078980 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

街。の声

PR

Recent Posts

Category

Freepage List

2008年10月12日
XML
カテゴリ:教育

「秋葉原事件うらやましい」身勝手な持論展開 土浦連続殺傷犯単独インタビュー
>「秋葉原事件がうらやましい。僕より多く殺しているから…」。茨城県土浦市のJR荒川沖駅で3月、8人を刃物で殺傷した金川真大(かながわ・まさひろ)被告(24)が先月、水戸拘置支所(水戸市)で産経新聞の面会に応じ、東京・秋葉原で17人を殺傷した加藤智大(ともひろ)被告(26)への“嫉妬”をのぞかせた。

いやぁ、アレだよ。こんなこと言われたら、被害にあった方々もたまらないんでさ。「自殺する勇気がないから、死刑になりたかった」じゃねぇっての、ホント。こういう奴の感覚を思えば、やっぱり極刑は必要で、しかも、本来なら被害者(遺族)への引渡しが健全なんだと改めて思えるね。ってかさ、コイツの場合、死刑になるかどうかさえわからないっていうんだもの。一体どうなってるんだって。

何て言うか、いつの時代にも動機が不鮮明な凶悪事件てのはあったんだけど、ここのところ「誰でもよかった」「嫌になった」っていう、ワケわからん動機でスイッチが入っちゃうのが多いんでさ。で、死刑廃止論者からすると、死刑制度があるからこういう犯罪(死刑を望んで凶行にはしる)が起こるとも言う。これは、(加害者の視点に立てば)望みを叶えてあげるんだもの、逆説的に『死刑制度はある意味人道的』って言ってるようなもんだよ。

野生の動物には種の保存のため(生き残るため)には仲間を殺していくという習性だってあることはある。もうね、そういうのは生きるか死ぬか、本当の意味での弱肉強食なわけだよ。で、人間社会は、そういった本能を理性や倫理観、法律なんかで封印しているという了解があるわけでしょ。『今こそ人権に配慮しよう!』でも書いたように、法の下で規制して共同生活してるのが人間なんだから。

それを無視したら、もう人間じゃないんだって。

今さ、格差社会ってのが流行ってる。程度の差こそあれ、確かにあるんだ、格差ってのは。当たり前のことなんだよ。ただね、そういう負の部分を教えてこなかったんだ。「勝ち組負け組」「強者・弱者」ってのもそう。『街。的教育論』でも書いたけど、そういうものを伏せてきた結果、工夫して現状を打破したり問題を解決する癖がついてないというね。ワタクシ自身も少なからずそうだろうけど、ここ数年入社してきた若手社員には辟易するもの。

とにかく、言葉を代表とした自分の意思表示ってのが極端に少ないんだ。教えたら教えたことだけやってくる。指示したら指示したことだけやってくる。特に質問も無いし報告も無い。今自分が行っている業務についてどういう意味があるのかを考えてない。その前後の業務を少しでも把握してると覚えやすいし捗るのに、どうも面倒なのか意に介さない・・ってか興味ない。

うまくいかないと放置しちゃう(本人的には思考停止状態なのかもしれんが・・)。あきらめちゃう。効率を考えて、それを後回しして他のことをやるってわけでもない。よくわからない書類作成なんかは机の奥にしまっちゃうんだよ。その書類がそこで止まるとどういうことになるか考えない。仕事をしてると何かしら疑問てのがわくし、どうしたらうまくいくかって自然に考えるはずなんだけどね。

もちろん、こういう人たちばかりじゃないんだけど、全体的な傾向として年々強まってる感じがするんだ。そういうワタクシ自身だって、その前の先輩や上司に言われてたのかもしれないし、その先輩や上司も言われたかもしれないしね。本当は「最近の若手は」なんて大それて言えるもんでもないんだけどさ。

ただ、その時代時代に「最近の若者は」っていう風潮があるにせよ、少しでも早く少しでも多く少しでも正確に業務を完遂させるって意味では、徐々に薄れてきてるような感じはするね。サービス残業がいいとは言わないけど、本来、自分の仕事のデキが悪かったら早出残業は当たり前なんだよ。その残務は、自分の責任においてやらなくちゃならんのだから。

以前、『【PART2】時事ネタ迷い箸』でネットカフェ難民について書いたしコメントでそーにゃさんも触れてたんだけど、『非正規雇用社員だから雇われてる』っていう可能性をまったく考えてないのが不思議でならないんでさ。待遇が違うって言っても、非正規雇用社員をそのまま正規雇用したら全体の待遇レベルは下がるってことは考えないんだよな。それに、仮に非正規雇用を廃止したら、非正規雇用全体の何割かしか仕事にありつけなくなるっていう現実からも目をそむける。

少なくとも自分は正規雇用されるという不思議な自信・・

待遇が違うって言ってもね、これは会社や非正規雇用社員自身(特に派遣社員)によっても違うだろうけど、非正規雇用社員の方が優遇されてるなぁってこともたくさんあるんだよ。依頼した業務が途中でも定刻で帰れたり、最後までやってもらおうとすれば分単位で残業が付く。朝は定刻ギリギリ帰りもピッタリ。時間給だからこそ出来るワザ炸裂というね。

慣れた派遣社員になると時間調整しながら業務をこなしたりね。15分前くらいから帰り支度を始めて定刻ピッタリに「お疲れぇ~」とか、退社時間が近づくにつれバタバタと仕事し始めて、終わらないから残業つけるとか。極力少ない労働で高い賃金を得ようなんて、自分の立場を最大限利用してたりするんだ。でさ、正社員が非正規雇用社員を羨んでたりね。

正社員との時給換算比較で言えば倍以上じゃねぇか、格差反対!とかさ。

きちんとしてる派遣会社なら社会保険も加入してるし有給休暇も付く。残業手当や休日出勤手当、深夜割増手当なんかは正社員よりも厳密に付加される。待遇が悪いとか言ってる多くが、マトモな派遣会社じゃないんじゃないかと勘繰っちゃう。ここのところ問題になってるのも、厳密に言えば派遣会社じゃなくて業務請負会社だもの。業請の場合、派遣社員じゃなくて契約社員なんだよ。まぁ、非正規雇用社員には変わりはないんだけどね。

非正規雇用の罪ばかりを強調して格差社会の代名詞にしてる人達は、こういうリスクも認識しなくちゃダメなんだよ。今ある恩恵はそのままで、正規雇用社員のいいとこだけ僻んで手に入れようとしたってダメなの。いいことの裏にはキツい現実が待ってるんだから。企業だって利益を追求しなくちゃならんのだからさ。あれもこれもと全部抱えたら、全体の待遇(給与とかも)だって下げざるを得なくなるんだ。

隣の芝生は青く見える、ってのもたいがいにしないと。

で、本題なんだけど(・・ってかここまで序章かよ・・という声が聞こえてきそうですが)、この金川被告ってのが、後の秋葉原事件(加藤容疑者)に影響を与えた人物ってことになってるんだけど、こういう不遇を悲観してってわけじゃならしいんだな。いや、ここまで格差社会だの非正規雇用を取り上げといて何なんだけどさ。新聞記者が金山被告に面会していろいろとインタビューしてるんだ。

記者「『死刑にならなかったら、どうしよう』という不安を持っていると週刊誌のインタビューに答えていますが、その気持ちに変わりはないですか」

金川被告「ないですね。この世の中から消えてしまいたい」


こう言ってる割には、高校の頃から人を殺したいと思っていたらしくそれを肯定してる。「生きてるのがつまらなくなった」って理由で。まぁ、すでに矛盾して論理が破綻してるんだけど、「死刑で死にたくて事件を起こした」と供述してるわけだから金山被告の中では整合性があるんだろうね。

死にたきゃ独りで勝手に死ねって思うんだけど、「自殺というのはどんな方法であれ、自分で自分の体に痛みを加えることになるでしょう。そんな勇気はなかったですね」なんて当然とばかりに話してる。結局のところ、秋葉原事件の加藤容疑者と同じで誰かにしてもらわないと何も出来ない。言い換えれば、問題解決の引き出しが少なすぎるんだね。すぐ放置しちゃう。投げちゃう。

記者「あなたに刃物で切りつけられた被害者たちは、かなり痛みや恐怖を感じたと思いますが?」

金川被告「関係ないですね」


誰しも感じる疑問を記者もぶつけてる。自分の痛みは嫌だけど、他人のそれについては特に何とも思わない。昔は「自分がされて嫌なことは他人にもするな」って教えられたもんだけど、悪い意味での個人主義が蔓延る昨今。まず自分ありきなんだ。まず「自分」てのがあって、そして「対になるその他」っていう図式がある。自分対その他。その他は十把一絡げ。その方が楽だからね。

こうなると、その凶行の残虐性とかを考え合わせなくても、冒頭に書いたように、またこれまで過去の日記でも書いてきたように、加害者の罰は被害者が決するというのが本当だと思うよ。ワタクシは、そこまでしてもまだ被害者の方が不利益だと感じるくらいでさ。加害者が凶行に及ばなければ被害者側が加害者側に罰を与える必要はなかったんだから。罰を与えても被害者の負の部分は解決出来ないんだから。

加害者が何を言おうと「関係ないですね」でいいんだよ。

記者「秋葉原の事件を知っていると思うけど、加藤容疑者(当時は起訴前)はあなたを意識し、犯行にナイフを使ったと供述していますが?」

金川被告「うれしいですね。ただ、うらやましくもある。僕より人を殺しているから。それだけ、罪が重いから」

記者「つまり、死刑になる確率が高くなるということですか」

金川被告「そうですね」


このやりとりを見てると、この期に及んでまだ死刑にならない可能性がある、いや、死刑にならない可能性が高いかもって思ってるらしいところが不思議なんだよ。だから、死刑にならなかったらどうしようって不安になってる。こういうのが死刑にならなかったら、結局のところ「更正」を望んでるってことだろう。もしそうだったらすごい判断なんでさ。

これは、いわゆる人権教育の罪だと思うね。一人か二人の殺害だと死刑にならないんじゃないかって誰もが何となく知ってる。トンチンカンなことを口走ってたら、責任能力を問えなくて無罪になるんじゃないかってことも何となく感じてる。人を殺して何かしようって行為自体が狂ってるんだって認識しなくちゃダメだろう。

金山被告については精神鑑定の話は聞かないけど、衝撃的な犯行なんかがあると必ず精神鑑定で無罪に持ち込もうとする。とにかく死刑だけは回避させようと弁護側が画策する。ってかさ、何が精神鑑定だって。常人の感覚ではかっちゃダメなんだよ。起こした結果に対して責任を問えよってことなんだから。人を殺しても、初めから無罪って決まってる人が世を闊歩してるのはおかしくねぇのかって。

記者「加藤容疑者は、会社などがうまくいかずに犯行に及んでいますが?」

金川被告「おかしいと思う。彼は自分がうまくいかないことをすべて他人のせいにしていた。彼は八つ当たりで人を殺している」


目くそ鼻くそを哂うってのはこのことだよ。











Last updated  2008年10月12日 12時41分14秒
コメント(2) | コメントを書く
[教育] カテゴリの最新記事

Comments

Ryuichi-Kawamura@ 著者からのコメント 5 利恵さんが偶然、川岸たちに出会うことさ…
クレーマー&クレーマー@ 鬼畜に死刑は絶対に必要!! 闇サイト殺人事件(2007年8月24日)の3…
とおりすがり@ コメント コメント test
街。@ Re[1]:罪と罰(01/22) >そーにゃさん いやぁ、久しぶりとか…
そーにゃ@ Re:罪と罰(01/22) お久しぶりです。 「罪と罰」と言えば…
街。@ >そーにゃさんへ こんにちは。いやいや、書きたい時に書き…
街。@ >たかやさんへ こんにちは。いやいや、もう書き込んだこ…
そーにゃ@ ご無事でよかったw 盛んにお書きになってた頃も、けっこう頭…
たかや@ 宅間の正義 はじめまして >死刑制度を反対してる…
街。@ >コアラのリボン222さんへ コアラのリボン222さん >こんばんは。 …

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.