053238 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

コロガリ コロガル

PR

Profile


おうじょ

Calendar

Category

Archives

2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04

Comments

おうじょ@ Re[1]:16歳(07/10) マイヒトさんへ 読んでくれてありがとう!…
マイヒト@ Re:16歳(07/10) ただ読んでいるだけのこっちまで笑顔にな…
おうじょ@ Re[1]:再会と告白(07/21) マイヒトさんへ 読んでくれてありがとう!…
マイヒト@ Re:再会と告白(07/21) 久しぶりに読んだけど、改めてすごい文章…
ようこ@ Re[1]:勝敗を越えて(05/05) mayumiちゃん コメントありがとう。ほんと…

Favorite Blog

Keyword Search

▼キーワード検索

2017.07.10
XML
カテゴリ:二人の王子の母
今日で長男が16歳になった。
ブログを辿ると12歳9歳のときに彼の様子を記録している。
読み返すと、「成長したな」と思うところもあるが「大きくは変わってないな」
というのが正直な感想。

どこまでもマイペースで、好奇心旺盛で、色々なものに恐れのないところは
相変わらず彼の本質として変わっていない。

16歳の彼の今はこんな感じ。

なんとなく消化不良が否めなかった中学生活を終え、高校生活が始まった。
公立高校だがとにかく生徒の自主自律を重んじる学校なので、
勉強やクラブはもちろん学校行事などもすべて生徒が進めていく。

「そういう学校だよ」と伝えていたのだけれど、実際に入ってみて
その凄さがわかったようで、とにかく毎日楽しく、そして忙しく
充実した毎日を過ごしている。

クラブは数学研究部(という名のプログラミング研究会?)。
狭い部室にパソコン持ち込んで、肩寄せ合うようにしてパチパチひたすら
プログラミング。一体何が楽しいの??と思ってしまうが、先輩に色々
指導してもらいながらどうやらゲームを一から作っているらしい。
本人いわく「めちゃめちゃ楽しい」部活らしいので、良かったのだろう。

学校では色々な委員会活動にも積極的に参加しているみたい。
入学早々「土曜日も委員会がある」と言って休日も学校へ。
行事委員といって、2年生で行く修学旅行の委員になったのだが、
行き先を決めるために、旅行会社の人と何度も打ち合わせしたり、
国を決めるための集会でプレゼンする資料を作ったりと大忙し。
修学旅行を自分たちで作っていくって大変だけど、実のある経験になるだろうな。

週末は小学生のころからずっと通っている「大阪自然教室」で
リーダーとして活動している。
今までは、連れて行ってもらう側だったが、今度は子どもたちを引率する側にまわる。
彼は弟がいるが、弟のことにはほぼ関心がなく、決して「面倒見が良い」タイプとは言えない。
人様のお子さんを引率する姿が想像できないし、山や海など自然の中での活動なので、
事故などの危険もある責任ある活動だ。
ちゃんとできているのかな、と心配していたら
「低学年は言葉が通じない、ほぼ動物」
「とにかく散り散りになる子どもたちを、牧羊犬のように追い立てて、
はぐれないようにするだけ」(笑)とのこと。
手取り足取りの団体ではないので、そんな感じらしい。
なんだか笑えてくるが、歳の離れた子どもたちと接する機会は彼にとって貴重な経験に
なることは間違いない。

それに、大阪自然教室のリーダーは高齢者から社会人、大学生、高校生と年齢層が幅広い。
週末の度にリーダーだけで、電気も水道もガスもない田舎での「リーダー研修?」とやら
に出かけていくのだが、いつも住所すらわからない山奥に行くので、一体どこで何をしているのか
全くわからない。

「どこで何してるの?」と聞けば、どうやら古くなった民家を借りてそこを修復しているらしい。
障子を張り替えたり、側溝を掘ったり、風呂を焚いたり、
ひたすら肉体労働をしているみたいだけれど、夜は満天の星空の下の宴会をしているようで、
いろんな年代のリーダーと交わるその時間が
普段の高校生活とはまた違う世界でたまらなく楽しいのだそう。

普段は毎日部活でピコピコとプログラミングをして、週末は電気も通っていないような田舎で過ごす。
デジタルと超アナログ、こんな両極端な生活をしている高校生はあんまりいないと思う。
実際、数研部の人たちは「電気も水道もないところなんて嫌」と言いそうだし、
自然教室の人たちは「とにかくパソコンに弱い」らしい。
だから、パソコンと自然中での生活、両方に精通していることが
彼の武器になっていくような気がしてならない。
どちらも本人好きだからやっているだけだけど。

そんな風にして平日は学校と部活、週末は自然教室と、とにかく休み無しフル回転で
4月からの高校生活が始まった。
本人曰く「充実しすぎてて、毎日があっという間に過ぎる」。

忙しすぎて、家ではほぼ「勉強しようとして教科書を開いてそのまま寝てる」というパターン。
「勉強してないやん」といいたくなるけれど(実際ほとんどしてない)、
相変わらず彼の興味の広さは学校の授業だけにとどまらず、
何故か中国語を覚えようとしていたり、あんなに科学好きだったのに、
何故か大学で開催される「法学部(国際政治や安全保障)」の講座に申し込んだり、
とにかく「やりたいこと」がいっぱいでどうすりゃいいの、
とエネルギーあふれる若さが眩しいばかり。

目下の彼の課題は、いっぱいやりたいことがある中で、限りある24時間という時間を
「いかに効率よく使うか」ということ。
今はとにかく忙しすぎて疲れて「気がついたら寝てる」という毎日。
朝だって、バタバタで毎日遅刻してないのが奇跡なくらいギリギリに出ていく。
この前見たら、Tシャツを裏返しかつ前後逆に着ていて、1日それに気づかなかったらしい。
大丈夫かいな…。

なんか毎日が楽しくて忙しくていわゆる「青春」だなあと。
見たところ「悩み」があるようには見えないけれど、
彼なりに「悩み」ももちろんあるだろう。
でも、基本が「なんとかなるさ」ととっても楽天的な彼。
本当に羨ましい。

16歳。あれもこれも欲張っていいよ。
今しかできないこと、いっぱいやって、私の知らないところで
楽しいことしたり、悪いことしたり、失敗したりたくさん味わってほしい。

とにかく、キラキラで、ごちゃごちゃしてて、でもなんだが見ていてワクワクする彼の今。
いつかのために記しておきます。
お誕生日おめでとう。






Last updated  2017.07.10 00:23:41
コメント(2) | コメントを書く
[二人の王子の母] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.