164736 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

東京フリー・メソジスト教団付協力牧師 甲斐慎一郎 説教要約

PR

X

Category

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


昭島フリー

Freepage List

Calendar

Favorite Blog

海と孫 やまひで0207さん

Comments

http://buycialisky.com/@ Re:説教要約 462(10/11) cialis soft doseageblindness cialis lev…

Headline News

東京フリ−・メソジスト教団付 協力牧師 甲斐慎一郎のホームページ→ こちら



新刊が出ました。
2018年5月20日に出版した​「神のご計画の全体」​です。
​​​​​​

久米小百合氏が本の案内人として司会をする「本の旅」
『 聖書の中心的な教え 』甲斐慎一郎著が紹介されました。

2021.02.27
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​​​​​​​​​​
​「信仰の効用(1)信仰を成長させる三要素」​2021年2月28日
インターネットのテレビ局CGNTV(⇒みことばに聞く⇒関東⇒
東京B)の番組に当教会の牧師が出演しました。
2014年5月14日放映「​イエスを仰ぎ見なさい(1)​」
​「信仰を成長させる三要素」​
                 甲斐慎一郎 
                 創世記、50章15節
  私たちが神への信仰を持つなら、神は私たちの信仰に応えて私た
ちの心に働いて良い実を結ばせてくださいます。そこで信仰の効用
について三回に分けて考えてみましょう。
◇信仰の効用(1)――信仰を成長させる三要素
◇信仰の効用(2)――信仰を形造る三要素
◇信仰の効用(3)――信仰を建て上げる三要素
 ​ 一、忍耐を生じさせる信仰​
  聖書は「信仰がためされると忍耐が生じる」と教えています(ヤ
コブ1章3節)。
  ヨセフは、祖先から良い信仰を受け継ぎ、神を愛し、罪を憎む青
年でしたが、彼の温室育ちの信仰は、嵐が吹き荒れる厳しい現実の
世界で試されなければなりませんでした。 
 ヨセフは、兄たちに妬まれて穴に投げ込まれましたが、まず孤独
に耐えなければなりませんでした。そしてエジプトに売られて奴隷
になりましたが、次にしもべとして人に仕える忍耐を学ばなければ
なりませんでした。さらにポティファルの妻に訴えられ、無実の罪
を着せられ、投獄されましたが、第三に中傷や非難を耐え忍ばなけ
ればなりませんでした。
  信仰が厳しい現実の世界で生かされていくための第一の要素は忍
耐です。信仰は「見えないものを確信させる」もので(ヘブル11
章1節)、神の約束と保証に立って、遠くの良いことを見ることで
す(同11章13節)。決して霊的な近視眼ではありません。
 ですから現在の一時的な孤独や苦難の中でも、つぶやかず、疑わ
ずに、忍耐をもって黙々と神と人とに仕えていくことができます。
信仰は、人を焦らせず、性急にさせずに、神のよしとされる時まで
耐え忍ばせるものなのです。
  ​二、希望を生じさせる信仰​
  聖書は、「信仰により……望み」を抱くと記しています(ガラテ
ヤ5章5節)。
  ヨセフは、兄たちによって穴に投げ入れられる時には理解するこ
とができずに苦しみましたが、エジプトに奴隷に売られてからは、
嘆いたり、つぶやいたり、くよくよしたりせずに、喜々として働い
ています。また無実の罪を着せられて牢獄に入れられても、嘆いた
り、つぶやいたり、くよくよしたりせずに、かえって人を慰め、励
ましています。
 信仰が厳しい現実の世界で生かされていくための第二の要素は希
望です。「心に憂いがあれば気はふさぐ」のであり(箴言15章13
節)、希望を失ったなら、気力がなくなり、自暴自棄に陥ってしま
います。
 しかし信仰は私たちに希望を与えます。なぜなら信仰は、自分の
周囲の様々な人間や境遇は、第二原因に過ぎず、第一原因は神であ
ることを私たちに教えるからです。信仰者は「雀の一羽でも……父
のお許しなしには地に落ちることは」ないことをよく知っています
(マタイ10章29節)。信仰は、過去のいかなることにもとらわれ
ず、くよくよせずに第一原因である神を信じて希望的観測をするの
です。
  ​三、愛を生じさせる信仰​
  聖書は「愛によって働く信仰」が大事であると教えています(ガ
ラテヤ5章6節)。
  ヨセフは、過去を回顧し、兄たちの嫉妬やポティファルの妻の中
傷や献酌官長の忘恩など、人間の罪や失敗をも凌駕して余りある神
の支配と導きを現実に見ながら、今さらのように神の愛の広さ、長
さ、高さ、深さの計り知れないことを知って感激したにちがいあり
ません。この神の愛を現実に知ったヨセフは、兄たちに対して恨み
や復讐心などはみじんもなく、ただあるのは赦しと愛だけでした。
  信仰が厳しい現実の世界で生かされていくための第三の要素は愛
です。ヨセフは、その人の信仰の有無を問わず、周囲の人は自分の
姿を写す「鏡」(箴言27章21節)、自分を磨く「砥石」(同27​
​章17節)、神に仕えるための「相手」(マタイ25章40、45節)で​
あることを知ったのでしょう。
 しかしこれは、自尊心が強く、体面を重んじ、誇りの高い人には
受け入れがたいものです。ただヨセフのように、様々な逆境や苦難
を通らせられて、謙遜と自己否定を学んだ人のみ愛と感謝をもって
受け入れることができるのです。
甲斐慎一郎の著書→​説教集
久米小百合氏司会「本の旅」→「​神のご計画の全体​」
​​​​​​​​​​​​​​






Last updated  2021.02.27 19:00:36
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.