272741 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ペルーアマゾンの泥染めとシピボ族の人々

PR

プロフィール


アマゾン屋

カテゴリ

バックナンバー

2009.04.18
XML
リマはいよいよ夏の最終コーナーってとこでしょうか、ここのところ朝晩とても涼しくなってきました。残暑って感じの蒸し暑さがあったかと思うと、強い太陽を感じる一方で光がセピア色っぽく秋を感じさせるような気がします。

リマは砂漠の土地柄で年間まったく雨が降らないので、住宅地の庭先の芝生や植木には水やりがかかせません。庭の植物たちも毎日の水やりなしではすぐに死んでしまいます。
冬は湿気があってまれに霧雨はあるので逆に水をあげすぎるとカビてしまうし、病気になりやすい、特に季節の変わり目、人間の我々も風邪気味の人が多くなります。実は私も・・。


さて、暗い冬が来る前に、染物を続けています。
最近は染めた後に「鉄媒染」でさらに色の変化を楽しんでいます。媒染剤の濃度によって定着する色が変わるのも奥が深く、実験は果てしなく続きます。

早く作品にしたいな・・・!!!






最終更新日  2009.04.19 01:58:03
コメント(0) | コメントを書く
[アマゾンの草木染め] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.