272257 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ペルーアマゾンの泥染めとシピボ族の人々

PR

プロフィール


アマゾン屋

カテゴリ

バックナンバー

全231件 (231件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 24 >

泥染めバッグ

2013.08.28
XML
カテゴリ:泥染めバッグ
一枚の布を思い切ってカットし、半分を染め、またその半分をさらに染めたりして、ひとつの模様の布をいくつかの色で分け、後からまた縫い合わせるデザインはアマゾン屋の看板商品のひとつだ。

丹念に泥を使って描かれる手書きの模様を一思いに切りというのは本当に大変な行為で、この作業を実行するのに何日も悩み考え迷った末にやる。どんな色に変化するのかも分からないのだ。でもたいてい期待に応えてくれる。

泥染布をたっぷりと使用した大きいたっぷりのバッグは、そんな思い入れの詰まった贅沢なバッグたちです。






最終更新日  2013.08.28 12:27:34
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:泥染めバッグ
10年くらい前なのかな。
無地に小さなワンポイントを片隅につけてシンプルなデザインを生み出した。
位置やバランスも難しかったが、このサイズはランチョンマットにしたりミニバッグにしたりした。
これはこれで、染める時に一枚ずつ作業するので面倒なことだ。
当時少し保管していた分を使って久しぶりにミニバッグに仕立てた。
販売会用のサービス商品となります。。。内心もったいないと思ってるけど。
お土産にもいいと思う。








最終更新日  2013.08.28 12:22:22
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:泥染めバッグ
シャーベットカラー?アマゾン屋オリジナルの淡い色にシピボ刺繍。
キルト綿を入れたふわふわのカワイイポシェット。(右はキルト綿なし)

小銭入れと鍵だけ入れたり?ちょこっとのおでかけに。。










最終更新日  2013.08.28 12:16:40
コメント(0) | コメントを書く
2013.08.27
カテゴリ:泥染めバッグ

ミニ刺繍を使ったミニ巾着。横幅が16cmくらい。
薄手に染めた無地の茶色はマホガニーの表皮を染料にした草木染めです。







最終更新日  2013.08.28 12:13:58
コメント(0) | コメントを書く
2013.04.27
カテゴリ:泥染めバッグ
自宅の一軒家のメンテナンス内装工事が始まって一ヶ月になるが、まだ風呂場、台所、寝室、各所の鉄格子の錆とりの他、今日はいきなり木工職人が入って玄関の木の扉のリフォーム。自分の仕事としては作業場の配線工事をするためにごった返しにされた狭い部屋に棚を付ける作業に入る。とにかくモノをどかして移し替える作業、整理整頓はその先にある。

それでも少しずつ復活に向けて着実に進めています。
たぶん、5月中旬には皆さんに来て頂くことができそうです。

人気商品の泥染黒巾着ふたつきミニバッグもご予約を待っています〜。
少しずつご紹介していきましょう。


泥染ネグロ.jpg






最終更新日  2013.04.27 12:21:44
コメント(0) | コメントを書く
2012.09.15
カテゴリ:泥染めバッグ

黒い厚手の生地にミニ刺繍をしたシリーズは2012の新しい試みのひとつ。
常に試行錯誤が続いてます。
今回のシリーズでは、周囲の黒い部分の幅を少し狭くして、押さえミシンをせずふんわりより手作り感を表現したものです。ちょっと色の具合が派手めですが、寂しいお部屋に置くと花が咲いたように明るくなるでしょう。


泥染と草木染めをした布に刺繍をしたこれまでのシリーズは今も続けているのだけど、「コースター」として実用する場合に悩みがありました。泥染と草木染めの模様や生地が、水滴などでにじみやシミを出し、洗ったりすることも安易にはすすめられません。

これまでは、水滴がつなかいようなことに使用してもらうようにお願いしていたけど、泥染と必ずしも一緒にせずに、シピボの刺繍の実用に結びつけることを重視してみようということに。






もちろん、泥染にした生地に刺繍を施したもののほうが深みがあり価値があります。できることならば、泥染布の場合は使い込んで洗うような対象としてではなく、大事にそっと使って頂くのがおすすめです。

今回は、実用を重視する場合の方向性です。実際に生活の中でより生かせるのであれば、それも一つの道でしょうか。


色のバリエーションは果てしないのですが、今回できたのは、1みどりセット2水色と青セット3ぴんくセット4むらさきセット5カラフルセット などがあります。是非セットでご自宅をかわいく飾ってみてください。







最終更新日  2012.09.16 00:00:10
コメント(0) | コメントを書く
2012.07.10
カテゴリ:泥染めバッグ
刺繍厚底バッグ大の裏.jpg

黒の泥染にしたラインを刺繍で埋めたデザインを生かした厚底バッグは人気シリーズで小さいサイズが主流でしたが今回は大きめ。
少し大型、というのは半端な感じもするけど、大型というのはもっと大きいのでその中間。幅は同じでも、高さが深くなるとずいぶん容量が増える。刺繍厚底バッグ大.jpg

このバッグの素材自体が特注なだけでなく、一部分を染めて刺繍するアイデアが「あやっち工房(私)」の自慢です。色々試してますが、このデザインがやっぱりピカイチです。

 







最終更新日  2012.07.11 01:03:24
コメント(0) | コメントを書く
2012.07.09
カテゴリ:泥染めバッグ

IMG_2611.jpg

 色は茶色を二度染めして、渋い薄茶になってます。

このタイプはご注文していただけるので、見本として日本の販売会に持って行きます。

軽いペーパー芯で裏地も薄い布なので大きいのにとても軽い仕上がり。

旅行の時や大きい物やかさばるものを持ち運ぶのに便利。飛行機の手荷物用にも。

お着物を入れるのにも良いサイズ。

私だったら沢山商品を入れて持ち歩くような「お使い行商」にも使ってるサイズ。

とにかく、大きすぎるほど大きいので、普段使いには薦められないです。

子連れのママ旅行にはいいかも。中におそろいの泥染め巾着で仕分けしてね。

円の模様のある大判の布を半分たっぷり使用した「泥染めデカバッグ」は、今後も作っていきます。

 







最終更新日  2012.07.10 00:35:43
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:泥染めバッグ

薄紫のデカバッグ全体.jpg

 

いつも人気の薄紫系のデザインバッグ。色あわせがとっても難しく、出来上がった時には達成感を感じる。下の写真はその裏側。まあ表でもよいが。

デザインの都合上、それほど厚底でもなくほどほどな厚みの大バッグ。

それでも大きいので一泊旅行くらいの時にも使えそう。

日本での展示販売会に連れて行きます。 

 

 

 

薄紫のデカバッグの裏.jpg







最終更新日  2012.07.09 13:56:53
コメント(0) | コメントを書く
2012.06.30
カテゴリ:泥染めバッグ
裏側を泥染めの黒にしたリバーシブル、どちらにしてもワンポイントの刺繍がついています。どっちを裏にしてどっちを表にするかは、あたな次第です。



貴重品を入れて持ち歩くのに、ちょうど良いサイズ。
裏側も同じ色のリバーシブル。

どちら側に折っても、ワンポイント刺繍がついています。l







最終更新日  2012.07.03 08:50:39
コメント(0) | コメントを書く

全231件 (231件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 24 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.