053925 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

らくらくよしなのブログ

PR

X

全20件 (20件中 11-20件目)

< 1 2

なんでも雑談

2021年05月19日
XML
カテゴリ:なんでも雑談
田村正和さんが死去-4月3日に心不全で・・・風邪をこじらせ2月に入院、近年は仕事をセーブしていた - 記事詳細|Infoseekニュース
刑事ドラマ「古畑任三郎」などで人気を博した俳優の田村正和(たむら・まさかず=本名同じ)さんが4月3日午後4時20分、心不全のため東京港区の病院で死去したことが18日、分かった。77歳。葬儀・告別式は親族で行った。喪主は妻・和枝(かずえ)さん。昭和の時代劇スター阪東妻三郎さんの三男として生まれ、映画デ…



 

 古畑任三郎、大好きな作品なので、驚きのニュースです。
 田村正和さん、見た目が若々しいので、まだ50代ぐらいかと思っていたのですが、もう77歳だったのですね。
 それでも、まだまだこれからという感じの年齢ですが。
 ご冥福を。






最終更新日  2021年05月19日 20時46分20秒
コメント(0) | コメントを書く


2021年05月14日
カテゴリ:なんでも雑談
モトローラの5Gスマホ「moto g100」は撮影関連機能がおもしろい! - 記事詳細|Infoseekニュース
モトローラ・モビリティ・ジャパンが、SIMフリーの5Gスマホ「motog100」を発表しました。価格は5万8800円で、5月28日に発売予定です。「motog」ファミリーはモトローラの売れ筋で、従来はコスパに優れたミッドレンジモデルがラインナップされていました。しかしmotog100はかなりハイスペ…



 

 昨今のスマホは、カメラの機能がかなり向上していますね。
 カメラの機能が充実していて、ちょっと私には使いこなせないかも💦
 でも、普通に撮るだけでも綺麗に撮れるのが、昨今のスマホ。
 試しにパシャリと一枚 綺麗な風景でも撮って、色んな人に癒しを届けるのも良いかもしれません。






最終更新日  2021年05月14日 07時10分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年05月12日
カテゴリ:なんでも雑談
国内で6千人超感染、百人超死亡 重症者は最多の1176人 - 記事詳細|Infoseekニュース
国内で11日、新たに6242人の新型コロナウイルス感染者と113人の死者が報告された。全国の感染者は7日から3日連続で6千~7千人台の高い水準で推移、10日は5千人をわずかに下回っていたが、再び増加した。11日は3県で過去最多となるなど各地で深刻な状況が続いている。死者が100人を超えたのは7日以来…



 ある意味、コロナの話題が当たり前になってきた昨今。
 でも数字だけでは正直、実感はないですね。
 私の身近な人で、感染者や濃厚接触者がでたという話しがありましたが、差別なども感じないこともあって、危機感は薄いように思えます。
 ですが、確実に感染者の数は増えており、変質したコロナウイルスも出たという話しも・・・。
 買い物に行く時は、できるだけ一人で行く。人の集まるところにはいかない。不要不急の外出は避ける。マスクをつける。手を洗い、うがいをする。
 一人一人の、できる限りの感染予防を、心がけたいものです。


  






最終更新日  2021年05月12日 07時18分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年05月09日
カテゴリ:なんでも雑談



 ジェームズ・キャメロン監督の作品 映画タイタニック。
 1997年に作られた映画ですが、今でも色あせない名作ですね。
 
 舞台は豪華客船「タイタニック」。アメリカ、ニューヨークでの成功を夢見る貧乏画家、ジャックと、政略結婚により自由と希望を見失ったローズが偶然出会い恋に落ちるが、タイタニックは氷山にぶつかってしまい・・・。

 と、いった感じの作品。

 しかし、個人的に、この作品 地味に気になることがある。
 
 それは「もし、タイタニックが沈んでいなかったら、ジャックとローズはうまくいっていたのか?」という点だ。

 結論からいうと「うまく行くはずがない」というのが、私の見解だ。

 上流階級と、貧乏画家の愛し合う様子に、視聴者は思わず涙するだろう・・・が、冷静になって考えてほしい。
 そう、ローズは「婚約」しているのである。
 つまりは、何をどう言い訳しようと「不倫」であり、もし婚約破棄となったら、何をどう言おうと、婚約破棄原因を作ったのはローズ。
 ローズの婚約者であるキャンドルが、ただで済ますはずがない。

 まぁ、ローズの母親と、ローズのメンタルは強そうなので、「金なんてくれてやる!」「一からやり直しだ!」 と、奮闘もしそうだが、泥沼になることは必須。

 しかし、ジャックは?
 キャンドルの性格上、ジャックにも何等かの報復をすると考えられますが、無い袖は振れない。
 
 なので、ジャックに対する何等かの制裁も、ローズ(と、ローズの母親)が片付けることになるだろう。
  
 もう、その時点で、ゲンナリ・・・燃え上がった恋心も、冷静になりそうな気もするが・・・。

 まぁ、色々と問題を片付けて、ジャックとローズはニューヨークで暮らし始めた・・・と、仮定します。
 で、ここで、問題になるのは、収入。

 何をどう考えても、ジャックにコネはなさそう。
 ローズの方にはコネはあるかもしれない。そうでなくても、上流階級ゆえにそれなりの教養があるはず。
 それなりのお宅で、家庭教師なり、給仕なり、ベビーシッターなりで、働く需要はあるだろう。

 だがジャックは画家だけで、食っていけるかというと疑問である。
 ローズのコネで、上流階級の方々に絵を見てもらうチャンスはあるかもしれない。
 しかし、ローズに言われて、ホイホイと絵を買ったり、評価するかというと疑問だし、それに問題がある。
 
 そう、ニューヨークには、あの大恐慌という不況の嵐が巻き起こるのだ。

 不況の中、絵なんて娯楽に、金をかけられる人間がどれだけいるだろうか? 
 それ以前に、絵をかく画材や、絵の具を買えるだろうか?
 
 でも、ジャックが画家以外の仕事つこうにも、教養がない。コネもない。そんなジャックがまともな職につけるかというと、これも疑問。
 
 こうなると、すさんだ貧困生活で、ローズの愛情が枯渇するのが先か、ジャックの性格が荒れるのが先か・・・。

 うーん、どう考えても、うまく行く未来がみえない。

 もし、もしタイタニックが沈んでなかったら、ジャックとローズはうまくいっていたのか? 
 皆さんの意見も、お聞きしてみたいものです。

 

 






最終更新日  2021年05月15日 09時52分28秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:なんでも雑談
「カメラを止めるな!」 フランスでアカデミー賞監督がリメーク - 記事詳細|Infoseekニュース
制作費約300万円のインディーズ映画ながら異例の大ヒットを記録した「カメラを止めるな!」(2018年公開)がフランスでリメークされる。映画の公式サイトが7日、発表した。日本公開は22年を予定しているという。フランス版のタイトルは「FinalCut」。監督・脚本は、12年のアカデミー賞作品賞など5部門…



 日本で話題になった、あの「カメラを止めるな」が、まさかのフランスでリメイク!
 一体、どうなるんでしょうね? フランスのオシャレな場所で撮影したら、オシャレな風景と、あの内容がギャップを産んで、かなり面白いことになりそうです大笑い
 日本の作品を、そのまんまリメイクするのか、それともオリジナル要素を入れるのか。どちらにしろ、面白い作品になりそうな予感。
 完成したら、ぜひ見たいものです。

 







最終更新日  2021年05月09日 11時08分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年05月07日
カテゴリ:なんでも雑談
米紙 日本政府に五輪中止提言 パンデミック下での開催は「非合理」 - 記事詳細|Infoseekニュース
米紙ワシントン・ポスト(電子版)は5日付で、日本政府に東京五輪中止を促すコラムを掲載した。冒頭で国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長を「ぼったくり男爵(BaronVonRipper―off)」と表現し、「金ピカの偽善者らとともに日本を踏み台に使うことを決めた」と東京での五輪開催を表現。「地方…




 
 何かと注目のオリンピック。
 今のところ、開催しますという感じになっていますが、どうなのでしょうね?
 個人的には、開催しない方が良いと思うのですが。
 オリンピック後に、コロナ感染が広まったら、それがオリンピックのせいじゃなかったとしても、オリンピックのせいする国・人間は間違いなくいるでしょうし、イメージが悪くなるのは間違いない。
 開催するとしても、完全無観客とかにした方が良いのではないかと、思います。
 しかし、開催日が迫るなか、今から完全無観客・・・例えばインターネットでの中継・配信などにするには、何かと準備が足りないのでしょうか?
 オリンピックの準備のためにお金をかけたので、それを取り返したい気持ちもわかります。
 しかし、オリンピックは、そもそもお金儲けの道具ではないことを思い出し、国には正しい判断をしてもらいたいものです。






最終更新日  2021年05月07日 06時52分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年05月06日
カテゴリ:なんでも雑談
『大豆田とわ子と三人の元夫』“八作”松田龍平、女性に嫌われる言動の数々に反響 - 記事詳細|Infoseekニュース
女優の松たか子が主演を務めるドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の第4話が4日に放送され、松田龍平演じる八作が見せた、女性からわざと嫌われようとする言動に対して、ネット上には「逆にかわいい」「頑張ってるのかわいい」といった反響が寄せられた。とわ子(松)にとって…


 
 女性に嫌われる言動を必死にする姿が、かわいいと話題に(笑)
 女性に嫌われる女性の行動って、案外 男にはウケが良い(と、いう偏見)があるのですが、どうなんでしょう?
 女を全面に出して、男にアピールしまくる女には、気を付けてくださいよ男性みなさん(苦笑)。







最終更新日  2021年05月08日 09時47分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年05月05日
カテゴリ:なんでも雑談
『北の国から』『家政婦のミタ』『俺の家の話』etc.「父と子ドラマ」ハズレなしの法則 - 記事詳細|Infoseekニュース
父と子たちが試行錯誤しながら人生を乗り越えるドラマは、これまで数々の作品がお茶の間の涙を誘ってきました。どうして感動するのか、おもしろいのか、つい見てしまうのか。話題となった作品を振り返りつつ、識者に見解をうかがいました!存在感のある俳優として知られ、映画やドラマで活躍した田中邦衛さんが、さる3月2…



 身近なところにドラマあり。
 日本には家庭や日常を描いた、長寿なドラマが多いですね。
 3月24日に88歳で亡くなった田中邦衛さんが出演した「北の国から」を始め「渡る世間に鬼ばかり」、映画だと「男はつらいよ」もそれにあたるでしょう。
 身近な話しだからこそ、共感を覚え長寿になる人気作品になるのかもしれませんね。

 






最終更新日  2021年05月05日 08時47分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年05月04日
カテゴリ:なんでも雑談
乃木坂46生田絵梨花、写真集6度目重版で33万部突破 多くのファンに愛されロングヒット - 記事詳細|Infoseekニュース
人気アイドルグループ・乃木坂46の生田絵梨花(24)の2nd写真集『インターミッション』(2019年1月発売・講談社)が、6度目の重版で1万部を増刷し、累計発行部数が33万部となったことがわかった。発売から2年半以上が経過しているが、多くのファンに愛されるロングヒット作品となっている。【写真集カット…



 

 乃木坂46として活躍しながら、ミュージカル界期待の新星としても輝きを増す生田絵梨花を、アメリカ・ニューヨークで撮り下ろした商品。

 肌の白さや、身体のラインの綺麗さが存分に表現されている写真集。

 ファンなら必見ですね!






最終更新日  2021年05月04日 11時45分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年05月03日
カテゴリ:なんでも雑談
連載中に作風が変わりすぎたマンガ3選 本当に同じキャラ!? - 記事詳細|Infoseekニュース
■作風を変えることで一気に人気マンガに成り上がった作品たちマンガの週刊連載を続けていくなかで、人気を維持していくために作風や画風が変化していくことは少なくありません。作風をギャグからバトルへ路線変更するなどテコ入れされて作風が崩壊してしまうようなことも。そんな連載中に作風が変わった作品の中でも、大き…



 長年、続いている漫画が、作画が変わることは珍しくないですよね。
 個人的には「こちら葛飾区公園前派出所」も、かなり変わっていると思います。
 まぁ、200巻も続いたのですから、そりゃ変わりますよね。




 あとは、名探偵コナンでしょうか。こちらは、もう少しで100巻! 
 度々、話題になるあの毛利 蘭の特徴的なとがった髪型も、最初は丸っこいフォルムだったんですよね。


 

 家で過ごす時間が長くなる今日、この頃。長編漫画を読んで、過去と今の画風の違いを比べてみて楽しむのも良いかもしれません^^







最終更新日  2021年05月03日 20時24分23秒
コメント(0) | コメントを書く

全20件 (20件中 11-20件目)

< 1 2


© Rakuten Group, Inc.