089605 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ユーカリの木陰で、里の行

PR

Free Space

[マックあつこ・AKO MAKの著書]


『インスタント・ニルヴァーナ2』
 マックあつこ著
 電子書籍Kindle 250円


『インスタント・ニルヴァーナ1』
 マックあつこ
 電子書籍Kindle版 250円


『Tamago―39歳の不妊治療』
 マックあつこ著
 電子書籍Kindle 250円


『Tamago』
 マックあつこ著
 単行本 1,200円(税抜き)


"Someday, IVF at 39"
by Ako Mak
Kindle電子書籍 250円 


"SOMEDAY BABY: IVF at 40"
by AKO MAK
単行本 2,572円

マックあつこのHP
マックあつこHP

AKO MAK 英語のHP
Someday Baby: IVF at 40

Freepage List

Profile


マックあつこ

Category

Archives

2018.08
2018.07
2018.06
2018.05
2018.04
2018.03
2018.02
2018.01

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

2018.05.12
XML
カテゴリ:チベット仏教



前回の日記「山の行より里の行」に、
家族(愛犬2匹くまくまも)で
6週間の密教リトリートに4日間だけ参加してきたことは書いたけど、

実は密かにもう1度、参加したいものだと思っていた。

去年から仏教友達(ブツトモ)メリちゃんとも一緒に行こうと計画してたし。

 

けれど実際、蓋を開けてみればなかなかお互いの日程が合わず、

やっと合ったと思ったら、今度は宿泊施設の予約が取れずで、

そうこうするうちメリちゃんの方は体調を崩してしまった。

私も止めようかなぁ…と思ってきた。

ベンディゴまで高速飛ばして自分で運転するなんて絶対に無理だし、

もう家族で素敵なリトリートを体験してきたのに、

これ以上を望むのは贅沢かなぁ、もういいかなぁ、とか。


 

そんな折、夫が5月第1週の週末に

2泊3日でリトリートに参加してくると言い出した。

でもって、今回は早朝のお勤め行から参加したいから

リトリートが開催されているアティーシャセンターに泊まってくる、と。

 

え~、でもテント生活だよぉ。

寒いよぅ。

大丈夫なのぅ?

 

などと私が案じるまでもなく、

アティーシャセンターのテントは既に満室、ならぬ満テント

 

それでも夫は怯むことなく

近所のアウトドア・ディスカウント店に向かい

3千円の小型テントをゲット

そうしてベンディゴまで一人で運転するのはしんどいから

電車電車やバスバスを乗り継いで行く、と

テントや寝袋やマットやらを抱え、旅立ったのだった。
バイバイ

 

複雑な心境だった。

その日はしとしと雨小雨が降っていたので、

この雨でキャンプなんて、

体調も万全てわけでもないのに大丈夫なんだろーか?

と夫を案じる気持ちと、

なんとなく先を越されてしまった感で・・・。しょんぼり

 

思わず自分に問いかけていた。

リトリートは後1週間で終わってしまうけど、

行かなくてもほんとにいいの?と。

 

ちょうど、リトリート最終日の5月12日土曜日に

ラマ・ゾパ・リンポシェのLong Life Pujaが予定されていて、

一緒に行こうと仏友クリさんから誘われていた。

早朝に発てば日帰りで行って来れるので、

せめてこれだけでも行ってこようと思った。

 

クリさんとその相談をしているうちに

どうせ行くならプージャだけでなく、リンポシェの法話とか

リトリートの方にも参加したいねっピンクハートてことになってきた。
でもプージャ前夜は準備のため法話は、ない。

ならば法話最終日の10日から行こう!って話になって、

そのうち、せっかくだから法話だけじゃなく

瞑想や祈祷や朝のお勤め行にも参加しよう!!ということになった。

だったら、リトリート会場の

アティーシャセンター内に泊まった方がいいんじゃないか、と。

 

そう、テント・・・。

仮設トイレに、仮設シャワー、洗面所の類は無しっ。

 

当然また考えた。

それで大丈夫なのか、自分っ!?しょんぼりと。

 

だけど、リンポシェはご高齢

この先お元気で長寿を全うされたとしても、
赤道を飛び越えて

遥々またダウンアンダーの地に来てくれるかどうかはわからない。

要はこれが最後のチャンスかもしれないのだ。


確かに
キャンプ生活6週間では一も二もなくあわわわ・・・ほえーではあるけれど、

たかが2泊3日なら、
こんな自分でも
なんとかなる!のではなかろーか?

 

単にシャワーは浴びなければいいし、

顔は洗わなければいいのだ。

2、3日くらいシャワーなんか浴びなくても、

なんか洗わなくても、なんてことはないっ。

もしかすると匂ったりして、ハタ迷惑かもしれないけれど、

考えてみれば周りの人たちだって同じ穴の狢、みたいな・・・


ただ歯
磨きだけは怠ってしまうと、後で歯槽膿漏とかになって、

歯科医療に大金注ぐ羽目になっては堪らないから
(基本オーストラリアの医療保険に歯医者は効かないもので…)

マウスウォッシュで口内消毒だけはきちんとしよう、と心に誓った。

 

そんな切羽詰まった決意の甲斐もなく、

アティーシャセンターはこの週も、満テン

やっぱりこれは、ご縁かなかったってことで…?涙ぽろり


 

そうこうするうちにダディンがリトリートから戻って来た。

出発したときに漂っていた

「人生に疲れたおやじウサギ」的ヨレヨレ感はどこへやら

意気揚々とお土産だと数珠を手渡してくれた。

先月、家族で参加したリトリートで

自分が貰ってしまった緑色の数珠の代わりだ、と

律儀にもお返しをくれたのだった。
(⇒詳しくは、​「山の行より里の行・・・④」​をお読みください)

 

しかもそれは、翡翠の数珠だった。
のとき私があげた数珠は、ガラス玉ではないという以外

何の石かもわからない緑色の数珠だったのだけれども、

こちらは保証書までついている!

天からのお告げと夫にあげた数珠が思いもよらず

レベルアップして手元に戻って来た!のだった。

なんだかわらしべ長者にでもなったかのような気分で、

ありがとう、ダディン。




それから夫は、やっぱり行って良かった的

たくさんのお土産話を披露してくれてから、言った。

行ってくれば?と。

 

言われなくても、話を聞いているうちに益々行きたくなっていた。

アティーシャセンターが満テンであるのなら、

いっそこのちんけ(だけど軽くて持ち運びに便利そう)な

テントを持って行こうか?

 

けれど夫の話では、

このいかにも弱々しいテントは実際あまりにちゃち過ぎて、

雨も降っていないのに雨漏りしてくるんだそうで…。

暫く寝ていると、外気と内気の気温差が冷た~~~い水滴となって、

端からポタポタ漏れてくるらしい…

これにクリさんと2人で2晩っていうのは、ちょっと…

 

「それより、ヘレさんのテントに泊めてもらえば?

彼女のテントは大きいし、君は来ないのかって聞いていたし」

と夫は仏友の名前を口にした。

私の脳裏にも彼女のことが浮かんでいた。

リトリート前にも「良かったら泊まりに来て」と言ってくれていたから。

 

そこでヘレさんに連絡をしてみたところ、

金曜からキャサリリンも来るから

クリさんと私たちで、4人のキツキツの雑魚寝になってしまうけれど、

それでよければ、と言ってくれたのだった。ぽっ

 

 

こうして5月10日から

2泊3日でリトリートに参加することになった。

 

結局クリさんは仕事で来れなくなってしまったのだけれども、

私の方は電車電車で決行

もうど~しても、何があっても参加するゾと心は決まっていた。

 

当日は、夫が発ったとき以上の冷た~い雨雨だった。

電車を乗り継ぎ、会場のアティーシャセンターに着くと、

ヘレさんが迎えに来てくれた。

テントに荷物を置き、午後の法話に出るために

グレート・スチューパ(仏舎利塔)へ向かった。

 

会場のゴンパにはあのとき同様、凛とした静けさが漂っていた。

奥の椅子に座ろうかと思ったけど、

中央に一つ開いている(と思しき)テーブルと座布団を見つけた。

席の主は今日リトリートを終えて帰ってしまったとのこと。

ドタ参加にも関わらず、

前の席で半跏趺坐を組みながら受講できる幸運に感謝しつつ

瞑想をしながらリンポシェの到着を待った。


続きは、​『キャンプdeリトリートと夢見②』​へ。

にほんブログ村に参加しています。
応援クリック、どうぞよろしくお願いいたします(^^♪




ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村









Last updated  2018.06.18 07:45:45
コメント(0) | コメントを書く
こんにちは。オーストラリアからバイリン・インディー作家マックあつこです。メルボルンの暮らし、家族や犬のこと、本や執筆、チベット密教やスピリチュアルな話なんかをブログに綴っています。
日本では立教大学経済学部を卒業後コピーライター、雑誌ライター、またイラストレーターの妹と共著で漫画家をしていました。結婚後メルボルンに移住し、スインバーン工科大学のPostgraduate Writingで創作執筆を学び、英語と日本語で小説執筆活動を始めました。現在はメルボルンでオージーの夫と一女一男、愛犬2匹と「日々ゆうらり」を胸に、あたふたと暮らしております。

著書にサスペンス長編『インスタント・ニルヴァーナ1』、『インスタント・ニルヴァーナ2』、妊活小説『Tamago―39歳の不妊治療』、英語版『Someday, IVF at 39』。
日本PENクラブ、全作家協会、ASAオーストラリア著者協会会員。

マックあつこ ホームページ
マックあつこHP

AKO MAK 英語のホームページ
Someday Baby: IVF at 40


『インスタント・ニルヴァーナ2』 Kindle電子書籍 250円


『インスタント・ニルヴァーナ1』 Kindle電子書籍 250円


『Tamago―39歳の不妊治療』 Kindle電子書籍 250円


『Tamago』 単行本1,200円(税抜)


『Someday, IVF at 39』 Kindle電子書籍250円


『Someday Baby: IVF at 40』 単行本2,572円 電子書籍650円

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.