4730128 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Born Free☆ミ

PR

X

Calendar

Profile


elsa.

Favorite Blog

じゃらん、にゃらん New! ヴィヴィアンウエストウッド財布NANAさん

考えれば歳を取った… New! 韓国の達人!さん

へそっこ公園 New! feela11さん

ほどいた着物を洗濯。 saruyuriさん

いろいろありますな~ maogarden777さん

Comments

Freepage List

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

2021.06.05
XML
テーマ:自閉症(340)
カテゴリ:自閉症関連




暗算で12桁もの掛け算に正解 自閉症の11歳児が『ギネス世界記録』に



アメリカでこのほど、

自閉症と診断されている11歳の少女が、

難解な掛け算に暗算で挑戦。


見事に正解し、

最年少記録も兼ね『ギネス世界記録』に認定された。

『Bay News 9/SPECTRUM』が伝え、話題は世界の大手メディアにも広がっている。
​​


​​答えはなんと12桁​​

アメリカ・フロリダ州に暮らすサナー・ハイアマスちゃんという11歳の少女が、

暗算で6桁×6桁という複雑な掛け算に挑戦。

ずばり正解して『ギネス世界記録』の認定員やカメラマンを仰天させた。


​​認定員は行き当たりばったりの12の数字をボードに記入し、

「617286×315969」という6桁×6桁の掛け算にした。


電卓、ペン、紙を使用せず10分以内に解答というルールのなか、

サナーちゃんが必要とした時間はわずか1分56秒。


示された「195,043,240,134」という答えも正解だった。



誰もが「神の贈り物」と称賛


​​

サナーちゃんは2歳のときに医師から自閉症と診断された。


そして天才的な頭脳ゆえ、

家族や周囲の大人からは

「ギフテッド(神様から贈られた才能)」

として称賛されてきた。


​​​​​自閉症のなかで、驚くほど高い記憶力や計算処理能力を誇る人を

「サヴァン症候群」と呼ぶことがあるが、サナーちゃんもその1人なのだろう。



自主退学でホームスクールに


母親のプリヤさんは『Bay News 9/SPECTRUM』の取材に、

「最初は小学校に通っていましたが、

2年生で落第のような状態になってしまいました」

と話している。


自閉症児は筆圧が弱すぎる子が多いとされるが、

サナーちゃんもペンと紙では文字をうまく書けず、

父親のウダイさんは

「iPadを使えばいい。学校は退学し、ホームスクールで義務教育を修了させよう」

と提案。


​​そのうち、

サナーちゃんが算数でずば抜けた能力を持っていることに気づき、

両親はそれを伸ばすことに注力した。




名門大の数学にも挑戦


時間制限付きで掛け算を出題すると、

瞳を輝かせてあっという間に答えを出すサナーちゃん。


掛け算以外の楽しさにも目覚め、

最近では名門マサチューセッツ工科大学の問題に正解し、

主治医である小児科医をはじめ、多くの人々を驚かせたという。


ウダイさんは

「娘の能力は無限大。

掛け算なら、たぶん7桁やそれ以上でも

頑張れるのではないかと思います」

と話している。


[SIRABEE]











とても可愛らしい女の子、

ご両親の育て方が合っていたのでしょうね。

​​​





















Last updated  2021.06.20 19:00:15
コメント(9) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.