4067809 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

あま野球日記@大学野球

大学野球のブログです。

東京六大学を中心にした大学野球、そして今はなき近鉄バファローズの記事を書いています。

■楽天ブログ『大学野球を応援しよう!』『近鉄バファローズを忘れない!』を運営しています。

《アクセス数履歴》

アクセス数:2,500,000件を達成。2016年5月30日
日記件数:2502件目、開設:4089日目です。

アクセス数:2,000,000件を達成。2015年5月26日
日記件数:2420件目、開設:3720日目です。
2018.09.17
XML
カテゴリ:大学野球

​ スコア3-3の同点で迎えた9回裏、明治の攻撃。二死ながら二塁に走者を置いて、代打・北本一樹が放った打球はセンター手前に飛ぶ強烈なライナー。だれもが明治のサヨナラを確信したその時、法政のセンター・船曳海(3年、常総学院)が打球との距離感を図りながら前進すると、次の瞬間、えいっ!とばかりに前にダイビング。地面すれすれで捕球してアウト、ゲームセットになりました。センター正面に飛ぶライナーの捕球は難しいもの。ふつうならセンター前ヒットの当たりでしたが、この回から守備についた船曳の、慎重かつ大胆な超ファインプレーがチームを救いました。


 今日行われた法政大ー明治大1回戦は白熱した好ゲームでした。が、夜はプロ野球併用日のため延長はなし。結局、スコア3-3の引き分けで終了しました。ここ数年低迷を続ける法政ですが、(1)エースがちゃんと試合をつくる、(2)1、2番の打者がちゃんと出塁してチャンスメークする、この2点さえできれば好試合ができることを、今日のゲームが証明しました。


​​​ まず、今季エースとなった三浦銀二(1年、福岡大大濠)は伸びのある直球と切れ味鋭い変化球、そして打者のタイミングを外す頭脳的ピッチングで明治打線を翻弄し続けました。7回、100球、被安打4、奪三振9、与四死球1。自責点は2ですが、2本の適時打は詰まらせたものの内野の間を抜けるアンラッキーな面がありました。また、「打」では1番・宇草孔基(3年、常総学院)が「弾んで」います。プレーすることを心底楽しんでいる様子で5打数3安打1打点の絶好調、9回の土壇場では同点適時打を放ちました。そして2番・小林満平(4年、中京大中京)もガッツプレーを披露するなど元気一杯。初回に内野ゴロで一塁へヘッドスライディングしてチームを鼓舞すると、4回には三塁打を放ち先制点のチャンスメイクをするなどの活躍でした。​​​


 面白かったのは、1点差を追う9回表の攻撃時。一死後、代打・吉岡郁哉(4年、智弁学園)が安打で出塁すると、法政ベンチは斎藤卓拓(4年、大宮西)を代走に送ります。そして打者・宇草の時にすかさず二盗を決め、直後に宇草の同点適時打を飛び出したのです。1点ビハインドの最終回の場面、盗塁のサインは「ギャンブル」に近いですが、もしこの時二盗の決断がなければ、同点に追いついたか疑わしい。青木監督の好采配と言えるでしょう。


 一方の明治。中盤まで法政・三浦の投球に翻弄され続けました。特に3番・逢澤、4番・越智らはまったくタイミングが合わず、越智はセーフティバントを試みるほどに打つ手なしの状態。しかし7回、明治ベンチはダブルスチールを敢行することで強引に「流れ」を手繰り寄せると、直後に代打・内山の同点に追いつく2点適時打が飛び出しました。「投」は森下暢が完投、粘りのピッチングを見せました。9回、150球、被安打9、奪三振9、与四死球3、自責点3。




ミズノ 東京六大学野球 マフラータオル 全6校 立教大学 早稲田大学 慶應大学 明治大学 法政大学 東京大学 52ZH9011 応援グッズ 応援タオル 大学野球ファン 立大 早大 慶応大学 慶大 明大 法大 東大 mizuno




写真は上から、

(写真1)法政・三浦銀二

(写真2)5回、法政・小林満平が内野安打となる適時打を放つ

(写真3)9回、法政・宇草孔基が同点適時打を放つ

(写真4)明治・森下暢仁

(写真5)8回、越智達矢が一時は同点となる適時打を放つ




三浦.JPG

小林適時打を放つ.JPG

宇草が同点適時打を放つ.JPG

森下暢.JPG

越智.JPG







Last updated  2018.09.23 00:03:29
コメント(10) | コメントを書く

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Recent Posts

Archives

Comments


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.