167880 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Aloha~Rainbow

PR

プロフィール


a-gongon

フリーページ

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月

コメント新着

ゆみ。@ Re:気づけば春…ロミロミのことなどもすこし。(04/21) 育児お疲れ様です。 育児って育自、でもあ…
マイコ3703@ コメント失礼します(* >ω<) ブログの隅から隅まで読んでしまいました(…
ゆみ。@ Re:遅れましたが…出産&近況報告 ~もうすぐ4カ月~(04/18) ホントに、素晴らしい体験をしていますよ…
a-gongon@ Re[1]:S.W.L.C 活動報告 ~2014.夏&秋~(10/09) まさこちゃん おっけ~ いつでもかもぉん♪…
まさこ@ Re:S.W.L.C 活動報告 ~2014.夏&秋~(10/09) 私も幽霊部員として入会します! 役職は…

お気に入りブログ

誰が育てているの? 野見山 文宏さん

Body Wave lomilomi … soleilさん

全9件 (9件中 1-9件目)

1

gongons HAWAII 生活

2014年03月11日
XML
カテゴリ:gongons HAWAII 生活
そろそろ時間が経過しすぎて
新鮮感が失いつつありますが…
これがこの旅、最後の報告です♪

 今までの報告はこちら⇒1.ハワイ島前編 2.ハワイ島続編 3.カウアイ島編

カウアイを離れた私たちは最後に
オアフ島へ向かいました。

ハワイ島→カウアイ島→オアフ島 の順番に訪れると
ワイキキはまるで東京のような賑やかさ
ちょっと気合いを入れないと島っ子の私は疲れちゃいます。

オアフの目的は…
○のんびりコンド生活を過ごす
○ヨガウェア&アウトドアウェアを買う
○友達に会う

ま、いつもこんな感じです。

特に今回、どうしても会いたかった(偶然のように会えたのですが)のが
昨年まで佐渡で一緒に遊んだり、英会話の相手をしてくれていたCortneyです。

佐渡に5年間ALTとして滞在していた彼女は
昨年の夏前に任務期間を終えて、実家のあるミネソタへ戻りました。

今年の1月、この冬のWinter Stormは
アメリカ・メインランドの気候を大きく騒がせていると
ニュースで聞いたので 心配になってミネソタの彼女にメールを送ると…
なんと彼女は ハワイに住んで働いているとのこと!
これは会うしかないっ!と念願の再会になりました。

Cortney&私たち夫婦
会ってやること…それは野外アクティビティしかありません(笑)

まずは この時期、出産のために訪れるクジラが良く見える
マカプウ岬をトレッキング。

asa-IMGP2896.jpg

1391953542938.jpg
(写真では見えないですが たくさんクジラが見られましたよ♪)

ドライブ&ランチの後は

カイルアでSUPを借りて
無人島~ラニカイまで パドリングを楽しみます。

IMGP2911.jpg

asa-IMGP2925.jpg

IMGP2919.jpg

ランチをのんびりしすぎたせいで
ちょっと急ぎ足でのSUPツアー。
それでも十分、海と戯れ 全身をくまなく操り
テンションが高まります♪

そして拙い英語の私たちと
日本語ばっちり…だけど絶対に英語でしか対応しない(←あえてそうしてくれています)
彼女とのおしゃべりが とっても楽しかった!

トレッキングやパドリングの途中で
ちょいちょい出てくる、彼女の佐渡情報。

“あの山は佐渡のドンデンみたいだねぇ”
“この海岸線、小木線に似てる”
“あの屋根は宿根木の屋根とおんなじだー”
(↑地元民ならなんとなく イメージできるでしょうか…?)

これ全部、Cortneyの言葉(訳)!
本当に佐渡が大好きで恋しい♪
寿司が恋しい♪ミスドが恋しい(笑)♪
と何度も言ってました。

IMGP2924.jpg

その後、夜まで私たちの部屋でお茶して語り合って
あっという間に楽しい一日が過ぎて行きました。

またこうやって 大事な人と大好きな場所で
再会できるようになっている☆
そんな仕組みに感謝です。


*************

ここから番外編。

今まで何十回と海外に行って
特に困ったアクシデントに遭遇することの少ない
ラッキーな私たちなんですが

今回のハワイの旅では
実にいろんなハプニングが起こりました。

1)まずは出発前。
佐渡から羽田まで、スーツケースを送ろうとしたら
手違いで集荷してもらえず…。
本をただせば 私の確認不足のせい。
仕方ないので(自分で持って行けばいいことだ)と思っていたら
ヤマト運輸さん、わざわざ電話をいただきなんとかしてくれました。
この臨機応変な対応に感謝です!


2)オアフ島からカウアイ島へ移動する際、
私たちのスーツケースが行方不明に!
そう、ロストバゲッジというヤツです。
航空会社のスタッフに聞いても 分からないなぁ~と言われ…
運よく、夫のスーツケースだけはカウアイ空港に到着したものの
私のスーツケースは待っても待っても出てこない。。。
Baggage-Deskにいた女性に とにかく説明してホテルに戻りました。

もとはといえば 私達のチェックの甘さのせい。
もう、スーツケースが戻ってくるのを半分あきらめて
手荷物だけで 残りの旅を過ごそう、
新しいビキニと下着とTシャツ買えばなんとかしのげる、
…そう思えば ちょっと楽しい♪ わーい!
と思って過ごした夜に、ちゃんとスーツケースは戻ってきました。
ハワイアンエアラインの皆さま、ありがとう。


3)旅の最後、帰国するフライトにチェックインすると
“残念ながら二人並びの座席はございません”と。
そういえば 日本でチケットを手配するときに、
もう一杯状態だったことを思い出しました。
それでも一生懸命手配をしようとしているスタッフに
「あ、私たちは全然大丈夫ですよ~ありがとう!」と
さっさとホノルル空港散策を過ごして いよいよ搭乗。
なんと「お二人席、ご用意できました」とチケットを交換してくれたのです。
JALの心配り 感激しました。


あぁ、みんなに支えられて良い旅ができたな~


起きてしまったハプニングに
くよくよせずに
強引に抗わずに
ただただ現状を受け入れ
感謝し楽しむこと。

これも旅を楽しむポイントなのかもしれません。

asa-IMGP2948.jpg

asa-DSC_0502.jpg

**********

以上で今回のハワイ報告は終了。
ここまで読んでくださった方、ありがとうございます♪

思い出せば 心癒される日々ですが
過去にばかり 想いを馳せていても始まらない!

ハワイでのたくさんの宝物をエネルギーに
どんどん!私のやれることをやっていきますよ~

mahalo!













最終更新日  2014年03月12日 19時15分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年02月26日
カテゴリ:gongons HAWAII 生活
1週間のハワイ島WSを受けた後、
みんなはオアフ島WSへ。
私は次の目的地、カウアイ島へ向かうため 一緒にオアフ島に移動。

オアフ島への移動には国内線のHawaiian-Airline で約50分。

それぞれバラバラにチケットを購入したので
横の席が一般の乗客になるのは当たり前。。。

そんな中、私の横に座ったのは
なんと Pa OlaアラカイのChihanaさんでした。

前回のWSでもお世話になったChihanaさんは
まさにロミロミを通じて 日本とハワイのかけ橋的な存在!
(昨年、書籍『ロミロミでもみもみ』も出版されています)

お隣になったのも きっと必然。
私は Chihanaさんにマシンガンのようにいろんなことを話していました。
じっくり話を聞いてくれた Chihanaさん、ありがとう♪

あっという間にホノルルに到着。
空港に着いた私は そのまま日本からの夫と合流。
みんなからのハグに戸惑う夫とともに
カウアイ行きの国内線へ移動。

なんと同じフライトの列には
またまたWSでお世話になったアラカイのKateが!

これも何かの流れ☆と思った私は
Kateと連絡方法を伝えあって 空港で別れました。

**********

カウアイ滞在は2回目。

私の 素敵なハワイ仲間がみんなカウアイ島を勧めてくれたのと
今回のハワイ行きが決まった時に
たまたまテレビで見た番組に心打たれたのと
いろんなきっかけで今回、来ることに決めたのです。

当然、雨季の季節なので 雨が多く 気温も低い。

IMGP2799.jpg

それでも 自然の豊かさや 時間の流れ、不便具合が
私にはしっくりときて すっかり馴染んでいました。

車で ノースエリアを走っていると
何度も一車線の橋や小道を通ります。

いまどき、佐渡島でも そんな所に
仮設信号や"この先 注意!!!"のハデな看板がありそうな場所なのに
この島では 何もない!
それどころか 普通にみんなが うまい具合に行き来するのです。

IMGP2820.jpg

何メートルも先の対向車のことを気遣いつつ
自分よりも 相手、
コミュニケーションはクラクションではなく
ハンドサイン!(だいたいがシャカサイン…親指と小指を立てるアレです)

最初はハンドサインが ぎこちなく
ついつい会釈していた(笑)運転手の夫も
日を重ねると ローカル並みにシャカサインを出せるようになってました♪

**********

カウアイ島でやりたかったことのひとつに
カヤック&トレッキングがあります。

なんせ S.W.L.C としてワイルドライフを佐渡で楽しむ私たち。
カウアイの大自然でもやらないわけにはいきません!

ガイドさんを頼んで カヤックでワイルア川を上り
ジャングルを1時間トレッキングし
心臓がバクバクするほどの冷たい滝つぼで泳ぎ
5メートルはある崖から川にジャンプし
またカヤックで戻り
冷え切った身体で 島一番のサンドイッチ屋さんに行く…

IMGP2834.jpg

_MG_1647.jpg

_MG_1785.jpg

_MG_1691.jpg

IMGP2843.jpg

IMGP2859.jpg

IMGP2854.jpg

_MG_1736.jpg

_MG_1805.jpg

というアクティブな一日を過ごしました。


**********

アクティブタイムの後は
空港で連絡を取り合った Kateにマッサージを受けることに。

英語メールでの自宅サロンまでの道案内を
宝探しのように進めて行くと…
豊かな自然に囲まれた Kateのお家に到着!

もちろんハグで再会。
数日までは 私たちの先生的な存在だったKateが
なんだか 心強い親友のように感じてしまいました。

1週間のWSで集中力を使い果たし、
カヤックとトレッキングで体力を使い果たした私の身体は
けっこうガチガチになってました。
今の身体や気持ちの状態を伝えて いよいよセッションスタート!


何か身につけよう、観察しよう、そんな気持ちを一切持たず
完全に身も心も お任せ状態。
Kateのロミロミを 全身全霊で受けました。

エネルギーワーク、ストレッチ、オイルマッサージ、アジャストメント、
セッションの流れはWSで学んだものと同じもの。

時折 Kateの呼吸と自分の呼吸が重なり
アジャストメントで とんでもない音(バキバキバキ!ボキボキボキ!)が
自分の身体から聞こえて 自分で驚き
Kateへの身のゆだね具合が深かったからなのか
"good job~♪" と囁くように言われました。

約1時間の施術で
まるで別人のように 私の身体が生まれ変わったのを今でも覚えています。

優しく冷静で 的確で
すべてに Kate の人柄が現れていました。
素晴らしい施術でした。
素晴らしいサロンでした。

"これこそ私の夢のサロンの形よ~!"

と私は何度も言いながら Kate&Nuiと別れたのでした。

DSC_0496.jpg
(写真:Kateと優秀なアシスタント犬のNui)



今度は 絶対2人でマッサージを受けよう!また、カウアイに戻ってこなきゃ♪
と勝手にまたハワイに来る理由を夫に押し付けて
私たちはカウアイ島を後にしました。

DSC_0498.jpg

次はオアフ編…あの人に再会!

























最終更新日  2014年03月04日 17時37分06秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:gongons HAWAII 生活

さてハワイ島でのWS報告・続編です。
今回は“Ohana”について。。。

**********

前編でも書いたように
今回のWSは大所帯の共同生活。

20名が同じ屋根の下で(まぁ、想像以上の大きい屋根ですが!)
寝食を共にし、1週間のワークをする…!?
 
自称“群れないイルカ”のようなマイペースの私は
そんな生活できるのか 当初、不安感いっぱい!
なにせ群れるのは子どもの頃から苦手なので。。。

でもすぐにその不安は消滅!

たぶん WSの場にいた誰もが
お互いを信頼し、尊敬し、
思いやって いたわりあって
言葉が完全に通じなくても 理解し合いたいと思う
見えない絆で結ばれていたからなのでしょう。

すっかり私は20人の大家族に包まれていました。

ハワイでは本当の家族はもちろん
同じ目的をもった仲間をOhana/オハナ(家族)と言います。


ワークの合間や夕食後のフリータイム…
語り合う人、一人瞑想をしている人、
寝ている人、練習している人、
歌っている人、踊っている人、

その日、その時間、みんな好きなように過ごしているんだけど
バラバラじゃなくて 心地よく安心して過ごしている。

時には 喜び、笑い、悲しみ、怒り、感情溢れても
ちゃんと深いところで 認め合っていることで
安定した穏やかな時間が流れている。

あの空間は何かに似ている…
そう!まるで茶の間の大家族だ!
そう Ohana/オハナ なのです。

幼少期に姉妹の末っ子の私が
大家族の中で ゆったりと安心して
自分のままで過ごした記憶がよみがえりました。

1011251_471787829594049_257354733_n.jpg

大切な人たちに守られ、信じられると
誰もが のびのびと自信をつけて生きることができる。

そんなことも実感できた毎日でした。

**********

日本からの参加者はみんな
何かしらボディワークに関わっているメンバー。

ロミロミだけでなく それぞれ多種多様な才能やキャラクターの持ち主が集結☆

時間と場所があって 目と目で通じ合えば

いつのまにか
交換セッションがはじまり
ヨガクラスがはじまり
カードリーディングがはじまり
Watsuがはじまり
レイキ、タイ式、エサレンマッサージ…

あっという間にどこでもヒーリング空間に早変わり!

IMGP2763.jpg


IMGP2740 (2).jpg
(私もウォームポンドでWatsuしました)


言葉以上のもので通じ合えた かけがえのない出会い♪
これからも このメンバーとはじっくりと繋がっていくことでしょう。
本当にありがとう。




***********

そして もうひとつ。

今回のWS期間中、私はラッキーなことに
ハワイで誕生日を迎えることができました。

いつもと違う誕生日を自分だけで噛みしめる…
ただ それだけのはずだったのに、、、

待ちうけていたのは サプライズパーティー&ギフトでした。

夕食前のチャントの後、突然 電気が消えて…
奥から 大きなバースディケーキが登場!
その後 みんなの歌と メッセージカードと 手作りギフトと
夢のような サプライズが目の前に次々と現れたのです!

DSC_0598.jpg

ちなみに この日は
午後あたりから天候が悪化し夜には嵐に。

そう、私の生まれた42年前の佐渡島も嵐でした。
(母はいまだに その話をします^^)

きっとあの日の嵐は 私の祝福のためだったのだーー!
と 都合良く信じています。
(翌日には嵐はおさまりました♪)

一生心に残る バースディ。
ハワイのOhana達、WSで出会った日本のOhana達、
そして 佐渡のOhana達、両親、夫。

心から感謝する時間を持てたことは もう一つのギフトでした。


もっともっと書きたいことはあるけれど~
今回のWSについての報告は以上。

大切なことは経験や学びを 私のすべてに活かすこと。
毎日の生活やロミロミやヨガや…そう人生の中で。


この後、我が家のプライヴェート旅行編に続きます。
そこにも 素敵な出会いやミラクルがいっぱいでした~♪


**********


☆日本各地のOhana達のWS報告も素晴らしいので ぜひ☆

☆Hiro&Nana / Lanila'aina
☆Kato-chan / てあてや
☆Maiko / ちゅら
☆Masako / Honu
☆Amane / くにさち
















最終更新日  2014年03月01日 17時03分49秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:gongons HAWAII 生活
2014/1/20~2/2 行ってきたハワイでのWS体験と
その後のプライヴェート旅行の話など…
もう3週間も経ちましたが
その濃厚な日々を言葉にまとめるのは難しく。。。
それ中でも心に残っていることを選びながらUPしていきます。

**********

まずはハワイ島編。

今回のWSは2012年に受けた時と同じ、
クム(師匠)・アルバのロミロミワークショップのアドバンスクラスです。

日本からの参加者の中には 前回一緒に受けた仲間や
それ以前、または昨年のハワイ島WSや日本でのWS参加者など
計10名がハワイ島で共に学びました。

さらにクム・アルバのロミロミグループPā Ola Hawaiʻiの
クム・ポーマイカイ、アラカイ(アシスタント)達、WSを支えるスタッフ達など…
全部で20名ほどの大所帯WSでした。


**********

毎日毎日
ハワイの文化にどっぷり浸るワークを行いました。

フラのワークでは 五感を集中して使うことの大切さ、
そして協調性や一体感を味う喜びを感じました。

オリ(チャント)のワークでは 声を出すことで自信と達成感を味わい
ハワイ語の意味とともに 新しい自分に生まれ変わるような
体験を繰り返しました。

ロミのワークでは クライアントとの関係や身体の見方を
実践とQ&Aで 深い部分まで理解がつながりました。

IMGP2709.jpg

他にも
伝統的なハワイの料理に挑戦し食べたり、
神聖なティーリーフ(葉)でレイを編んだり、
ハワイの文化を守る話を聞いたり、
ハワイ島の大自然に身をゆだねたり、

 IMGP2714.jpg 

IMGP2722.jpg 

1392021514170.jpg

1392021539855.jpg

ひとつひとつの昔ながらの文化が
ハワイの人々の生活と
どんなつながりがあって 今に至るのか
また 何が失われつつあるのか…
心に動かされる 体験ばかりでした。

どんな小さな言葉も 出来事も
すべて私に必要なことでした。

ちりばめられた欠片が ちゃんとつながるように進んでいくのです。

自分の想いを正直に出し(出させてもらい)
自分を信じることを思い出し(思い出させてもらい)
とにかく勇気を出してやってみる(勇気をもらい)

表面の理解だったことが 実感!の本質にまで触れていく…

あぁ、これがアドバンスクラスなんだ!としみじみ感じました。

IMGP2726.jpg


日を重ねるほど ワークの中でのクムの要求も
どんどんハードルが上がって行きます。

一瞬 たじろぎながらも
“できなかったらどうしよう…”ではなくて
“とにかく 自分と仲間を信じてやっちゃおー!”
と何にでも挑んでいた私がいました。

カッコ良く見せよう、とか
どう自分は見えてるんだろう、とか
この結果はどうなるんだろう、とか
普段 ついつい思ってしまうアレコレを
えいっ!と 脱ぎ捨てていくことの気持ちよさ♪

その時は なんだか新しい自分になったように感じていたけれど
実はそれは 本来の自分にもどっただけなのかもしれないな。

そんな風に今、改めて感じています。

**********

クムの言葉は どれひとつ拾ってもシンプルで深く心に響き、
私たちの素直な反応や疑問、全てが意義のある 必要な答えに繋がっていきました。


そして いつもその結論には…

「自分を信じて!」

「Bestで素晴らしい自分であることの価値を受け入れて!」


というメッセージが込められていました。


"ロミは人生だよ"

というクムの言葉の奥には

「セラピストや職業名や肩書を持つ以前に、人間として しっかり生きることが大事だよ」

という 私なりのモットーも見つけることができました。

このWSに来られて 本当に良かった!
…今も毎日 そう思って過ごしています。


前回に引き続き、アドバンスクラスを主催してくださった
Hale Ho'oponopono の Keikoさんに心から感謝です☆

KeikoさんによるWS報告ブログ⇒こちら


さてさて 続編に続きます。








最終更新日  2014年02月26日 21時35分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年11月17日
カテゴリ:gongons HAWAII 生活

さてハワイWS報告を一通り済ませたわけですが…もう少しお付き合いを。

今回の滞在中、たくさんの知識と経験と愛情に満たされた時間を送りつつも
日々自分のことを分析し、発見し、確認を続ける毎日でもありました。

ロミロミWS中、私たち生徒はクムやアシスタントセラピスト達から
実際に施術を受ける機会を多く持ちました。
技術を学びながら 同時にそれぞれの身体の治療的施術になることも…
施術後、クムやアシスタントから身体からのサインや症状について
説明やアドバイスをもらうことも何度かありました。

 肩周りと呼吸に緊張がある…
 骨盤周りを中心に身体の左側全体に違和感を感じる…
 男性性と女性性のバランスが少し崩れている…

モデルとなった人たちの身体からのメッセージが
施術を通して現れ、フィードバックされていきます。

さて、私の身体からはどんなメッセージがあるのか
ドキドキして待っていると…

「Very Strong!」

そしてさらに言われたことは
“あなたは とても強い身体と強い心・個性を持っている。そして非常に健康体。充実した家族関係を得ていることも伝わる”
とのこと。

たまに自分でこわばりを感じる左の首や背中のこととか言われるかと思いきや
とにかく「Strong!」と言われたのでした。

1回だけならともかく WS中、クムや何人かの現地セラピストに
 「本当に健康的ね」
 「その強い身体とエネルギーがうらやましいわ」
 「何の問題も無いよ~」
と言われ 嬉しいような拍子抜けしたような。。。

あまりにもクムが「Strong!」の言葉を繰り返すので
「もちろん健康だし丈夫だけれど 弱いところもあるんです…」
と通訳していただくと
「強いことは恥ずかしいことじゃない。ポジティブに活かしていきなさいね」
と優しく諭されました。

IMGP1665.jpg

きっとハワイに滞在中は

ダイナミックな自然に包まれ
優しく丁寧な人たちに囲まれながら
野菜中心の美味しい料理をもりもり食べ
翌日を楽しみにしながら しっかり寝て
朝起きたら静かにヨガに集中し
海があればいつでも身体を波に預け
テレビやパソコン、携帯からあえて離れて
あぁ今日も幸せだなーと感じて過ごす。。。

そんな理想的な生活を過ごせていたから
私の健康状態もさらにUPしたんだろぉな~と分析します。


でも これはハワイでなくてもできること。

自分の大好物なものや環境とか
活かされる場所や仲間とか
苦手な空気やスピードとか
感謝をささげる気持ちと方向とか

そんなことを再確認できたのも大きな収穫です。

IMGP1615.jpg 

研修後はワイマナロからワイキキに移りフリータイムを堪能。

途中から夫も合流したものの、ほぼ NO PLAN。
結局、早寝・早起き・散歩・トレッキング・海、海、海…
S.W.L.C(Sado Wild Life Club)ならぬ、
H.W.L.C(Hawaii Wild Life Club)として活動を満喫!

最後には津波騒動にも 遭遇しましたが何の問題もなく
何度も現れた虹と 海で遭遇したHONU(ホヌ=亀)で
さらにHappyになって帰ってきました♪

IMGP1621.jpg



国を越えて健康体を褒められたことを誇りに思おう。
身体に関心を持って続けられている自分の活動を認めてあげよう。
いつも育て支え続けてくれている家族に感謝しよう。
自分の長所をちゃんと受け止めて活かしていかなきゃ。

帰国後、こんなことを考えながら またいつもの生活に戻っています。



以上、Hawaii WS 報告でした!
MAHALO




















最終更新日  2012年11月17日 23時25分15秒
コメント(3) | コメントを書く
2012年11月15日
カテゴリ:gongons HAWAII 生活
さて 前回の続きを。

ハワイ島のWSを終えた私たちは
次の研修先であるオアフ島に向かいました。

ハワイ・ヒロ空港からホノルル空港に降りた瞬間!
別世界にきたような 現実世界にもどってきたような
懐かしい感覚になりました。
太陽光の強さ、気温の高さ、そして人間生活のいろんな空気がまじった匂い、
あぁ…ホノルルに来たんだ、と実感。

DSC_0822.JPG

WS第2部はオアフ島・ワイマナロのクリニックでの研修です。
ここからは より実践的、具体的な内容になっていきました。

クムやクムのお弟子さんセラピストが施術をしている
このクリニックには さまざまな症状のクライアントが訪れます。
365日年中無休でいつも開かれているこのクリニックには
地元のローカル住民はもちろん、島内、他島からも
クライアントが訪れるのだとか。

決して広いとも 豪華とも いえないこの場所に
人々がくる理由…それは病院やサロン・スパでも
解決できないさまざまな症状をなんとかしたい、
ということが多いようで
私たちが実際に見せていただいた施術のクライアントたちも
病院で怖い目にあったとか
スパでは一時的な気分転換にしかならないと
クムのもとへやってきて安心した顔で帰っていくのでした。

そもそも「クリニック」は日本における診療所、治療院と同じ存在。
私が現在、行っているサロンの施術には 含まれない領域です。
でも 私がめざす地域に根差すロミロミには
いろんな目的で来てくださるお客様がいるわけで
症状を改善したい、リラックスしたい、不調を軽減したい…
どんな方にも 自分なりの精いっぱいの施術をしたいのです。
(このことについては以前のブログで書いています)

そんな思いで続けているこの仕事で
ここ数年、もっとロミロミや身体について知りたい!
と思う欲求が 今回のハワイ研修参加に結びついているのです。

IMGP1524.jpg

私なんぞ全く及ばないレベルの クムのクリニックで
思いつく限り質問をし、見て、触れて、触れられて…
短い期間でしたが全身・全神経で学べた気がします。

今回、強く感じたのは
クムや弟子セラピストによる施術は
より高い技術と深い知識を持ちながらも大きな愛に溢れていて、
人間について、そして人間の身体について
いつも興味を持ち続け 学び続けるその意識の高さ
それが このクリニックの素晴らしさだということです。

そう、ここでの施術は
よりクリニカルでいて よりスピリチュアルなものなのです。

「クリニカル」と「スピリチュアル」
この2つは 私の中では相反するもののように位置づけられていたのに
クムの施術を受けて、見て、感じた時に
この2つは 交わることができて、交わった時にすごいパワーを生むんだ…
と衝撃を受けました。感激もしました。

IMGP1512.jpg

もうひとつ。
研修中、クムは日本から来た私たち5人の生徒に
「あなたたちは本当に素晴らしいものをもっています。
 そして それは日本人の持つ素晴らしさでもあるのです。」
と何度も何度も心から言ってくれました。
それはこちらが恐縮してしまうほどに。。。

日頃“所詮、日本人って…”と卑屈になりがちな
日本人的な考え方やコンプレックスを
ふわっと包み込んで 最高のギフトのように返してくれた
そんな感覚を味わいました。
改めて、日本人の誇りや良さを ハワイで再確認できたのも大きな収穫です。


本当に素晴らしいクムでした。
気付くといつも クムの椅子の周りには人が集まり
おじいちゃんに昔話や先人の知恵を優しく語ってもらっているような…
そんな光景をクリニックやワーク中、何度も見ることが出来ました。

「もう、あなたたちは私たちのOHANA(家族)だよ。」

そう言ってハグして終了したWS。
最終日には頭も身体も気持ちも飽和状態なのでした。


IMGP1518.jpg

WS報告の〆として…
このような素晴らしい企画をしてくださったKeikoさん。
その才能と笑顔と生き方も素晴らしく…この出会いに感謝!またお会いしましょう。
(WSの詳細は Keikoさんブログに掲載してあります)

一緒に学んだ日本からの仲間たち。
いつも探究心に溢れ、学ぶことが大好きなKaoriさん。
乙女な純粋さの中に強い芯を持ち、自分に素直なMaikoちゃん。
島民つながりで 自然を意識する気持ちが通じ合えた Ikuちゃん
セラピストとして同世代の女性として共感しあったBeer友 Masakoちゃん

みんな私にないものをたくさん持っていて尊敬できる仲間でした。
また 会いましょう♪


さてこの後、報告は番外&バケーション編へと続く予定です。。。



















最終更新日  2012年11月15日 21時37分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年11月14日
カテゴリ:gongons HAWAII 生活
帰国して2週間が経っています。

戻ってきてからの2週間は あわただしい毎日なのですが
ハワイでの濃厚なWSでのことを少しずつ消化している毎日です。

帰国後、研修の報告します!と言ってはみたものの
簡単に言葉にはできない戸惑いを持ちながら
思いつくまま 書きとめていきますね。


今回のハワイ滞在では11日間がロミロミWS、7日間がバケーション(移動日含め)。
そのWSは前半がハワイ島、後半がオアフ島という2本立ての内容でした。

このロミロミWSは参加者が一つ屋根の下で学び生活する、リトリート形式。
出発前の私の不安はただひとつ…
マイペース40'sの私に、この団体生活ができるのかどうかということ。

しかし 実際その研修所である 主催者Keikoさんのお家に行って
そんな不安はどこかに吹き飛ばされました。

IMGP1336.jpg

みずみずしい緑とさわやかな風、
敷地内で動物や虫たちがイキイキ共存する、
屋外と屋内の境界線を感じない 広々とした空間。
島育ちの私にとって何よりの大好物な環境での研修生活となりました。

IMGP1276.jpg

今回、私が学んだ先生はアルバアンドリュース氏。
みんなに クム(師匠)、アンクルと親しまれ尊敬されている先生です。

なぜ、私がこのクム・アルバのWSで学ぼうと思ったかと言うと…
理由の一つは、クムの行っているロミロミの背景に
壮大で深いハワイの文化を感じたから。

実際の研修内容も
クライアント対セラピストという施術実習は一部であり
ロミロミ誕生に至った、または関わりの深い
ハワイ文化を学ぶ時間や 大自然に触れる時間が多くありました。

まずはワーク初日の朝、「Warm Pond」での浄化からスタート。
火山で温められた地下水と海水が混ざる天然の温泉プールで
身体を浄化したおかげで この後に学ぶ全てのことを
素直に吸収できたような気がします。

IMGP1277.jpg

その後、毎日 貴重なものを目にし心で感じていきました。

「ルア」というハワイの伝統的な格闘技。
力強いその武術には 人の身体を治し癒すといった側面もあります。
ルアがロミロミにつながっていくその流れや意味は
予想以上に興味深くおもしろいものでした。

「オリ」というハワイの祝詞(チャント)。
クムによるさまざまなオリの実演ではその迫力と世界観に圧倒されました。
実際に目的の異なる2つの「オリ」を習いましたが
祈りを込めながら身体の奥底から声を出すという行為が
自分自身の解放だったり激励だったり…不思議な感覚になりました。

「フラ」というハワイの踊り。
人々に見せる目的のフラではなく祈りのフラ、
もしくは文化継承、躾としてのフラを見て踊って学びました。
今までの知識には無かったフラの意義や厳しさ、楽しさを満喫しました。

「イム」というハワイの伝統的料理(法)。
地面に穴を掘り窯を作り、葉に包んだお肉や野菜を蒸し焼きにして頂きました。
言葉にすると簡単ですがその作業工程は簡単ではありません。
重労働かつ時間を要し、2日がかりで料理を完成させていくのです。
神聖なるティの葉を採る作業も、処理し調理の工程も、食べる行為も…
命を分けていただいている感謝を感じずにはいられませんでした。


他にもさまざまな神聖なハワイの文化や儀式の場を
一緒にワークを過ごした仲間やスタッフの方たちと一緒に体験しました。
その場にいられる幸福感。
いつも思いをシェアできる安心感。
そしてそれぞれの背景にある、先人たちの知恵や思いを受け取りながら
どんどん心が満たされていくのを実感しました。


ある日の夜、自然の息吹きをダイレクトに感じる体験をしました。
夜の「ヴォルケーノ観賞」です。
昼間のキラウェアは今まで3回ほど見たことがあるけれど
夜の暗闇でのキラウェアは初めて!
深く暗い静かな闇の奥から 真っ赤に噴き出すマグマの色。
地面から伝わる“グォー…”という命を生み出すための音。
目の前の光景に言葉を失い、ただただ見つめるしかないのでした。

IMGP1384.jpg


そしてロミロミ実習。
クムのアシスタントやお弟子さんたちのサポートを受けながら
エネルギーワーク、ストレッチ式のワーク、オイルマッサージを
学んでいきます。

まずはクムやアラカイ(アシスタント)たちの施術を見学します。
そこで見た光景は…ごめんなさい。とても言葉では表せません。
私を含め、その場にいる誰もが感極まって
自然と溢れ出る涙が止まりませんでした。

IMGP1450.jpg

この後も あるときは施術者として、またあるときはクライアント側のモデルとして
何度か実際に施術を練習していくのですが…
日に日に私の心の奥では“なんだかすごいものに手を出しちゃったな…”的な思いがあり、
同時にそれこそが 私の求めていたものなんじゃないかと納得もしました。

IMGP1458.jpg

ハワイ島出発日の朝、島の最東端の岬で
オリを唱えながら日の出を迎え
ハワイ島での奇跡のような日々に感謝し
私たちはオアフ島に向かいました。


オアフ島編へつづく。。。






















最終更新日  2012年11月14日 23時50分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年01月05日
カテゴリ:gongons HAWAII 生活
新年6日。
逆行して申し訳ないですが大晦日の話を。。。
今朝、朝の支度をしながらテレビを見てたら
「今年の紅白は高視聴率でしたー」っていう話題を
民放でインタビューとともに分析してましたが…

なんやかんや言いながら私もこの大晦日
チャンネルはNHK「紅白」でしたーテレビ

数年前までは大晦日に「紅白」はいかにもってかんじで
あえて違う番組を見たりしていましたが
2年前のハワイでの年越しを機に変化が起こりました!

当時、仕事で秋~春をハワイで過していた私は
冬&年末&お正月を常夏で過ごす覚悟はできていたものの
実際、大晦日になって 1人っきりで年越しをする寂しさを痛感涙ぽろり

そんな時、ハワイの日本番組専用のチャンネルにて
「RED&WHITE SONG FESTIVAL」の文字が!
そう、紅白歌合戦が録画で元旦の日に放映されることを知ったのです。

異国で見る「紅白歌合戦」…
ふだんは絶対聞かない演歌マイクがじーんと染みて
さむくなりそな演出も“なつかしー”と楽しんでしまうのでした。
ああ。日本の文化だと。。。

そんなこんなでそれ以来
大晦日の紅白は私の中で“アリ!”なものに。

ま、どっちにしても
やっぱり大晦日&お正月は家族や大事な人と過ごすのが一番ですね~








最終更新日  2009年01月06日 00時38分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年10月06日
カテゴリ:gongons HAWAII 生活
先週、サロンをお休みさせていただきハワイ出張にいってまいりました。

今回の仕事はロミロミの仕事ではなく
バイクレースにのアシスタントコーチという
バリバリ体育会系のお仕事。
「センチュリーライド」というファンライド(記録や順位を競わない楽しむレース)
に参加するための某旅行社ツアーに付いて
日本人参加選手の自転車練習やメンテナンス講習、当日サポートなど
メインコーチのアシストとして働いてきました。

今年の出場人数は3000人。うち約半分が日本人!すごいです自転車

もちろん愛車のロードレーサーを解体して一緒に渡航。
朝から自転車とみっちり過ごし
ワイキキ内の移動も全て自転車
自転車三昧の毎日でした。

ショッピング?海?サーフィン?

そんな時間はまったくなく…
あっというまの5日間でした。。。

でも

ハワイのキラキラとした陽射しや景色
さわやかな風やのんびりムードを
しっかりと肌に染み込ませて帰ってきました!
何度行ってもいろんなエネルギーをもらえる島です。

地元の友人達にも1年半ぶりに再会し…
まるで昨日も会ってたような距離感が何ともうれしい
Alohaな仲間です。


気温が10度以上低い秋の日本に帰ってきて
寒さが身にしみております葉

kapiolani park

sunset

clinic

start!

2sheet bike




















最終更新日  2008年10月06日 15時45分30秒
コメント(0) | コメントを書く

全9件 (9件中 1-9件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.