4332807 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あま野球日記@大学野球

大学野球のブログです。

東京六大学を中心にした大学野球、そして今はなき近鉄バファローズの記事を書いています。

■楽天ブログ『大学野球を応援しよう!』『近鉄バファローズを忘れない!』を運営しています。

《アクセス数履歴》

アクセス数:2,500,000件を達成。2016年5月30日
日記件数:2502件目、開設:4089日目です。

アクセス数:2,000,000件を達成。2015年5月26日
日記件数:2420件目、開設:3720日目です。
2019.05.03
XML
カテゴリ:大学野球
​ ​​昨日(5月2日)行われた駒澤大(1敗)-東洋大(1勝)の2回戦は、駒澤・福山優希(1年、八戸学院光星)、東洋・渡邊友哉(1年、報徳学園)、両校とも1年生投手が先発した。​​


東洋  001 011 100 =4
駒澤  400 400 10X  =9



​ 駒澤打線が初回から爆発した。二死後、3番・山ノ井豪成(3年、青藍泰斗)の二塁打を皮切りに3本の長短打と四球を絡め、一挙に4点を奪った。その後東洋に1点を失うものの、4回には9番・緒方理貢(3年、京都外大西)の適時打で追加点を奪うと、さらに2番・林琢真(1年、東邦)の走者一掃の右中間越え三塁打が飛び出し、駒澤は中盤で勝利を決定づけた。​

​ 駒澤の先発・福山は初回こそ三者凡退に抑えるも、2回から7回まで毎回長打を浴びる苦しいピッチング。それでも粘り強く後続打者を打ち取り、初先発初勝利への道を切り開いた。6回1/3、103球、被安打7、与四死球3、奪三振2、自責点4。東洋大は4番・佐藤都志也(4年、聖光学院)が3打席連続二塁打で気を吐いたが、序盤に大量失点とあっては攻め手を欠いたようだ。​

 さて、駒澤・福山の名前を聞いて思い出すのは、昨年夏の甲子園。1回戦・明石商との対戦。八戸学院光星はエース福山が先発し、一時は6点差をつける大勝ムード。しかしじわじわと追い上げに遭い、福山降板後の7回、ついに同点に追いつかれた。そして延長10回にやっと決勝点を挙げたのだが、まさに薄氷の勝利だった。

 ちなみにこの試合、明石商には、今年センバツで史上初の先頭打者本塁打とサヨナラ本塁打の離れ業(対智弁和歌山戦)を演じた来田涼斗がいた。





(写真)初先発・初勝利の駒澤大・福山。






(写真)福山の八戸学院光星時代。NHKより。





(写真)4回、駒澤大・緒方が左前へ適時打を放つ。





(写真)東洋の先発投手・渡邊。報徳学園時代の同級生には現広島カープの小園海斗がいる。3年時、2018年夏の甲子園に出場した。初戦は8月11日の第3試合(対聖光学院戦)だったが、同日第2試合は福山のいる八戸学院光星と明石商の一戦だった。






(写真)東洋の4番・佐藤は3打席連続の二塁打を放つなど気を吐いた。






Last updated  2019.05.03 02:27:51
コメント(0) | コメントを書く

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Recent Posts

Archives

2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10
2018.09
2018.08

Comments


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.