249786 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

トラベルボデギータスタッフブログ

2006年08月20日
XML
「キューバってどこにあるんだっけ?」という方から、キューバ旅行を計画中の方まで皆さんこんにちは。1999年からキューバに住み始めて早、数年が経過しました!

日記というのは本来自分でひっそりと書きしたためるものと思いきや、21世紀に入った今なお、とっても遠く感じるキューバ、そして数少ない情報…という中、できるだけ新しいそして現実に添った情報の提供をさせていただこうと、今日からスタートです!

では、よろしく。



私は、旅行エージャントのトラベルボデギータでキューバに渡航される旅行者の方の現地での御世話係をしています。今日は旅行者の方から必ずと言っていいほど寄せられる素朴な疑問の代表格“お金”についてお話ししたいと思います。初回からいきなり“お金”で恐縮です。が、これって大事よね。



様々な旅行ガイドブック等で、既にご承知のこととは恩いますが、そうなんです、キューバでは2種類のお金が公式に流通しています。ややこしいのは、この2種類ともPESO(ペソ)と言ってしまうので、これが不安にさせる大きな要因かな・・と。



詳しく説明すると、

1)<PESO CONVERTIBLE>(ペソ コンベルティーブレ)日本語では兌換ペソ

表示方法は“CUC”、呼び名の通称はチャビート、チャボ、セーウーセーもしくはクック


2)<PESO CUBANO>(ペソクバーノ)または<MONEDA NACIONAL>(モネダ ナショナル)表示方法は“MN”。呼び名の通称はペソ、ペソクバーノ

1CUC= 24MN= 日本円で約135円相当



旅行などの短期の滞在では、ほとんど1)のCUCを使用すると御考えください。もし、どっちかな?という不安を感じたら、「セーウーセー?モネダ ナショナル?」とハッキリ質問してくださいね。私たちアジア人はどこから見ても外国人です。恥ずかしがることはありません。



外国人は“MN”が使用できない・・と言う人がいるようですが、正しく言うとそうではなく、この”MN”が使用できる場所やお店が限定されるので(特に首都ハバナでは)あえて

”MN“に両替する必要はない、ってことです。よって両替は”CUC”へ是非。



では“MN”で買えるものとは主に以下のようなもの。野菜市場で買う野菜や果物や豚肉。道端で立飲みするコーヒー、お菓子類、パンのようなピザ、粉末ジュース、カキ氷、アイスクリームなどなど。道端での買い食いは、特にジュースや氷のものはお腹のデリケートな方は要注意。其の他MNで決済のレストランなどもありますが、非常に少なく、味も…!?・・と無言になります。”道端“といっても、セントロ・ハバナなどの下町の道端のことなので、つまり旅行中(滞在中)目にする表示はほとんどがCUCとなりますね。



其の他、公共のバス、乗り合いタクシーなど。これもハバナの地理とスペイン語に明るくない限りは、必殺ワザです。あきらめましょう。



さてキューバの玄関、空港での両替事情ですが、残念ながら日本円からCUCへの両替はできません。両替レートの表示ボードには日本の国旗が随分前から表示されていて、日本円の扱いの予定はあるんでしょうが…まだ・・のようです。よって小額のユーロまたはカナダドルを持ってまずはCUCへ。米ドルは換算レートが非常に悪いのでおすすめしません。(両替は可能ですが)



そこでは基本的にレシートが出るので(レシートはスペイン語でレシーボといいます)必ず現金と記載内容を確認ください!職員は皆、国家公務員、基本的には(恐らく日本で想像するよりは)“以外と”真面目に仕事をこなす人々ですが、時々、「内容をごまかされてしまって後で気がついたけど、その場でクレームしなかったので後の祭りだった・・」という報告も入ってきています。後ろに他の人が待っていようと気にせずに!



路上での両替詐欺も発生しています。路上での“おいしい話”にはゼッタイに乗らないように。被害に会った方は皆こう言います。「キューバの人は皆親切で、優しいし、人なつっこいので、つい気を許してしまった・・」と。そうです。キューバの人は子供から御年寄りまで皆人なつっこいのは確か。私がキューバで足の手術をした時、術後、包帯をまいて足を引きずって歩いている時のこと。何台の見ず知らずの車が止まり、乗っていきなさいといってくれたか。何人の見ず知らずの人が立ち止まって“まあ、どうしたの、怪我したの?可哀そうに”。歩いたらダメなんじゃないの?安静にしてなさい“って言ってくれたか。

でも、それはそれこれはこれ。“日本の路上で見ず知らずの人にまとまったお金を手渡して、待っていたけど現れなかった”ってことと同様です。



ハバナ市内の日本円からの両替が可能な主な場所は、

* 国営両替所(CADEDA)旧市街 オビスポ通り沿いホテルフロリダ斜め前 

* 銀行 フィナンシエロインターナショナル、新市街ホテルハバナリブレ

* 銀行 フィナンシエロインターナショナル 旧市街サンフランシスコ広場の角


* 銀行 メトロポリターノ 旧市街レストランフロリデイータ前

* ホテル内両替所(CADECA)新市街ホテルメリアコイーバロビー内

* ホテル内両替所(CADECA)プラヤ地区ホテルオキシデンタルミラマルロビー内




ところで、帰国の際に余ったCUCを空港で外貨への再両替が可能です。コインは不可。日本円へも不可なのでご注意を!空港は24時間開いているので早朝の便でもOKです。

チェ・ゲバラの3ペソの御札などは、持って帰って御土産にしてもよいかもね!



今年のキューバの夏は、例年よりも暑く、昨日のキューバ中部地方では、最高気温の新記録36度以上ってのが記録されたようです。8月末までが夏休みシーズンのキューバ。ハバナの海沿いのマレコン通りには、いつカーニバルが始まっても良い状態なように、見物用スタンド席が準備されています。次回はカーニバルのお話ができたらあな・・というところだったのですが、たった今入った、あるカーニバル関係者の電話での話によると、今年は結局いつになるのかまだわからない・・ということ。本当は8月4日に始まる予定だったのですがね。サンテイアゴ・デ・クーバはいつもきっちりはじまるのに、ハバナのカーニバルはちょっと頭痛の種。本当によく日程が変更するんです。よって前もっての開催情報が発せられず、という状態。どうぞご承知おきを!






Last updated  2006年11月22日 04時23分14秒
[キューバ雑学豆知識] カテゴリの最新記事


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


Bodeguita Habana

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

コメントに書き込みはありません。

Freepage List

Headline News


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.