2019.07.16

府中の魅力とアマゾン屋るーむツアー


目黒から府中に引っ越してからいつの間にか半年になります。
急に引っ越しすることになり、場所を探す際には、子供の学校と夫の仕事を結ぶ電車の路線から最寄り駅を決め、周辺地域から家探しとなった次第です。

府中市のこと、家の周辺のこと、何も知らなかったのだけど、住んでみると、期待以上に気に入りました。

まず家の横を通る緑道が、多摩川まで続き、郷土の森公園という緑ある施設の中心に続いていること。
初めて多摩川の土手に出た時、ビルひとつない広大な空と、まっすぐに続く土手の道に感激しました。
多摩川沿いには、目黒川とは違う、桜並木が続き、広々とした場所で桜を堪能できます。

最寄駅の府中本町駅は、競馬場が近いことでも有名のようですが、それよりも、大国魂神社という重要な神社が駅を出てすぐのところにあり、あちらこちらに神社や史跡があり古い歴史を刻む土地であることも興味深いです。五月の大国魂神社のくらやみ祭も有名みたい。

それで、最近になって、サントリーのビール工場の試飲ツアーというのを体験したのだけど、だいぶ昔からあるそうですね。近隣に住んでいるお友達は皆知っていました。
予約をして、分倍河原駅前から送迎バスが出ていて、ビールについて一通りの説明があり、最後に三種類の(三杯まで)新作ビールを試飲できるという幸せなツアーです。







私よりも先に親戚のおじちゃん夫妻がこのビール工場ツアーに行って、すごくいいぞというの早速行ってきたというわけです。思ったよりもずっと私のうちから近いのでビックリしました。



うちから歩いて15分ほど、とても近いので、ビールツアーのついでにアマゾン屋に来ていただくか、またはアマゾン屋のついでにビールを飲みに行くか。これならばわざわざ遠くから来てもらうのも得する感じになるかな??などと考えている次第です。

これまでにアマゾン屋@府中に来てくださったお客様・お友達は数少ないのだけど、紫陽花の季節であれば郷土の森の紫陽花を、蓮の季節には蓮の池へのお散歩、神社が好きなら神社経由、川を見たことなければ多摩川の土手へ、せっかく遠くまで来てもらうのだから、近くを散歩してもらうことにしています。

夏は暑くてどうかな。ダメな日もありますが、とりあえずお盆の間も含め、予約受付け中です。





TWITTER

最終更新日  2019.08.04 20:39:58
コメント(0) | コメントを書く
[月刊アマゾン屋だより] カテゴリの最新記事