5801407 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あま野球日記@大学野球

大学野球のブログです。

東京六大学を中心にした大学野球、そして今はなき近鉄バファローズの記事を書いています。

■楽天ブログ『大学野球を応援しよう!』『近鉄バファローズを忘れない!』を運営しています。
2022.06.22
XML
カテゴリ:大学野球
​​1部最下位だった中央大が残留できるか、それとも2部を制した東洋大が3季ぶり1部復帰を果たすか?両校とも1勝1敗で迎えた大一番。中大・西舘勇陽(3年、花巻東)、東洋大・細野晴希(3年、東亜学園)の先発で始まった試合は、塁上を多いに賑わせた1・2回戦とは異なり俄然引き締まった試合になった。​​


(1・2部入替戦 3回戦)

東洋 100 000 000 =1
中央 000 000 002X =2
(東)細野‐河北‐島田、(中)西舘


 初回、東洋大は西舘の立ち上がりを攻める。1番・松本渉(4年、龍谷大平安)が三塁線を抜ける安打を放つと、レフトが打球処理を誤る間に一気に3塁へ。一死後、3番・石上泰輝(3年、徳島商)が右前に安打を放ち、三塁走者が生還。プレーボールからほんの数分の出来事だった。

 一昨日は不安定な投球を見せた西舘だったが、この場面は後続を断ち切ると、次の回からは一転して快投を見せた。2回以降許した安打は2本、奪った三振は11個。5回から7回にかけて5者連続三振も奪った。一方の東洋大・細野も負けていない。ゆったりしたフォームから時折見せる150㎞超の直球は、相手打線を幻惑し続けた。

 どちらもチャンスらしいチャンスもなく、スコア1-0のまま進行した。また、どうしたわけか、東洋大がこのまま勝利するといった空気も全くなかった。むしろ「大一番、このように膠着した試合は後攻めのチームが有利」。ボクはそんな予感を抱くようになっていた。

​ そして9回裏、予想どおり試合が動いた。東洋大は細野がすでに降板し、8回からは河北将太(4年、浦和学院)が登板、安定感たっぷりに相手打線を抑えていた。ところがこの回、中央大先頭の2番・中前祐也(3年、浦和学院)が打席に入ると、途端に制球を乱した。「ここを抑えれば勝てる!」といったプレッシャーがあったか、一球もストライクが入らずにストレートの四球を与えた。いずれも外角に大きく外れるボールだった。続く3番・森下翔太(4年、東海大相模)にもカウント3-1から四球を与えて無死一・二塁に。

 ここで東洋大ベンチは河北に代え、3番手に島田舜也(1年、木更津総合)をマウンドへ。4番・北村恵吾(4年、近江)が送りバントをすると、捕球した島田が一塁へ悪送球。ボールが転々とする間に二塁走者が生還しまず同点とした。さらに無死一・三塁の場面で5番・石井巧(3年、作新学院)が前進して守る二塁手の脇を抜ける中前打を放ち、三塁走者を迎え入れてサヨナラ勝ちを決めた。

 勝敗が決した瞬間、中央大の選手たちは歓喜の雄たけびを上げた。一方東洋大の選手たちの動きは止まり、皆その場に伏した。入替戦の結末はいつも同じ。これまでも何度も見てきたけれども、感情移入を禁じ得ない。”入替戦は東都の花”と云われる所以だろう。

​ 中央・清水達也監督は「選手たちの成長が最後に出た。本来なら日本一を目指してやってくる中で、こんな場(入替戦)に立たせたくなかった。成長して勝ってくれたのが嬉しい」と涙声で話した。(サンケイスポーツ)​


​​






Last updated  2022.06.22 21:43:22
コメント(0) | コメントを書く


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Recent Posts

Archives

2022.02
2022.01
2021.12
2021.11
2021.10

Comments


© Rakuten Group, Inc.