000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ペルーアマゾンの泥染めとシピボ族の人々

PR

プロフィール


アマゾン屋

カテゴリ

バックナンバー

全7件 (7件中 1-7件目)

1

泥染クッション・泥染座布団

2019.11.14
XML
アマゾンの泥染め布の専門ネットショップ
https://amazonya.thebase.in





イッテンモノ販売中
近いうちにオンラインショップにアップします
40cm










最終更新日  2019.11.14 21:33:55
コメント(0) | コメントを書く
アマゾンの泥染めクッション 
オリジナルデザインというのは、クッションを作るために、いくつかのサイズで模様を入れて染めているもので、毎回一定のサイズができてこないし、色味や模様の雰囲気も変わってくる。



アマゾンの泥染め布の専門ネットショップ
https://amazonya.thebase.in







最終更新日  2019.11.14 21:20:08
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.23








座布団やクッションのサイズは様々ですが、ヌード(中身)とピッタリだと、より素敵です。
特注だからといって割高になるわけでもなく、どちらかというと、ご希望に合わせて融通の効く対応をさせていただきますので是非お試し下さい。






和風の囲炉裏端はもちろん、ワンルームのお部屋のフローリングでも、洋風のお部屋の大きなクッションにも、どんな場所にも深く馴染み、天然素材ならではの風合いによるのかな、そばに置くだけで気分が落ち着きます。ペルーアマゾンのシピボ族の泥染め、不思議なパワーがあると思います。

今回の上写真のお座布団は、白二つ、茶二つの、ご注文分として作りましたが、リクエストあればまたすぐ作りたいと思います。その場合は完成品を見ていただき、お値段と合わせて気に入った場合に決断していただくという流れになります。時間がかかる分じれったいかもしれませんが、今の所はそんな感じでやっています。

裏側は染めではない無地にするとか、いくつかのまとめ買いだと、割安のサービスができますのでご相談ください。






最終更新日  2019.08.04 21:01:28
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.12


額装にするか迷いに迷った末に、ソファにふっくらといてくれた方が存在感あるかなという気持ちになった。このパターンは、二つの十字架が繰り返されて終わった小さめの作品だったので、クッションとしてはふたつしか存在しない。周囲のスペースはわざと細かい模様を埋めずにすっきりと白で抜いているため、シピボ模様としてみてもより個性的に仕上がっている。





特別なレア模様クッションなので、特別に泥染めで鼠色に染まった、シワやムラが美しく引き立って、裏ではなくて表にしたいくらい素敵な布を使ってしまった。45cmのサイズではとても貴重な染め布で、こんな色はアマゾンでしか出ないんじゃないかと思う。泥の鉄分が強いためにかなり良く反応して濃く染まった。

使っているうちにどんな風になるのかな。
本当は非売品のままにしたいのに、普通の値段にして販売中、今のうちだけかもしれない・・・

アマゾン屋オンラインショップ






最終更新日  2019.05.17 11:32:52
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.19
1。アマゾン屋の泥染め暖簾 紫









2。アマゾン屋の泥染め暖簾 刺繍








最終更新日  2019.03.19 17:04:15
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.16


様々なサイズがあり多種多様。お好みのデザインでオーダーメイドもオススメです。
4月中期限で在庫をセール価格で販売中。
お問い合わせの方には商品リストをメールなどでお送りします。
amazon.aya@gmail.com








最終更新日  2019.03.20 10:50:17
コメント(0) | コメントを書く
2018.02.24
【全てが天然泥染のグラデーション】
色や模様を組み合わせるのはとても難しい。
「小物にしようか?バッグにしようか?思いついた時につなげておこう」
そうしてつなげた一つ一つの小さなパーツは、何にも変身しないまま長い間放置されることが多い。
それらのパーツがついにつなぎ合わせて完成された。




意外と良い!すごく良い!気に入った。

色見本みたいな、模様見本みたいな?
こんなに果てしない自然の色があること、どちらかというと私には色を組み合わせる作業は難しく苦しい。

お母さんは、パッチワークのベテランなので、私の「やりかけの破片」をつなげてまとめるくらい大したことないみたい。

自分では手に負えない泥染パッチワークの破片をお母さんに託して、「どうにでもしていいよ」と言ったのに、いざ何かに使おうとされると、「やっぱりそれ使わないで」「えっ、それ使うんだー」と誰にもあげたくないという態度をしてしまう欲張りな自分だった。

大きなタペストリーに挑戦することは、色々考えてきた結果ではあるけど、ずっと前からやってみたかったことだった。時間をかけて全部つなげてくれた。雑だから売りものにはできないとのこと。
第二弾をお楽しみに。

この作業、自分にはできない。考えすぎて、平面にすることができないと思う。

あったかくて、やさしい気持ちになれるもの
そういうものをつくりたい

お母さんにはかなわないな






最終更新日  2018.02.24 23:38:35
コメント(0) | コメントを書く

全7件 (7件中 1-7件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.