125892 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

女装アッキーさんからのハッピーメッセージ☆

PR

X

プロフィール


女装アッキー

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

まだ登録されていません
2020年12月02日
XML
カテゴリ:女装講座


​​​​​​​​​​​​​こんにちは☆



アッキーです。


今回は「男装をしよう」というお話です。



女装をするのが怖いという女装初心者さんはもちろん、自分の容姿に自信がない男性、髪の毛が薄毛でコンプレックスを持っている方にはぜひおススメのお話ですヨ☆



※記事の後半にはアッキーさんの女装に関する過去話や、おススメのメンズウィッグご紹介もあります。参考にしていただけたら幸いです☆




​~男装をするとは?~​



男装とは、それぞれの文化によって「男性用」と規定されている衣装や装飾品を身に付けたり、男性らしい顔立ちのメイク等をすること。一般的には女性の異性装とされている。具体的にはメンズ用のファンデーションを塗ったり、眉毛を書いたり、男性用のウィッグを着用することでいつもと違う男性としての自分をコスプレ感覚で楽しむ。対義語は女装。

男装と聞けば、女性が男性の格好をすることが一般的な意味合いで使われます。「男性はもともと男性であるのに男装をする」とはどのようなものか?違和感を感じる方も少なくないですよネ。





実は、男装するということは「素敵な男性(例:イケメン)のコスプレをする」というお話でもあり、これは男性でも女性でも関係ないということ。例えば...


1女性が男装してイケメンになる
2男性が男装してイケメンになる



結果的に考えれば、どちらもイケメンに変身するということで、もとの性別は関係ないのです。



※女性が男装をするお話で有名なのが、紳士服スーツのCMです。アイドルグループが男性用のスーツを着て、メンズ用ウィッグを装着し、メンズ風にメイクをすることで男を演じているのです。


【人気アイドルグループのAKB48が紳士服はるやまの新イメージキャラクターに起用され、メンバーは男性用のスーツに身を包みクールなビジネスマンに変身。普段の可愛らしさとは違ったカッコイイ雰囲気を醸し出している。】






​~男性が男装をするメリット~​




では、男性が男装をする最大のメリットとはなんなのでしょうか?



その違いを一覧表にしてみました。



この表からも分かるように、男性が男装をするということは、女性が男装をする場合・男性が女装をする場合と比べても明らかに容易であり、しかも仕上がりもかなり良いのです。よくよく考えてみれば自然な話ではありますが、もともと男性である人が男装をするということは、自分の強みを最大限に活かした状態でもあるのです。これは女性でも同じことが言えます。(女性が女装する→とてもキレイになる)


何より、自身が男性であるので、女装に比べれば自己受容度はかなり高くなります。(かっこいい男性に変身して嫌になる男性はまずいない)ということは、男装しての外出も女装と比べるとかなり容易にできるというわけなのです。(恥ずかしさがなくなる)男装は女装に比べるとハードルが圧倒的に低いのですネ☆



【男装と聞けばイベントで男装コスプレをして楽しむ姿やアニメに出てきそうな奇抜なキャラを想像しますが、このように普段使いとして楽しめるナチュラルなメンズウィッグも現在はたくさんあるのです。(画像はラパンドアールのウィッグ。のちに紹介します)】




※表はあくまでも一般的な男性&女性をもとに作成したものです。女性のように可愛らしい男性もおられますし、男性のようにカッコイイ女性もおられます。もちろん生まれ持った身長や体系、声もありますから、全ての方がこの表にあてはまるわけではありません。

また男装に限らず、見た目で最も大きなカギを握るのが「髪型」です。これは以前の記事でもお伝えをしました。外見を良く見せるポイントについては、別記事も参考にされてくださいませ☆↓


【外見を良く見せるための3つのポイント】

https://plaza.rakuten.co.jp/akihoxpooh/diary/202010230000/





​~アッキーさんの過去...~​



今回の男装に関する記事は、実は筆者のアッキーさんが過去にものすごくコンプレックスとなって大きな悩みにもなっていたものを思い切って取り上げました。

というのも、筆者のアッキーさんは学生時代から自分自身の髪の毛が薄毛でとてもコンプレックスであり、それ以外にも様々な要因があり、自分に自信が持てなく、自己肯定感がとにかく低い人間でした。



【自衛隊時代のお話】



髪の薄毛がコンプレックスで自分が嫌いだった。(職場の先輩や同僚からもバカにされていた)外出時も自分の髪の毛を気にしていたので、人目を気にしてしまい、特に人通りの多い街などに行くのが辛かった。仕事のストレスも相まって、髪の毛はどんどん無くなっていきました。しかしそんなある日に出会ったのがメンズウィッグだったのです。

メンズ用ウィッグを愛用するようになってからは、自分の髪の毛に対するコンプレックスがなくなり、それから少しずつではあるが自分を好きになっていきました。一部ではありますが、職場の人も認めてくれました。もちろん仕事中はNGですが、メンズウィッグがあることにより、プライベートでは周りを気にせず、自信をもってとても楽しく外出が出来るようになったのです。



女装は男装の延長線でもあり、AGに関することや性別に関すること含め、過去のコンプレックス→男装をなくしては、今のアッキーさんは絶対になかったと確信しております。

 
【男装初期の頃のアッキーさん。(2016年)この頃はまだファンデーションも知らない状態でしたが、メンズウィッグだけでも自分のコンプレックスを全て吹き飛ばしてくれてとても嬉しく、自己肯定感の低かった自分自身を少しずつ好きになっていきました。「髪の毛は女の命」とも言われていますが、これは男性でも同じであると感じています】




まずは男装してみよう! ~まとめ~


・男装とは男性用の衣装や装飾品を身に付けたりメイク等をすること
・男性が男装をすればメリットだらけ
・男装は女装よりもハードルが圧倒的に低い
・メンズウィッグなら薄毛も全てカバーできる





今回は「男装」についてお伝えをしました。



男装をすることで、もう一つの自分自身を創り上げることが出来る。これは「ペルソナ(仮面)を使い分けることが出来る」ということでもあるのです。


男装して理想の自分で生きていれば、そのうち本当の自分も理想の自分に近づけるということ。一人の自分だけで生きるのではなく、様々な仮面を持ち、人生を楽しく生きることができれば、本当の自分自身も次第に変わっていくということ...




​「理想の自分で生きよう」​




筆者のアッキーさんが現在も愛用しているメンズウィッグは以下のものです。これらは少しカットが必要ですので、ウィッグをカットできる美容室や、カットが得意な友人に依頼されるなどして整えられてみてください☆


スマイル【アッキーさんおススメのメンズウィッグ】ハート


専用ソフトネットとの併用で医療用としてもおすすめ!【耐熱メンズウィッグ レビューを書いてWIGケアセットGET♪】ラパンドアールウィングショート5766



★専用ソフトネットとの併用で医療用としてもおすすめ!【メンズウィッグ レビューを書いてWIGケアセットGET♪】ラパンドアールストリームショート3473




楽天スーパーSALE対象 期間数量限定 送料無料 メンズウィッグ プリシラマン MA-100 スタイリッシュショート(男性用かつら) 日本製耐熱ファイバー メンズウイッグ



記事を最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました☆





この記事が良かった・ためになったと思われた方は、こちらをポチっと押していただけると嬉しいです☆↓

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログへ
にほんブログ村




ハート【アッキーさんおススメの記事】ハート


【女装男子が付き合うべき人とは?】
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​
https://plaza.rakuten.co.jp/akihoxpooh/diary/202011250000/

​​

【女装さんやAGにおススメの休日行動】

https://plaza.rakuten.co.jp/akihoxpooh/diary/202011220000/





犬​アッキーさんの自己紹介はこちら...↓​​くま


​https://plaza.rakuten.co.jp/akihoxpooh/diary/202001160000/​


さくらアッキーさんのLINE公式アカウント登録はこちら↓四つ葉
(女装バイブル&ハッピーバイブルプレゼント!)


​https://line.me/R/ti/p/%40bmn6467i​


!!登録の前にまずはこちらをお読みください☆↓スマイル


https://plaza.rakuten.co.jp/akihoxpooh/diary/201909230001/



にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログへ
にほんブログ村






最終更新日  2020年12月02日 18時00分09秒
コメント(1) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.