3246666 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

Born Free☆ミ

PR

Calendar

Profile


elsa.

Favorite Blog

ランチ会 New! feela11さん

息子のチック悪化! レオポルさん

朝もはよから 仙台虎2006さん

制度っていうのは、… すみれちゃん♪さん

自閉症の関係遺伝子… そういえばささん

Comments

kimi_ebi@ Re:発達障害生徒に「合った学校考えたら」 発言教諭を告訴。(04/30) New! おはようございます♪1票でも良いから応援…
ありんこbatan@ おはようございます。 New! あなたに合った学校を考えたらどうか.. 子…

Freepage List

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

2018.01.04
XML
カテゴリ:自閉症関連

 

 

 

【海外発!Breaking News】大晦日の悲劇 

自閉症16歳少年が家族とその友人を射殺(米)




新年になるまであと20分という時に、

米ニュージャージー州のある民家で16歳の自閉症少年が両親と姉、

両親の友人を射殺するという悲劇が起こった。

 

まさかの事件に近隣住民らは

「こんなふうに年明けを迎えることになるとは残念」

と口にしている。

 

『New York Post』『CBS New York』『Mirror』などが伝えた。


 新年を迎えるパーティーをしていた一家にいったい何が起こったのか。

 

ニュージャージー州モンマス郡ロングブランチで、

2017年12月31日の午後11時43分に

911コールを受け駆けつけた警察官が目にしたのは、

射殺された4人の遺体だった。

 

この家に住む16歳のスコット・コロージは

父親のスティーブンさん(44歳)、母親のリンダさん(42歳)、

姉のブリタニーさん(18歳)と、

一緒に暮らしていた祖父の友人である

メアリー・シュルツさん(70歳)の4人を半自動小銃で射殺した。

 

当時、在宅していたスコットの兄スティーブンJrさんと

祖父エイドリアンさんは無傷で難を逃れた。

 

コロージさん宅には、

犠牲となったメアリーさんの他にもう一人の女性も住んでおり、

3世帯住宅となっていたようだ。

 

その女性の友人であり、

スティーブンさんと普段ソフトボールをする間柄だった

ジョー・リオスさん(52歳)は1日の午前2時頃、

女性から

「銃声を聞いた。何かあったに違いない

」といった電話を受けたという。

 

惨劇を知ったジョーさんは、

「スコットはとてもいい子で、

まさかこんなことをするとはとても思えない。

いったい何があったのかわからないが、

いつも笑顔を見せているような少年だった。

リンダさんと父親のソフトボールの試合を観に来たこともあったし、

2週間に一度は父親といつも一緒にいた。

決して暴力的な少年ではなかった。

今回のことは本当に突然で驚くしかない」

と話している。

 

ジョーさんや他の友人らの話によると、

 

トラック運転手をしていたスティーブンさんは

家族のため懸命に夜勤もこなし、

4人の子を何より大切にしていた素晴らしい父親だったそうだ。

 

スティーブンさんには、前の結婚により別に子供が1人いるが、

その子とは一緒に暮らしてはいなかった。

 

フロリダに住むスコットの祖母キャロル・コロージ=ザワッキさん(66歳)は、

家族の訃報を聞き号泣したそうだ。

 

キャロルさんの夫グレゴリーさん(63歳)は、

スコットが自閉症であることを明かし

「一家が銃を所持していたとは知らなかった」

と語っている。

 

なお、この銃は

家族の一員により合法に登録されたものだった。

 

捜査当局はこの件をDV事件として取り扱っているが、

過去にこの一家からDV被害の通報を受けた記録はないとしている。

 

自閉症だったとされるスコットは、

兄と姉が卒業した地元のロングブランチ高校には通っておらず、

自宅でホームスクーリングをしていたという。

 

新年まであとわずかという時に起こった事件でもあることから、

ほとんどの近隣住民は銃声を花火と勘違いしたようだ。

 

住民の一人であるイヴォンヌ・モスさん(62歳)は、

「他の日なら音を聞いて不審に思うけど、

31日の夜だったので花火だと思い気に留めていなかった」

と明かしている。

 

銃声を聞いた近所に住むセルジオ・ディアズさん(41歳)は、

「玄関の外に出た時に、パンパンという音が10回ほどした」

と言い、

同じく近隣住民のジェイムズ・ロスコウィンスキーさんは、

正月早々に起こった一家の悲劇に

「銃声と同時に花火の音も聞こえた。

近所が騒然としていたので外に出て様子を見てみたら、

いくつもの明かりが点滅していて警察官の姿もあった。

こんなふうに新年を迎えるなんて残念だ」

と口にした。

 

4件の殺人罪と銃器による犯罪容疑で1月1日に逮捕されたスコットは、

未だ動機を明らかにしていないという。

 

このニュースを知った人からは

「自閉症は言い訳にはならない。きちんと処罰されるべき」

「また銃による悲劇…アメリカの問題がここにある」

「子供が簡単に手にできるような場所になぜ銃を置いておくんだ」

「亡くなった家族のご冥福を祈ります」

といった声があがっている。

 

【techinsight http://japan.techinsight.jp/2018/01/ellis06230102.html

 

 

 

画像は『New York Post 2018年1月1日付

「16-year-old boy allegedly killed family in New Year’s Eve attack」

(Facebook)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

 

 

やはり、銃社会の歪みが

思わぬ結果を生んだ悲劇ですね。🌠

 










 

 

 

 














Last updated  2018.01.21 09:15:45
コメント(11) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.