4442689 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あま野球日記@大学野球

2019.04.28
XML
カテゴリ:大学野球
​​ 今日行われた慶應義塾大ー法政大の2回戦は、接戦の末に法政が慶應を5-4で下し1勝1敗のタイに持ち込んだ。



慶應  000 110 200 =4
法政  400 100 00×  =5


 ​法政は、初回に慶應先発の木澤尚文(3年、慶應)を捕らえ、5番・相馬優人(4年、健大高崎)の適時打で「流れ」を呼び込むと、続く6番・安本竜二(4年、静岡)の3点本塁打が飛び出し、あっ!という間の大量得点。相馬の5番起用が見事に当たった。さらに4回には、1番・宇草孔基(4年、常総学院)にソロ本塁打が飛び出すなど、法政が有利に試合を進めた。先発の鈴木昭汰(3年、常総学院)も好投、落ちる変化球を効果的に使って6回2/3、慶應打線を失点2に抑えた。​


​ しかし、このままでは終わらない。法政の救援投手陣の弱さが露呈する。7回、走者2人を置いて鈴木から朝山広憲(4年、作新学院)に代わると、いきなり3番・中村健人(4年、中京大中京)に2点適時打を浴び、あと1点差まで迫られた。8回からは、昨日、101球を投げたばかりの三浦銀二(2年、福岡大大濠)に頼らざるを得なかった。そして虎の子の1点を守りぬき、法政にとってまさに「薄氷の勝利」だった。​


 高橋佑樹(4年、川越東)や高橋亮吾(4年、慶應湘南藤沢)を温存できた慶應に対し、明日の先発そして救援投手も見えない法政。今日勝利しても、かえって慶應の投手陣の盤石さを一層浮き彫りにした格好だ。
​​​ 


上から
(写真1)最後の打者を打ち取り、雄叫びを上げる法政・三浦銀二。

(写真2)好投した法政・鈴木昭汰。

(写真3)5番抜擢に応えた法政・相馬優人。

(写真4)初回に3点本塁打を放った法政・安本竜二。

(写真5)4回、本塁打を放ち生還する慶應・嶋田翔。

(写真6)好投した慶應・増居翔太(1年、彦根東)。

(写真7)2イニングをほぼ完璧に抑えた慶應・佐藤宏樹。




















​​​



​​






Last updated  2019.04.28 22:37:54
コメント(0) | コメントを書く

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Recent Posts

Archives

2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11

Comments

あいう@ Re:1995年、野茂英雄の近鉄退団劇~古田敦也氏の発言に思うこと。(11/03) 読んだけどあんたに先見の明はないな 日本…
gwenvc3@ enjoy new website Teen Girls Pussy Pics. Hot galleries <…
Kevinhon@ Нашел познавательную новость Привет всем участникам! Нашел необычну…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.