9496381 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

洋画な日々。

PR

Calendar

Profile


天野北斗

Category

Comments

天野北斗@ Re[1]:今日から新しい職場(`・ω・´)シャキーン(04/01) yura55さんへ 今日も仕事無しだった(;´д`…
yura55@ Re:今日から新しい職場(`・ω・´)シャキーン(04/01) こん~(*・ω・)/ハーイ ポッキー食べてお給料…
天野北斗@ Re[1]:ポテサラ好きなんや(。+・`ω・´)シャキーン☆(03/27) yura55さんへ お疲れ様〜( ;∀;)志村け…
yura55@ Re:ポテサラ好きなんや(。+・`ω・´)シャキーン☆(03/27) こん~(*・ω・)/ハーイ 私もポテサラ好き~♪ …
天野北斗@ Re[1]:タイヤ交換しました(*`・ω・)ゞ(03/22) yura55さんへ お疲れ様〜+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ…

Favorite Blog

1000年女王 New! おいら ^o^さん

在庫復活でポチ☆マス… New! * ルリ *さん

自粛してても元気で… New! わたがし1566さん

星五つです(2020-3… Polnaさん

Old Parr tokio1965さん

映画「男はつらいよ… リュウちゃん6796さん

金髪豚野郎さん逮捕 YOSHIYU機さん

シネマ大好き! PART2 takusyun2010さん

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

2010.06.11
XML
カテゴリ:洋画感想
アイアンマン2画像
■監督:ジョン・ファヴロー
■出演:ロバート・ダウニー・Jr. グウィネス・パルトロウ スカーレット・ヨハンソン ミッキー・ローク ドン・チードル サム・ロックウェル サミュエル・L・ジャクソン
■ストーリー
トニー・スタークが自らアイアンマンであると公表してから半年後。紛争を鎮圧し世界平和のために貢献しようとするトニーだったが、その一方的な武力介入が独善的とみなされ、合衆国はトニーに対しアーマーの引き渡しを求める。かつてアフガニスタンで自ら深手を負い、その傷を代償にして開発したアーマーを誰の手にも渡したくないトニーは断固として要求を拒否するが、アーマーの動力源にして生命維持装置でもあるアーク・リアクターの副作用により、その体内は着実に毒素に蝕まれつつあった。トニーは命あるうちに使命を全うすべく、スターク・インダストリーズ社長の座を秘書のペッパー・ポッツに譲り、新たな秘書としてナタリー・ラッシュマンという女性を迎え入れる。
一方トニーの父ハワードに深い恨みを抱くアイヴァン・ヴァンコは、自らの手で小型のアーク・リアクターを作り上げ、さらにリアクターを動力源として動く武器「エレクトリカル・デス・ウィップ」を開発。モナコにてF1グランプリに参加中のトニーを急襲するも、携帯型の新たなアーマーを装着したトニーによって撃退され、収監されてしまう。だが、そんなヴァンコを牢獄から救い出したのは、ハマー・インダストリーズの社長ジャスティン・ハマーだった。ハマーは目の敵であるトニーの技術力を凌駕するため、優れた科学者でもあるヴァンコを雇い自らの兵器ラインを拡張させようと目論んでいたのだ。ハマーはトニー宅から試作型の「マーク2」アーマーを持ち出していたジェームズ・ローズ中尉をも懐柔し、それを基にして多数の銃火器を搭載した「ウォーマシーン」、そして量産型の遠隔操作式無人アーマー「ドローン」を作り上げる。
博覧会にて華々しく発表される無数のドローン。そして、それを先導するウォーマシーンことローズ。だが、ヴァンコの手によって密かに細工が施されたドローンは突如制御を失い、ウォーマシーンも中に入っているローズもろとも暴れ始めた。
果たしてトニーはアーマーたちの暴走を止め、ヴァンコに打ち勝つことが出来るのか…。

WHAT is“アイアンマン”?
アイアンマンは、天才的頭脳を持つトニーが、自ら創ったハイテクのスーツを装着し世の悪と闘う、リアルタイプのヒーロー。空を自在に飛び、力を増幅させ、武器も装備した<パワード・スーツ>は、使用次第では超兵器になる威力を秘めているが、トニーは正義のシンボルとして改良を重ね続け、ひたすら悪に立ち向かうその姿は世界中を魅了した。そして今作では、更に驚きの進化を遂げた<パワードスーツ>が登場するウワさも!?

WHO is“トニー・スターク”?
セレブで天才的発明家のトニーは、ファーストフードと女性に目がなく、自己中でボヤいてばかりの変わり者。反面、情に厚く憎めない魅力に溢れている。そんな彼がある事件をきっかけに改心し、パワード・スーツを創作。時折、副業のヒーロー“アイアンマン”となる。『アイアンマン』最大の魅力であるトニー役は、前作で大ブレイクしたロバート・ダウニーJr.が続投。『シャーロック・ホームズ』ではゴールデン・グローブ賞を受賞するなど、人気実力を兼ね備えたハリウッド・スターである。



感想。ネタバレ要注意
早速観てきました(*´Д`*)
前作の方が面白かったかな。
あ、エンドロールの後に次回作の予告みたいなオマケ映像付なので最後まで座っていてくださいね。

今回は「トニー・スターク半分やけくそ編」w
生命維持装置でもあるアーク・リアクターのコアに用いられているパラジウムの消耗が激しく、その毒素が血液を通じてトニーの体内に流入しているので、パラジウムの代用になる無害な元素の配合を発見しないと自分の命が保たない事を理解し、なんだか半ば自暴自棄っぽくなってるトニー氏です。
そんなトニーに襲いかかるロシアからの強敵イワン・ヴァンコとの対決ですね。
今回は「3」への布石的な立ち位置なので、そんなには面白くはなかったかなー。
や、面白いんだけれど、最終章の前だからラスボス出てきてねーよ的なアレですよ。

前にシャーロック・ホームズを観たので、脳内でトニーがホームズに見えてしまってたw
でもシャーロック・ホームズを観たときは、ホームズがトニーにしか見えなかったw
個性的な風貌だからねぇ、ロバート・ダウニー・Jr。
好きだけれどね、シリアス一辺倒にならない所が良い(^_^)b

今回のアイアンマン2も、コミカルな面とシリアスな面のバランスが丁度良かったです。
重々しくならず、そしておふざけが過ぎることもなく、良い感じの雰囲気(*´Д`*)
ロボット好きには堪らないアイアンマンスーツ装着場面が好き♪

あと、スカーレット・ヨハンソンのアクションが格好良すぎる♪
こんなおねーちゃんに踏まれたい(おいおいおいおい)
雌豹ってイメージだよね(*´Д`*)
グウィネス・パルトロウが霞んでしまうかと思うくらいに存在感たっぷりの肉体派美女ですっ♪

前回の衝撃よりは若干劣りますが、面白いには変わりないので気になる方は是非!

これ以上の感想は、ネタバレになりますので見たくない方はここで脱出お願いしますm(__)m
大丈夫な方は、このまま下までスクロールプリーズ↓


































なんていうか、前回のアイアンマンスーツ製作といい、今回のロシア製wといい、優秀な頭脳と技能があれば別に最先端のラボなんて不要なんじゃないかと思ってしまう。
ガンダムだって町工場で作れそうな勢いだしww
それはおいといて、今回の敵イワン・ヴァンコは色々中途半端だったような気がする。
エキスポ会場だけではなくて、もっと徹底的に街中で暴れるとか無かったのか。
鳥ラブラブなのには、ほのぼのオヤジかよと笑っちゃったけれど。
きっと鳥と二人きりの時は赤ちゃん言葉で話しかけてるに違いない。

今作は、はっきりいって次回作への踏み台にしか過ぎないと思う。
いろんな伏線をばらまいていったきりなので、それを回収するのが「3」になるんだね。
S.H.I.E.L.D.も本格的に絡んできそうだし、ラストのニューメキシコ州での落下物が次回への大きな鍵かと。
そういう次回作の事は公開されてから考えることにして、今回の感想をいろいろ書いてみる。

秘書のペッパーとトニーの関係は、なんていうか母親と我が儘息子の力関係のように見えて笑える。
仕事は出来るのに、恋愛は超不器用な二人の関係も、ラストでようやくワンステップ上がった感じ。
でもこれからも、この力関係は不動のままなんだろうなw

親友が居るってのは、良いよね。
ローズ空軍中佐の存在が無かったら、今回は乗り越えられなかったと思う。
一歩下がって見てくれる信頼できる友人の助言や助力というのは、何よりも代え難いものだとつくづく思わせる。
アイアンマンスーツ同士の喧嘩は、勘弁して欲しいけれどw

今回は、父親の愛情をやっと理解することが出来たトニーだった。
色々な人々に支えられている事が、理解出来たのではなかろうか。
ヒーローは、単独では成り立たないと思うんだよね。
自分の余命が僅かだったりしてたことで、そういうのが見えてなかったトニーだけれど、特殊機関S.H.I.E.L.D.長官ニック・フューリーの助言などで色々大事な事に気付いたらしい。
次回のS.H.I.E.L.D.との関わり合いが楽しみ♪
ニューメキシコ州での落下物って、マイティ・ソーのムジョルニア?

他にも書きたいことはあるけれど、文字数制限が(´;ω;`)
これだから楽天ブログは(^_^;)

取り敢えず、3への期待感を煽るような内容の2でした。
トニーの持ってたスマートフォンが欲しいw






Last updated  2010.10.23 14:36:37
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.