3016162 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アレルギーにやさしい生活をめざして…

February 11, 2016
XML
カテゴリ:講演会のお知らせ
先日のブログで、全国各地でアレルギー週間の市民公開講座があることをお知らせいました。福岡市内でのアレルギー記念講演会の内容がわかりました。

第22回アレルギー週間記念講演会
 アレルギーのポイント ~日常生活の留意点~


<日 時> 2016年2月21日(日)13:00~16:00
<場 所> 天神ビル11F(10号会議室)
      福岡市中央区天神2-12-1
<参加費> 無料 
<司 会> 久保千春(国立大学法人九州大学総長)
      西間三馨(日本アレルギー協会九州支部長)

<内 容>
1)「花粉症」 
  講師:宗 信夫(宗耳鼻咽喉科医院院長)

2)「喘息:成人」
  講師:岩永知秋(国立病院機構福岡病院長)
  「ぜん息:小児」
  講師:小田嶋博(国立病院機構福岡病院 副院長)

3)「アレルギーとストレス」
  講師:久保千春(国立大学法人九州大学総長)

4)「アレルギー性結膜炎」
  講師:内尾英一(福岡大学医学部眼科教授)

5)「アトピー性皮膚炎」
  講師:中原剛士(九州大学大学院医学研究院皮膚科准教授)

6)「食物アレルギー」
  講師:柴田瑠美子(国立病院機構福岡病院小児科、中村学園大学食物栄養科学科客員教授)

7)質問と実習コーナー
  質問コーナー ・・・「アレルギー全般について」
  実習コーナー ・・・ 「スキンケアと吸入方法の実際」
   金子恵美(国立病院機構福岡病院小児アレルギーエデュケーター小児看護専門看護師)

食物アレルギーでは柴田先生のお話を聴くことができます。ぜん息をはじめ、アレルギー全般を学べる機会です。確か申込不要でしたので、当日都合がつけば参加したいと思います。

 ◎上記の詳しい案内は、下記のホームページでご確認ください。
   http://www.allergy-fk.com/keihatu/keihatu-start.htm







Last updated  February 11, 2016 01:44:29 PM
コメント(7) | コメントを書く
[講演会のお知らせ] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:【H28.2/21(日)】アレルギー週間記念講演会(福岡市)(02/11)   シルバ さん
はじめまして
アレルギーについて考えすぎて、頭がおかしくなりそうです そんななか、とてもよいブログに出会えたと思いました。ほぼブログはよみました。わからないことがあるため、質問させてください。

私は食べ物のアレルギーは一切ないのですが、解熱剤、鎮痛剤系統を飲むと救急車を呼ぶくらい息ができなくなり じんましんもひどいです。
母から遺伝しているので本当に心配しています。

アレルギーの先生やアレルギー専門食品を扱うお店などで話をきいて進めています
現在、七ヶ月すぎたところです。トマトやほうれん草などはあげていません。
魚がすごく好きで、魚を少しでも入れるともくもく食べるので与えたいのですが、アレルギーの少ないキスを1日に粉匙未満、与えています
キスばかりなので、一つの食材をあげすぎてアレルギーの心配をしています。

お野菜のあげていい食材の下処理の仕方は理解できました

このままだと野菜と少しのお魚のみとなってしまうので、ミルクスープなど取り入れたいのですが、豆乳などはいつ頃から大丈夫なのでしょうか

例えば豆乳と米粉のホワイトソースなど。
何か良いアドバイスがありましたら教えて頂きたいです
夏場に買ったトマトなどを大量に冷凍すればつかえるのでしょうか?

よろしくお願いいたします (February 29, 2016 11:33:30 PM)

シルバさん   chika♪♪ さん
シルバさん、はじめまして。
返信が遅くなり、申し訳ありません。


>このままだと野菜と少しのお魚のみとなってしまうので、ミルクスープなど取り入れたいのですが、豆乳などはいつ頃から大丈夫なのでしょうか

お魚は少量が大丈夫なら、少しずつ量を増やしてみてください。また、旬のお魚があれば、種類を増やしてもいいと思います。シラウオ、タイなど… 

ミルクスープですが、もし日頃ミルクを利用されているなら、そのミルクを使った野菜煮(お魚入りでもOK)等でもいいと思います。使っていない場合は、アレルギーが出ていないのであれば、ペプチドミルクなどアレルギーに配慮したミルク(治療用ではありません)を使ってもいいと思います。

また豆乳はもう少し後にして、お豆腐(煮る)や納豆(ねばねばを湯でこぼして少なくするなど)、大豆が心配なら、金時豆や白花豆、茶花豆、ひよこ豆など水煮もあるので少量からはじめてもいいと思います。また、海藻類も刻んでドロドロに煮たりしてみると、ミネラル分も取れていいと思います。

今は野菜の種類も少しずつ増やして(緑黄色野菜、淡色野菜、イモ類)、食べられる種類を増やしていく方がいいと思います。

>夏場に買ったトマトなどを大量に冷凍すればつかえるのでしょうか?

冷凍も2週間くらいがいいとは思いますので、夏場に買って、大量に冷凍よりはこまめにがいいかもしれません。アレルギーへの配慮も、旬のトマトが大丈夫な方と、逆に旬のトマトは栄養が豊富なのでダメという方もいらっしゃったので、お子様に与えてみて、症状が出るか、出ないかで判断してみてください。
普通のトマトはダメでも、ミニトマトだと症状が出ないという方もいましたので、ごく少量ずつから加熱して色々試してみるといいと思います。また缶のトマト水煮などもありますし、色々食材選びをしてみてください。

お医者さんやアレルギーショップでお話もできることとのことですが、まだアレルギーがわかっていなくても、
もし、お近くにアレルギーの会があるようなら、一度参加してみてください。同じように不安の方が参加していたり、アレルギーに配慮した体験談も聞いたりできると思います。

もちろん、また何かありましたら、ブログの方にコメント残してくださるか、メールをくださいね。

http://form1.fc2.com/form/?id=363618 (March 5, 2016 06:48:49 PM)

Re[2]:【H28.2/21(日)】アレルギー週間記念講演会(福岡市)(02/11)   シルバ さん
ちかさま

大変分かりやすくお返事ありがとうございましたm(__)mとても嬉しいです。

もうひとつだけ、質問させてください。


少量ずつためして大丈夫な場合でも、いつアレルギーが発生するのかわからないのですよね

そうなると、抗原度が高い食材はいつごろからためしたらよい、というのはないのでしょうか?目安として、一才あたりから抗原度の高い食材を少しずつためしていこうかと考えていますが…


抗原度の高い食材の基準としては、野菜から始めて最後に卵や牛乳などといった具合でしょうか

本当に質問ばかりで申し訳ないです
宜しくお願い致しますm(__)m (March 9, 2016 02:51:07 PM)

Re[2]:【H28.2/21(日)】アレルギー週間記念講演会(福岡市)(02/11)   シルバ さん
それと、もうひとつだけ、


卵アレルギーが心配な場合、しらすなどは避けた方がいいとのことですが、そうなると白魚は大丈夫なのでしょうか 宜しくお願い致しますm(__)m (March 9, 2016 02:59:31 PM)

シルバさん   chika♪♪ さん
>卵アレルギーが心配な場合、しらすなどは避けた方がいいとのことですが、そうなると白魚は大丈夫なのでしょうか

アレルギーは個人の体質で違いますが、現時点でアレルギーがない場合は、白魚は徐々に試していいと思います。
最近では、魚卵と卵アレルギーは違うと言われていて、その中の一部の方に魚卵と卵に両方アレルギーがある方がいると言われていますので、通常離乳初期から使われている食材なので、8~10か月くらいなら、しらすは試すことはできると思います。
塩分が気になる場合は少し落としてあげるといいと思います。 (March 12, 2016 02:22:04 PM)

シルバ様   chika♪♪ さん
>そうなると、抗原度が高い食材はいつごろからためしたらよい、というのはないのでしょうか?目安として、一才あたりから抗原度の高い食材を少しずつためしていこうかと考えていますが…

アレルギーのお子さんをもつ方と色々話す機会があるのですが、抗原性が高いから、アレルギーが出やすい、抗原性が低いから、アレルギーが出にくいというケースでない事例もありますので、食べられる食材の種類を少しずつ増やしつつ、食べられる量も増やしていくといいのではないかと思います。

そして、増やしている段階で、いつもと違うなという気になることがあれば、立ち止まって考えてみるというスタンスがあればいいので、例えば、消化がわるそうなもの、刺激が強いもの、脂分がとても多いものなどを除いて進めていくといいと思います。

例えば、ホウレン草やジャガイモなども湯でこぼし、水にさらすなど、少し手間を加えれば、1歳まで待つこともなく(例えば、8カ月とか10カ月とか)、毎日大量とかでないなら、試していくこともできると思います。心配な卵や牛乳そのものも1歳くらいになれば、アレルギーが実際にあるお子さんでもその症状と程度にもよりますが、負荷試験をはじめていくので、アレルギーがわかっていない段階でも1歳頃からすすめていくのがいいとは思います。

最近1歳頃から保育園に入園する場合も増えています。その場合は、保育園でよく出る食材も1歳前から試していく方がいいと思います。鶏肉とかじゃがいもやほうれん草なども含め… 

最近の治療法では、食物アレルギーのある場合は必要最低限の除去という方針になっておりますので、家庭の事情でいろいろ異なりますが、入園などのご予定がある場合は食べられる食材と食べられない食材を自宅で見極めておくことも大切なので、そのような進め方もあります。

若干聞かれている内容とずれて答えている部分もあるかもとは思いますが、そこはすみません。
http://form1.fc2.com/form/?id=363618


(March 12, 2016 02:44:55 PM)

Re[6]:【H28.2/21(日)】アレルギー週間記念講演会(福岡市)(02/11)   シルバ さん
ご返信、本当にありがとうございますm(__)m

毎回とても分かりやすくて助かります。こういったサイトに私のような心配性の素人が質問することが多いかと思います そのたびにこんな解りやすくご説明していただいて、ありがとうございますm(__)m


じっくり読み、理解していきます。
そして上手に生かしていきたいです。もし またわからないことなどあったら質問してしまうかもしれません。

ありがとうございました (March 12, 2016 08:05:52 PM)

PR

Rakuten Card

Rakuten Ranking

Favorite Blog

白血病!? New! ゆっきい0223さん

女子高校生のお弁当… はなはなっぽさん

こねこ & ゆうゆの… こねこ46さん
++エコ☆ベビー++アレ… ふわりふわさん
虎虎馬馬♪(ふぅふぅ… urikonさん

Category

Comments

シルバ@ Re[6]:【H28.2/21(日)】アレルギー週間記念講演会(福岡市)(02/11) ご返信、本当にありがとうございますm(__)…
chika♪♪@ シルバ様 >そうなると、抗原度が高い食材はいつご…
chika♪♪@ シルバさん >卵アレルギーが心配な場合、しらすなど…
シルバ@ Re[2]:【H28.2/21(日)】アレルギー週間記念講演会(福岡市)(02/11) それと、もうひとつだけ、 卵アレルギー…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.