206393 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ペルー・アマゾン先住民シピボ族と伝統工芸泥染め

PR

プロフィール


アマゾン屋

カテゴリ

バックナンバー

2018.04.15
XML
「世界のテキスタイル展」に出展させていただきます。

場所 Roots Shop 猪苗代
日時 2018年 5月19日sat−27日san
http://roots.jp/rootsshop.html

少し先の予定ではありますが、アマゾン屋としては今年最初の展示販売会でもあります。
地方での展示会もはじめてです。商品を預けて展示と接客もお任せする委託販売ですが、実際に手にとって泥染め布を味わって頂ける場所を頂き、新鮮にありがたく感じます。アマゾンの泥染だけでなく、他にも世界の数カ国からの珍しい布が一緒に展示されるそうです。是非ご予定を合わせて遊びにいらしてください。

後日にまた詳しく内容をお知らせします。


上・企画展の会場は一番奥にある白いお部屋です。

【Roots Shop猪苗代にて展示販売】

Roots Shop(@猪苗代)では毎月お店の一室を使って様々な「企画展」を開催されており、来月の「世界のテキスタイル展」5月19日ー27日に「アマゾンの泥染め」出展させて頂くことになりました。店長さんが泥染に興味を持ってアマゾン屋を探してくださった流れでお誘いを頂き、とても嬉しいご縁です。私にとってこのようなお誘いは何より嬉しいことでした。

2年前にも同じようにネットでアマゾン屋を探し出してくれたROUND ROBIN(@茅場町)さんとの出会い「神様が導いてくれた運命の出会い」と心底感謝したものです。

もともと日本での販売の展開として私が希望していたことは、民芸品であるアマゾンの泥染布の価値を高め実用品としてインテリアに生かす提案をすることでした。ただバラまけばいいわけではなく、アマゾンの泥染布を気に入ってくれる店長さんがいる店で、価値を十分に理解した上で、良質な家具や洗練された生活雑貨の中に、そっと取り込めるようセンス良く扱ってもらうこと。
アマゾンの泥染布を気に入ってくれる店に託せれば、それが一番理想の道なのだろうと考えるに至った次第です。これまで15年以上自分が直接お客様に売ること以外に委託販売は考えられなかったため、ただただアマゾン屋にとっては大きな決断であり、とても複雑な思いです。

いつの日か自分のお店(アマゾン屋喫茶ギャラリー笑)をもつまでは、神様の導きと自然の流れに身を任せようと考えます。



上 Roots Shop店内 「GOSHIMA絨毯」を中心に広い店内には素敵なものが沢山あります

【猪苗代へ】
3月末の子供の春休みにRoots Shop猪苗代のお店まで行ってきました。慣れない国内旅行でスッタモンダの珍道中でしたが、猪苗代の町からタクシーでお店に到着した時には「わーこんなところに?!」と驚きがありました。店内には魅力的なものに溢れていて(特にGOSHIMA絨毯)夢中になりました。カフェも居心地がよく気持ちの良いところです。カフェの二階がショップになっています。3月の猪苗代はオフシーズンで静まり返っていましたが、美しい湖と温泉も楽しめます。車がなかったのでタクシーと歩きで(!!)たっぷりと猪苗代を満喫できました。お近くの方、遠くの方も是非足を運んでみてください。5月は桜も満開になるという楽しみもありますよ!!



【今後のこと】

アマゾン屋ではシピボ族のパートナーと共に試行錯誤して生み出した泥染や刺繍布のオリジナル素材とともに、テーブルウエアや生活雑貨と、「泥染バッグ」などを私が基本的にひとりで製作しています。
すべてがいってんものです。オーダーメイドのご注文は随時承っています。まずはお問い合わせください。
amazon.aya@gmail.com


今現在は5月の猪苗代での出展するための準備中です!!値段つけから在庫管理もいよいよ本気で整理しなければという機会です。簡単にはできませんが。。。

その後のことは、各地イベント出展の応募申請が始まらないと日程が確定しませんが、夏と秋は軽井沢と代々木公園でのイベント出展など考えています。
できればイベント出展だけでなく、年内に会場を見つけ「展示販売会@?どこか未定?」を計画するかもしれません。言うばかりでいつも実現していませんが、今年は少し頑張りたいです!!






最終更新日  2018.04.17 09:54:08
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.