167326 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Aloha~Rainbow

PR

プロフィール


a-gongon

フリーページ

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月

コメント新着

ゆみ。@ Re:気づけば春…ロミロミのことなどもすこし。(04/21) 育児お疲れ様です。 育児って育自、でもあ…
マイコ3703@ コメント失礼します(* >ω<) ブログの隅から隅まで読んでしまいました(…
ゆみ。@ Re:遅れましたが…出産&近況報告 ~もうすぐ4カ月~(04/18) ホントに、素晴らしい体験をしていますよ…
a-gongon@ Re[1]:S.W.L.C 活動報告 ~2014.夏&秋~(10/09) まさこちゃん おっけ~ いつでもかもぉん♪…
まさこ@ Re:S.W.L.C 活動報告 ~2014.夏&秋~(10/09) 私も幽霊部員として入会します! 役職は…

お気に入りブログ

誰が育てているの? 野見山 文宏さん

Body Wave lomilomi … soleilさん

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

Sado Wild Life Club

2014年10月09日
XML
カテゴリ:Sado Wild Life Club
(注:まず初めに、S.W.L.C とは… Sado Wild Life Club の略。
 部長=夫、副部長=私〔←逆だという説もある〕で自由勝手に
 佐渡のワイルドライフを楽しむクラブ) 


思ってました…私。

今年は夏が短かったし~
妊婦だとアクティブに動けないし~
あーぁ、今年はもうアウトドアは楽しめないな…と。。。

そして頭の中では “おとなしく遠い目をして夫を見送りをする私”
を勝手にイメージして その通りに行動し始めてたのが
お盆過ぎの涼しくなりかけた頃。


そんな私の憂鬱を知ってか知らずか、休日になるたびに時間があると
「今日は外で何しますか~?」
と誘い続けてきた部長(夫)。

昨年のようにはできないよ…と 消極的な私を
「それは全然 構わないよ~」
と何も気にしてない様子。


でも、本当にできないものなのか?
ちょっと重い腰を上げてみる。


まずは着替え。
フィット感命の海用ウェアは(ビキニもサーフパンツもウェットも)
全て お腹がパンパンで入らない…どうしよう。
!!!
だいぶ生地がゆるんだ昔のランニングタイツやヨガウェア、
夫のラッシュやサーフパンツ、
代用品はいろいろあるじゃないかー☆

A-DSC_1354.jpg

次に道具運び。
SUPボードやGIBBONはともかく
カヤックを車に乗せるのは夫1人では大変そう
私はとても手伝えない、、、ん?持ってみてもないのに?
一応試しに挑戦。
!!!!
テコの原理を使って 腕を車体にひっかけてみると
重いと思ってたカヤックは ひょいっと車上に!
なーんだ、ちっとも重くなーい♪

A-A3.jpg

現地にて。
SUPもカヤックも パドルで水を漕ぐには腹筋&コアは必須。
妊婦にこれはNGでしょ…
でも実際に使うのは腹筋だけじゃないし、漕ぎ方もいろいろあるよね?
肩甲骨を柔らかく使って、腕や脚の筋肉をメインに使って漕いでみる
!!!!!
多少、ぎこちないけれど 十分漕げる!楽しめる~!

A-IMG_2877.jpg

そんなこんなで
9月のお天気の良い休日はせっせとWild Lifeを楽しめたのでした。

さりげないサポートをしつつ、一緒に活動してくれた友人たちにも感謝!
準備や後片付けを黙々とこなし、絶妙な加減で 背中を押してくれる夫にも感謝!

A-A-KY4.jpg

つ・ま・り!
何よりも大事なのは
頭の中の決めつけや 先入観にとらわれずに
“行動してみること”だということ。

ダメだったら別の方法もあるかもしれないし
今はそのタイミングじゃないのかもしれない。
でもまずはやってみる!
不自由な中に 自由を見つける。

A-IMGP3299.jpg

来年は S.W.L.C 部員(新しい家族)が1名増える予定♪
きっと クラブ活動はますますパワーアップすることでしょう!















最終更新日  2014年10月10日 08時42分31秒
コメント(3) | コメントを書く
2013年09月24日
カテゴリ:Sado Wild Life Club
先週から気持ちの良い秋晴れが続いてますね~

昨日の祝日はサロンもお休みいただきました。
私にとっては9月に入って(正しくはお盆以降)初めての完全休日、
かつ、今月初めての夫と一緒の休日でした♪

ハイ。夏以降 かなりオーバーワークです。。。
…が それもこれも覚悟の上!
計画的な忙しさなので ストレスにはなりません。

ただ、秋晴れの中 ちっとも外で遊べてないのが心残り…

ということで 我が家はまだまだ海遊びイケるぜ~と
躊躇せずに 海へ向かいました。
今回はSUPもカヤックもなしの 身一つ、シンプル活動で。

IMGP2426.jpg

夫イチ押しの 佐渡の最南端の海は
人も釣り人数人以外はいないし(当然、泳いでる人はナシ)
透明度も穏やかさもバツグン!

ちょっと離れた釣り人の視線を感じつつ
ドボーンッ!!と海へ。

IMGP2435.jpg

あぁぁぁーーーーたまらんなぁ~~~

と心で何度もつぶやきながら
泳いだり 浮いたり 潜ったり の繰り返し。

 

IMGP2449.jpg

 

IMGP2454.jpg

相変わらず 佐渡の海中は
カラフルさもリゾート感もないけれど
この深いシブい碧さが 落ち着きと力強さを与えてくれる。

IMGP2442.jpg 

 

IMGP2458.jpg


これでまた明日からがんばるぞぉー!と気合いを入れつつ
ひそかに来週の休日も海活動を企む私です^^











最終更新日  2013年09月24日 21時28分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年05月26日
カテゴリ:Sado Wild Life Club
週末、両親が旅行に出かけたため
私に課せられた3日間の実家の留守ミッションは
 ◎ちゅら(愛猫)のエサやり
 ◎伸び過ぎた竹の子採り
 ◎畑の旬野菜の収穫&消費
の3つ。

ミッションを果たすため、仕事の合間&または早起きして
一日に数回実家通いをしていました。

お天気も良かったので しばし時間を忘れて
庭や畑を散歩したり、猫と一緒に日向ぼっこしたり…


どんどん意識が自然のチャンネルに戻っていく。

静かだぁーと思っていたのに 何種類もの鳥の声や虫の飛ぶ音、
木々が風で揺れる音、葉っぱが擦れる音…賑やか過ぎる♪

ただの風景に見えていたのに 石の隙間を走るトカゲやクモの姿、
花の咲き乱れる姿、何色あるか分からない緑の色…目が喜ぶ!

季節の野菜や花や木々、土の匂い…うっとり。

DSC_1177.jpg

そして気ままなネコと私。

DSC_1174.jpg


!!!
ふとタイムスリップした気分に!

これは全て 私が子供の頃、お人形遊び以上に大好きだった時間だ。
3人の姉たちが学校から帰ってくるまでの至福の1人時間。
畑や庭に出ると何時間も戻ってこない子供だった。
当時飼っていた猫を子分のように従えて同化(笑)していたっけ…

久々に あの時のようなキラキラした光景と
心の奥底が輝くような気持ちを思い出しました。

あぁ、これが ここが 私の原点なんだ!

DSC_1180.jpg

鳥も虫も花も木も風も…自分の友達であり先生だったのを
子供の頃の私は当たり前だと思っていたけれど
大人になった私には 宝物のような原点なのだなぁと
ミッションのご褒美のように感じた週末でした。














最終更新日  2013年05月26日 22時39分46秒
コメント(2) | コメントを書く
2013年05月06日
カテゴリ:Sado Wild Life Club

連休のS.W.L.Cは仕事の合間に山菜採り、そしてGIBBON!

GIBBONが我が家にやってきたのは冬の真っただ中、私のB.D♪
その日から まだかまだかと待ち遠しく…

ようやく連休の後半、念願の初GIBBONをしに
春の陽気の中、近くの公園に出かけました。

親子連れいっぱいの公園の隅っこ、
人目にあまりつかないところにGIBBONを設置。

恐る恐る 片足をラインに乗せただけで
足は突然振り子のように左右に揺れて何にもできないー!

イイ大人が2人で大騒ぎしながら
あーでもない、こーでもない と悪戦苦闘。

服を脱ぎ捨て、靴も靴下も脱いで、
まさしくGIBBON=手長ザルをイメージして
コツをつかんでいく この楽しさ♪ たまらん~♪

欲が出たり、焦ったりするとラインから放り出されるのも
GIBBONの奥深さなのだな。。。

DSC_0848.jpg

DSC_1120.jpg

1時間ちょっとで3-4歩だけですが
私も夫もライン上で歩けるようになりました。

できないことができるようになるこのプロセス。
アラフォーの脳がフル稼働して学習能力を発揮する感覚。
もっと上手くなりたい!シンプルな気持ち。

またひとつ、ワクワクアイテムが増えました♪
夏までにはスタスタとライン上を歩けるようになる予定…

今年の夏は毎朝、GIBBON か SUP(これから購入予定)で一日をスタートさせたいなぁ~







最終更新日  2013年05月06日 21時35分46秒
コメント(2) | コメントを書く
2013年01月23日
カテゴリ:Sado Wild Life Club

プライベートなお話。

じつは昨日、私の生まれた日だったのですが
今年のB.Dは平日ということもあり(土日になることの方がめずらしい!?)
単身赴任中の夫は先週末に“早めにお祝いしよう”と
律義にも荒れ狂う日本海を船酔いしながら帰ってきてくれました。

事前に仕込んだと思われる ミッションインポッシブル並みの
指令通りにB.Dプレゼントを探していくと…
スーツケースの中からこんなものが出てきましたっ!

 DSC_0977.jpg

パッケージはこれ↑ 

中身はこんな感じ↓

DSC_0972.jpg

知る人ぞ知る?GIBBON・・・簡易綱渡りセットのようなものです。


わーい、わーい♪

以前から この存在を知っていて
動画見るたびにワクワクしていたモノでした。

自分一人じゃ遊ばないだろうし買わないだろうな~と
忘れかけていたころに 今回のサプライズ!

なんだかクリスマスにおもちゃをもらった子供のような気分♪

まだまだ冬の佐渡では 遊べそうにないですが
春には近くの公園に出向いてひっそりと
S.W.L.C(Sado Wild Life Club)のNewアクティビティをやろうかと企み中!

あー、また通りすがりの人に変わり者2人組と思われるんだろうな…(笑)

春に向けて まずはイメージトレーニングから♪
めざすのはこんな感じぃ?

↓ ↓ ↓

おきにいり動画はこれ

興味のある方、春以降 ご一報くださいませ。








最終更新日  2013年01月23日 23時15分31秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年07月23日
カテゴリ:Sado Wild Life Club
先週末、BAMBOOパートナーのYukaさん&有兵衛のご夫婦と
私たち夫婦の4人で S.W.L.C ~Sado Wild Life Club~活動へ。

天気予報では前日まで傘マークでしたが…
自称、晴れオンナのワタクシの念力で
雨雲はどこかへ~夏の日差しキラキラの最高の天気に♪

島の某所で さっそく活動スタート!

まずはカヤックでスイスイ~

IMGP0880.JPG

そのうち みんなカヤックから海に飛び込みシュノーケリングに夢中に。。。

その後 急きょスイミングレッスンなども始まり
最後は そうだ!WATSU(ワッツ)をしよう!とセラピータイムとなりました。


実は私は 以前にWATSUを学んだことがありまして
(確か 2006年にハワイ滞在中に初体験し衝撃を受け、
 その後 帰国してすぐに日本で基本のシーケンス1を学んだのです)
佐渡でもイベントでデモンストレーションをしたり
ペアセラピーのワークショップなどを試みたりしたのですが
活動のメインになることはなく ひそかに私の経歴のひとつとなっていたのです。

WATSUとは…こんなセラピーです。
こちら(沖縄WATSUセンターさんのサイトより)


今、ここでWATSUしたい~!と思わせるロケーションで
以前から興味を持ってくれていたYukaさん&有兵衛に
頭の片隅にある動きを想い出しながら ミニミニセッションを行いました♪

IMGP0896 - コピー.JPG

IMGP0893 - コピー.JPG

やっぱり WATSU いいなぁーーー

ロミロミとも ヨガとも 違う
私と水が一体となる WATSUセッション。


そしてムクムクとある想いが…
いつかまた ブラッシュアップしてWATSU をやりたい!

そんな気持ちが芽生えたひと時でした。



IMGP0892 - コピー.JPG



大人の夏休みはまだまだ続きます…











最終更新日  2012年07月23日 23時03分26秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年05月03日
カテゴリ:Sado Wild Life Club
ついに 我が実家裏にある竹林の筍が出始めました!
今年は長かった冬のせいか、いつもより遅い出だしです。

たけのこ2.jpg


何を隠そう、ワタクシ“たけのこハンター”として非常に高いスキルを持っております!
トリュフを探す豚のように(最近は犬らしいです) 私の足裏の感覚と
野生のカンで地上に出ていない筍も察知できるのです。

一昨日、今年第1号の筍GETとなりました。
今日はもう2,3,4号…といっぱい出てます!

筍=竹の子=竹の芽=Bamboo shoots

今、まさに BAMBOO が芽を出そうとしている…

そう!いよいよ5/5(土)に BAMBOO プロジェクト正式にスタートします。

後は雨後の筍のごとく どんどん育ち、しなやかに伸びていくのみ!

オープニングイベントの詳細はこちらから。


これから5月いっぱい、本業とハンター業と忙しくなりそう。。。







最終更新日  2012年05月03日 18時11分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年02月17日
カテゴリ:Sado Wild Life Club
SEDONA旅行記 Part1-4
思わぬ反応でちょっと驚いています。
ロミロミのお客様やヨガの生徒さん…そしてそのご家族など
意外なところで「あの場所に行ってきたんですね~」と
言われてます。けっこうな認知度です!SEDONA。

で、さすがパワースポット!その後には
「なにか起こりましたかっ?運命の変わるような出来事とか…」
的なことを何人もの人に聞かれました。

カラダに電気が走ったり、しびれを感じたり、磁場の強さにだるくなったり…

と、スピリチュアルなガイドブックには投稿されていましたが
私たち夫婦は まったくそんな投稿の内容も忘れてしまうほど
元気に普段通りにワクワク気分で旅を楽しんでいました。

ただひとつ。不思議だと思った体験がありましたよ。


私は海外に行ったら必ず…その土地のマッサージを受けることにしていますが
今回もガイドブックとWebで気になった マッサージを予約するために
ある1人のヒーラーに日本出発の直前、ダメもとでメールを送っていました。

メールの返信は日数がかかります、と書いてあったし
私の中でハイキングや観光の方が優先だったし。。。
あんまり期待もしないまま そのまま出国しホテルに着くと
運よく日本語使用可能のPCがフロントに。

さっそくメールをチェックすると なんとメールの返事が入っていて
私の希望日時にマッサージが受けられることになりました。

予約日当日の最終日。
私はメールにあったアドレスだけを頼りにそのサロンへ出かけていきました。

シャトルから降りて数分、
一番近くのホテルのフロントスタッフに聞いても 誰も知らないアドレス…
こうなったらもう、人は頼らずに 残りの望みは私のNAVI-TIME!
(どこの国でも海外ではほんとうに 私の地理的カンが冴えるのです☆)

なぁーんか吸い寄せられるように入った小道に
いきなり探してた番地のポストを発見!

無事、時間通りに到着し その後
セラピスト&ヒーラー、Patriciaとしばし不思議な時間を過ごしたのです。

簡単な質問を2‐3 終えた後、アロママッサージを受け
途中 指示に従って身体を動かしたりしました。

Patriciaはメキシコ生まれのセラピストで
彼女のセッションはマヤヒーリングと呼ぶのだそう。
会った瞬間から 優しい雰囲気でむかえてくれて
事前のカウンセリングでは 私の拙い英語でも
ちゃんと理解しようと丁寧に聞き続けてくれるPatricia。
だから 心から安心して話したり 施術を受けることができたのです。

マッサージが終わると身体はスッキリし、その軽やかさは旅行の後まで続きました。

がっ、それだけでは終わらないマヤ・ヒーリング!

帰国に合わせて ぎっしりと書かれた ヒーリングメッセージが
Patriciaからメールで届いていました。

あまりの長文と 使われている単語の端々に濃い内容であることを感じ
これは私の能力では何日も何カ月もかかってしまうかも…と
誰かに訳してもらおうと決心。。。

“でも かなりプライベートな内容満載だろうし恥ずかしいよぉ…
スピリチュアル用語も出てきそうなので簡単には頼めないしなぁ~
もしこれを訳してもらえるとしたら Iちゃんしかいないよなぁ~”

と英語堪能、オーストラリアに住んでいる友人のことが頭に浮かび
Facebook でチェックするとちょうど日本に帰省中の Iちゃんが
まだ新潟にいるとのこと!これは会うしかない!(この用件がなくても会いに行ったけど)
と、サロン休日に日帰りで新潟へ。

世界を飛び回ってスパで働いていた彼女の
柔らかで豊かな文章能力で とりあえず簡単に訳してもらうと
偶然とは言い難いほど 私の過去の出来事や 周囲の人の描写がメッセージに入ってるのです。

なんなんだーこれはぁ?

そしてメッセージの最後には

やりたいことをやりたいときに あなたの能力をどんどん使いなさい。
自分の直感と経験を信じて進みなさい!


というような内容(実際はもっと具体的な力強い内容です)。

疑うとか信じるとか そういう気持ちは置いといて
ただ 純粋に私に嬉しい言葉の数々でした。


思わぬ形で届いたSEDONA からのGIFTを心の中に忍ばせながら佐渡に帰ったのでした。。。


それだけで十分なのですが これにはさらに続きが…

このメッセージと全く同じ内容を 数日後、佐渡で
思いも寄らぬある少女から聞くことになったのです。


ひぃー!これは何ぃ?

ま、ここはあんまり問い詰めないで

とりあえず、自分のやりたいことをやっても良いのだと確信しています。


この一週間、
会いたい人に会って(会えて)
話したい人と話して(話せて)
なんか濃いです。

しばらくモヤモヤしていたことを手放して
なんとなく思案していたことに進む時期だと
全身で感じている今日この頃。


そんな中、何も知らない夫からメールで一言メッセージが…

「跳べ!アサギ」
 ↑↑↑
(佐渡で撮影中の映画「跳べ!ダコタ」のモジリらしいです^^)

IMGP0559.JPG

以上、番外編でした。



















最終更新日  2012年02月22日 19時14分22秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年02月16日
カテゴリ:Sado Wild Life Club
いよいよ滞在最終日。
今日は午前中は別行動、午後はのんびり街歩き~

私はヒーリングマッサージへ(こちらは番外編にてUPします)。
夫はその間 外国人に紛れて 1人トロリー観光に…
お昼に合流し 午後は最後の街歩き&ハイキング。

夕陽を浴びた エアポート・メサに登って しばし空っぽに。。。

IMGP0631.jpg

IMGP0644.jpg

なんだか帰るのが惜しい、でも きっとまた来るだろうな~と
景色を目に焼き付けて帰ってきました。


SEDONAに来てからずっと
その自然の雄大さや美しさに魅了されっぱなしだった私たち。

この地に着いてから 昼夜ずっと心地よい空気に包まれているようで
気がつくと 二人のどちらかが“なんかいいよねぇ~”つぶやいていました。


その原因はたぶん
この自然と同じくらいに SEDONAの人々の心が美しく広く深かったから。
心から感動しっぱなしでした。

例えば 旅行に行くと付き物だと思っていた
“残念だ”と思う出来事や人に全く合わなかったこと。

どこにいっても街で会う人、お店の人、レストランやホテルの人…
みんなみんなが すごく親切で、優しい笑顔で、さりげないサービス精神があって
何度も泣きそうになりました。

拙い私の英語に 真剣に丁寧に耳を傾けてくれ
要求に答えられなかった場合は、心からの“Sorry…”の言葉。
私にできることは何でもするから遠慮なくね、とさらりと言い
困っている時には自分のことのように対応してくれる。

観光客とか地元住人とか仕事とかプライベートとか関係なく
老若男女すべての人に同じ対応、それがなんとも心地良い♪

それは 造られたものでなくて上辺のものでもなくて
もっとどっしりと根付いた 自然なかんじ。

品があり、心豊かで、穏やかな人々と街。
そして その周りにはいつも 美しいVortex&Rocks が力強く見守っている。

IMGP0654.jpg

この地が なぜ“パワースポット”と呼ばれるようになったかがわかるような気がしました。

最終日の夜、ディナーを終えてホテルまでの道のり
歩きながら夫がぽつり。

「こんなに良いところだと思わなかったな…」
(強引に行き先を決めてしまってたからね~私)


帰りの飛行機では「次はどこ行く~?」と次の旅に向けて もう意欲満々!


以上、興奮冷めやらぬまま…SEDONA旅行記でした。

4部に渡って読んでくれた方、ありがとうございます!
















最終更新日  2012年02月17日 14時03分12秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年02月15日
カテゴリ:Sado Wild Life Club

タイトル省略しましたが…今回の旅は本当に
ミステリーハンターの気分満点でした!
(問題出しちゃいたいくらいにね^^)

さて滞在3日目。

今回のメイン!私の予てからのあこがれの地、
「アンテロープ・キャニオン」へのツアーです。

この日は ちょうどセドナマラソンというイベントが行われていて
(日本からも40名ほどの選手が参加したそう。日程が合えば出ようかとも考えた…)
前日にお願いしていた日本ツアーガイドから
“渋滞を避けるために1時間早く出発しましょう”との連絡が。

何せ 夜は暗くて静かでたっぷり休めるセドナですから
朝は早くても No Problem!
5時に起きて 部屋で軽い朝食をとって出かけました。

車の窓から映る風景も
夜明け前の真っ暗な景色から 朝焼け、、、
そして広大な大陸に強い太陽が昇り始めます。

Navajo Indian(ナバホ族インディアン)居住地の中に入り
一番乗りでアンテロープキャニオンへ。。。

IMGP0439.JPG

砂漠地面にいきなり裂け目が現れ…
そこに身をくねらせて地下の別世界に突入。

IMGP0455.jpg

見たこともない 美しい幻想的な世界に言葉を失う私たち。

IMGP0452.jpg

もしこのキャニオンが
たまたまこのインディアンの地に
偶然的にできた地形なのだとしたら
なんて神さまは粋なことをしたんだろうと思ってしまいます。


後半はインディアンガイドのライオネルさんの運転で
さらに砂漠を走り(まるで STARWAR ep1 のポッドレースのよう!)
もうひとつのアッパーキャニオンへ。
ライオネルさん、私たちのデジカメを自分のモノのように操り
日光が少ないキャニオンの中で 次々と美しい写真を撮ってくれました。

IMGP0511.jpg

色・形・感触…どれをとっても芸術的なアンテロープ・キャニオンに
魅せられてはるばる訪れた私の直感は正しかった!と実感。


その後 地味に認知されているホースシュー・ベントに行くと
(これはこないだの「ふしぎ発見スペシャル」でも紹介されてました)
なんだかもう言葉も出なくなり
遠近感とか高低差とか自分の中のスケールが麻痺されていくようでした。

IMGP0540.jpg

本来ならば、今日のツアーはここまで…の予定が
ドライバー兼ガイドのアキモトさんから
「今日はマラソンのために1時間早く出発したぶん時間に余裕があるので
もし良ければグランドキャニオンにも行きませんか?」との提案が。

今回は日程的にグランドキャニオンは無理だろうとあきらめていたところだったので
このお誘いに 私たちはすぐに飛びつきました。Lucky!


でも 突然、超有名人に会うのにとまどうように(そんな経験ないけど)
突如 あの超有名な世界遺産にいきなり行くことになるなんて
心の準備がぁ…どうしよう~と気持ちの整理がつかないままついに到着。


!!!

IMGP0576.JPG

 


 


IMGP0579.jpg

なんですか?これ?

目の前の景色を認識するのに 時間がかかる。

大きいとかデカイとか そんな言葉じゃないんだな

そう。地球とか宇宙をダイレクトに感じる、そんな感じ。

それ以上は説明不能です。





私という人間、今を生きる人間は砂の一粒。
この現代社会と言われる時代さえも 分厚い本の1ページにもならない。

何とも言えぬ虚しさを噛みしめる一方で
古代、生物がこの世に誕生する前から今、この瞬間まで
続いている時間や受け継がれている地球に
ただただ感謝と感激するしかありませんでした。



もう、盛りだくさんの一日。


総移動距離は約800km!大したことないっすよーと言う
今回 ラスベガスから前泊してお世話してくれたアキモトさん。
若くて疲れ知らずの青年の爽やかさと優しさに感謝。
今度ラスベガスに行ったらまたお世話になるよ~早く彼女見つけてね♪


さて 完結編はPart4で。。。







最終更新日  2012年02月15日 23時52分56秒
コメント(0) | コメントを書く

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.