5062691 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あま野球日記@大学野球

2008.09.06
XML
カテゴリ:大学野球

戦場への出陣直前、選手たちに「最後」の野球(=早慶戦)をやらせて
あげたい一心で、奔走する飛田穂州(すいしゅう、本名:忠順)。
軍部の意向を受け、早慶戦の開催を断固として拒否する早稲田大・
田中穂積総長との対立。


映画『ラストゲーム 最後の早慶戦』を見た。


映画を見て、ボクは初めて知ったことがあった。それは、慶應義塾大からの
誘いに対し埒のあかない早大当局に業を煮やした飛田穂州(早稲田大野球
部顧問、当時)が、独断で試合を決行したということ。


俳優・柄本明が演じる飛田先生は「朴訥」な「熱血漢」。決して器用ではなさそう
だけど、「野球の指導者」として、そして「教育者」としての信念を貫き続ける人
に見えた。

----------------------------------------------------------------

試合終了後の早慶両校のエール交換で、映画のクライマックスを迎える。
双方が一緒になって歌う校歌・応援歌に、ボクは大いに感動した号泣



スマイル1日1クリックお願いします大笑い
>>人気ブログランキング  









Last updated  2009.09.08 20:57:38
コメント(0) | コメントを書く


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Recent Posts

Archives

Comments

ヒロ吉田@ Re:1972年、近鉄が甲子園を制したジャンボ仲根(正広)を1位指名(12/08) この試合は国会図書館で調べたらたしかに…
ラーメンマン&あしたのジョー@ I was impressed. 当時高校一年生でした。これ以上感動を与…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.