000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

女装アッキーさんからのハッピーメッセージ☆

PR

Profile


女装アッキー

Calendar

Archives

Category

Recent Posts

Comments

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

まだ登録されていません
September 16, 2020
XML
​​​​​

こんにちは☆

アッキーです。



今回は「嫌な出来事を楽しい未来に変える方法」というお話です。



わたしたち人間は、生きていれば突然のイヤな出来事に遭遇したり、全く予定通りに進まなかったり、急なアクシデントに見舞われてしまうもの。そんな時に、つい落ち込んでしまったり、気分が悪くなってしまうことはよくありますよね。

今回はそんな状態のときにおすすめしたいスキルを、3ステップでお伝えします。


※今回のスキルは、筆者のアッキーさんが自ら経験をして身に付けたものです。もちろん全ての方に効果があるというお話ではありませんが、ぜひ参考にして人生に活かしていただけたら幸いです。




【ステップ1】
~起きた事実を受け入れよう!~



まずはその起きた事実を受け入れることです。

例えば、ミスをした、やらかした、急なアクシデントに見舞われた。これらのことを素直に受け止めること。実際に起きたことは事実なのです。変えることは出来ません。



そして、その感情を素直に表すのです。紙に今の気持ちを書いたり、悲しんだり、泣いたりしてもいいし、落ち込んでも良いのです。悲しい時に聞く曲を聞くのもおススメです。



これは自分の感情を素直に表現することで、起きた嫌な出来事に対する、自分の中にあるモヤモヤを吐き出して冷静さを取り戻すということ。これはとても大切な行動になります。



※筆者のアッキーさんは、先日にYouTube動画の下書きを約2時間近くかけて作成しましたが、ちょっとした操作ミスから、その下書きデータを誤って消去してしまったのです。その時はとても悲しくなりましたし、少し自分を責めてしまいました。しかし気持ちを冷静にして、次のステップに移ることが出来たのです。

冷静になることが出来たのは、哀しい時に聞く曲を聞いたり、少し泣いたりして、自分の感情を表に出すことが出来たからです。以前はなんと8時間近くもかけて作り上げたYouTube動画を削除してしまったときもありました。(爆)この時は絶望感しかありませんでしたが、しかし下の松岡修造さんの素晴らしい動画を見て元気になることが出来ました。

​【辛い時に見てください】​


https://youtu.be/zhwLxNjK97A


こちらの動画は、今でも時々見ることがあります。辛い気持ちを受け止め、前向きにさせてくれる本当に素晴らしい動画だと感じています。




【ステップ2】
~普段と違う行動をとろう!~



ステップ1で自分の感情を吐き出すことが出来たら、次はこの行動です。



普段と違う行動を取ること。

いつもとは違うことをやってみること。



普段はまずやらないような行動を一つでもいいので、取ってみるのです。例えば...


【普段と違う行動の一例】

・ゆっくりと歩いて近所を散歩
・いつもと違う道を通る
・移動手段を別の方法にしてみる
・普段はやらない運動をしてみる
・昔やっていたことを久しぶりにやる
・普段は行かない場所に行ってみる



こうすることで、よい気分転換になり、気持ちが冷静になり、前向きになりやすいのです。





さらにはこの行動から...


「新たな発見を経験する」


知らない場所やお店に行ったり、昔やっていたことをやって、新たなものを発見したり、そこから何かしらの学びを得ることがカギになります。それが、今後の未来を大きく変えるきっかけにも大きく繋がっているのです。

どんな行動でも、何かしらの新たな発見や気付きは必ずあるはずです。何気ないものもじっくりと観察してみましょう。



※筆者のアッキーさんは、ステップ1のあとにバイクで少し近所にお出かけをして知らない道を散策しました。その結果、とても素敵な神社や見晴らしのよい風景に出会うことが出来ました。また、普段はなかなかいかない近所のお茶屋さんにも訪れ、とても香りのよいお茶を購入することが出来ました。その結果、気分が上々になり、YouTube動画ライブでの新たな試みや、新たな動画のお題、未来の楽しみが同時に次々と浮かんできたのです。沈んでいた気分も、いつの間にか晴れていました。




【ステップ3】
~起きたことについて分析しよう~



これはいわゆる「反省」になります。


起きたこと、不快に感じた出来事を思い返し...

・「どうしてそうなったのだろう?」
・「どうしてそのような状況になったのか?」
・「なぜ不快に感じたのか?」


などなど、様々なことを徹底して分析することがとても大切なことになります。



いくらステップ1とステップ2を実践しても、同じようなミスや嫌な出来事が再び起きてしまえば、それは全くの問題解決になっていません。

これは、冷静になってからでも全く遅くありません。残念ながら多くの人は、起きた問題の根本となる原因を分析しようとせず、それを放置してしまい、忘れ去られた頃に再び同じことが起きてしまっているのが現状です。ちゃんと分析をして問題を解決しなければ、再び同じようなことが起きたり、嫌な出来事に遭遇しやすくなってしまうのですネ。




※筆者のアッキーさんの場合...


【作成したデータが消えてしまった】



Wifi環境の悪い場所で動画の下書きをしていたために起こった現象。

​今後はWifi環境の良い場所で作業をするように徹底する。​




​【朝からネガティブな情報で気分が憂鬱になった】​



朝のニュースやSNSの不安を煽る情報が目に飛び込んできたため。

朝からテレビやネットを見ない(携帯に触らない)





【親しくもない人から突然連絡がきて不快な気持ちになった】



​その人は出会い系のイベントで知り合ったマルチ商法関連の人間。​

どうでもいい人からの連絡は遮断する。お人好しをやめる。


過去は自分の心に「いい人と出会いたい」という心の欠乏感から、出会いのイベントに安易に参加し、知り合って間もない人に安易に連絡先を教えたのが原因。というか今考えてみれば、別になんの利益ももたらさない、楽しくない人と関係を持つようなアッキーさん自身に大きな原因がありました。(お人好しだった)

「自分は1人でも十分に満たされている」という思いを持ち、現状に感謝をして毎日を生きること。安易に出会いイベントなど行かず、自分の時間はやはり楽しい時間や投資に使うことが大切ですネ☆



※現在のアッキーさんは私を応援して下さる優しい方々や、これまでお世話になった人、家族を除き、連絡を意図的に遮断しています。(個人のLINEもストップさせています)わたしを本当に必要としている方々とだけ関係を築き、楽しい人生を歩んでいこうと誓いました☆





嫌な出来事を楽しい未来に変えるスキルとは?~まとめ~

・生きていれば嫌なことや辛いことは必ず起きるもの

【ステップ1】
・起きた現象を素直に受け止める
・自分の感情を素直に吐き出す

【ステップ2】
・普段とは違う行動をとること
・その行動から気付きや学びを得る

【ステップ3】
・起きたことについて分析し解決する
・分析しなければ再び同じ現象が起きてしまう




今回は嫌な出来事を楽しい未来に変えるスキルをお伝えしました。



今回の話をまとめると、「嫌なことや辛いこと、アクシデントは自分への学びや成長に繋がる」ということです。


アクシデントや辛いことは、その時はとても気分が沈んでしまいがちです。まずはその気持ちを素直に受け止めること。

しかしそのアクシデントや辛い出来事がなければ、これまで以上に良い人生にはならなかったということなのです。つまり、アクシデントや辛い出来事は結果的に考えると、「良い未来への糧にすぎない」ということなのですネ。



記事を最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました☆






手書きハート【アッキーさんおススメの記事】手書きハート

【自分の道を振り返ろう!】

https://plaza.rakuten.co.jp/akihoxpooh/diary/202006300000/


【運を上げる方法!誰にでもできます☆】

https://plaza.rakuten.co.jp/akihoxpooh/diary/202006220000/



犬アッキーさんの自己紹介はこちら...↓くま


https://plaza.rakuten.co.jp/akihoxpooh/diary/202001160000/


さくらアッキーさんのLINE公式アカウント登録はこちら↓四つ葉
(女装バイブル&ハッピーバイブルプレゼント!)


https://line.me/R/ti/p/%40bmn6467i


!!登録の前にまずはこちらをお読みください☆↓スマイル


https://plaza.rakuten.co.jp/akihoxpooh/diary/201909230001/


​​​​​






Last updated  September 17, 2020 08:49:45 AM
コメント(0) | コメントを書く
[マイアップデート作戦☆] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.