000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

アルパカ日記

アルパカ日記

2009年11月09日
XML
カテゴリ:日常

圧倒的な力の差がある強者が弱者に対し、「負けてくれ」と頼む。

 

あり得ない

 

そのあり得ない話をでっち上げて、関係者の名誉を傷付けた。

 

社会的制裁を受けるのは当然の話だろうし、制裁の額として1億を超える慰謝料、謝罪広告の要求は不当なモノではない。

 

それがたった385万円ですか?

 

これだけ緩々甘々だから、いつまで経っても誤報や捏造報道が絶えないんじゃ無いかな。

 

上告しても今の裁判制度では満額回答は得られそうにないから、このまま結審してしまうのだろう。

 

こうした裁判にこそ裁判員制度がふさわしいと思うのだが、、、

 

今回は裁判制度にもって行かず、幕の内最重量力士、山本山について思ってることを書く(ユルユル繋がりってこって)

 

記事には”人気者”って書いてあるが、本当に人気があるのだろうか?

 

相撲に関心が無いので、知ったかぶりをするが、彼の相撲は”無様”と言う言葉が似合いそうだ。

 

重すぎる自分の体重を支えきれず、たたらを踏むように土俵を割る。

そして皮膚の汚さ、、、

 

見てはいけないモノを見てしまった気になるんだが、相撲ファンの人はどうなのかな?

 

稽古して強くなるんじゃ無くて、ひたすら食っちゃ寝、食っちゃ寝して太り、体重を武器にする。

 

周りは”最重量力士”だなんてはやし立てるが、山本山が哀れになって見ちゃいられないのだ。

 

重すぎる体重の負担は、彼の膝を容赦なく痛め付けるだろうし、皮膚の汚さは巨大化した皮膚の隅々にまで新鮮な血液が行き届いていない証拠だろう。

 

昨今のメタボ撲滅にはうんざりしてるあるぱかでも、山本山には早急にダイエットを勧めたい。

 

今後力士としてやって行く前に、青年 ”山本 龍一”の体が心配になる。

 

相撲が”実力”より”品格”を重んじ、鍛え上げた力士より不健康な肥満体を喜ぶのなら、国技を返上して、どこか祭りの縁日で興行する”見せ物に”としてやっていけば良いんじゃないだろうか?

 

スポーツの世界では選手の健康を守るため”ドーピング”が厳しく取り締まられる。

 

過剰な肥満もまた、ドーピング同様と考えた方が良いのでは無いだろうか?

山本山の腹を見る度に、そう思ってしまう。

 

 

 

 平成18年大相撲名古屋場所の朝青龍白鵬戦を「八百長」と報じた週刊現代の記事で名誉を傷つけられたとして、日本相撲協会と北の湖前理事長が発行元の講談社(東京)に計1億1千万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は9日、「記事は真実と認められない」として計385万円の支払いを命じた。謝罪広告の掲載は認めなかった。


 再入幕した人気者の山本山は不安いっぱいのまま初日を迎える。

 10月の秋巡業を途中休場する原因となった右ひじ剥離(はくり)骨 折のせいで、9日も尾上部屋で関脇把瑠都にぶつかりげいこで胸を出しただけ。調整は遅れており「今場所はもう全敗覚悟。ひじの痛みから指先がしびれ、今は 右手の握力が20キロくらいなんです」と顔をしかめる。

 







最終更新日  2009年11月09日 22時30分40秒
コメント(0) | コメントを書く
[日常] カテゴリの最新記事


PR

カレンダー

コメント新着

通りすがり@ Re:プロプライエタリな話(11/27) まさにLinux=民主党ですな 「今まで…
セレブドクター@ Re:俺たちは殺人者なのか(03/10) 貴殿の仰るとおりです。 だから若手は臨床…
でぷあ@ 同感です ウィルコムのスマートフォンは維持費が安…
アルパカ日記@ Re:お猿さん コメントありがとうございました。 で…
あるぱか@ Re:田中達也(07/23) でぷあさん >是非、ウチにください(…

ニューストピックス

バックナンバー

2022年08月
2022年07月
2022年06月
2022年05月
2022年04月

フリーページ

プロフィール

アルパカ日記

アルパカ日記

日記/記事の投稿


© Rakuten Group, Inc.