1285013 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Alice Boy's Pictures

塞翁が馬

塞翁が馬

2006年09月28日

次男くん、今朝も洗濯物をたたみ、洗濯したばかりのものを干して、夕ご飯のお米を洗ってくれています。
よく働きます。
次男のお手伝いは、言葉によるコミュニケーションの代わりだと思います。

「お母さん、朝から仕事か。たいへんやなぁ。」と言う代わりにテーブルにランチョンマットを敷いてテーブルセッティンをしてくれるのでしょう。

「お母さん、洗濯物多いなぁ。」と言うかわりに「うんしょ、どっこいしょ。」と言いながら洗濯機から洗濯物を取り出し、カゴに入れてベランダに運んでくれるのでしょう。

「お母さん、この靴下、お母さんのやろう。」と言う代わりに「はい!」とだけ言って、ひとつにまとめた靴下をポ~ンと投げてくれるのでしょう。

その度に、私は「ありがとう。ありがとね、次男くん。」と言い、次男は「へへっ」と笑うのです。

昨日のフクロウも「お母さん、お母さん、あのなぁ、今日こんなことがあったんやでぇ。。。。」
と言えない次男が、言えない代わりにしたのでしょう。



何を言いたかったのかは、のままですが、苦しいことではないようです。



言葉が上手く話せたらいいなぁと思うことはたくさんありますが、これはこれで、けっこう楽しいです。
良い職場、良い援助者に囲まれているからこそではありますが、意外と不都合は少ないです。

言葉がたくさん話せるのに日常生活や学校、職場、作業所で不都合が多い人達はたくさん居ます。
話して良いとき、話してはいけない時。
話して良い内容、話してはいけない内容。
が、わかりにくいせいでしょうか。
人間関係につまずいて、次々と居場所を移ることになるようです。

次男に限らず、話せないけれど不都合が少ない人達はたくさん居ます。
話さない代わりに手を動かす(仕事をする)からでしょうか。

そんな人達の存在がいつも私に勇気をくれました。
会話は出来なくても彼らはプロフェッショナルなのです。
彼らは、”必要とされる人” なのです。
だから、”居場所” と ”自信” があります。

次男も”必要とされる人” なってほしいです。
次男も”居場所” と ”自信” がある人になってほしいです。

不可能ではないな。。と、やっと最近になって思うことが出来るようになりました。


次男は、 ”自分の周りには、自分には理解できない物事や流れが確かにある” と早くから気がついていたように思います。
自分は、他の人達とは ”違う” と早くから気がついていたように思います。
”自分を知る” ということは、とても大事なことだと思いました。
次男が ”自分を知っている。” ことが私の胸を痛くさせましたが、この人の為に頑張ろうと思いました。


何が幸いするのか、そうでないのかは、一概にはわかりません。
次男の弱点を補強し、援助体制を構築しながら、次男の良いところを最大限に活かしてやりたいです。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.