7204800 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

【不眠症カフェ】 Insomnia Cafe

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

【宗教】 キリスト教・仏教

2018.12.05
XML
​★ 記事 新石器革命は「宗教革命」だった
池田信夫

人類の歴史の大部分はつねに移動する狩猟採集社会だったので、
脳はそれに適応するように進化したが、
ここ1万年ぐらいの新石器時代以降は定住社会なので、
文化はそれに適応した。


つまり人間は遺伝的には移動に適しているが、
文化的には定住するように進化したのだ。

この矛盾が、現代人の行動にも影響を与えている。


​狩猟採集社会で移動する集団(band)の規模は50人程度で、
それより小さいと外敵から身を守れないが、
あまり大きいと集団の中で紛争が起こる。

このため遺伝的には150人程度が限界だが、
定住社会ではそれをはるかに超える人数が集団で暮らすようになり、
紛争やストレスが多くなった。

それを解決するしくみが(広い意味の)宗教である。


​狩猟採集社会にも同族意識による信仰(シャーマニズム)はあり、
共同体の内部で紛争が起こると、その長(シャーマン)が調停し、
定期的に祝祭や儀礼で人間関係をリセットした。

しかし定住して集団が大きくなると、
そういう素朴なしくみでは維持できないので、
系的に世界観を共有する宗教ができた。

​この点で新石器革命は「宗教革命」だったと著者はいう。​
続きは11月19日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで。


 






最終更新日  2018.12.05 12:38:05
コメント(0) | コメントを書く
2018.10.09


​記事 宗教 「ビガーノ書簡」巡るバチカンの戦い​
2018年10月08日 11:30
長谷川 良
聖職者の年少者への性的暴行が大々的に告発され
​カトリックの世界は未曾有宇の痔混乱に陥っている

しかし、バチカンは、その反省などをみせるどころか
保守派と改革派の対立が激化

昔からバチカンほど腐敗した権力は無かったと思うが
今もこの通り

カトリック信者は、子供を教会に通わせない事だ(笑)

それとも、このような
古来から
世界中で
行われていた
「天に最も近い場所」カトリック教会内での
神の代理人とも言える神父による
年少者へのレイプも、神の深遠なる配慮というのか?(笑)​


10月7日午前7時(現地時間)のバチカンニュース独語版のサイトを見て驚いた。トップ記事は「バチカン、マキャリック枢機卿問題の全容解明を約束」だ。バチカン法王庁もいよいよ本腰を入れて説明責任を果たすのだろうか。その関連記事に「ミュラー枢機卿(前教理省長官)、マキャリック枢機卿への制裁は知らなかった」という記事が報じられている。ミュラー枢機卿は保守派聖職者の代表であり、フランシスコ法王に教理省長官の任期延長が拒否されたドイツ人聖職者だ。
▲前教理省長官のミュラー枢機卿(バチカン放送独語電子版から)
上記の2本の記事の見出しから、世界のローマ・カトリック教会を揺り動かすセオドア・マキャリック枢機卿問題でフランシスコ法王擁護派と法王批判派がいよいよバチカンのメディア上で攻防戦を始めた、といった印象を受ける。
バチカンを窮地に追い込んでいるのは、通称「ビガーノ書簡」だ。米教会のマキャリック枢機卿は2001年から06年までワシントン大司教時代に、2人の未成年者へ性的虐待を行ってきたことが明らかになり、フランシスコ法王は今年7月になって同枢機卿の全聖職をはく奪する処置を取ったが、それまでマキャリック枢機卿の性犯罪を隠蔽してきたという疑いがかけられている。
米教会のスキャンダルを暴露した元バチカン駐米大使カルロ・マリア・ビガーノ大司教は書簡の中でフランシスコ法王の辞任を要求したことから、「ビガーノ書簡」はバチカンばかりか世界のカトリック教会を震撼させる大事件となってきたわけだ。
バチカンニュースによると、バチカンは6日、「マキャリック枢機卿の不祥事が判明した直後、フランシスコ法王は声明文の中で事件の全容解明を指示していた」という趣旨の声明文を公表し、「マキャリック枢機卿の不祥事を知りながら隠蔽してきた」という「ビガーノ書簡」の主要な批判へ反論を展開させた。
バチカンニュースによると、「ワシントン大司教区は昨年9月、1970年代にマキャリック枢機卿に性的虐待を受けたという男性の非難をバチカンに報告。それを受けたフランシスコ法王は即、事件の解明を指示。そして調査が終了する前に、枢機卿の不祥事情報が信頼できるとしてマキャリック枢機卿の辞任を受け入れ、枢機卿に聖職停止と悔い改めを指示した」というのだ。バチカンは近い将来、マキャリック枢機卿事件の最終報告を公表する予定という。
なお、フランシスコ法王は未成年者へ性的虐待を犯した聖職者、それを隠ぺいした関係者は今後、絶対に容認されないと繰り返し強調した。来年2月には、聖職者の性犯罪問題に関して世界のカトリック教会司教会議のトップを招集して協議する予定という。
次に、ゲルハルト・ミュラー枢機卿に関する記事だ。同枢機卿は2012年から17年の間バチカンの“教義の番人”と呼ばれる教理省(前身・異端裁判所)の長官を務めてきたが、同枢機卿によると、「マキャリック枢機卿への制裁は全く実施されなかった」という。4日放映されたワシントンのカトリック教会系TV放送EWTNとのインタビューの中で答えた。
「ビガーノ書簡」によれば、前法王ベネディクト16世はワシントン大司教のマキャリック枢機卿に対して制裁を決定したが、「フランシスコ法王はそれを無視し、マキャリック枢機卿へ制裁は実施されなかった」という。ミュラー枢機卿自身、「そのような制裁を知らなかった」と表明し、教理省長官時代、マキャリック枢機卿への制裁について全く聞かされていなかったと述べ、フランシスコ法王が制裁を実施しなかったことを示唆している。
ミュラー枢機卿は、「ローマ法王の許可がなくても教理省が独立調査を実施する必要がある。これまでは司教や枢機卿に対し調査を実施するためにはローマ法王の許可が必要だったが、これが問題だ。変える必要がある。教理省は全権をもって調査を実施し、その結果をローマ法王に報告。法王がその報告を受けて最終的に決定する、という流れが重要だ」と述べている。
なお、フランシスコ法王への批判は今回が初めてではない。フランシスコ法王が2016年4月8日、婚姻と家庭に関する法王文書「愛の喜び」(Amoris laetitia)を発表した。その中で「離婚・再婚者への聖体拝領問題」について、法王は、「個々の状況は複雑だ。それらの事情を配慮して決定すべきだ」と述べ、法王は最終決定を下すことを避け、現場の司教に聖体拝領を許すかどうかの判断を委ねた。それに対し、保守派の4人の枢機卿が法王宛てに書簡を送り、「離婚者、再婚者へのサクラメントは、夫婦は永遠に離れてはならないというカトリック教義とは一致しない」と主張し、フランシスコ法王のリベラルな路線を厳しく批判した。ミュラー枢機卿も当時、その主張に同調していた一人だ(「バチカン日刊紙、保守派を批判」2017年7月26日参考)。
ローマ法王に就任して5年半の年月が経過したが、南米出身のフランシスコ法王はこれまで2度、バチカン高官から厳しい批判にさらされている。ペテロの後継者のローマ法王が身内から辞任を要求された今回の「ビガーノ書簡」は長い教会史の中でも稀な出来事と言わざるを得ない。

「ビガーノ書簡」を巡るバチカン内の攻防戦は予想されたことだが、重要な点は聖職者の未成年者への性的虐待事件の解明とその再発防止だ。バチカンの保守派聖職者もフランシスコ法王支持のリベラル派もその点をくれぐれも忘れないでほしい。








最終更新日  2018.10.09 20:54:18
コメント(0) | コメントを書く
2018.09.22
​★
記事 
宗教 
ダライ・ラマ、仏教指導者による性的虐待 「90年代から知っていた」

2018/09/16 15:53


【AFP=時事】チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ(Dalai Lama)14世(83)は15日、訪問先のオランダで、仏教指導者らによる性的虐待があったことは1990年代から知っており「目新しいことではない」と語った。
  
ダライ・ラマ、仏教指導者による性的虐待 「90年代から知っていた」: オランダ・ロッテルダム市内のホテルに到着し、支持者らの歓迎を受けるダライ・ラマ14世(2018年9月14日撮影)。

 世界の仏教徒ら数億人の尊敬を集めるダライ・ラマは、欧州歴訪の一環で4日間の日程でオランダを訪れている。14日には仏教指導者からの性的虐待被害を主張する人々の請願に応じ、十数人ほどの被害者と面会。「心と精神を開いて仏教に救いを見出だしたのに、仏教の名の下にレイプされた」と請願書で訴えていた被害者たちに対し、虐待を知っていたと認めた。

 ダライ・ラマはオランダ放送協会(NOS)が15日夜に放映した番組でも、仏教指導者による性的虐待について「そういうことは既に知っていた。目新しいことではない」と述べた。25年前にインド北部ダラムサラ(Dharamshala)で開かれた西側諸国の仏教指導者会議で、性的虐待の問題を提起した人がいたという。ダライ・ラマは、性的虐待を犯すような者はブッダの教えを尊重していないと批判し、宗教指導者たちが性的虐待問題により強い関心を払うよう、11月にダラムサラで開催されるチベット仏教指導者の会合で協議する意向を示した。
 また、欧州でダライ・ラマの代理人を務めるツェテン・サムドゥプ(Tseten Samdup Chhoekyapa)氏は14日、「ダライ・ラマはこうした無責任かつ非倫理的な行為を、一貫して非難してきた」と説明している。
【翻訳編集】AFPBB News


   ーーー 私の意見 ーーー

カトリック神父の年少者に対する
歴史的(おそらく二千年にわたる
且つ、世界中での教会でのレイプが大・大問題になり
カトリック存亡の危機(笑)

ただし、公平を期すために、仏教にも
そのスケールなど詳細はわからないが
同じような事案があったと言う事は記事にしておこう

ただし
これは私個人の推測に過ぎないのだが
この不祥事は、チベット仏教界でのものではないのか?
と思う

日本のお寺で性犯罪?
カトリックの教会のような密室性に欠けているので
あまり想像しにくいのだが
一休さんのような小坊主もいる事だし
(コレコレ)

山寺の和尚さんが村の未亡人を・・・
などという、罪一等減刑的なケースでは無いか?
妄想はやまない(笑)



さらにカトリックの法王に相当するダライ・ラマが
それを今頃になって認めた
残念な事である

ーーーー

しかし、この仏教も、やはり、宗教
釈尊は決して宗教指導者では無かったというのが私の認識で
釈尊の教えも仏教では無く哲学だった

後生の弟子どもが、坊主となって勝手に
● 仏教という宗教を商売として作り上げ
● 仏典を創作し
● 数多くの仏などを捏造し
● 僧侶という専従職業宗教家という職業を新設

ーーーー

同じ事がイエス・キリストとキリスト教にも言える

まあ、イエスもユダヤ教徒のユダヤ人に過ぎなかったのに
いつの間にかスピンアウトしたキリスト教なるものの創始者にされて
おまけに神の子にまでされて(笑)
せっかく死んだのに生き返らせられたり
その後すぐ昇天させられたり
忙しい事である

本人は、多分、不本意であろう(笑)
​​​






最終更新日  2018.09.22 05:00:39
コメント(4) | コメントを書く
2018.09.21
​​記事 宗教
カトリック教会の性的虐待、和解金31億円 NYの教区
2018/09/19 10:36
またこれだよ
まあ、これは、一国だけにおける問題では無く
世界中のあらゆる国で起きた、起きつつある事
と、了解していいだろう
これでもまだ、キリスト教、と言う人はご自由に(笑)

 カトリック教会の聖職者らによる子どもへの性的虐待問題で、米ニューヨークのブルックリン教区は18日、被害者4人に対して計2750万ドル(約31億円)の和解金を支払うことで合意した。1人当たりの和解金は約7億7千万円で、この問題で最大規模という。米紙ニューヨーク・タイムズが報じた。
 同紙によると、被害者の男性らは2003~09年に教会の宗教教員だった男に繰り返し性的暴行を受けたという。被害者は当時8~12歳だった。被害者の1人の親が通報して発覚。男は09年に逮捕され、禁錮15年の刑に服しているという。

 カトリック教会での性的虐待は02年、米マサチューセッツ州で130人以上が被害を受けたと米紙が報じて表面化。世界各地で問題が発覚し、米ペンシルベニア州最高裁判所は今年8月、神父ら少なくとも300人以上が虐待を行い、1千人が被害を受けたとの報告書を公表した。フランシスコ法王も問題を放置したとして批判されている。

 ニューヨーク・タイムズによると、ブルックリン教区では時効を迎えた数百件の虐待事件について和解の作業が進められている。

(ニューヨーク=鵜飼啓)

​​






最終更新日  2018.09.21 17:21:27
コメント(0) | コメントを書く
2018.09.14
​★ 記事 キリスト教 
聖路加国際病院の牧師を強制わいせつ容疑で書類送検 立場を悪用​

世界中でばれてきたキリスト教
とりわけカトリックの神父の性犯罪

日本ではどうかと思っていたら
やっぱり!

まあ、これは氷山の一角
 聖路加国際病院(東京都中央区)で、女性患者の体を触るなどわいせつな行為をしたとして、警視庁築地署が14日、強制わいせつ容疑で、同病院の非常勤職員で40代の牧師の男を書類送検したことが、関係者への取材で分かった。牧師は、同院で患者や家族らに寄り添い、宗教的なケアにあたる「チャプレン」と呼ばれる専任聖職者の1人で、日本基督教団に所属している。
 関係者によると、牧師は平成29年5月下旬ごろ、院内のチャペル(礼拝堂)に近接する個室で、女性に下半身を触らせるなどした上、女性の体を触るなどのわいせつな行為をした疑いが持たれている。
 女性は持病の治療のために同院に通院しており、昨年から数回、牧師と面会して祈りや対話によるケアを受けていた。築地署が今年1月に女性から被害届の提出を受け、関係者らに事情を聴いていた。
 病院を運営する学校法人聖路加国際大学の広報室は「病院としても調査を進めており、事実関係が明らかになり次第、適切に対応したい」と説明している。
​ 同院は明治34年に米国聖公会の宣教医師、ルドルフ・トイスラー博士によって創設された病床数約520床の総合病院。院内にチャペルや面談室があり、患者や家族の要望に応じて宗教的なサポートや、カウンセリングのトレーニングを受けた聖職者によるケアを実施している。​






最終更新日  2018.09.15 05:56:37
コメント(0) | コメントを書く
​★ 
記事 キリスト教 
ドイツでも聖職者が性的虐待 未成年者3677人が被害​

ベルリン=高野弦
2018年9月13日21時50分
だから私がすでに書いたでしょ?
この神父による年少者に対するレイプは
● 2000年の昔から行われていた事
● 世界中で行われていて、今も行われている事

日本ではどうなのか?
調査は指されているのか?
日本ではレイプ皆無、とは信じられない
以前、韓国人牧師が日本女性達を複数レイプしていた事件があった
あれは、日本における韓国のキリスト教会において、だったが
日本には韓国のキリスト教会が無数にある

対策はただひとつ
​● 教会に行かない事​​

 ドイツのカトリック教会の聖職者らが1946年から2014年にかけ、3677人の未成年者に性的虐待を加えていたことが明らかになった。ドイツ司教会議による調査報告として近く公表される予定だと、独誌シュピーゲル(電子版)などが12日、伝えた。

 同誌などによると、虐待には少なくとも1670人の聖職者がかかわった。被害者のほとんどは男児で、13歳以下が半数以上を占めたという。報告書は性的虐待の理由については言及していないという。

 報告書は、聖職者による虐待事件が相次いでいることを受けて、ドイツ司教会議が国内の大学に調査・作成を依頼。教会の内部資料や賠償請求訴訟の資料に基づいて作成した。25日にも公表されるという。

​ カトリック教会の聖職者による未成年者への性的虐待問題をめぐっては、今年8月にも米ペンシルベニア州で神父300人以上が1千人超を虐待していたことが明らかになった。

フランシスコ法王は教会内から辞任を求める書簡を公表されるなど、批判の矢面に立たされている。(ベルリン=高野弦)







最終更新日  2018.09.15 05:59:47
コメント(0) | コメントを書く
2018.08.29
​​​​​​今、世界を震撼させている​
カトリック神父達の年少者に対する歴代のレイプ
これは、世界中で発覚している事で
しかも、おそらくキリスト教会発祥の頃から続いている事


カトリック教会は
レイプ神父達の
無抵抗な年少者を狙い放題の狩り場だったのか


それにしても、これほどの重大事に関して
日本では

● 報じるメディアも無ければ
​● 書くブログも無い​

しゃかりきになって書いているのは
この無宗教の私のブログだけ

原因はおそらく
● 日本人の宗教に対する、無関心
● 日本の世界に対する、無関心



しかし、日本のカトリック教会は大丈夫なのか?例外なのか?

日本で
あの人はクリスチャンだ、と言えば
教養のある、温和な人物である
と言う先入観があるが(笑)
これは昔、日本が西欧文化に倣っていた頃の
西洋崇拝・白人文化崇拝
その残滓だと思う
日本人なのに何もキリスト教信者、などになる必要性が無い
と、私は思うが

キリスト教国である欧米では
生まれた時、すぐキリスト教の洗礼を受け
子供時代から家族と教会に行く(church gower)のが当たり前
と言う刷り込みの世界で生活しているので有れば別だが

日本の実質、無宗教と言える環境の中で
敢えてクリスチャンになるというのは
よほど、高潔な人柄なのだろう(笑)
私は単なる西洋かぶれ、では無いかと思うが
いや、やはり、宗教的な考えをする人間なのだろう

まあ、それはいいのだが

ありがたい神のご加護を説くカトリック神父のレイプについて
ぜひ、クリスチャンの皆さんのご意見を賜りたいものだ







最終更新日  2018.08.29 18:52:28
コメント(0) | コメントを書く
2018.08.28
​​記事 カトリック:ローマ法王苦境 「性的虐待知りながら放置」 ​​
毎日新聞
2018/08/27 21:31

 【パリ賀有勇】
世界12億人のキリスト教カトリック信徒の頂点に立つフランシスコ・ローマ法王が難しい立場に置かれている。
今月、米国でカトリックの聖職者による大規模な性的虐待と隠蔽(いんぺい)が長年にわたって行われたことが発覚し、
さらには、虐待疑惑を法王に報告していたにもかかわらず措置が講じられなかったとバチカン(ローマ法王庁)の元駐米大使がメディアに告発する事態となったためだ。
  
 米東部ペンシルベニア州の司法当局は14日、同州のカトリック教会の聖職者約300人が70年間にわたり子供に性的虐待をし、組織的に隠蔽していたとする報告書を公表した。報告書では、7歳の少女が手術後に病院で性的暴行を受けた例や、1歳半から18歳までの5人姉妹が虐待された例などが明らかにされた。

 バチカンは「おぞましい犯罪」と非難したものの、26日にはバチカン駐米大使だったカルロ・ビガノ氏(77)が書面を通じて、2013年に虐待疑惑を法王に報告していたと一部メディアに告発。書面で法王の辞任を求めた。

 法王は25~26日、ダブリンで開かれたカトリック教会の「世界家族会議」に出席するためアイルランドを訪問。
25日にダブリンで聖職者による性的虐待の被害者8人と面会したほか、26日に行ったミサで「教会が被害者に寄り添わず、正義と真実を追求して具体的行動を起こすことを怠ったことに対して許しを請いたい」と一連の性的虐待問題を謝罪した。

アイルランドも虐待問題の例外ではなく、1990年代以降、聖職者による虐待と隠蔽工作が発覚したことで教会の権威が失墜した経緯がある。

 しかし、AFP通信によると、法王訪問中のダブリンでは虐待の被害者などを含む約5000人が参加した抗議デモが行われ、参加者らは「法王は小児性愛者を守っている」「被害者に必要なのは祈りではない」などと書かれたプラカードを掲げて抗議した。
法王は26日、帰路の機中で「(ビガノ氏の告発)書面については何もコメントはしない」と述べるにとどめた。

 一方、伊テレビ「TGCOM24」は、法王の辞任を望む聖職者グループがビガノ氏の背後に存在すると指摘。
カトリック教会がタブー視してきた離婚や同性愛などについて「現代社会の実態に合わせた柔軟性も必要」との立場で知られるフランシスコ法王に対して「保守的な法王の誕生を見据えた動きだ」と分析している。



ーーーー
● 毎日新聞 カトリック教会の聖職者による性的虐待を巡る一連の出来事
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2013年
3月19日 フランシスコ・ローマ法王が就任
2013年
6月23日
ローマ法王庁の駐米大使がフランシスコ法王と面会し
ワシントンで枢機卿を務めたセオドア・マカリック氏に、未成年虐待の疑いが持ち上がっていると報告
2018年
7月27日
マカリック氏がフランシスコ法王に辞職願を提出
7月28日
フランシスコ法王がマカリック氏の枢機卿辞職を受諾
8月14日
米ペンシルベニア州で70年にわたって約300人のカトリックの聖職者が性的虐待に関わり、1000人以上が被害に遭っていたと同州の司法当局が発表
8月25日
フランシスコ法王がアイルランドの首都ダブリンで聖職者による虐待を受けた被害者8人と面会
ーーーー






最終更新日  2018.08.28 09:12:48
コメント(0) | コメントを書く
2018.08.27
記事 ローマ法王に辞任要求 元駐米バチカン大使
共同通信社 2018/08/26 22:07​

 
 【ローマ共同】
ローマ法王庁(バチカン)の駐米大使を務めたカルロ・ビガノ氏が法王フランシスコに辞任を求めていることが26日分かった。
一部メディアに対し、書面で告発した。

米国での聖職者による性的虐待事件に関し、
同氏が5年前に疑惑を法王に報告したにもかかわらず適切に対処されなかったためとしている。

 ロイター通信などによると、ビガノ氏は駐米大使だった2013年、法王と面会。
その際、米ワシントンのカトリック教会で枢機卿を務めたセオドア・マカリック氏について、
未成年者への虐待の疑いが持ち上がっていることを報告したという。

 バチカンは今年7月下旬、法王がマカリック氏の枢機卿職辞職を受け入れたと発表したが、
ビガノ氏は、法王はそれまで措置を講じなかったと批判している。


   ーーー 私の感想 ーーー

今日のCNNによれば
法王は、この告発状を全文読んだと認めたが、
この告発に対して
"I WILL NOT SAY A SINGLE RORD ON THIS"
と返答する事を拒絶したという

このローマ法王2013年に告発を受けながら、今まで、隠蔽していたわけだ
隠蔽は、米国ペンシルバニア州のカトリック教会のみならずバチカンも共謀だったわけだ

こんなクソ坊主をありがたがっていたアイルランドのカトリック教徒達
アイルランドでも調べた方がいいよ
カトリックは解体だな(笑)


​​​






最終更新日  2018.08.27 20:25:07
コメント(0) | コメントを書く
2018.08.15
記事 宗教 前英外相の寄稿に批判殺到 「イスラム女性の服は強盗犯」
共同通信社 2018/08/08 10:27 ​

  【ロンドン共同】英国のジョンソン前外相が新聞への寄稿で、全身を黒い布で覆うイスラム教徒女性の服装「ブルカ」や目の部分だけを出すベールの「ニカブ」を「郵便ポスト」「銀行強盗犯」のようだと形容し、批判が殺到した。メイ首相も7日、イスラム教徒女性を「傷つけた」としてジョンソン氏に謝罪を求める騒ぎになっている。
 欧州連合(EU)離脱交渉を巡るメイ氏の方針を批判して7月に外相を辞任したジョンソン氏は在任中から失言癖で知られていた。英メディアによると、同氏は謝罪しない意向という。



   ーーー 私の意見 ーーー

本来、信仰の自由はあるべきなのだが

中東プロジェクトを担当して中東滞在歴が長い私でさえも
あの真っ黒な異様なアラブ女性の「ブルカ」を見ると
一瞬ぎょっとしてしまう
おまけに顔にカラス天狗のようなマスクをしていて
さらに異様さが強化される場合も多い

中東においてのブルカは問題ない
ただ、それ以外の非アラブ圏であれを着用されると
雰囲気が悪くなる

私は反対だな、ブルカに

大体、イスラム教って
極端な女性蔑視宗教だ










最終更新日  2018.08.16 23:21:01
コメント(1) | コメントを書く

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

PR

カテゴリ

カテゴリ未分類

(5)

【My Favourite】

(71)

【韓国】反日民族 慰安婦 竹島 徴用工 ベトナム虐殺

(171)

【ニュース】時事・政治・経済・社会

(1248)

【今日の プライム・ニュース 報道17309】

(0)

【 self-talk】

(17)

『日記』

(27)

【知的生産・情報整理】情報カード・KJ法

(131)

【ブログについて思う】

(290)

【きょうの 復刻記事】

(14)

【メモ・サブノート】

(310)

【きょうの英語】

(2)

【米国】と日本と世界

(164)

【BREXIT】英国と世界

(4)

【脳科学】【心理学】【思考】【知性】

(21)

【人生観】【死生観】

(81)

【文化】 歴史・ 宗教・哲学

(165)

【日本と日本人  その歴史】

(140)

【防衛と安全保障】 改憲・沖縄

(155)

【中国 その反日と覇権主義】 歴史

(94)

【北朝鮮】安全保障 拉致問題

(39)

【中東】原油・ テロ ・イスラム原理主義

(32)

【宗教】 キリスト教・仏教

(37)

【資源・エネルギー】 原発・太陽光発電・原油・水

(84)

【災害・防災・環境・地震・新型インフル】

(105)

【言語】 英語・日本語・その他

(156)

【旅行】 海外旅行 国内旅行

(85)

【ベトナム戦争】 駐在時の想い出

(95)

【外国】での想い出

(53)

【東欧】での想い出

(25)

【英国】での思い出 歴史

(23)

【中東】での想い出

(27)

【日本】 での想い出

(66)

【人類】人類史・ 脳科学・人種・民族

(98)

【本と読書と文学】

(211)

【芸術】美術など

(35)

【音楽】ジャズ・クラシック

(16)

【映画】 女優

(67)

【EAT】食物・飲み物

(33)

【私のこと】

(57)

【女性】恋愛・セックス

(52)

【科学】 AI・未来・宇宙・時空

(54)

【人種偏見・差別】捕鯨イルカ問題

(9)

【情報機器】PC・TV・ブルーレイ

(38)

【趣味・遊び】

(17)

【生活情報】 【実用情報】

(27)

【健康情報】【医学情報】

(147)

【バレーボール】

(35)

【過去ログ 迫田さおり選手 その1】

(193)

【過去ログ 迫田さおり選手 その2】

(478)

【マネー・ビジネス】 株・FX・ 起業

(88)

【戦争】 原爆・戦争責任・戦争犯罪

(4)

【アウトドア】 キャンピング

(18)

【スポーツ】 野球・サッカー

(15)

【CAR】車

(13)

【カメラ】

(112)

『連絡掲示板』

(22)

コメント新着

alex99@ Re:『ラグビー』 恐ろしいスコットランド(10/10) New! >縁の下の力持ち的なFW。さらにはその下…
alex99@ Re[1]:『ラグビー』 恐ろしいスコットランド(10/10) New! hendrix11さんへ 勝ちましたね まだ信じ…
hendrix11@ Re:『ラグビー』 恐ろしいスコットランド(10/10) New! alex99さん 興奮して3回書き込んでしま…
hendrix11@ Re:『ラグビー』 恐ろしいスコットランド(10/10) New! alex99さんへ スコットランドに勝ちまし…
hendrix11@ Re:『ラグビー』 恐ろしいスコットランド(10/10) New! alex99さんへ スコットランドに勝ちまし…
hendrix11@ Re:『ラグビー』 恐ろしいスコットランド(10/10) New! alex99さんへ スコットランドに勝ちまし…

フリーページ

プロフィール


alex99

お気に入りブログ

図書館大好き401 New! Mドングリさん

『復活の条件』森村… New! ばあチャルさん

女性が輝くディスト… New! 七詩さん

小千谷総合産業会館… New! ふぁみり〜キャンパーさん

利と義は対立しない… 【亞】2さん

「ヒキタさん、ご懐… ひよこ7444さん

まだ結婚できない男… tckyn3707さん

カレンダー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.