065890 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

f5.6の瞳

PR

カレンダー

カテゴリ

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

亀居珈琲の自転車日記 亀居珈琲さん
二人でPhotolife @とちたんさん
Fireのアトリエ Fire@K100Dさん
写真や、ムービー … MemoRoomさん
小梅パパのフォトロ… 小梅&にーにゃんさん
2008年02月13日
XML
カテゴリ:Classic Camera
事故。

量販店で新品を眺めている分にはまず起こらないのだが、どうにも古物商には事故を誘発する要因が非常に多いような気がする。

メガテン風に言うならば満月時に合体事故率が上がるようなものなので(たとえが悪すぎです)出費は大差なかったりして採算が合ってしまったような気分になるからなお悪い。


そもそもである。
167MT用に50mmと135mmの溝を埋めるようなレンズを探していた筈なのである。

懐具合と性能を相談した結果、Sonnar85/2.8を買う事にして、そのつもりでカメラ屋に行った訳なのだが、、

ContaxIIa

……なんというかアレである。
Sonnarというところは同じなのだが、そもそもF=1:2/5cmである。
しかも本体も付属している。
(注:本体の方が高価です)


本当に何がいけなかったんだろうなぁ、、と思いながらも損した気分はどこにもなく、一刻も早くフィルムを現像すべく、兎角シャッターを切ったと記憶している。

p0212001.jpg
Contax IIa, Sonnar 5cm/2(戦前), DNP CENTURIA 100

まあ、アレである。
無理して戦前のレンズを選んだので、前玉がキズだらけで激しくフレアが出る。
戦後の玉ならば比較的綺麗な玉もあったのだが、どうしても沈胴式のレンズが欲しくて、つい古い方を選んでしまった。

近いうちに一般撮影用として戦後のコーティングレンズでも1つ買っておこうかとも思うが、どうにもこの沈胴式の古くさくて持ち運びに困らない戦前レンズに慣れてしまうと、これ以上かさばるレンズに変えようという気が起こらなくなってしまう。

どうでも良い話、このレンズにはモノクロが良く似合うなぁと思う。
フィルムも最近の綺麗なヤツじゃなくて、粒子ザラザラの力強いフィルムが。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2008年02月14日 01時52分12秒
コメント(1) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.