1438287 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

土井中照の日々これ好物(子規・漱石と食べものとモノ)

PR

プロフィール


aどいなか

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

aどいなか@ Re:漱石の痔の手術とリチネ(04/30) この写真はイメージです。 本文にもある通…
岸波靖彦@ Re:漱石の痔の手術とリチネ(04/30) この記事に掲載してある「頓服薬」の写真…
aどいなか@ Re[1]:子規と諸国からの贈り物02_全国の魚(10/11) 匿名希望さんへ 返事が遅くなってすみませ…
背番号のないエースG@ チョコレート(09/03) 「風の子サッちゃん」 ~ Tiny Poem ~…
匿名希望@ Re:子規と諸国からの贈り物02_全国の魚(10/11) 「鳥取県鹿足郡」とありますが、 鹿足郡は…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.11.30
XML
カテゴリ:夏目漱石

 
 漱石のお菓子好きに関する研究書『スイーツ系漱石』がアマゾンから発売されました。
『西洋料理好き漱石』『湯けむり漱石』に続く第3弾となります。
 以後は、漱石のおしゃれについて調べた『ハイカラ漱石』、江戸っ子漱石が好んだ伝統の味を集めた『江戸っ子漱石と伝統の味(仮題)』と続きます。
 今、アマゾンはブラックフライデー期間なので、本が読み放題になるアンリミティッド会員が3ヶ月限定で99円になります。もちろん、この期間が終了したら月額980円なのですが・・・。
 この期間に、リミテッド会員になって、僕やそのほかの本を読むことをお勧めします。
アマゾンの『スイーツ系漱石』は​こちら
『スイーツ系漱石』の立ち読みや僕のプロフィールを知りたいなら​こちら
 
[スイーツ系漱石の内容紹介]
 スイーツ系男子・漱石の「甘い生活」を、作品に登場する甘いものやエピソードを通じて紹介します。
「第一章 漱石と和菓子」は『草枕』の羊羹を始め、饅頭や団子、餅菓子、駄菓子などにまつわる、漱石とお菓子の多彩なエピソードをご用意しました。「第二章 漱石と洋菓子」はアイスクリームやビスケット、プディング、チョコレートなど、漱石のイギリス生活で得た、洋菓子の魅力について語らせていただきます。「第三章 全国の菓子と漱石」は、手紙や日記、作品などに登場する地方のお菓子にスポットライトを当てました。漱石が楽しんだ意外な地域の名産品をうんちくとともにお届けします。「第四章 シュガー・ブルース」は、漱石の甘いもの好きが、どのように健康に影響を与えたかを記しています。漱石が無類の甘い物好きだったことが、糖尿病という厄災になって、どのような生涯を迎えるのかを時系列で辿り、漱石の砂糖フリークと糖尿病の関係について解明していきます。
 漱石の身近な生活と作品、さまざまなエピソードで漱石の人間性を掘り下げていく「漱石の日常」シリーズの一冊です。イラスト解説や四コママンガを配して、より分かりやすく、より楽しめることを目指す、エデュテインメント本をお楽しみください。
※エデュテインメントとはエデュケイション(教養)とエンターテイメント(娯楽)を組み合わせた造語です。
 
[スイーツ系漱石の目次]
はじめに
  
第一章 漱石と和菓子
 羊羹1:『草枕』に見る漱石の煉羊羹フェチ/羊羹2:『草枕』に出てくる蒸羊羹のような硯/羊羹3:羊羹を食べるなら藤むらに限る/羊羹4:運命を象徴するのは半透明の金玉糖/饅頭1:漱石は饅頭嫌い?/饅頭2:『坑夫』のハエのたかった揚饅頭/饅頭3:『門』の大きな田舎饅頭/饅頭4:漱石が持ち帰りを疑った栗饅頭/饅頭5:漱石の葬儀と蕎麦饅頭/団子1:団子で語った漱石の反権力/団子2:『吾輩は猫である』の多々良三平が薦める羽二重団子/餅菓子1:妻を貶す口実の安倍川餅/餅菓子2:漱石作品は粟餅のように手軽に出来上がる?/餅菓子3:季節によって名前が変わる彼岸の供物/餅菓子4:寒月こと寺田寅彦の歯についた空也餅/汁粉:漱石の通った汁粉屋/ぜんざい:関東と関西で変わる名前/今川焼:今川焼きの値段とお金の価値『野分』/焼芋1:「書生の羊羹」にして貧者の冬の必需食/焼芋2:焼芋を食い、鼻汁を垂らす人への追悼/悪食勝負:あんこの入った豚汁VS饅頭茶漬/煎餅:塩煎餅と蕪の漬物の食べ合わせは雁の味?/切山椒:散歩で見かけた風景から連想した菓子/干菓子:病床のコスモスからの連想/甘酒:熱い飲み物なのに季語は夏
第二章 洋菓子と漱石
 アイスクリーム1:『虞美人草』で語られる博覧会のアイス/アイスクリーム2:胃病で入院した漱石の好物/アイスクリーム3:夏目家の手づくりアイス/アイスクリーム4:焼芋屋の夏は氷水屋/氷水:坊っちゃんと山嵐の1銭5厘/ビスケット1:ロンドン時代の侘しい記憶/ビスケット2:試験採点中のつまみ食いを門人に報告/ビスケット3:『虞美人草』に登場する和製ビスケット/ビスケット4:修善寺の大患後の感動/ウエハース:自己主張に乏しい代助のような存在/プディング:『行人』に登場するイギリス流のお菓子/ゼリー:『草枕』の半透明のお菓子とオフィーリア/チョコレート1:飲み物としてのチョコレート/チョコレート2:食べものとしてのチョコレート/カステラ1:つまみ食いに最適なお菓子/カステラ2:チョコレートがかかった亡国の菓子/シュークリーム:記者の失敗
第三章 全国の菓子と漱石
 松山:坊っちゃん団子の秘密/岡山:内田百間が贈った吉備団子/高田:医師から毎年届く越後名物の笹飴/新潟:漱石に越後の笹飴を教えたのは妻の鏡子?/夏見の里:名物の心太は田園風景が似合う/宇和島・東京:「唐饅頭」の所変われば/高田・京都・東京:粽の評価の判断基準は?/金沢:晩年のツグミにつながるお菓子「長生殿」/京都:京都の風情を八つ橋で味わう/ロンドン:正岡子規の素朴な焼芋の質問/神戸:禅僧からのファンレターに添えられた瓦煎餅/神戸:禅僧たちの東京案内へのお礼の饅頭
第四章 シュガー・ブルース
 漱石と砂糖1:汁粉の食べ過ぎで盲腸炎/漱石と砂糖2:妻・鏡子の手料理の影響/漱石と砂糖3:イギリス留学での食生活/漱石と砂糖4:朝食は砂糖をかけたパン/漱石と砂糖5:月にジャム缶8個の影響/漱石と砂糖6:送られてくる砂糖漬の甘い誘惑/漱石と砂糖7:青いウンコとつまみ食い/漱石と砂糖8:糖尿病を放置した漱石へのつけ/漱石と砂糖9:解剖所見による糖尿病






最終更新日  2021.11.30 19:00:05
コメント(0) | コメントを書く
[夏目漱石] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.