000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

秋葉の街のオタクマスター

秋葉の街のオタクマスター

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

フリーページ

2012年08月07日
XML
痴デジ・・・もとい地デジ化とエコポイントでまだ使えるテレビまで買い換えさせたら、その後売れなくなるのは当たり前だろ!の秋葉原愛好家です。
(不景気がーとか魅力的な商品がーとか関係ない気が・・・)

英雄への道も諦めへの道も選ばない強さ。

それがジーザスの強さでしょう。

ジーザス砂塵航路も最終巻。

移植臓器コネクション(T・P・C)に対し、彼はささやかな局地的戦術的勝利をしたのみ。

完膚に敵を打ち倒しての大団円とはほど遠い、かろうじてハッピーエンドに指先だけがかかったラストでした。

それは最終巻にもあった、カダスでの彼の行動にも通じるもの。

その国に500万あるとも言われる地雷。

そのひとつひとつを処理するジーザスの行為は、全体から見れば誤差の範囲。

5000個を解体しても、0.1%を無力化したに過ぎず、その進捗は人を諦(あきら)めさせるに十分な結果でしょう。

俺のやっていることは無意味なんだ!と。

しかし、それでも歩みをやめず、彼はカダスでは地雷を、そこを出てからは世界的な巨悪を、それらの皮膚にかすり傷をつける程度の力しかなくとも、抵抗していく。

一足飛びに世の中を変える革命の誘惑に負けることなく、わずかづつ歩みを進めていく。

これが、ジーザスの本当の強さでしょう。

人は、少しづつの前進という地味な結果に耐えられないことが多い。

世の中を見回せば、変革だのイノベーションだの革命だの全廃だのといった目標に踊らされ、カルト宗教にはまったり、過激な行動に身を投じたり、怪しい商品を購入したりする例は、枚挙にいとまなく。

あるいは、進みをやめ、いまだに進み続けようとする人を、バカにしたり非難したり足をひっぱたりする例も、よく見聞きするもの。

そのどちらの誘惑にも負けない強さに比べれば、伝説的殺し屋とされる彼の戦闘力は、おまけみたいなものでしょう。

そして。

作品そのものも、同じ強さを持っていると考えます。

このブログでも何度か語ったとおり、「ジーザス砂塵航路」は絶滅危惧種といってよいハードボイルド。

世の流行に流されず、といってそれを馬鹿にするでもなく、ただ淡々とハードボイルドを貫く姿勢。

強靭なあれこれがなくては、あっというまに作品は航路を外れ、遭難していたでしょう。

まれに見る種類の強さを楽しむ、それがこの漫画の最大の魅力だったと感じた最終巻でした。


お盆期間も休まず即日出荷大丈夫!!7月発売 モバMAN新刊 JESUS-ジーザス- 砂塵航路 14巻単品






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2012年08月07日 22時27分15秒
コメント(0) | コメントを書く
[アニメ・ゲーム・コミック] カテゴリの最新記事


お気に入りブログ

みかづき紅月の館 みかづき紅月さん
ケルトの夢 shimikotoshioriさん
ま、てきとうに Me162さん
DeepPineApple oboro2004さん
ハナスカ87 ハナスカ87さん

コメント新着

わぴこ@ はわ… き、気になる…! よんでみたくなっちゃう…
SHU@ Re:君はX68000を知っているか?(11/08) 去年X68000のイースが発売されてます。5イ…
匿名希望@ Re:ニンジャスレイヤー〜勘違いしているのは作者か我々か(01/17) コンプエース連載版は続けて読んでます。…
秋葉原愛好家@ Re[1]:初コミケ(12/29) 匿名希望さん、いつもありがとうございま…

© Rakuten Group, Inc.
X