000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

秋葉の街のオタクマスター

秋葉の街のオタクマスター

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

フリーページ

2012年11月14日
XML
今のアニメは昔と違って萌え系ばかりという嘆きを聞くと、ガルフォースもイクサーもみゆきも夢幻戦記レダもドリームハンター麗夢もレモンエンジェルも無かったことになっているんだなぁと嘆息する、秋葉原愛好家です。

過去の名作は、過去だからこそすばらしい輝きを放った部分と、過去の名作という但(ただ)し書きがなくとも現在でも輝く部分に分かれるものです。

「宇宙戦艦ヤマト」であれば、登場人物の性格は前者、そして音楽はまちがいなく後者。

だから、正統派リメイクというべき「宇宙戦艦ヤマト2199」にて、劇伴音楽が旧作をほぼ踏襲(とうしゅう:そのまま引き継ぐこと)したのは、的に的中していたといってよいでしょう。

このたび、そのサウンドトラックを購入して聴いてみて、あらためてその感を強くしました。

ささきいさおさんが歌う「宇宙戦艦ヤマト」は、ブルーレイで家の薄型テレビから聴くより、サウンドトラックをiTune+バング&オルフセンのA8のほうが、ぐっとよかったのは朗報。
(音源は同じはずだけど)

ま、それでも、もっと旧作に近い歌い方をしてほしかった気はしますが。

他の楽曲も、子供のころヤマトに夢中だったが大人になってからは数回レンタルビデオを観たくらい、の方であればヤマトの曲そのものと感じるでしょう。

つまり、アレンジは必要最小限。

伝統を受け継ぐって、こういうことですね。

数々の名作、名曲を蓄えてきた日本のアニメ。

今後もリメイクがつくられるでしょうが、ぜひ、この「宇宙戦艦ヤマト2199」の方向性で、作品を編んで欲しいものです。


【送料無料】新作アニメ『宇宙戦艦ヤマト2199』オリジナルサウンドトラック Vol.1/サントラ[CD]【返品種別A】





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2012年11月14日 20時41分22秒
コメント(0) | コメントを書く
[アニメ・ゲーム・コミック] カテゴリの最新記事


お気に入りブログ

みかづき紅月の館 みかづき紅月さん
ケルトの夢 shimikotoshioriさん
ま、てきとうに Me162さん
DeepPineApple oboro2004さん
ハナスカ87 ハナスカ87さん

コメント新着

わぴこ@ はわ… き、気になる…! よんでみたくなっちゃう…
SHU@ Re:君はX68000を知っているか?(11/08) 去年X68000のイースが発売されてます。5イ…
匿名希望@ Re:ニンジャスレイヤー〜勘違いしているのは作者か我々か(01/17) コンプエース連載版は続けて読んでます。…
秋葉原愛好家@ Re[1]:初コミケ(12/29) 匿名希望さん、いつもありがとうございま…

© Rakuten Group, Inc.
X