1666492 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ネコ様とガーデニング♪

PR

プロフィール


結柄yue

カテゴリ

フリーページ

カレンダー

サイド自由欄

 アンケート生活 楽しんでます。











 ↑ 見ているだけで癒されます(#^.^#)

コメント新着

 エンスト新@ Re:移動を忘れたベランダの植木鉢は元気でした(>v<)(09/16) New! こんにちは 防水塗装に亀裂はいただけませ…
 Hiroki Nara@ Re:移動を忘れたベランダの植木鉢は元気でした(>v<)(09/16) New! おはようございます。 光景sight #16 Kin…
 じじくさい電気屋@ Re:移動を忘れたベランダの植木鉢は元気でした(>v<)(09/16) New! おはようございます 大きな鉢植えやエアコ…
 Pearun@ Re:移動を忘れたベランダの植木鉢は元気でした(>v<)(09/16) New! 外壁塗装は順調に進んでいる様ですね。 我…
 歩世亜@ Re:移動を忘れたベランダの植木鉢は元気でした(>v<)(09/16) New! お早う御座います。 野良ニャンコたちも…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天カード

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

庭の虫たちの話

2019年09月01日
XML
テーマ:家庭菜園(39355)
カテゴリ:庭の虫たちの話
9月1日は雲が多めでも空は明るく、蒸し暑かったさいたまですくもり晴れくもり


  !本日の日記はバッタカマキリの写真注意です!



NEC_0523.JPG

 ↑ 庭のオンブバッタがオンブを始めましたほえー四つ葉
 親子ではなく、大きいメスの上に小さいオスが乗った交尾スタイル。オスはメスを逃がさないように餌も食べずに乗ったまま、メスが土に卵を産んでは交尾を繰り返すのだそう。
 すっかり涼しくなっても姿を見るバッタ、それまで卵を産み続けられてはえらいこっちゃですショック

NEC_0401.JPG

 ↑ 白っぽかったり茶色い所では茶色い子葉
 住む場所によって体の色が違う保護色のバッタさんたち。葉物野菜だけでなく、ダリアの葉っぱもヒマワリの葉っぱも食べる超雑種。

NEC_0478.JPG

 ↑ バッタの抜け殻も発見ほえー四つ葉

NEC_0325.JPG

 ↑ モザイクかけて写真は小さくしていますが、ガムテープで1匹ずつペタペタするのもちょっと嫌なサイズまで成長してしまいましたしょんぼり

NEC_0087.JPG

 ↑ でも畑の番人、カマキリさんも大きくなってバッタ取りしてくれていますウィンク四つ葉

NEC_0605.JPG

 ↑ 翅も生えた成虫も畑に来てくれていますぽっ四つ葉
 ​6月の半ばに姿を見せたカマキリベビー​は1センチくらいだったのに、立派に大きくなりました。

NEC_0610.JPG

 ↑ 先ほどの成虫カマキリがいつの間にかバッタさんとにらみ合いしていましたほえー
 写真中央にカマキリ、その右の葉に小さいバッタが乗っています。
 そして、ちょっと目を離している隙に……、

NEC_0612.JPG

 ↑ バッタが2匹に増えてる~びっくり

NEC_0616.JPG

 ↑ 後ろの子がゆっくり近づいて、これはまさかの……、

NEC_0617.JPG

 ↑ 前の子の上に乗っちゃった~~大笑い
 後ろの子にはカマキリさんが見えてないのね(^_^;)
 『ちょっと前見て! そんな状況じゃないから!!』って危険信号を出す機能はないのかしら雫
 カマキリさんがバッタたちのあいびきを覗いているみたいな図だけど、最初からここにいたのはカマキリさんだという証拠写真もあるからね(笑)。

NEC_0620.JPG
NEC_0621.JPG

 ↑ ゆっくり、ゆっくり、近づいて~~、

NEC_0623.JPG

 ↑ ガバッ! 2匹一緒に捕まった~びっくり

NEC_0624.JPG
NEC_0627.JPG

 ↑ 上側のオスの頭からむしゃむしゃ……。
 空気を読めなかったオスに抑え込まれたメスは動けず。逃げやすいオスから食べるのは、さすが成虫のカマキリさん賢いです。コントみたいな光景の目撃でしたうっしっし四つ葉
 青シソやモロヘイヤを食い荒らしているバッタは常にたくさんいるので、カマキリさんにはもうしばらく活躍してほしいです。


 本日のニャンズ猫猫
NEC_0575.JPG NEC_0573.JPG

 ↑ ケージの中のニャンズ猫猫
 まだネムネムのクツシタちゃんと、私が帰ってきたらケージから出られることを覚えてスタンバイしている賢いグレー子姉ちゃん。






最終更新日  2019年09月02日 17時24分12秒
コメント(9) | コメントを書く
2019年07月19日
テーマ:家庭菜園(39355)
カテゴリ:庭の虫たちの話
19日は前夜からの雨が朝まで残ったものの、午後には青空も見えたさいたまです雨くもり晴れくもり

  !本日の日記は毛虫​写真注意​です​!



NEC_1398.JPG

 ↑ 野良ニャン達の通路にまた雑草が増えてきたので、雨の止み間に草むしりをしました猫四つ葉
 もうスジが硬くなって食べにくいフキはざくざくカット。根深いドクダミは取れるだけひっこ抜き、同じく地中深くに横伸びしている根茎から出てくるシノタケは抜けないのでチョキチョキはさみはさみ

NEC_0104.JPG

 ↑ シノタケにはヤツが隠れているので要注意です(+_+)

NEC_0106.JPG

 ↑ タケノホソクロバという毒のある毛虫ショックダッシュ
 脱皮して残った抜け殻にも毒性が残っているそうなので、毛虫の抜け殻とは思わないようなゴミでも素手で触れるとかぶれます。
 梅雨時や秋の雨が多い時期に発生。小さい内は葉の裏に並んでいて、成長するとそれぞれ活動範囲を広げます。2センチもないくらいの毛虫なのに足が速くて広範囲に移動します。笹の葉につく毛虫ですが家壁やフェンスなどの無機物にさなぎを作るそうで、うっかり素手で触ってしまう場所を這っていることもあるので、大発生する時期は要注意です。
 実は七夕の頃から増え始めていて、七夕の日記にしようかとも思いましたが、せっかくの七夕を毛虫の日記で台無しにするのもな~と言うわけで(笑)。
 毛虫を落とさないように草を刈るのも難しいので、集まっている部分は先に殺虫剤をシューしてしまいました。これ以上は姿を見せないでほしいものですしょんぼりダッシュ


NEC_0107.JPG

 ↑ そして、こちらはミニトマトの葉に絶賛増殖中のニジュウヤホシテントウ(成虫)。
 別名、テントウムシダマシ。ジャガイモやトマトなどナス科の野菜の害虫です。葉脈を残して葉の柔らかい部分を食べてしまう草食のテントウムシです。

NEC_0114.JPG

 ↑ ピンボケですが、たぶんこれがニジュウヤホシテントウの卵。
 赤っぽいメタリックな卵ですが、よく似た卵を産むホオズキカメムシもミニトマトの樹液を吸いにきているので、そちらの卵かもしれません。

NEC_1578.JPG
NEC_1575.JPG

 ↑ こちらは、ジャガイモの葉に発生していたころの幼虫とさなぎほえー
 イガイガした長細いのが幼虫、黄色っぽいテントウムシの形に近いのがさなぎです。
 ​テントウムシの幼虫はグロテスク​な種類が多いですが、ニジュウヤホシテントウの幼虫も俵型の胴体にトゲトゲがいっぱいで毛虫のようです。
 幼虫は気持ち悪いので卵の内にやっつけてしまいたいものですが、雨続きだと虫チェックもサボりがちになるのでなかなか難しいです。

 グロテスクな写真は小さくしてありますが、クリックすると大きく見られるのでご興味ある方は是非(>v<)グッド


NEC_0004.JPG

 ↑ 苦手な方はじっくり見ないようにしてくださいませ。
 ミニひまわりの葉でバッタベビーが集団食事会の最中です。葉っぱにも食べやすい方向があるのか、みんな同じ方向を向いて食べています。
 バッタは取っても取っても何故か増えるので、ガムテープで定期的にペタペタと1匹ずつ貼り付けて捕まえています。集団でいてくれると一気に貼り付いてくれるので助かります。
 卵で越冬し、暖かくなると孵化して夏野菜が成長するころにベビーが姿を見せます。そして夏に大きくなった成虫が秋に地中へ卵を産みつけて一年で一生を終えるので、今から新しい卵が産み付けられているはずはないのですが、何故か取っても取っても減りません。それだけ大量の卵が前年に産み付けられていて孵化しているのでしょうわからん

NEC_0279.JPG

 ↑ 最後は益虫代表、カマキリ隊長ウィンクグッド
 まだ小さいですが、家庭菜園にもやってきて野菜を食い荒らす草食のバッタなどをせっせと食べてくれています。
 家庭菜園の野菜も庭の果樹も無農薬なので、ある程度の虫食いは許容範囲ですが人間の食べる部分が無くなっては困ります。害虫を食べてくれる益虫も強い味方をしてくれるので、虫さんたちとも上手に共存していきたいです。

 でも毛虫などの毒虫は危険ですね。広がる前に退治できるように、暑さに負けず虫チェックを頑張ろうと思います。


 本日の野良ニャン猫
NEC_1084.JPG

 ↑ ガラクタ椅子でネムネムの『くっきりマダム(♀)』猫
 私のチャリカゴが邪魔をしていますが、デラックスサイズのお腹はこれから暑い夏を乗り切るためのたくわえかしらうっしっし






最終更新日  2019年07月20日 13時41分54秒
コメント(9) | コメントを書く
2019年06月16日
テーマ:家庭菜園(39355)
カテゴリ:庭の虫たちの話
16日は午後から雲が増えましたが、午前中は青空の広がったさいたまです晴れくもり


  !本日の日記はカマキリ&カエル写真アリです!



NEC_0943.JPG
NEC_0942.JPG

 ↑ 今年初めて、カマキリの赤ちゃんを目撃しましたウィンク四つ葉
 1センチくらいのツツジの葉よりも小さなベビーですが、姿は大人と同じカマキリです。
 そしてベビーの頃から肉食なので、小さいうちはアブラムシなどを食べてくれるし大きくなれば畑を荒らす草食の虫たちをむしゃむしゃ食べてくれる頼れる益虫代表です(*^^)v
 チョウチョの子どもはイモムシだったりトンボの子どもはヤゴだったりしますが、カマキリやバッタはベビーの頃から大人と同じ姿です。興味深いです(笑)。


NEC_0986.JPG
NEC_0984.JPG
NEC_0983.JPG

 ↑ そして先日、雑草領域ではカエルさんも姿を見せました四つ葉
 鳴き声はずっと聞こえていましたが、姿は見ていませんでした。野良ニャンが多いので庭から姿を消してしまったかと思いましたが、今年もしっかり現れました。カエルさんも虫を食べてくれる肉食なので、害虫退治を期待しています(^^ゞ


NEC_1236.JPG
NEC_1238.JPG

 ↑ ついでに、これはオモチャですがトカゲさん大笑い
 カエルと同じく虫を食べてくれるカナヘビ(金物色した細長いトカゲ)やニホントカゲにヤモリもまだ見かけていません。梅雨明けしたらトカゲチームも姿を見せてくれるかなスマイル
 クツシタちゃんがかじっているのはオモチャですが、野良ニャンも意外と虫やトカゲなどを食べています。クツシタちゃんも野良ベビーだったころ、野良ママがカエルやトカゲを捕まえてきてべビーたちに食べさせているのを見たことがあります。益虫は食べないでほしいな(^_^;)
 あまり多いわけではない益虫やカエルさんたちですが、無農薬の家庭菜園では強い味方なので今年も大活躍してほしいですウィンクグッド
 

 本日の野良ニャン猫猫猫
NEC_0119.JPG
NEC_0994.JPG
NEC_0811.JPG

 ↑ 先日の写真ですが、最近の常連の野良ニャンたち猫猫猫
 この子たちも、庭の鳥除けなど頼りにしています(^^ゞ






最終更新日  2019年06月17日 06時18分31秒
コメント(13) | コメントを書く
2019年06月04日
テーマ:家庭菜園(39355)
カテゴリ:庭の虫たちの話
​ 4日の午前中は晴れていたものの、徐々に雲が広がったさいたまです晴れくもり

  !本日は大量の虫写真注意です!
 6月4日は虫の日ということで、​日付が変わってからの投稿ですが​庭の虫スペシャル大笑い四つ葉


NEC_0578.JPG

 ↑ まずは虫ではなく、いつも庭仕事や虫チェックに付き合ってくれる茶ロング君のお尻猫
 お尻なでてのポーズで尻尾をふりふりしながら、時々こちらをチラっと振り返ります(笑)。
 先日も茶ロング君に付き合ってもらいながら、庭で草むしり&害虫探しをしましたうっしっし四つ葉


NEC_0687.JPG

 ↑ 雑草領域の草むしりでは、草の根元からヨトウムシがコロコロ出てきます。
 去年は草むしりのタイミングが悪かったのか虫の好みにも流行があるのかわかりませんが、ジャガイモの葉に大量のヨトウムシが集まって葉を穴だらけにされました。家庭菜園へ向かって移動中のヨトウムシも去年は見かけましたが、今年はそれほど多くありません。

NEC_0751.JPG
NEC_0699.JPG

 ↑ 今年、​大発生したのはナメクジ​でしたしょんぼり
 ここには写っていませんが、先月にダリアの葉とヒマワリの芽を食い荒らしました。
 葉に虫の姿が見えず虫食い穴だけが増えていくので、てっきり土に隠れたヨトウムシの仕業と思っていたら、雨の日にナメクジの親子が小さな葉をむしゃむしゃしているのを発見。気がつけばツボミの見えていたマリーゴールドや家庭菜園のジャガイモの葉にもナメクジ……。
 仕方なく、誘引殺虫剤(青い粒状の薬剤)を使いました。ヒマワリやダリアには植木鉢の下や鉢の隅にパラパラしたら、翌日からカリカリになったナメクジが大量に発見され、それ以降は姿を見かけなくなりました。家庭菜園では、少し離れた場所に少量を使いました。
 梅雨入りするとまたナメクジも増えそうなので、様子を見ながら定期的に薬剤のお世話になろうかと思います。

住友化学園芸 ナメナイト320g 【ガーデンドクター】【薬剤】
 ↑ 大活躍した誘引性薬剤はコチラ。
 すでに発生しているナメクジを引き寄せて食べさせ、即座に殺虫。 助かりました。



NEC_0583.JPG

 ↑ 次に、ナメクジやヨトウムシ以外にも大人気のジャガイモの葉の虫取りの戦績。
 ジャガイモの葉の裏に密集する卵……何の卵だと思う、茶ロング君(?v?)

NEC_0431.JPG
NEC_0422.JPG
NEC_0419.JPG
NEC_0418.JPG

 ↑ ジャガイモの葉や近くに植えていたセリの葉にいた虫たち。

NEC_0961.JPG

 ↑ 現在のジャガイモの葉に一番多いのは、ニジュウヤホシテントウ(テントウムシダマシ)。
 茶色くなっている部分はみんなこの子の仕業です。草食のテントウムシで、気づくと爆殖していることも。甲虫のくせによく見ると細かい毛が密生しています。写真を拡大してチェックグッド


NEC_0430.JPG

 ↑ 虫の卵も……。よくキレイにこれだけの数を並べて産みつけるものです。

NEC_0059.JPG

 ↑ 家庭菜園の近くの壁に産み付ける猛者もいました。
 どんな虫の卵かわかりませんが、孵化する前にやっつけてしまうのが一番手間がかかりません。


NEC_0022.JPG

 ↑ 大食漢のヨトウムシ。夜行性ですが曇りの日に堂々と姿を見せることも。
 昼間は草の根元や枯葉の下などに隠れていて夜に活動するヨトウムシ。漢字では夜盗虫。
 今年はいつもより数が少ないですが、一晩で苗を丸坊主にしてしまうこともあるので油断はできません。太いイモムシなのに以外と足も速く、長距離を移動してきます。
 でも、食害中の野菜の根元に丸まって隠れていることが多いので、箸で少し掘ってみるとコロコロ出てきて捕まえやすいです。


NEC_0683.JPGNEC_0488.JPG

 ↑ 他にも大発生しているのはホオズキカメムシ。
 背を伸ばし始めている皇帝ダリアに集団を発見しました。ホオズキやジャガイモ、皇帝ダリアなどの樹液を吸います。食べるものじゃない皇帝ダリアには殺虫剤をシューっと。野菜に集まったときは、ペットボトルの中にポトポト落として捕まえたこともありました。今ではゴム手袋で手づかみして捕まえています(笑)。


NEC_0676.JPG

 ↑ 最後に、先月の強風で折れてしまい花瓶に飾っていた芍薬の花さくら
 ふんわりといい香りが広がり、芍薬もやさしい香りがするのね~なんてクンクンしていたら、

NEC_0677.JPG

 ↑ 黄色いイモムシさんがモゾモゾ……。花びらを食べていましたショック
 黄色い種類のイモムシなのか、ピンク色にはなれないから黄色くなって擬態しているつもりのヨトウムシなのかわかりませんが、芍薬の花びらにまで入っている子がいるとは驚きました。

 お庭を植木屋さんに任せているご近所のお金持ちの家では、庭木の虫除け消毒などもしているそうですが、我が家ではしていません。季節の虫が見放題です。
 これから雨の季節になると椿のチャドクガの毛虫や、桜チームの​モンクロシャチホコ​の毛虫も大発生する可能性が……毒毛虫は大発生されると困るので、枝を密集させないように風通しを良くしておきながら、早期発見できるように時々虫チェックもしなくては涙ぽろり
 でも、チャドクガの毛虫とか見つけてしまったらまた写真を載せちゃいます(笑)。

 元々苦手ではありませんでしたが、庭や家庭菜園のお世話をするようになってからずいぶんと虫に慣れました。神経質になりすぎず大発生は抑えつつ、虫とも適度に共存できる安心な庭が良いなと思っていますスマイル四つ葉



 本日の野良ニャン猫
NEC_0438.JPG
NEC_0436.JPG

 ↑ スリスリ~してくれる茶ロング君猫
 虫だらけの草むしりにも付き合ってくれてありがとうねぽっ

​ 皆様も、最後までお付き合いいただきありがとうございました m(_ _)m






最終更新日  2019年06月05日 18時17分21秒
コメント(12) | コメントを書く
2019年05月23日
カテゴリ:庭の虫たちの話
23日はスッキリ青空が広がり、動くと汗ばむ陽気だったさいたまです晴れ


  !!本日の日記はナメクジ写真注意です!!

NEC_0371.JPG

 ↑ ​5月半ばにタネ蒔き​して、数日後に可愛いフタバちゃんを見せたミニひまわり四つ葉

NEC_0372.JPG
NEC_0383.JPG

 ↑ でも、お隣のダリアの芽もヒマワリの芽も、何かにかじられて……。
 てっきり、ヨトウムシやアオムシを疑っていましたが姿は見えず。テラテラしたスジのようなものはまさか……。
 周囲で犯人の虫を探している内に、

NEC_0461.JPG

 ↑ 現行犯~~\(◎o◎)/
 犯人は大きなナメクジ……むしゃむしゃ食べてるびっくり
 ナメクジって枯葉や腐った根っこなんかを食べているのだと思っていましたショック
 普通に野菜や花の芽などを食害するのだそう。

NEC_0487.JPG

 ↑ そういえば、今年は家庭菜園でもあちこちにナメクジの這ったあとを見かけたような。
 発芽した途端に食べにくるって、美味しい芽に目星をつけていたのかしら。


NEC_0464.JPG

 ↑ ちょっとアレですが、現行犯に死刑試行。
 ナメクジ退治といえば塩ですが、庭で塩を巻き散らすわけにもいかないので重曹。
 重曹はかけるだけで脱湿剤のように水分を洗い流すような効果があるので、ナメクジのようなヌメヌメにかけると、塩をかけられるのと同じように水分を奪われ融けてしまいます。
 キモいですが、その効果を確認したところで、

NEC_0566.JPG

 ↑ とりあえず、重曹を振りかけた台の上に乗せて応急処置。
 ヒマワリの鉢と、植え替えを待つダリアの苗だけ避難させました。
 なるべく薬剤は使いたくないので、対策を考えていました。
 うっかりモロヘイヤの芽の一部に重曹がかかってしまい、水分を奪われたようですぐに枯れてしまいました。重曹の多用はできないし、ビールや米ぬかで誘引するとネットの情報にありましたが、誘引したあとどうなるのか想像できないし……見つけ次第、捕まえるしかないかしら……。

 そして、先日の暴風雨の去った日。

NEC_0621.JPG
NEC_0623.JPG
NEC_0622.JPG
NEC_0619.JPG

 ↑ 大量の現行犯デスよびっくり雫
 何故か大発生です。小さいナメクジベビーが大きな親?に見守られながらお食事しています。片端から箸で捕まえましたが、全てのナメクジが捕まえられたとは思えません。
 これはもう、薬剤に頼るしかないと言うことで。


NEC_0664.JPG

 ↑ 近所のホームセンターで2タイプ買ってきました。
 左が粒状の誘引して食べさせる誘引殺虫タイプ、右が直接かけて退治したり植物にかけて予防するスプレータイプ。
 すでにあちこちに大量発生しているので、左の誘引殺虫タイプを試してみました。
 野良ニャンが食べてしまうといけないので、植木鉢の下や色々植わってゴチャゴチャしている奥などにパラパラしてみました。
 家庭菜園の近くには、少し離れた場所のジメジメしてそうな場所に少量を巻きました。


NEC_0665.JPG

 ↑ 唯一、無事だったハンギングで発芽していたミニひまわりの芽も心配だったので、両端に少しずつ薬剤を置いてみました。青いつぶつぶです。


NEC_0698.JPG

 ↑ 翌日。ハンギングの芽を見ると、何やら硬そうな黒いものが芽にすがりついていましたほえー

NEC_0700.JPG

 ↑ 改めて、2匹の死亡を確認しょんぼり
 炎天下の道路に出てきちゃったミミズみたいに、カチカチになっていました。お亡骸はこうなるのですね……玄関周囲でも数匹の死亡を確認しました。移動中に突然死のような様子です。
 一晩で効くと書かれていましたが、本当に凄い効き目です。

 今までこんな大発生は見たことがありませんでした。
 以前はナメクジを食べてくれると言う天敵の​コウガイビル​も庭にいたのですが、ここ数年は見かけなくなっていました。初めて庭でヒルを見た時は驚きましたが、ブロ友さんがナメクジの天敵だと教えてくださいました。ナメクジの大発生は天敵の減少が関係しているかしら(?_?)
 とりあえず、今回の大発生は治まりそうですが、薬剤の効き目も永久ではないし家庭菜園の方には離れた場所に少ししか使っていないので、また大発生することが無いようにナメクジを呼びそうな枯葉や植木鉢の周りなどはキレイにしておこうと思います(+v+)
 知らないまま梅雨入りでもしていたら大変なことになっていたかもしれませんねしょんぼり



 最後に癒しの野良ニャン猫
NEC_0466.JPG

 ↑ ナメクジに奮闘中も、癒しの茶ロング君が遊びに来てくれました猫?

NEC_0467.JPG

  泣き笑い『ひまわりの芽をナメクジさんが食べちゃったんだよ~~』
  猫『それより頭についたクッツキムシ取って』
  スマイル『雑草のタネのクッツキムシは秋だけじゃないのね』

NEC_0442.JPG

 ↑ 癒し休憩しながらの害虫対策は苦になりませんでした(笑)。




住友化学園芸 ナメナイト320g 【ガーデンドクター】【薬剤】
 ↑ 今回の大活躍はコチラ。助かりました。






最終更新日  2019年05月24日 17時37分20秒
コメント(9) | コメントを書く
2019年05月01日
テーマ:家庭菜園(39355)
カテゴリ:庭の虫たちの話
5月1日は雲が増えたり青空が広がったり、夜には雨も降り出したさいたまです晴れくもり雨

  !本日の日記は写真注意です!



NEC_0819.JPG

 ↑ 花びらを食べられているクレマチス涙ぽろり四つ葉
 この時期に咲く花の中では一番イモムシ好みの花のようで、ヨトウムシやアオムシ、シャクトリムシなども見かけました。ここにも犯人が写っています。

NEC_0820.JPG

 ↑ 花びらの上。むしゃむしゃ食べていますショック
 ヨトウムシばかりかと思ったら、アオムシっぽい子もクレマチスの花びらを食べていました。
 花は虫除け対策を何もしていないので食べられ放題です(-_-;)

NEC_0701.JPG

 ↑ でも、ヨトウムシも増えていますしょんぼりダッシュ
 草むしりをしていると、ゴム手袋の先くらいに丸まったヨトウムシがコロコロ出てきます。
 雑草を食べてくれるなら良いのに、去年は庭中から集まったかのように集合して家庭菜園の​ジャガイモの葉を穴だらけ​にされたので、今の内に庭のヨトウムシを減らしておきたいです。

NEC_0702.JPG

 ↑ ハナカイドウの葉には同じポーズで並ぶイモムシ集団。
 こういう種類は成長すると木の全体に広がってしまうので、集まっている内に葉や枝ごと切ってサヨナラします。

NEC_0741.JPG

 ↑ 同じく、ハナカイドウにいたイガイガ付きのイモムシ? シャクトリ?
 目を離した隙にどこかへ逃げられました。

NEC_0720.JPG

 ↑ そして、家庭菜園のジャガイモの葉には、本来ジャガイモの害虫と言われるニジュウヤホシテントウ(テントウムシダマシ)がやってきました。
 アブラムシを食べてくれる肉食のテントウムシと違って、この子は草食でジャガイモやミニトマトなどの葉を食べます。以前、放っておいたらミニトマトの葉に大発生して凄いことになりました。すぐに増えるので、早めにサヨナラです。

NEC_0726.JPG
NEC_0723.JPG

 ↑ スナップエンドウにも虫の卵のツブツブを発見ほえー四つ葉
 葉のあちこちに、少しずつまとまって卵が産みつけられ始めました。この卵も毎年見かけます。初めはとても小さな青虫が集団行動していますが、​成長するとあちこちに​散らばって他の野菜の葉まで食べ始めます。
 虫が増える前に、スナップエンドウは収穫を終わらせて撤収してしまいたいです。

NEC_0697.JPG

 ↑ 小さいカナブンみたいな甲虫にも草食の子がいます。
 シュンギクの葉を食べていました。

 雨上がりに庭を見まわすと、急に虫が増えています雨
 家庭菜園には酢水やハッカ水をシュッシュしていますが、農薬ではないので力不足です。
 椿に増えるチャドクガや篠竹の​タケノホソクロバ​、スモモやサクランボに増える​モンクロシャチホコ​も雨の多い季節に大発生します。虫が小さい内に対処できるように、できるだけ早期発見したいですわからん四つ葉
 でも​害虫を食べてくれる益虫​もこれから増え始めるので頼りにしていますウィンク


 本日の野良ニャン猫
NEC_0696.JPG

 ↑ 突進してくる、くっきりマダム猫ダッシュ
 邪魔な場所にいる私の後ろを駆け抜けようとしている所です。
 警戒しなくても何もしないよ~大笑い
 野良ニャンたちは鳥除けをしてくれますが、虫除けもしてくれると助かるのになぽっひよこ


 令和元年、初日から虫の話で失礼いたしました(>v<;)
 虫たちや不安定な天候に右往左往しながらのガーデニング日記ですが、楽しくマイペースに進めて行こうと思いますので、今後もよろしくお願いいたします m(_ _)m






最終更新日  2019年05月02日 03時18分21秒
コメント(11) | コメントを書く
2019年04月12日
テーマ:家庭菜園(39355)
カテゴリ:庭の虫たちの話
12日は雲が多めでも、午後から青空も見えていたさいたまですくもり晴れ


  !本日の日記は写真注意です!
 

NEC_0008.JPG
NEC_0138.JPG

 ↑ 虫除けネットの春菊と同居しているパセリに、小さいヨトウムシがついていましたびっくり
 真冬でも時々、土の中から転がり出したりと姿を見かけていました。
 小さくても大食漢なヨトウムシは、あっという間にパセリ1株など丸坊主にしてしまうので即刻サヨナラです。虫取り用のお箸を畑に置いています。
 去年は取っても取っても増えるヨトウムシの大群にジャガイモの葉がかなりダメージを受けました。酢水もハッカ水も効きにくい害虫さんです。今年は増えないと良いな(>_<)


NEC_0150.JPGNEC_0209.JPG

 ↑ 花が咲き始めている花菜はまだツボミを収穫していますが、葉にはハモグリバエが入り始めました。迷路の先にいるゴマ粒のような点がエカキムシ(ハモグリバエの幼虫)ですショック
 そろそろ花菜は撤収ですが、ハモグリバエの成虫が増えても困るしエカキムシもプチプチと箸の先やゴム手袋で直接プチプチやっちゃいます。

NEC_0207.JPG

 ↑ 花菜の葉を見ていたらゴム手袋に小さな蛾?
 君はハモグリバエ成虫とは違うみたいだね(笑)。

NEC_0677.JPG

 ↑ ハモグリバエはマメ科の葉にも増えています四つ葉
 プチプチとやっつけていますが少しずつ増えてしまっていますしょんぼり
 先日は黄色いチョウチョも見かけました。これからは芋虫も増えてくるのだろうなぁ……できるだけ卵を産みつけたばかりの状態で発見したいです。
 去年はマメ科に増えてしまったアオムシが、マメ科の撤収後はジャガイモの葉にお引っ越ししてヨトウムシと一緒に葉を食害していました。今年は気をつけます(>_<)

NEC_0629.JPG

 ↑ ついでに、畑中に茂っているセリの葉にいた脱皮中らしいアオムシさんほえー四つ葉
 すでに2センチ以上になっていた芋虫さん、君はだれ(?_?)
 アオムシの脱皮ってはがれおちるような様子なのですね。でも寒さのせいか、動きがとても鈍かったです。自家製白菜にもそっくりな子がついていたので、このままゴミ袋に入れてしまいました。


NEC_0211.JPG
NEC_0212.JPG

 ↑ 残っていた花菜のツボミは鍋に投入ぺろり
 二日目の鍋なので他の具材は煮くずれていますが、青物追加で美味しく頂きました。
 でももう少しツボミが収穫できそうなのでまだ撤収できず……そんなことしている内に青虫が増えてしまったりするのですよね。あきらめて撤収しようかな涙ぽろり

 今年は虫が増えすぎる前に野菜を撤収していこうと思っています。
 大繁殖する前に対処できるよう、酢水やハッカ水をシュッシュしながら虫チェックもこまめにしなくちゃですね(^^ゞ


 本日のニャンズ猫猫
NEC_0449.JPG

 ↑ 久々に御対面の姉弟猫猫
 茶ロング君は同じママから生まれたグレー子ちゃんの1年下の弟です。
 もっと暖かくなったら網戸越しにご挨拶できるようにしてあげるからね(*^^)v
 ボランティアの去勢手術を受けている茶ロング君は、ご近所で野良ニャンたちにご飯をくれる家々で可愛がられている人懐っこいアイドルニャンです。






最終更新日  2019年04月13日 02時18分14秒
コメント(11) | コメントを書く
2018年08月09日
テーマ:家庭菜園(39355)
カテゴリ:庭の虫たちの話
9日の午前中は雲が多かったものの、午後から青空が見えて明るくなったさいたまですくもり晴れ

 朝は涼しかったですが、徐々に蒸し暑くなりました。
 猛暑まではいかないものの、屋内でも30度を超える温度が復活しました。


  !本日は写真注意です!

 害虫を食べてくれる畑の番人、カマキリ隊長スペシャルうっしっし四つ葉
 庭で見つけたカマキリさんたちの写真を集めました(笑)。虫の苦手な方はご注意くださいませ。




NEC_0064.JPG

 ↑ 最近、植木鉢を並べている外壁の近くで見かけるカマキリさん四つ葉
 水やりをしていると鉢の後ろからぴょこんと出てきて『濡らすなよ~』と言っているみたいうっしっし
 足長さんだけどガニ股(笑)。5センチは超えているので、1センチほどだった初夏のころと比べるとずいぶん成長していますが、まだ翅のない子どもの状態です。
 それでも、葉物野菜を食い荒らすバッタやアブラムシをたくさん食べてくれる、無農薬栽培の強い味方です(^^ゞ

NEC_0476.JPG

 ↑ エアコン室外機で、小さなバッタとにらみ合い中のカマキリさんを発見ほえー

NEC_0478.JPG

 ↑ ちょっと目を離したすきに、捕獲成功していましたびっくり
 音もなく捕まえてすぐにムシャムシャ~~さすがカマキリ隊長(^_^;)

NEC_0475.JPGNEC_0473.JPG

 ↑ 茶色い雑草の中で擬態(?)していたカマキリさんに畑へお引っ越ししてもらいましたウィンク四つ葉
 少し前までは草むしり中に出会った3センチくらいのカマキリさんを畑にお引っ越しさせたりしていましたが……5センチを超えるとちょっと捕まえるのに勇気がいります(笑)。
 あ、でもゴーヤの受粉を助けてくれるハチさんはあんまり食べないで欲しいうっしっし

NEC_0387.JPG

 ↑ 逆さま状態でカマのお手入れスマイル
 首をクイクイッと傾げたり、カマキリさんも観察していると面白いです。


NEC_0454.JPGNEC_0460.JPG

 ↑ ついでに、先日ガラス窓にくっついていた虫さん四つ葉
 クツワムシかと思ったけど、調べてみるとクダマキモドキっていう虫さんっぽい。
 こういう足の虫さんたちって、普通にガラス窓にもくっついていられるのですね。Gもガラスを登ってくるのかしら……。

 暑くて庭の虫チェックもさぼりがちですが、畑の番人カマキリさんが頑張ってくれていますぽっ
 家に入ってこようとするGや蚊なんかも退治してくれると嬉しいな~(>v<)



NEC_0738.JPG
NEC_0813.JPG

 ↑ 床伸びニャンズが枕にしているのは姿見のキャスター猫猫
 蒸し暑くなったので床ゴロゴロ復活。良い高さなのか枕に人気ですが、姿見の前で化粧をしている時にもいつの間にか足元に来ていたりするので要注意スポットです。






最終更新日  2018年08月10日 14時43分21秒
コメント(13) | コメントを書く
2018年07月06日
テーマ:家庭菜園(39355)
カテゴリ:庭の虫たちの話
6日は久々に空気がひんやり、雨が降ったりやんだりしていたさいたまです雨くもり

 久々に涼しかったので長そで長ズボンを出しました。
 当地は一時的に強く降る時間もありましたが、それほどの雨量ではなく今のところ庭に被害などもありません。
 全国の大雨で大変な状況にある方々の被害が、少しでも早く収まることを願っています。


  !本日は虫(バッタ)写真・閲覧注意です!



NEC_0564.JPG

 ↑ 写真中央に、小さなバッタベビーがいます四つ葉
 毎年、庭で爆殖するのは雑食性のオンブバッタです。よく似たショウリョウバッタはイネ科の植物を食べますが、オンブバッタは雑食で庭中の色んな植物を食い荒らします。まだベビーですが、大きくなると体の大きなメスが小さなオスをおんぶするようになります。
 私の家庭菜園ではこの時期に、青シソ・モロヘイヤ・バジル・ツルムラサキにミニトマトの葉、マリーゴールドやコスモスの葉まで穴だらけにする犯人です。

NEC_0065.JPG
NEC_0556.JPG

 ↑ そして、今年は初めて育てているミニヒマワリの葉がバッタに大人気ですしょんぼり
 今のところミニヒマワリがたくさんのバッタベビーを引き受けてくれているので、いつもなら一番人気の青シソが割とキレイな状態です。

NEC_0558.JPG
NEC_0654.JPG

 ↑ でもツボミが膨らんできて、キレイな咲き姿を楽しみにしているミニヒマワリの葉がこれ以上穴だらけになっても困るので、必殺ガムテープの出番です泣き笑い四つ葉


NEC_0030.JPG

 ↑ はい、ペタペタペタ~ショック
 元気に跳ね回るバッタには、ガムテープが一番手っ取り早いです。
 可愛そうですが、ミニヒマワリを穴だらけにした後は家庭菜園の野菜たちに引っ越してくると思うので、ベビーの内にできるだけ退治しておきたいです。
 取っても取っても成長しながらどこからかやってくるのですけどねしょんぼり雫

NEC_0549.JPG

 ↑ カランコエの厚みがある葉にもバッタベビーが穴を開けていました。
 何でも食べる雑食性のオンブバッタ、これから時々必殺ガムテープの必要な季節になります。
 ​毎年やってくるオンブバッタ​。秋に土の中へ産卵して卵が越冬し、翌年の初夏に畑などへ現れるというライフサイクルのよう。地中から次々生まれるのでは殲滅が難しいです(>_<)


NEC_0007.JPG

 ↑ 写真中央、麻紐に擬態するように茶色のカマキリベビーも来てくれていますウィンク
 肉食カマキリは、バッタなどの害虫をたくさん食べてくれる心強い『畑の番人』です。
 無農薬の家庭菜園に害虫は付き物ですが、害虫を食べてくれるありがたい益虫もたくさん来てくれるので、今年もたくさん活躍してほしいです(^^ゞ



NEC_0034.JPG

 ↑ 屋根のあるガラクタ置き場で遊ぶ野良チビちゃん……。
 外ゴミ袋に入れようと置いておいた、バッタを付けたガムテープで遊びだしちゃったびっくり

NEC_0035.JPG

 ↑ まだガムテープにくっついたバッタさんたち生きてるから気になるのね(-_-;)
 何にでも興味深々なチビちゃんたちですが、バッタガムテープは燃えるごみにポイするので後で取りあげちゃいました。
 野良ニャンたちも庭でバッタを見つけたら、やっつけてくれると嬉しいんだけどな大笑い






最終更新日  2018年07月07日 09時59分12秒
コメント(13) | コメントを書く
2018年05月28日
カテゴリ:庭の虫たちの話
28日は雲に覆われた一日でしたが、明るい時間もあったさいたまですくもり晴れくもり

  !本日は益虫写真です!
 カマキリ・テントウ・カエルですが、苦手な方はご注意ください。



NEC_0453.JPG
NEC_0444.JPG

 ↑ カマキリベビーを庭のあちこちで見かけるようになりましたウィンク
 待ってたよ~カマキリ隊長~~\(^o^)/
 食欲旺盛な虫食昆虫。害虫さんをたくさん食べてくれるので、無農薬家庭菜園では強い味方です。まだアブラムシくらいしか食べられないサイズですが、これからどんどん大きくなって大活躍に期待しています。

NEC_0170.JPG
NEC_0169.JPG

 ↑ こちらも益虫のキイロテントウ四つ葉
 普通のテントウムシよりも少し小さい黄色い体のテントウムシさん。うどんこ病の菌を食べてくれます。
 以前、カボチャにうどんこ病が増えた時はたくさんやってきて活躍してくれました。今年はクレマチスの葉にうどんこ病が出て、数匹が来てくれています。

NEC_0517.JPG

 ↑ 先日も登場した、アブラムシを食べるテントウムシさん四つ葉
 我が家ではフタホシの子が多いです。ユリのアブラムシはけっこう多かったので、テントウムシさんのそば以外は水で洗い流してしまいました。

NEC_0451.JPG

 ↑ こちらは草食のテントウムシダマシ(ニジュウヤホシテントウ)四つ葉
 よく見ると全身細かい毛がびっしり。ジャガイモやミニトマトなどナス科の葉を食べるので益虫ではありません。

NEC_0472.JPG

 ↑ フタホシでも草食のテントウさんがいるそうですが、この子はどうかな(?_?)
 近くにアブラムシがいれば肉食テントウさんかしら。でもテントウムシさんはニジュウヤホシテントウ以外は普通にいてもらっています。


NEC_0419.JPG
NEC_0257.JPG

 ↑ アマガエルちゃんも庭のあちこちに隠れていますスマイル四つ葉
 アマガエルちゃんも肉食で虫を食べてくれます。でもカマキリベビーは食べないでほしいうっしっし

 益虫か害虫か、人間の勝手な役付けですが、無農薬の庭にとっては大切です。
 あまり神経質にならず、益虫とも害虫とも上手く付き合っていけたらいいなと思っていますぽっ



 本日も虫写真失礼しました m(_ _)m
 最後は野良ニャンたちです猫猫

NEC_0468.JPGNEC_0646.JPG

 ↑ガラクタ置き場でくつろぐ稲妻三毛子さんと、お顔が見えないけど茶ブチさんです猫猫
 鳥除け役になってくれるガラクタ置き場の野良ニャンたちにも助けられています(^^ゞ






最終更新日  2018年05月29日 00時46分38秒
コメント(18) | コメントを書く

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.