1284049 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Alice Boy's Pictures

他人事としてではなく

他人事としてではなく


2008/6/11 記


痛ましい事件が続く。

非正規雇用の不安がを押しつぶしたのだろうか。

先の見えない不安は人の気持ちを追い詰める。

彼が書き込んだ思われる携帯サイトの掲示板には、親への不満と挫折感を訴える書き込みが並ぶそうだ。

「親に無理やり勉強させられていたから勉強は完璧(かんぺき)」「中学生になった頃(ころ)には親の力が足りなくなって、捨てられた」「県内トップの進学校に入って、あとはずっとビリ 高校出てから8年、負けっ放しの人生」……。不本意な現在の境遇に至った責任を両親に転嫁している。

私は長男に強いたことがたくさんあるので、通ずるところがあって、胸が苦しい。
進学校に進学させようとはしなかったけれど、傷つきやすい長男に、「傷つくことを恐れるな。」と求めたのは、充分に酷であったと知っている。
障害のある弟をもつということは、生易しいことではない。

私は、長男を今も苦しめ続けているのだと思う。

息子への愛情は呪縛に等しいのかもしれない。


かと言って、事件の彼の短絡的な絶望、浅はかさを弁護しようというわけではない。
全くそうではない。

突然に理不尽に尊い命を奪われた方々にご冥福を祈ります。
傷つけられた方々のご回復を祈ります。





他府県にある会社の面接を受けて、合格通知を受け取っていたのに、自宅から通える場所でアルバイトをするという長男に、私は怒り狂った。

理解できなかった。

男なら就職して独立しろ、そのために就職しろ、それが遠方ならば、社宅にはいるのは当然のことだと攻めた。

私と次男から離してやりたかった。
外国に行ってくれてもよかった。
障害者の弟、独身の母のことを忘れて生活することをさせたかった。
長男を、選択の余地のない立場にはしたくなかった。

が、長男は、他府県に行かずに、すぐ近くのワンルームマンションにいる。
次男と私の存在が、長男をこの地に縛り付けていることは確かなのだ。
愛情は呪縛と裏腹か。

長男が煮詰まったときに、助けてやれる私でありたい。
「助けてくれ」と言ってくれる長男であってほしい。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.