000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

CELESTE

PR

全8件 (8件中 1-8件目)

1

ひとりごと

August 11, 2009
XML
カテゴリ:ひとりごと

ごちそうさまでした☆.jpg

どんなに愛していても・・・
たまには他のコンビニにも行きたくなるんです手書きハート

美味しかったです^^







Last updated  August 11, 2009 10:43:21 PM
コメント(0) | コメントを書く


January 15, 2009
カテゴリ:ひとりごと

明日、健康診断なんです。
これに引っかかったらお店オープン
出来なくなっちゃいます。

今すっごくお腹空いてるんですが、
食べるわけにいかないし、用事いっぱい残ってて
寝るわけにもいかずもがいてます。。


あーこんな事なら中華まん食べなきゃ良かったし、
ここには書いてなかったけどポテチ選手権も
新商品の苺のデザート制覇もしなきゃ良かったと
今さら後悔してます。


何が嫌って担当さんに見られるのが嫌><
とりあえず糖が下りたら困るので果物を避け、
貧血も困るのできちんと食事をしておやつを抜き。

最後に1gでも・・・なんてしょうもない
サボってたムダ毛処理を念入りにしたり
ホント無駄な抵抗をしました。。しょんぼり


明日、撃沈するのは目に見えてるんですが。。
終わったらランチに行こうと義母と約束してしまいました^^;
ぜ、全然反省してませんね・・・(汗)







Last updated  January 16, 2009 12:37:47 AM
コメント(0) | コメントを書く
April 3, 2008
カテゴリ:ひとりごと

原因そのものは先天性らしいけど、
どんどん悪くなってきてたようで、
少しずつ低音が聞こえなくなってきました。
ボーという音がしたり、
圧迫感が1番気持ち悪いです。


どうやら耳管が狭すぎる(細すぎる?)らしく、
この治療がまた痛くて痛くてたまらない。
1度断念してしまった事もありました・・・
情けない・・・

でも、このままだと飛行機には乗れないかな。
乗らないけど^^;
あ、でも死ぬまでに1度は行きたい所もある。。


しばらく花粉症で鼻水が出て
余計に中耳炎っぽく感じた事で
我慢が出来なくなって病院へ。



おいおい、また先天性かよ~って苦笑いしつつ
どうしたら良いんだろうなぁ~って
自分でもよくわかっていません。


今のところ男性の声が時々聞き取り辛いくらいで
補聴器も必要ないし、定期的に広げる処置を
続けていくしかないみたいだけど、
本当に憂鬱です。



まぁ、要するに軽度の難聴だそうです。
・・・親にはまだ言えてません。


疲れも重なってるそうです。
今年の年末には25歳になります。
曲がり角って本当だな~って最近自覚しています。


大きな音を避けるようにとは言われました。
今、外装工事で足場を組み立ててるところなので
テレビも聞こえないし、もっぱら外出しています。
イヤホンとかは子供が生まれると使わないですね。
声が聞こえないのは困るから。



噛む事がちょっと響くというか
ご飯も飲み込みにくいし痛いので、
頑張るしか・・・ないのかな。


親知らずと重なって?歯も痛いけど
花粉症もあって、なんか耳鼻咽喉全部痛い感じです^^;


「耳が痛いダイエット」にはならないかなぁ~
・・・なんて期待してみたり。。


ぼよよん行進曲の出番かな。






Last updated  April 4, 2008 02:19:57 AM
コメント(0) | コメントを書く
March 20, 2008
カテゴリ:ひとりごと
放置していたのは忙しかったのが1番なんですが、
私の体調が悪くてPCの前に座る事が出来ませんでした。

喘息の発作がここ数日連続で起きてしまい、
大体23時頃をピークに咳が激しくなってきます。

咳込み過ぎて何度も嘔吐したり、
呼吸が出来なくなってくると鼻血が出てきて
いつものように止まらなかったり。

あぁ・・・また血が止まらない・・・と
慣れたもんですが不安になってたり。
鼻血は今も出てますが^^;
咳は治まってきました。


さすがに毎日ゼーゼーヒーヒー咳込んで
うずくまって苦しくなっている私の姿を見て
旦那もやっと危険を察知したようです。

もっと早くわかってくれ。。


何でしょうね。
花粉症、鼻や目にもきてますが、
病院で診てもらった時にどうも喉の腫れが
きついかも~ってな事を先生が言ってたんですがね。
でも風邪じゃなさそうなんですね。

こんなに発作が酷くなったきっかけは、
もしかしたら空気の悪い場所、
以前住んでいたところに用事で出かけたからかな?

その日の帰り道からなんです。この状態。
確かに歩いてて空気が汚いと思いました。
ここに住んでたというのが信じられないくらい、
人も多くて、そして歩きタバコが多い事・・・
埃っぽくて、歩いててしんどかったんです。

もうすっかり田舎の暮らしに慣れてしまったのかもしれません。
それから1週間ずっと、こんな毎日です。


でも、今日は少しマシだったし
相変わらず鼻血は止まらないけど
快方に向かってるかな??と思ってます^^


まぁ、薬のお世話になりながら
自分で上手く付き合っていくしかないんですが、
旦那にもうちょっと気付いてもらえたら・・・
これも上手く付き合っていくしかないんでしょうが下向き矢印
たいたんより鈍いので。。


こんな状態の私に頼み事。

「朝礼のラジオ体操でスーツのズボン破れた。
 直して。」


先週は反対側を縫い直したところだったので
「小学生か!!ムカッ」と一喝して
もう何をしても破れないくらいに
ギチギチに縫ってやりました(笑)

2本取り×4往復^^v
これで大丈夫どくろウシシw







Last updated  March 21, 2008 04:39:36 AM
コメント(0) | コメントを書く
November 21, 2007
カテゴリ:ひとりごと
↓の大学の授業の後、どうなんだろうと思った事。

その日も義母に来てもらって自転車で出て行ったんです。
で、授業が行われている施設に着いたんですが、
毎週何かイベントがあるんですよ。

授業は土曜日なので大体土日はイベントで人もいっぱい、
先週はフリマとか、他に展覧会なども行われてるんです。

その日は外の広場にセットが組まれていて
何だか大掛かりなイベントがあるんだな~と思っていたら
中に入ってみると「クリスマスツリー点灯式」と書かれた
看板が立ててあったんです。


その施設の外の広場には巨大なツリー(作り物)があるんですね。
「そうか~これは見たいなぁ」と思って
授業が終わったら来てもらおうと義母にも連絡しました。

義母は嬉しかったみたいで大はしゃぎで^^;
「え~!行きた~い!」の声が少女でした(笑)


・・・で、授業が終わって教室の外に出てみると
なんだかザワザワ・・・

え?もうそんなに集まってるの?と思いつつ
教室のある3階から中庭を見下ろすと長蛇の列が・・・


ツリーは外なのにどうして中に並んでるんだろう?と
1階に下りてみると友達に会い、聞きました。
「先着100人にサンタさんからプレゼントを貰える」
という企画だったんですね。

外まで並んでるからもう間に合わないだろうな~と思いながら
しかもその貰える条件が「赤いものを身に付けてる子」で
その日義母に着替えさせるようにお願いした服が
赤いものなんてどこにもなかったので
無理だな~と思いながら義母に電話したんです。


・・・出ない。
電話に出ないんです。
何度かけても。

おかしいな~もう着いてるはずなのにな~と思って
ずーっとウロウロしてたら、なんと!!

前で「ありがとう~^^」と言って
プレゼントを貰ってるたいたんと義母!!

嬉しそう~に満面の笑みで袋を抱えているたいたん。。
ホクホクしながら歩いてました^^;
義母も楽しそう・・・(笑)


赤いものは??っていう不安な気持ちと
並んでたんかい!!っていう笑っちゃう気持ちと。

なんと義母がたまたまオムツを入れて
たいたんに背負わせていたリュックが赤でした^^;



・・・で、ご機嫌でツリーの点灯を待っていました。

合唱団やバンドの演奏があってすごく賑やかでした。
今までもっと財政難だった市で育ってきて
実家を出てからも隣の市でまたまた苦しい市で、
こんなに恵まれたイベントとか、この学校自体も
本当に恵まれているよな~って思ってたんです。

今まではただそう、恵まれてるな~
こっちに来て良かったな~って思ってたんです。

たいたんの教室だって、前の市はこんなに良くなかった。
児童館すらない市だったから。
図書館だって新しい本も入ってこないし
本当にボロボロでした。



・・・だけど。
その日の授業を受けて色々思い始めて、
その前日に読んだスピーチも思い出して、
なんだかすごく微妙~な気持ちでした。


大阪にももっともっと良い市もあるし、
今の市ももっと直していかないといけない所は
いーっぱいあるんだけど、やっぱりサークルとかイベントとか、
子育て支援や福祉関係はわりと整ってるな~と思う。


楽しくて心が豊かになる事って良いけど
その裏で何も考えてない自分がいたりする。

綺麗だな~ってただ感動出来なかったその日。
そんな自分すら良いのか悪いのかわからなかった。



義母はと~っても楽しそう&嬉しそうでした^^;
そうか、義母はツリーをじっくり見るなんて事も
なかったんだな。良かったな。
義父も誘えば良かった。
喜ぶたいたんの写真とか撮りたかっただろうし。

071117_1735~001 縮小.JPG

いつもは静かな中庭も変わってました。

071117_1745~001縮小.JPG


毎年この時期は旦那の仕事が忙しく、
私もポスティングを手伝ったり
たいたんが生まれる前は私も仕事が忙しくて、
クリスマスを楽しむなんて事がまぁなかったんです。

今年もツリーを見に行くなんて無いだろうし
これはこれで楽しめて良かったんですが、
なんだか自分だけ(じゃないんだけど)幸せみたいで
今までとはまた違った見方をする自分になっていました。


ちなみに、たいたんが貰ったプレゼントは
お菓子だったので、こっそり中身を抜いて
袋だけたいたんにあげました^^;






Last updated  November 22, 2007 02:05:24 PM
コメント(2) | コメントを書く
August 16, 2007
カテゴリ:ひとりごと
ずっと使っていなかった項目。
文章を書きたい私には向いていた楽天ブログの良いところ。

ブログを始めた時に楽天を選んだのは適当で^^;
シンプルで使いやすそうだし、
いろんな面で参考にしてきた方のブログが
楽天だったからマネっこしただけ。。

せっかくだから使ってみようと思います。
私が書ける分野はアレルギーかな。
まだまだ勉強中ですがちょっとずつ・・・ね。

たいたんの今までの除去食メニューを中心に、
今参加している教室と、今年の秋から参加しようと思っている
大学の短期講座の事も書いていけたら良いなぁと思っています^^






Last updated  August 16, 2007 12:20:21 PM
コメント(0) | コメントを書く
April 15, 2007
カテゴリ:ひとりごと
最近思う。
引越しが近づくにつれ食事が出来合いが多くなってきた。
旦那は1日1回しか家で食事しないし、
とにかく冷蔵庫の中身が減らないの。
だから素材を買うと捨てる事になるから・・・
ってのは言い訳で、面倒なだけ^^;
そんなの完璧になんてやってられない。
たいたんとの生活の中で引越し準備。
困った事に他人に触られるのが嫌いだし
古い画集とか干して埃を取ってからダンボールに詰めたいし。

で、出来合いのものが増えるとごみが多いですね。
今住んでいる所はごみの分別が大阪で1番厳しい。
でもそれに慣れてしまってるから逆に今度引っ越す所は
今よりもちょっと緩くて逆に難しい。

話がそれてしまったけど、ごみ。
なんであんなに多いんだろう。
思わない??
袋を開けて・・・これ、この部分いる?
これ、何の為に入ってるの?
っていうのない?
特にコンビニとか、カップ麺とか。
最近のは凝りすぎだよ。
どん兵衛並みのシンプルさで十分。
美味しいし。


あとね、出来合いの茶碗蒸しってあるでしょ。
蒸し器を出すのが面倒だからレンジOKのを買うんだけど
なんであんなに満タンなの?
満タン詰まって密封してる方が売ってる時に型崩れしにくいから?
ゼリーとかもそうですよね。
「たらみのたっぷり」系とかは多いですね。
桃をまるごと入れようと思うとあれだけの
カップの大きさが必要なんだろうけど、
満タンだから余計に多さが目立つ。
汁がこぼれるのが一番嫌な所。

どちらにしても↑のはわりと消費期限が長いですよね。
密封してるから?保存も冷蔵庫だけじゃなくて常温のもありますよね。
密封しないで良いから、消費期限もう少し短くて良いから
プリンくらいの入れ方にして欲しいなぁ。



最近暖かくなってきたから家のすぐ横の
中学校のグラウンドを見に夕方お散歩に行きます。
毎日週末も部活をやっていて、ベンチもあるから
たいたんと気持ちよく過ごせる大切な時間。
時々そこで2人でお茶を飲んだりしてます。

で、昨日は近所の公園まで行ってみました。
私は自分の好きな具を入れたおにぎりをラップで巻いて
たいたんはお弁当におにぎりと野菜スティック。
おにぎりにしてあるから食べられるだろうと思ってた。
私は片手で食べられて、たいたんもおにぎりだから良かったけど
これがスプーン・フォークがいる中身だったら無理でしたね。

う~ん。
ベビーカーは両対面式だからハンドルを固定する
ひっかける所がポチっとついてる。
もちろんガードもついてる。
ここに~、ハイローチェアーのようなテーブルが付けられたら
便利なのになぁって思った。
ドリンクホルダーは良く見かけますけどね。

コンビの純正でも良いから販売されないかなぁなんて。
これからの時期、公園でお弁当なんて最高でしょ。
ないかな?
もう売ってるのなら知ってる人、どなたか教えて下さい。
ないのなら作るしかない?
試作品でも作って特許でも取ろうかな?
なんて無理な事考えてみたり・・・


そんなの引越しどころじゃないな。
やり始めたら止まらない私。
テスト期間中に編み物始めたり、気が散ってばっかりです^^;






Last updated  April 15, 2007 06:45:49 PM
コメント(2) | コメントを書く
December 25, 2006
カテゴリ:ひとりごと

我が家は特に何事もなく過ごしました。
まぁ変わった事といえば旦那が大量にケーキを持って帰ってくる事。
今日で既に3ホール目です。
あと3~5ホールは持って帰ってくるでしょう・・・
我が家の分だけでこれだけあるので、
親戚一同合わせると同じ苗字で頼んだケーキは
数えられないほどあります。
もう気持ちが悪いです。
ダイエットせねば・・・
ご近所さんに1ホールずつおすそわけ~なんて思ったけど、
同じマンションには卵アレルギーの子がいっぱいで^^;




今日は少し悲しい事がありました。
お昼過ぎ、近くに住む知り合いの人が家に来ました。
たいたんと会うのは初めてです。
まぁ用があって来たんだけど、その用は置いといて・・・


「へ~、これぐらいで済んで良かったね!」

確かに多指症って奇形や障害の中では軽い方だと思うし、
手術の経験をしてる人も沢山いて命に直接かかわるわけじゃないけど、
先天性の病気、合併症の可能性だってあるんだよ?
たいたんは今その可能性があってちょっと大変なんだよ?
良かったと言えばそうかもしれないけど、
その一言では済まされない事がいーーっぱいあるんだよ?
ただ単に指をちょん切ってしまえば良いわけじゃないし、
多指症でも人によっては術後、障害者手帳を取得する人もいるんだよ?
(市役所で直接聞いてきました)


「私の知り合いなんてこんなんやったよ。
 それよりかはマシやろ~?」

だから??だから何だって言うの??
障害は人それぞれ、人と比べるものではないし
人と比べても何の気休めにも治療にもならない。
本人にしかわからない大変な苦労も気持ちもあるだろうし、
そうやって人と比べる為にその人が障害者であるんじゃない。
私に今そんな話をそんな言い方で噂話みたいにするなら
その例に出されてる人に対してすごく失礼だと思う。


こういう話をする人ってすごく多いと思う。
しょっちゅうこういう人に出会うんだけど、
それで何か救われるとでも思ってるのかな。
「大丈夫」なんてそんな保障どこにもない。
別に四六時中そんなビクビクして生きてるわけじゃないし
これから長い人生、色んな事があって当たり前だとは思うけど
だからって多指症の事も、病気の事も、
不安が全くないなんて絶対に言えない。
その例に出される人は結果論でしかなくて、
またその本人や家族にとっては少なくとも
言葉では言い表せない程の苦労も感情も
遠回りした道もあると思う。


たった1箇所、指の形が少し違うだけで
今までは知らなかった事っていっぱいあるでしょ?
初めて経験する事ってすごく緊張するし不安で当たり前でしょ?
産まれてすぐに先生から説明を受けた時、
先生、看護師さんや助産師さん
皆に励まされて過ごした入院中の事とか、
見知らぬ人や親戚からの心無い言葉で傷付いた時、
保健所や役所に実際に足を運んでみた時の勇気、
ミトンの事、
初めてネットで「多指症」を検索した時、
毎日PCと睨めっこしてた時、
そして初めて発言してみた時、
初めて返事を頂いた時の安堵感。
この時の気持ちって全て忘れられない。
たいたんが産まれた時と同じくらい鮮明に残ってる。


私は体中に怪我や手術の痕がある。
きっとこれからたいたんのおててに出来る傷よりも
もっともっと大きいし、何箇所にもある。
顔にもいっぱい目立つ傷がある。
足にも後遺症があって長時間正座出来なかったり
特に今の季節は傷が痛む事もある。
手にも大きいものでは7センチ位の縫い痕、
足にも15センチ位の縫い痕がある。
生死もさまよった事もある。
種類は違えど奇形だってある。

それでもたいたんの事は特別に心配。
自分の身に何が起こっても、私がどんな人間でも
そう簡単にたいたんの事を「大丈夫」とは思えない。
だって、たいたんはたいたんだから。
たいたんの人生なんだから。
自分の身でこんなに経験をしても
たいたんへの気持ちは変わらないのに、
他人の、しかもそれを話す本人じゃない人の「噂」話を聞いても
たいたんへの気持ちは変わらない。

言い方っていうのもあると思うんだけど・・・
勉強になる話も沢山あるし、感動する事も勇気付けられる事もある。
でも面白おかしく話されるとたまらない気持ちになる時がある。


今日は何も反論なんてしなかったけど、
ここでぶちまけてしまった。







Last updated  December 26, 2006 04:53:46 AM
コメント(0) | コメントを書く

全8件 (8件中 1-8件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.