241603 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ペルー・アマゾン先住民シピボ族と伝統工芸泥染め

PR

プロフィール


アマゾン屋

カテゴリ

バックナンバー

全94件 (94件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >

シピボ族の泥染め布

2018.12.11
XML


2018コレクションは良品がそろった。


1四角蛇


2シンプル葉っぱ


3シンプル飾り




4円蛇




2018コレクションより
もったいなくて売りたくないくらい良く出来ています。売らないのかもしれない。

これでやっと11月に現地で受けとった大判布の撮影は終わったと思う。
半年で、大判はたったの、茶が一枚と白が5枚ほどだった。
今回の訪問で受けとったものは90cm白と75cm茶のものもあり、良品ばかりだ。

現地からの郵送にもお金がかかり、日本までわざわざ持ち帰ることも実際大変なことなので、毎年これからどうしようかと、いつも、たくさん考えている。布はすでに一生かけて売りらなきゃならないくらいある。

日本からペルーまでの旅費は往復15万ー20万ほど。彼らと打ち合わせることは不可欠だけど、買い付けだけを目的に毎年行ったり来たりなどできない。今年は引っ越しの荷物の片付けが必須だったこともあり、甘い母親が選別に全額旅費を出してくれたり、これまでリマで販売して得た「シピボ資金」はまだリマの貯金に残っていて、これがなくなるまでは活動は続けられると思っているけれど、もっちっと日本でも頑張って販路を見つけないと、伝統工芸の作り手を後世の若者たちに押し付けることはできまい。


早く少しだけでも落ち着いて、もっと前向きな新しいことが始められたらいいのにな。
本当はもっと楽しいこと考えて、もっと喜ばせたい。






最終更新日  2018.12.11 22:35:44
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.10


ペルーアマゾンの先住民族の伝統工芸
シピボ族の泥染めの作業工程
​​シピボ族の泥染めの作業工程






最終更新日  2018.12.10 16:15:37
コメント(0) | コメントを書く
2018.10.06
オンラインショップで販売中
アマゾン屋BASEショップ アマゾン屋













最終更新日  2018.10.06 14:56:38
コメント(0) | コメントを書く
2018.09.14








amazonya.thebase.in

ついにオンラインショップを立ち上げました。
日々少しずつ写真を撮って、取り込んで、更新する作業をしています。
果てしなく時間がかかる作業です。
どうしても気になるものがある方は是非直接リクエストしていただければ、優先的にご案内できますのでお気軽にご相談ください。







最終更新日  2018.09.14 22:53:06
コメント(0) | コメントを書く
amazonya.thebase.in

ついにオンラインショップを立ち上げました。
日々少しずつ写真を撮って、取り込んで、更新する作業をしています。
果てしなく時間がかかる作業です。
どうしても気になるものがある方は是非直接リクエストしていただければ、優先的にご案内できますのでお気軽にご相談ください。









最終更新日  2018.09.14 22:51:25
コメント(0) | コメントを書く
90cm 特注サイズ 使いやすいサイズでオススメです。















最終更新日  2018.09.14 22:17:51
コメント(0) | コメントを書く
2018.08.22
【アマゾン泥染め大判布】や【アマゾン屋オリジナルの特大サイズ】

大きな大きな泥染布、大作である。特注の品なので、現地に行ってもどこにも売っていないだろう。初期の頃に定番の正方形大判を、さらに大きくベッドカバーのサイズにできないかと頼んだら定着し今もストックがある。なかなか展示できないため、最近は売れることもなかったが、昨日たまたまリクエストがあった。どんな布が欲しいのか「白で円付き特大サイズ」とか、何に使用するのかなど具体的に伝えてくれたらこちらで良さそうなものを画像で案内しやり取りして決めてもらう。気に入ったものに出会えた時には私の方が嬉しくなる。これ!というのが見つかるまでは私も無理に薦めるつもりは全くなし。少し面倒だけど、このやり方が私はとても楽しい。

このサイズの泥染布は作業が本当に大変だ。模様をフリーハンドで描くのも気が遠くなる作業だが、泥を洗い流す作業を川でするとき、大きな布は水を含み重くなり、模様の範囲も広いため泥を落とすのに本当に骨が折れる。私もブラシを使って泥を洗う作業を手伝ったことがあるが、腕が疲れて5分ももたなかった。一通りの作業をいつも見てきたから、苦労が目に焼きつき、決して安売りは出来ない。

実際このさきもずっと手に入るか自信がないのでなおさら手放したくなくなるが売らないと支援できないのだから仕方がない。

これまで20年間の間にお気に入りを少しずつ集めて非売品として保存していたものを、やっと最近改めて撮影し直している。ストックを記録するためリマの屋上でも苦労して最後にまとめて何十枚も撮影したものはあるけれど、特別なやつは、特別扱いで、やはりちゃんとアイロンをかけて白い壁で撮影したい。いちいち布を持ち運ぶのは大変だけど、そこはこだわって、自宅から両親のマンションに布を運んでピクチャーレイルのある白い壁にかけて撮影することにしてる。






どうやって吊るしているかというのを参考のためお伝えすると、上の部分は長い棒を通して、マチ針で部分的に止めている。長い棒というのは、150cmの大判サイズの場合は園芸用の緑色の細くて長い支柱棒で間に合うが、この特大サイズは2M以上なので、支柱と支柱を軽くつなげたりしてもいい。100円ショップに300円の2m級のつっかえ棒が売っていて、あれには本当に色々使えてお世話になっている。おすすめ!






大地の母アナコンダが周囲を囲っているバージョンで、なんとも力強く美しい模様、深い黒が染まった。

販売してます。






最終更新日  2018.08.22 00:16:49
コメント(0) | コメントを書く
2018.05.17
日本の住居は狭いから大判の布を飾るスペースがない、何て話もよくあるけれど意外と大丈夫。
実家のこじんまりのマンション白壁にバーンと飾っても、とっても素敵です。





ごく普通のマンションのピクチャーレールに取り付けた場合。

150cmの大判布の端を4cmくらい折って安全ピンか待ち針で止めて棒を通す。
100円ショップで売っている園芸用の緑色の支柱を通し、先が出るとカッコ悪いので注意。
両端をフックに引っ掛けてぶら下げれば出来上がり。





下の部分も折って同じように棒を通すと下に引っ張られてすっきりとたれ下がりよりオススメ。
上の写真では面倒なので何も入れていません。入れなくても全然問題なし。






最終更新日  2018.05.18 07:31:39
コメント(0) | コメントを書く
2018.03.23
通常彼らは、まるっきり同じ模様を描くことはできない。
この幾何学模様の一つ一つに意味があるとか、解読できるとか、いろいろな説があって、研究している方もいるので是非とも頑張っていただいて、何か分かったら教えて欲しいし期待している。

私にとっては、この模様は一瞬一瞬、彼らの頭の中に、または頭上に、とめどなく溢れ出し消え、また天から降って降りてくる模様なのであって、そのことは実際に私が持っている布を描いている作者が言っていることなので、他の人のことは知らない。

彼らにとっての、遠い過去の記憶が脳内から蘇るのか、気まぐれに天から降りてくるのか、それは彼らも私も知らない。





最近になって、テーブルランナーの細長い特別サイズの布を出して整理していたところ、今まで気づかなかったけど、模様が同じものがあることに気がついた。ぴったり同じだ。





混ざっていると、似ているので気がつかないことが多いのだ。

このようなことはたまにある。「「2枚づつ5種類の模様」全部2枚ずつある!ナンテこともあった。
この時に確認したんだけど、「あやが自分の分を残してお客さんに売れるように」という配慮だという。
その時は笑った。その頃よく「これは気に入っているからお客さんに譲りたくないんだ、どうしよう」「綾、売らなきゃダメだよ。売りなさい!」その時から彼らは同時に同じ模様を二枚作ることがある。一つは私のコレクションのため、一つは売るため。笑


たまに、素敵な模様の布があって、私にとっても一番大事で貴重だから売れない時に、お客さんがどうしても欲しいというので「では、同じような模様を描いてもらうよう注文してみます」と約束して模様の写真を撮ってシピボの作り手に渡してやってみてもらったことがあるのだけど、同じようにできたことはない。
絶対に、最初の模様に近づき超えるどころか、模様が似ていない上ちっともいいものにならないのが実情。


注⭐️上の写真の模様は私は「途中図」と呼んでるんだけど、わざと中途半端な状態で完成としているオリジナルのアイデアだ。所々が細かい模様が途中までしか埋まっていないことでアクセントとなり、明るく軽い感じにもなり、新しい表情が生まれた。通常存在するものは全てにびっしりと細かい模様で埋まってる(写真下)。





「同じものは繰り返せない」「一期一会」だということが鉄則なので、私はよく自分が気に入ってしまった模様の布を手放せず「売ってくれない店」と、常連のお客さんに、意地悪を言われている。

実際、似ている模様のパターンではあっても、時間が経って、そっくりを作ろうとしても難しいらしい。
真似して描く模様では、頭に浮かんでくるものではないからだろう。


::::::::::::

ブログをできるだけ更新しようと心に決めたのにちっともできなくなった。
そして書き始めると、いつも、自分で全く予期せぬ方向に話が向って広がってしまうのだった。






最終更新日  2018.03.23 21:38:49
コメント(0) | コメントを書く
2018.03.05
【シピボ族の泥染布入荷 shipibo textil】

1。泥染大判155✖️140cm白 蛇枠にシンプル





2。泥染大判155✖️140cmレンガ飾り南十字星と雲



3。泥染大判155✖️140cm白 飾り模様と花



4。泥染大判155✖️140cm白 蛇枠花の集合




先月に現地で受け取った最新作です。
実用にも使いやすいように、シンプルなデザインをリクエストした結果なので、どれも似ているけれど、よーく見ていると不思議の世界に迷い込めます。

どこを中心に見るかによって、そしてそれを広げて見たときの模様の全体像が違って見える楽しみもあります。愛嬌のある手書きならではの間違え探しも、暇つぶしにはオススメです笑。天井に貼って眺めていると集中できるという噂もあります。






最終更新日  2018.03.05 15:11:52
コメント(0) | コメントを書く

全94件 (94件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.