082434 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

女装アッキーさんからのハッピーメッセージ☆

PR

Profile


女装アッキー

Calendar

Archives

Category

Recent Posts

Comments

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

まだ登録されていません
September 1, 2020
XML
カテゴリ:女装講座
​​​

こんにちは☆


アッキーです。


今回は、「自分らしさを勘違いしてはいけない」ということについてお伝えいたします。



自分らしさとは、あなただけの魅力や能力、個性を活かし、他人に左右されることなく自分の人生を生きること。これは以前の記事でもお伝えをいたしました。


【自分の人生を生きよう!】



https://plaza.rakuten.co.jp/akihoxpooh/diary/202007300000/



女装男子の方や、性別に関するお悩みを持っておられる方はもちろん、「わたしは今現在、自分らしい人生を送っている」と思われている方は、是非とも参考にしていただけたら幸いです☆





~私たちが最も忘れてはいけないこと~




他人に左右されず、自分らしく生きることはとても大切なことです。

しかし、自分らしく生きるにあたって忘れてはいけない、とても大切なことがあるのです。





​「社会の一員であること」​



そうです、私たちは社会人であることを忘れてはいけません。

もちろん、この記事を読んでくださっている方が学生さんであれば、まだ20歳未満で成人を迎えていない方も多いでしょう。しかし、学生さんでも立派な社会人であることに変わりはありません。




「自分らしさ」「個性」という話は、人生においてとても大切なことです。しかし、それは社会の一員であることが大前提。つまりは、社会のマナーやルールをしっかりと守った上でのお話なのです。



例えば、「自分はおおらかな人間だから」と言い張り、待ち合わせや約束の時間に平気で遅れたり、「自分は正確性を求めて慎重な人間だから」と約束の提出期限を平気で破ったりすることは、社会人であることを無視しています。


「社会のルールやマナーの中に自由がある」




【社会人としての自覚ある行動(一例)】

・自分で考え自分で行動する(自己管理)
・仕事を通じて社会と関係を持つ
・自分の言動や行動に責任を持つ(自己責任)
・ルールや約束を守り他人に迷惑をかけない
・最低限のマナーをわきまえる
・相手を尊重する心(年齢や立場関係なし)





もしも社会のマナーやルールを守れていなかったら...



・会社員が髪の毛を緑色に染めジャージで仕事をする
・大切な行事にGパンやTシャツで参加をする
・コンビニで座りこんで雑誌を見る
・女性が「私は男だから」と男性トイレを利用する
・男性が「私は女だから」と女子更衣室に入る
・何も行動せず誰かに頼ってばかりで生きる

・自分の言動や行動に無責任である
・ルールや約束を平気で破ったりウソをつく
・他人の価値観を否定し自分の価値感を貫く


これらの行動は、他人や主催者に対し迷惑行為であり、不快感を与えてしまう、あまりにも非常識な行為です。

これは自分らしさや個性ではなく、「単なるはみ出しもの」としか見られません。もちろん自分自身は満足しているでしょうが、これでは社会からどんどん見放されていってしまい、やがては自分の居場所がなくなってしまうのです。



※筆者のアッキーさんは過去にこのような人と接点がありましたが、今考えてみればそのどれもが「社会から外れた勘違いの人間」でした。


・大して親しくもないのに馴れ馴れしく接してくる
・ファミレスやコンビニの前に何時間も集団で居座る
・会社員やパート、アルバイトの人の価値観を否定する
・自分の言動や行動をのちに自ら帳消しにしとぼける
・夢や理想ばかりを語り実際には現実が全く伴っていない


最近では毎日一生懸命にサラリーマンや飲食業を頑張っている人をSNS上で平気でディスったりする、本当にレベルの低い人も増えてきましたが、相手にしてはいけません。そういった人達こそが社会から外れた人間であり、自分らしさや個性を勘違いしている人間なのです。




~他人と比べず自分と比べよう~




これも「自分らしさ」や「個性」という話には、セットでくっついてしまいがちなお話です。




自分らしさや個性を追求するあまり、他人の長所や短所ばかりに目が行ってしまい、それを真似ばかりしようとし、逆に自分自身の長所や短所を見失ってしまっているのです。




これは極端な例になりますが、身長が160cmの人が、バスケットボールでセンタープレイヤーになることは至難の業です。逆に、身長が高くてバスケがどんなにうまくても、手先が不器用な人であれば、洋裁の道を究めることはとても難しいことなのです。




これまでの記事でも何度かお伝えをしていますが...



「人はそれぞれみんな異なる生き物」



そうです、人の生き方や考え方は1人1人みんな違うものなのです。人それぞれに強みがあるわけですから、まずは自分の強みや弱みを分析することがとても大切なのです。

先ほどの例で例えると、身長160cmの人ならではのポストで大活躍することは十分にできますし、手先の不器用な人でも素晴らしい洋服をデザインしたり、とても素敵な販売員として活躍することは十分にできるのです。つまりは、その人にしかできないこと、その人が輝ける場所が必ずあるのです。






他人の優れているところや欠点ばかりを見ず、まずは自分自身と向き合い、自分自身と比べることが大切なのです。あなただけにしかできないあなただけの魅力が必ずあるのです。




「ヒマワリはバラになれない」

「自分だけの個性や能力を最大限に生かそう」


「他人と比べず過去の自分と比べよう」



※筆者のアッキーさんであれば、身長の小さい可愛らしい女の子になることは出来ません。しかし高身長を活かした、キレイな女装男子になることはできるのです。力がないので力仕事には不向きですが、困っている誰かの話を聞いてあげることは得意です。以前は優れた人ばかりを見る癖がありましたし、自分と比べて一喜一憂することもよくありましたが、たとえどんなに優れた人でも、アッキーさんにしかできないこともたくさんあります。完璧な人など存在しないという話ですネ。






~まとめ~


・自分らしさとは自分の魅力や長所や短所全て
・一人一人が社会の一員であることを忘れてはいけない
・社会のルールやマナーの中に自由があるということ
・人はそれぞれみんな長所や短所がある
・自分にしかできない魅力を引き出し武器にしよう
・他人と比べず過去の自分と比べること



今回は「「自分らしさを勘違いしてはいけない」というお話をしました。



わたしたちは、社会の一員であること。ルールの中に自由や個性があるのです。その中で、自分が輝ける場所で輝き、人生を楽しむことがとても大切なことなのです。




筆者のアッキーさんも、女装やスピ系のお話はあくまでも趣味の範囲で楽しんでいます。AGや性については社会とのバランスも色々と考えていますが、これらも含め、今後も社会の一員として、社会のルールの範囲内で、自分に出来る範囲で楽しく活動を続けていきます。



記事を最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました☆







ハート【アッキーさんおススメの記事】ハート


【(LGBT・性)心ない言葉に接したときの対処方法☆】



https://plaza.rakuten.co.jp/akihoxpooh/diary/202008260000/




【自分らしく生きるための環境について考えよう☆】



https://plaza.rakuten.co.jp/akihoxpooh/diary/202008040000/



​​​






Last updated  September 1, 2020 06:53:52 PM
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.