家の一員となって1年と223日となりました。





  となりのトロ


 サリとトロの体格差‥‥は、これほどではありません^^;






 最近、ここ1~2ヵ月程度のことですが、サリがよく膝の上に乗ってくるようになりました。


    膝乗りサリ.jpg


 私の膝上は、以前からトロの指定席でしたから、当然おしくらまんじゅう状態となります。




 

    サリトロ並んで膝上.jpg

 
 こんなふうに、ちゃんと並んで座ってくれれば良いのですが、時には人の膝の上でボカスカと猫パンチ合戦を始めたりとか‥‥






    むぎゅ~.jpg


 こんな感じで、トロが後から乗って来て、サリをボディプレスで押し潰すこともあります。






    仲良く膝上.jpg

 
 まあ、ほとんどは、このように仲良くグルーミングし合ってます。






    160509サリトロ.jpg


 いつまでも兄妹仲良くしてますよーに。






Last updated  2016.05.09 21:10:31
コメント(4) | コメントを書く
2016.04.23
カテゴリ:カテゴリ未分類
 サリとトロが我が家の一員となって1年と207日となりました。






 さて、今月の22日から24日、社内旅行で沖縄に行ってきました。



     うちなーサリトロ.jpg






 旅行2日目は1日中自由行動。

 那覇市の国際通りから、県庁北口と南口の各交叉点の中間くらいを歩いていますと、こんな看板が目に入りました。



     にゃんそーれ看板.jpg


 もう、沖縄色全開の直球ど真ん中のネーミングです。

 いたく気に入りましたので、入ってみよう思いましたが、まだ午前9時。

 土曜の開店は11時からのようですから、早めの昼食をとって時間調整することにしました。






     ちゃんぽん.jpg


 国際通りからアーケードに入った所の公設市場2階の食堂で「沖縄ちゃんぽん」を食します。

 沖縄ちゃんぽんは一般的なちゃんぽんと違ってご飯の上にチャンプルーが乗ってます。



 腹ごしらえも終わって、再び「にゃんそーれ」まで戻ります。

 あちこち時間つぶしで歩き回りましたので、1時間以上炎天下を歩き、お店に入った時点で、汗びっしょり状態でした。





     店内1.jpg


     店内2.jpg



 店内は、こんな感じでした。

 室内はきれいで、臭いも全く気になりません。

 流石は沖縄で、後で入ってきたお客さんに黒人の米兵さんがいたりしました。






 猫スタッフは全部で19匹のようでしたが、その時の店内には12~13匹程度がいました。

 以下、一部の猫ちゃんのみご紹介です。



     えごま君(ソマリ).jpg


 この子が最年少の1.5歳。さすがサリトロと同年代だけあって遊び盛りです。

 「遊んで遊んで」のアピールで一番でした。




 

     八朔君(アメショー).jpg


 え?アメショーって雲柄のみじゃないの?と思いましたが、まあ、アメリカの短毛猫なんでしょうね。

 この子がお店の最年長、‥‥と言っても、まだ3歳だそうです。






     よもぎ君(ラグドール).jpg


 カウンターの上に置いていた私の帽子を狙っていた子です。

 トロと同じくウールキッシングなんでしょうか?






     ジジ君(ボンベイ).jpg


 もしも、我が家に猫がいなくて「1匹持ち帰り下さい」と言われたら、この子だと思いました。

 おっとりしてるように見えて、意外と遊んでくれました。






     オセロ君(ノルフォレキャット).jpg


 人間が近づくと一定の距離を取ります。

 もちろん、遊んではくれません。かなりのビビりさんのようでした。






     きん太君(キンカロー).jpg


 キンカローという初めて聞く品種の猫ちゃんです。短足で耳がカールしています。

 短足猫がクルクルとじゃれて遊ぶ姿は、かなりの愛らしさでした。
 


 以上。

 猫達は、みな歳若なので、けっこう遊んでくれて楽しいのですが、手でなでようとすると警戒します。

 抱っこは禁止事項となってます。

 あと、猫に合わせて弱冷房なので、「沖縄暑いなぁ~、ちょっと涼もうか?」という人は止めたほうが良いでしょう。事実、猫達を遊ばせていた私は、ずーーっと汗まみれでした。





 やはり我が家の猫が一番でありますね。



 サリトロ160427

 今後も世界一可愛い猫でありますよーに。(はい、親バカ炸裂)   






Last updated  2016.04.28 18:13:51
コメント(0) | コメントを書く
2016.04.19
カテゴリ:カテゴリ未分類
 今回の熊本地震では、福岡の我が家は当然ながら何も被害はなく、猫たちも多少ビビった程度で済んでおります。

 私の会社のほうは、熊本方面の現場も多かった為、色々と間接的な影響を被ってはおります。

 直接の被害に遭われた皆さま方には、心より御見舞い申し上げます。







 さて、サリとトロが我が家の一員となって1年と203日となりました。



 サリは、仔猫の頃からですが、テレビ画面(というかPC画面)にかなり興味を持つ子です。



     パブリックビューイング.jpg






     ベビメタとサリ.jpg
 
 
 猫用の小動物動画はモチロンのこと、スポーツだろうがライブだろうが、どんなものでも、画面で動くものを一心にジーッと見ているのは、決まってサリです。






     座布団ノーパソ.jpg


 以前、ノーパソを主力PCで使っていた時も、よく画面を覗いておりました。

 さらにキーボードの上に座り、人間が全く使ってないどころか「そんな機能があったのかよ!!」と驚いてしまった、PCのカメラ機能を何度も立ち上げたこともありました。

 サリはPC好きと言えますね?






   トロは興味なし


 対してトロは、画面には殆ど興味を示しませんね。

 アナログ 人間なのかもしれません。






   サリトロ160419


 そのうち自分で勝手にPC起動させたりしませんよーに。









Last updated  2016.04.19 18:18:05
コメント(0) | コメントを書く
2016.04.10
カテゴリ:カテゴリ未分類
 サリとトロが我が家の一員となって1年と194日となりました。






     トロいっちょう!.jpg


 題名とトップ画像は、記事の内容とは全く関係ありません‥‥

 ‥‥いや、少しはありますかね?






 トロの困った癖は、前々回で紹介しました「布食い」が一番ですが、もう一つ悪癖があります。

 それは、人間の食べ物を狙うことです。


     nerau.jpg


 猫ならば、ごく普通の行為かもしれませんが、先々代の猫のアキは人間の食べ物には全く興味が無く、先代の猫のブラちゃんも(病弱過ぎて)人間の食べ物は目にも入らない状態でしたから、どうしても「困ったもんだ」と思ってしまいます。






 食事時になり、ちゃぶ台に食物を並べる時は、かならず一人が監視している必要があります。
    

     habamu.jpg


 それが、パンであろうが、ご飯であろうが、肉であろうが、とにかく口をつけたがります。

 唯一(?)カレーだけは、あまり興味を持たないようですね。






 サリのほうは、もうとっくに「人間用の食べ物は自分に関係ない」と割り切ってくれているようです。


     無駄なことはしない.jpg






  サリトロ160410



 1日も早くトロが人間用フードに興味を無くしますよーに。






Last updated  2016.04.10 21:32:11
コメント(2) | コメントを書く
2016.04.05
カテゴリ:カテゴリ未分類
 サリとトロが我が家の一員となって1年と189日となりました。



 朝の食事が終わった後のサリの日課は、バードウォッチング。

 バードウォッチングの対象は、主に‥‥いや、99.9%がカラスです。






     Crows.jpg

 我が家があるマンションの屋上にカラスの巣がある関係もあって、近所のカラスは結構多いです。






     サリ監視中.jpg

 
 今日もカーテンの隙間から(四方がビル、マンションなので、カーテンは終日全開には出来ません)サリが鳥を監視してます。




 

     ウケケケケケ.jpg


 何か見つけたようです。

 「ウケケケ!ウケケケケケ!」とサリがワライカワセミのように鳴きます。






     カラスいました.jpg


 いました。

 やはりカラスでした。



 トロは殆ど、こういう事はしてません。サリだけです。

 ただ1度だけ、カラスが我が家のベランダの手摺にとまっていた時、サッシのガラスを挟んで猫との距離1メートルの至近距離にカラスがいた時だけは、サリは当然ですが、トロも「ウケケケ!」と鳴きましたね。

 あの独特の鳴き声は、ちゃんと猫達のDNAに流れているようです。

 何度かyoutube動画とかで猫の鳥マネ鳴き(?)を観たことはあったのですが、実際にやってる猫は、私が飼った猫の中ではサリが初めてでした。


     トロ クンクン‥しない.jpg
     サリ クンクン.jpg


 これからも面白い鳴き声を聴かせてくれますよーに。






Last updated  2016.04.05 12:00:45
コメント(0) | コメントを書く
2016.03.30
カテゴリ:カテゴリ未分類
 サリとトロが我が家の一員となって1年と183日となりました。



 トロが布を食べてしまうので困っております。


 あまりにも布を食べるので、トロに言ってやります。



 「お前、ヤギかよっ!」






    ヤギかよ!.jpg



 関係ないですが、ちなみに左はヒツジです。角があるのがヤギですね。




 いつの頃からか、トロが布を食べてしまうようになりました。


 今までにトロが食べて穴だらけにして廃棄処分となったものは‥‥


 靴下(私と妻のマリーの物)10足以上

 人間用毛布 2枚

 床用ラグ 1枚

 猫用毛布 3枚以上

 私の部屋着 2着(上下)

 手袋 2つ‥‥などなど‥‥


  



          ズタボロ.jpg





 トロは、軟らかい布がお気に入りのようで、タオルなどには口を付けません。

 目を離した隙に、クチャクチャと咀嚼して食べてしまい、その後、マーブル模様のウ○チを精製するのを生業(なりわい)としております。






     猫じゃらしなら‥‥.jpg



 猫用オモチャだったら良かったのですが(いや、猫の健康的には良くないですが)、どうしても食べてはいけない物を食べてしまうのは仕様でしょうか。

 布を食べてしまうのはトロだけで、サリは噛んで振り回して遊んだりはしますが、食べることはありません。(以前ひもを飲込んでしまった前科はありますが‥‥)

 どうにか、この癖を治す方法など無いでしょうか?

 方法を御存じの方は是非とも御教授ください。






       サリトロ0307.jpg



 これ以上廃棄処分を量産しませんよーに。










Last updated  2016.03.30 18:56:38
コメント(2) | コメントを書く
2016.03.22
カテゴリ:カテゴリ未分類
 サリとトロが我が家の一員となって1年と175日となりました。




 正月期間に更新したっきりで、サボっておりました。

 2月が過ぎ、3月も過ぎ去りそうだったので、慌てて更新です。






      サリは舞い降りた.jpg 



 今年に入ってから、サリがキャットウォークから床へ飛び降りるようになりました。






          上空のサリ



 我が家の猫歩廊は床面から2メートル5センチですから、猫が充分飛び降り可能な高さではあります。

 が、先々代の猫のアキは10年近く利用してましたが、飛び降りるそぶりすら見せたことがありませんでした。

 先代猫のブラッキーは病気の老猫だったので、猫歩廊に登ることなど、モチロンありませんでした。






      着地.jpg



 ですから、サリが1月に初めて飛び降りた時には、けっこう驚きました。

 その後、最初に飛び降りた場所には、常に大きなクッションを置くようにしております。




 ちなみにトロのほうは「飛び降りようかな?」というアクションを見せたこともありましたが、結局思いとどまり、今のところ全く、ダイビングチャレンジはしてません。






      トロは安全志向.jpg



 やはり、軽やかにヒラリと飛び降りるには、体重オーバーなのでしょうか?






      お座りサリトロ.jpg



 これからも怪我だけはしませんよーに。







Last updated  2016.03.22 16:01:05
コメント(2) | コメントを書く
2016.01.04
カテゴリ:カテゴリ未分類
 サリとトロが我が家の一員となって1年3カ月と5日となりました。



 明けて4日になってしまいましたが、とりあえずは

 明けましておめでとうございます。

     正月飾り







 正月はのん~~びりと過ごしましたが、年末は大変でした。

 始まりは24日イブのことです。

 
 早朝に起きてみると、どちらのものか不明でしたが、盛大に吐き戻されたカリカリゲロが居間に散乱してました。

 ついでにウ○コも、トイレの外のあちこちに転がっていました。

 「しょうがないなぁ‥‥」という感じで、これらは私が(1回ウ○コを踏んだりしながらも)片づけて出社したのですが、その日は仕事が忙しく、家からのメールを確認する間もなく過ごしました。

 夜遅くに帰宅してみると、サリが朝から全く食べてない状態で、しかも、夜に吐いてベッド上の布団をオジャンにしていたと、嫁のマリーから知らされました。


     サリ0102.jpg




 サリはドライフードを与えても、少し匂いを嗅ぐだけで全く口をつけない状態でしたが、そこまで元気が無いようにも見えませんでしたので「明日の朝も餌を食べないようだったら、病院に連れて行って」とマリーに頼みました。


 ところが、その後布団の中で寝ていたサリが「ウェッ!」と声を上げて、吐き始めました。

 布団の上に吐こうとしたのを手の平に受けました。

 白い泡状のものでした。

 サリは布団から飛び出し猫歩廊に駆け上がって、更に吐きました。

 踏み台に上がって、吐しゃ物をふき取ると、今度はピンク色でした。


     涙する?トロ.jpg




 どうやら、出血しているようでした。

 時刻は、もう深夜1時を回っていましたが、このまま朝までは待てない状況です。

 まず、福岡市の動物救急病院に連れて行くことにしました。

 たぶん、根本的な治療は望めませんが、最低でも点滴だけでもしてもらう積りでした。



 タクシーで、片道2,800円分ほど走ってもらって到着した病院は、さすがに福岡市に1か所だけの動物救急施設なだけあって、患畜を連れた人が、私達の他に4組も来ていました。


 症状を伝えて、少し待ってから診察室に通されました。

 何かを誤飲したのでは?ということで、胃のエコーを撮ってもらいました。


     再現エコー画像.jpg




 「胃から小腸の入り口にかけて何かヒモ状の物が見える」とのことでした。

 サリとトロは、パンの袋とかをしばる、針金が入った短いヒモみたいな物によく興味を持ってましたので、「長さ5センチくらいの物ですか?」と獣医さんに聞くと「いえ、長さ20センチくらいあります」とのこと。

 そんな長いものは全然心当たりが有りませんでしたから、そう伝えましたところ、「では、対症療法だけしておきましょう」と点滴や痛み止めなどを打ってもらいました。


     救急医院診療費.jpg


 

 救急病院に電話した時に「診療費だけで、まず8,000円」と聞いてましたので、かなり覚悟はしてましたが、この金額で済みました。

 家に帰ると、もう朝の4時を過ぎてました。

 帰宅したサリは、点滴が良かったのか、痛み止めが効いているか、嘔吐も収まり、少し落ち着いた感じです。


     布団の2匹.jpg




 すでに普通に朝6時に起きて出社するのは無理な状態でしたから、7時半に「家内が結石で‥‥」と会社に電話して、9時まで眠ってから、いきつけの動物病院に再びタクシー(片道1,600円ほど)にサリを乗せて向かいました。




 救急病院での診断書を獣医さんに見せますと、今度はバリウムを飲ませてレントゲンを撮ることになりました。
 
 結果、こんな感じの写真が撮れました。
 
 
     再現レントゲン画像.jpg




 「これを見る限り、胃から腸に、ちゃんとバリウムが流れてますから、何かがあるようには思えません」とのことでした。

 とにかく、再び点滴をしてもらい、3日分の痛み止め(だったかな?)の薬をもらって、様子を見ることになりました。



 救急病院で16,000円、翌朝の病院では10,800円、タクシー4回分で約9,000円‥‥思わぬ合計36,000円也の出費でした。





 この日、私は昼から出社して、サリは終日ケージの中で安静に過ごしました。


 26日~29日は、サリは通常の半分以下の食事量に落ち込むこともありましたが、かなり持ち直した感じで、嘔吐もしなくなりました。




 そんな中、大晦日を明日に控えた30日の夕方のことでした。

 マリーと二人で外出から戻ると、トイレにウ○コがありました。

 片づけていると‥‥!!‥‥ヒモ?


     ひも?.jpg


 

 写真を撮るために、付着していたウ○コを取り除いた状態です。

 救急病院で言われた通り、長さはピッタリ20センチありました。

 ヒモは平たい形状で、幅は8ミリほどです。

 排泄現場は見てませんが、サリが出した物に間違いありません。

 こんな物体が一時的に、胃の出口を塞いでいたのですから、体調を崩して当たり前ですね。



 結局、ヒモの正体はマリーのパジャマの前ヒモだったと判明しました。

 サリがパジャマから噛み千切って、飲み込んでしまったようでした。

 マリーは「そういえば、このヒモ、こんなに短かったっけ?と思っていた」とのことでした。

 「診療してた時に、何ですぐに思い出さないの?」と私が思ったのは言うまでもありません。


         ストーブにあたる.jpg




 何にしても、年を越す前に、全てが明らかになったのは、本当にスッキリしました。



 もう、今後は何も飲み込みませんよーに。






Last updated  2016.01.05 02:33:45
コメント(0) | コメントを書く

全39件 (39件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.