【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

Welcome to Alleluja's Blog

コメント新着

Mi chiamano Alleluja@ Re[1]:「明日なき夕陽」 (1973年 伊)(09/01) しろがんまんさん ご無沙汰しております…
しろがんまん@ Re:「明日なき夕陽」 (1973年 伊)(09/01) 過去の記事に突然の書き込み、失礼します…
Mi chiamano Alleluja@ Re[1]:国内盤簡易レビュー(06/09) 東京ガンマンさん コメント、ありがとうご…
東京ガンマン@ Re:国内盤簡易レビュー(06/09) 早速のレビューありがとうございます。国…
東京ガンマン@  国内版BD DjangoTVシリーズとは全然関係のない話な…

バックナンバー

・2024.02
・2024.01
・2023.12
2023.11
・2023.10
2023.09
2023.08
2023.07
2023.06
・2023.05

カレンダー

2023.11.25
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


先に紹介したいBlu-Rayがあったため、順番が前後してしまいましたが、9月末にドイツから発売されていたBlu-Rayを紹介します。

「殴りこみ兄弟」 "Sette donne per i MacGregor" 1967年 イタリア・スペイン



作品については、以下のリンクを参照願います。
殴りこみ兄弟:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画

ご存じの通り、以前紹介した​「禿鷹のえさ」 "7 pistole per i MacGregor"​の続編なのですが、どちらもどうして、こうマカロニとは思えない、独特な邦題になってしまったのでしょう?
TV放映時には「夕陽の七人・禿鷹のえさ」、「夕陽の七人・殴りこみ兄弟」というタイトルとなっていましたが、こうすれば、正編・続編というのもわかりますし、マカロニっぽさがありました。

私は正直、マクレガー・ドノヴァン一家が機関車で助けに駆け付けるシーン等、「殴りこみ兄弟」の方が好きです。

「禿鷹のえさ」のドイツ盤Blu-Rayの紹介の際にも懸念していた通り、やはりソフトな画質にリマスタリングされていました。
(以下のキャプチャ画像じゃ、わかりにくいと思いますが...)













右は歯医者の娘 ドリーを演じる、アナ・カサーレス。アルゼンチンの「ブリジット・バルドー」と呼ばれていたそうです。ちょっとややこしいのですが、もともと、アルゼンチン人の女優で、1960年代はスペイン映画を中心に出演、1970年代には、またアルゼンチンに戻って、活躍されたそうです。マカロニは、フランコ&チッチオの"Due mafiosi nel Far West"にも出演しています。





仕様的には、収録:94分。音声:ドイツ語、イタリア語、英語、字幕はキャプチャ画像にもあるように、英語とドイツ語が付いています。
特典は、予告編の他、アルベルト・デラクアのインタビュー動画、ピクチャーギャラリーになります。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2023.11.25 21:42:40
コメント(0) | コメントを書く


PR

プロフィール

Mi chiamano Alleluja

Mi chiamano Alleluja

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天カード


© Rakuten Group, Inc.