1222924 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

偏屈老人独言

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


偏屈老人

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

jiyma21@ Re:替え歌「泳げたいやきくん」(冗句・その1629)(06/13) はじめまして。久しぶりに笑いました。 完…
Edelstoff@ 迷走するだけでも・・・ はた迷惑なのに、暴走するから困るんです・…
Edelstoff@ あまりに・・・ 都条例が増えすぎるとハラハラさせられま…
Edelstoff@ その辺の・・・ お馬鹿な人間よりもよっぽど賢い!! 機械…
Edelstoff@ 上には上がいるように・・・ 下にも下がありますね。あそこまでどうし…

Freepage List

Headline News

2008.08.08
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
4月25日の「火星人のおなら」、5月17日の「おならをしないインゲン豆」、7月4日の「サルでも儲けられる?」に続いて、同じくエドゥアール・ロネ氏の「変な学術研究 1」の中の「恋愛の病理」からの引用です。


 恋は病というが、科学者のなかには本気でそう考えて、研究している人々がいる。大脳生理学的に見ると、恋愛は強迫性障害( OCD )という疾患に似ているというのだ。強迫性障害の特徴は、本人も無意味だと思いながら、同じ行為を何度もくり返すことにある。たとえばガス栓を閉めたかどうか心配でたまらなくなり、就寝前に十五回も確かめに行くとか、極端な潔癖症になり十分ごとに手を洗わずにはいられないとか、そういった症状が出てくる。いっぽう、恋をするとデートの前に髪が乱れていないかどうか何度も確認したりする。そこからすると、確かに恋愛と強迫性障害は似ているかもしれない。

 では、大脳生理学的に見ると、恋愛と強迫性障害はどこが共通するのか? この分野の専門家であるイタリアのピサ大学のドナテラ・マラツィティという女性研究者によると( 彼女にかぎらず、この分野の研究を行なうのはどういうわけか、みな女性ある )、恋愛と強迫性障害はどちらも、脳内で気分の調整や情動に関係した働きをするセロトニンという神経伝達物質の伝播に欠陥が生じるという。このことを証明するためにマラツィティは六十人の被験者を集めた。その内二十名が最近六ヶ月以内に恋愛をした人々、二十名が強迫性障害の患者で、あとの二十名がどちらでもない人々である。そしていくつかの実験と血液検査を行なって、三つのグループの結果を比較した結果、血液中のセロトニンの量が恋愛中の人と強迫性障害の患者においてどちらも減少していることが分かったのである。・・・・恋愛とは実際に特異な現象であり、大脳生理学的には病的な状態であると位置づけている。しかしだからといって、この研究の目的は「恋の病」を治療することではないらしい。むしろ、恋愛を人間の進化や発展の観点から考察することだった。おそらく、ドナテラ・マラツィティは「恋の病」を経験したことがないにちがいない。そうでなければ、もうとうに病から回復してしまったのだろう。

 ・・・・


いつもながら、科学者たちは、暇で、変な学術研究に現( うつつ )を抜かすものだと感嘆するばかりです。

ただ、ここまで研究するのならば、セロトニン伝播の欠陥を治す薬を作ればよいものを・・・。そうすれば、年間三万人を超える自殺者の数が、少しは減るかも知れません。もっとも、薬の効き過ぎで、恋の病に罹る人が減り、婚姻数の減少、一層の少子化という結果になる・・・?

亡妻恋しさに、強迫性障害の症状を呈している偏屈老人からも、薬の開発をお願いする次第です。


本編へのコメントです。
(Edelstoffさん)
発明や発見は、何気なくぼーっとしているときに、天からのお告げみたいにアイディアがひらめくことから生まれるということですから、暇でどうでもいいことを深く追求する人がいるのも、いいことなのかもしれません。
但し、これはあくまで頭が回転している人の場合で、ただボーっとして、何も出てこないおバカな人は、もっぱら忙しくしている方が、世のため、人のためでしょう。因みに、恋の病がなくなると、優れた芸術作品が生まれなくなってしまうかも知れませんので、私としては、セロトニン伝播の欠陥を治す薬は、あまりお勧めできません。

(偏屈老人)
Edelstoffさん
確かに、恋の病いがなくなると、文学作品、映画演劇、音楽など全てが遥かにつまらなくなってしまいますね。
未だに恋の病いの相手が欲しい(?)偏屈老人です。

(goriyさん)
「loveless 」
恋は盲目だけではないのですね。
でも、盲目的な恋愛経験もございませんので、盲目や病に罹る人の気持ちがまるきり理解出来ません。
強いて申せば、山猿と呼びならわす、憎たらしい限りの悪ガキ軍団には、セロトニンそのものを失わされるばかりです。

そもそも、一点集中型の不注意も、ある種の病ではないか、と思います。車を運転しているとき、前しか見ていない自分に、焦ることがままあります故。
運転の時だけ、セロトニンがきちんと伝播してほしいものです。

(偏屈老人)
goriyさん
「真夏の夜の夢」でパックがみんなの瞼に塗って廻る花の汁から作った媚薬は、セロトニンとどんな関係があるのでしょうかね?






Last updated  2008.08.25 19:53:23
コメント(4) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.