1939438 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Allhealの森

PR

プロフィール


pua honey

カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

コメント新着

pua honey@ みち_さんへ みちさん。こんにちは。 ブログにご訪問…

お気に入りブログ

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2020.03.03
XML
カテゴリ:キキ と とまと
色々なことを引き連れて3月に突入。
今日は桃の節句だけど、
女の子のいるおうちは自宅でお祝いかな。。。


我が家にも可愛い娘がいます( *´艸`)

あれ?寝てる?( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
200229キキ2


あ、起きたヽ(*^^*)ノ
200229キキ3


「おひなまつりのごちそうは?」byキキ
202229キキ1

ごちそうはなににしょうかしらね~。
キキちゃんの好きなアズミラの缶詰にしよか?


ある夜の日のキキ。
飛んでます。猫はよくこの格好で寝ていますね。
200225キキ




とまとはヒョウ柄の敷物の上で♪
たいてい、ここに寝ている時は私がテーブルの上にPCを置いて仕事をしている時です。
この写真は先週の火曜日の夜に撮ったもの。
200225とまと1


私もとまとの顔を見ながらだと、嬉しいし頑張れる♪
200225とまと2



朝とまとを撮りました。
ケージの中のとまと。
200227とまと1

扉はオープンにしてあるので、ここで朝や昼間に寝ていることがあります。
ふかふかの敷物に埋もれて気持ちよさそうだな。
200227とまと2

ケージはオープンドアにして、常設しておくと便利です。
いざという時にすぐに出して組み立ててというのは大変。
非常時に、健康管理が必要な時に、などなど。。。
猫達が普段入り馴れていると、安心の場所として認識するので、
緊急時にいきなり入ってもらっても嫌がらないですしね。

でもキキととまとはあまり仲良くないので、
1つのケージにふたり一緒に、だと辛いかな~(;´Д`)

でも緊急時は仕方ないですね。
そういう時がないことを祈るばかりですm(゚- ゚ )カミサマ!






***
3月1日に。
甥っ子から高校を卒業しましたという電話がありました。
(出られず留守電のメッセージを聞きました)
2歳で母子家庭となった甥っ子。
とても素直で我慢強く優しい子に育ってくれました。
もうね、本当に嬉しくてあの日留守電を何度も聞いてしまいましたよ。
いつまでもこどもっぽいところのある子で大丈夫かと思っていたけど、
すっかり大人の声になり、身体も大きくなり、イケメンになり(おばばか丸出し)。
これからもっとたくさんの苦労を背負っていくことになると思うけど、
乗り越えて生きていってほしい。

甥っ子に送った言葉。

「雲外蒼天」

がんばれ!!

そして・・・。
甥っ子の母親からも連絡が。
ヨンデリスという薬(抗悪性腫瘍剤)がもう効かなくなってきて、
数ミリ単位で腫瘍がまた大きくなっているそうです。
これが効かなくなったらもう薬はないと言われていたのに。
最後は飲み薬だけとのことだけど、これはもうほとんど期待はできない・・・。
主治医から、がんゲノム医療を勧められたそうで、受けることにしたと話してくれました。
これからがんパネル遺伝子検査を受け、彼女に合った薬が見つかればその治療に入るそうです。
でも遺伝子に合う薬が見つかる可能性はとても低いのだとか。
彼女の心情を思うと、大丈夫とも安易に言えないし、だからと言って諦めてほしくないし。
腫瘍が大きくなっていくのに何もできないのは、とてつもない不安と恐怖でいっぱいになります。
まだ治療法があるのなら希望が持てるけど。。。
私が動揺してはいけないのはわかっているのに、
私が不安になってはいけないのに、気持ちが乱れてしまいました。
メールでのやりとりなので、言葉さえ気をつければいいのだろうけど、
気持ちはどんな形で現れるかわかりません。
一呼吸おいて、気持ちを正して、今送れる言葉を探して返信しました。

昨日のボラでも、心が不安定ではミスをしそうだったので、
気持ちを切り替えてとにかく猫に集中集中集中!
ミスはなかったと思うのですが、それでも普段ならやれただろうことも、
無理するのはやめようと判断をした事柄も。
私としてはそんなにも動揺することはめったにないことなのだけど、
自分では大丈夫と思っていても、何かあってからでは遅いですから。

化学療法での治療がなくても、まだやれることはあると思っています。
人間の身体は心とつながっているし、
人間の身体はまだまだ未知数なのだから。
私ができることは、まずは甥っ子が安心して学業に取り組めるようにしてあげること。
彼女にとって何よりも大事な存在の息子が幸せじゃなければ、
生きる気力も半減してしまうだろうから。
甥っ子の学費を稼いで、彼女の治療に関わる費用も出していかれるように、
必死に働き節約しよう。
そして、どうか彼女に合う薬が治療法がありますように。
祈る。必死に祈る。





*このブログ内の私が撮影した画像の肖像権はすべて私puahoneyにあります。
クレジットなしの画像であっても、許可なしに使用することはできません。
どうぞご理解のほどよろしくお願いいたします。





にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村













最終更新日  2020.03.03 18:13:14
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.