000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

雨の後には虹が出る

PR

X

全759件 (759件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 76 >

2021年05月10日
XML
カテゴリ:生き物のこと
サンショウウオの卵です。
初めて見ました。
何匹か生まれていて、形が変わっている。
ネットで検索したが、種類がわからない。
うちの近くに生息している種類は3種類だそうだが(オオサンショウウオは除く)、
この形は別の種類の物に近い。・・・と思う。
捕まえた方に聞いてもわからない。「小型のサンショウウオ」とだけ言われる。
その方の家の近くの山にはよくいるようだが。


それにしても、このサイズだとイモリの幼生と見分けがつかない。

上陸までしてくれれば種類がわかるかな?






最終更新日  2021年05月10日 01時45分59秒
コメント(0) | コメントを書く


カテゴリ:イモリ
2匹の3才のうち1匹が死んでしまった。
原因はわからない。
水替えをしばらくしてなかったから?
隠れ家をたくさん作ってなかったからもう一匹とけんかをした?
悔やんでも悔やみきれない。
ショックが大きかった。
せめて、最後の一匹は大きくなるまで育てていきたい。





ところで、小石や貝殻、木ぎれ・・・・何だと思いますか?
フリーズドライの乾燥赤虫いつも使っているメーカーの物が無かったので
別のメーカーの物を買いました。
このメーカーの他の餌も愛用しているので良いかなと思って買いました。

この餌を使ってから4日目にイモリが死んでしまいました。
ゴミが混ざっているなと思っていましたが、
改めて、調べてみるとあまりにもたくさんの小さな異物が混ざっている。

ひょっとしたらこれが原因か?と思ってしまう。
石とか貝殻は消化できないと思う。
この餌はひどかった。

それでも、これを与えた私の責任は変わらない・・・・。






最終更新日  2021年05月10日 01時37分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年04月06日
カテゴリ:イモリ
飼育ケースのふたを開けると
一斉に上を見上げる。
餌がもらえるとわかっているのだろうか?
ただ単に開いた方を見ているだけなのだろうか?



別のケースでも同じ。


でも、中には我関せずのものもいる。


いつもシェルターから出ている子だけ直接餌をあげている。
おそらく、
それに慣れているのが、上を見ているのだろう。






最終更新日  2021年04月06日 00時52分19秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年04月04日
カテゴリ:イモリ
普段は、ケースの奥の方に隠れているが、
夜、電灯をつけると全面にやってくる。
そこは、いつも餌を入れる場所。
2匹で先を争ってやってくる。
ここまで慣れると、余計に可愛くなってくる。






最終更新日  2021年04月04日 23時36分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年03月27日
カテゴリ:イモリ
入水した個体。
ふとケースを見ると
水から出ている。


しばらくすると水の中に戻っていった。
腹が赤くなっている個体。
他の成体と同じように
たまに水から出たりするようになったのかな?






最終更新日  2021年03月27日 23時22分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年03月25日
カテゴリ:イモリ
昨年春~夏に生まれた37匹。
先日大掃除した飼育ケース。
基本的には大きな変更は無い。

一番大きなケースは大きめの個体19匹が入っている。
水苔主体で左下に草むら。左上はシェルター。
右側に苔の生えた土の部分。石をいくつか入れて隠れ場所にしている。


中くらいの個体9匹が入っているケース。
10×20ぐらいのケース。
左側にシェルターと石。
右半分に苔を入れた土。


最後は小さめの個体9匹を入れたケース。
下に水苔を敷いているが基本は苔と土の部分。
貝殻をシェルター代わりにしている。






最終更新日  2021年03月25日 23時42分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年03月23日
カテゴリ:イモリ
昨年生まれて初めての冬越しをしたグループ。
4つのケースに分けて入れていた。
シェルターを全て取り除き、生存確認。
上陸後生き残っていたのは37匹。
数を数えてみると

生きていました。
全て。
37匹います。
ほっとする。

しかし、大きさはばらばら。
大きいのは 4cm越え。
小さいのは 3cmいっていない・・・・。


孵化の時期、上陸の時期もかなり違うから仕方ない。

しかし、同時期ごとにケースを分けていたが、
それでも大きさが違うのは、
餌を食べた量の違いだろうと思われる。

ここで、大きさ別に3つのグループに分けることにした。






最終更新日  2021年03月23日 23時50分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年03月22日
カテゴリ:イモリ
冬の間ほとんど放置状態の飼育ケース。
水替えを久しぶりにおこなった。
成体水そうは何度も冬を越しているので元気そのもの。

子ども達は・・・・。
ケースから出したついでに身体測定。

水に入った2才(もうすぐ3才)の2匹。
大きい方は7cmぐらい。小さい方は6cmぐらい。



1才(もうすぐ2才)の2匹は5cmより大きくなっている。






最終更新日  2021年03月22日 23時52分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年03月09日
カテゴリ:イモリ
水中に入っていた3年目組の2匹。
腹の色はずっと黄色だった。
しかし、久しぶりに餌やりをしていると、
一匹だけ赤くなっている。
皮膚の感じも違っている。

これは成体になったと言って良いのだろうか?
もしそうなら、これほど嬉しい事は無い。



イモリ飼育にはまって9年、繁殖の成功に1歩近づいたと言えるだろうか。
次は、もう一匹、その次は2年組の2匹・・・・。

そして、その次は今年産まれた多くのイモリ。
冬の間。隠れ家を動かしていないのでどうなっているかはわからない。
餌を食べに何匹か出てくるが、死んでいるいる個体もいるのだろうか?
心配ではある。

週間天気予報の1週間の最低気温で氷点下の日が無くなれば、
ケースの掃除もかねて生存確認をしようと思っている。






最終更新日  2021年03月09日 01時37分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年02月14日
カテゴリ:イモリ
やっと、最後の1匹が上陸。
暖かい日が続いているのも一因か?
陸地部分に置いたシェルター代わりのフィルムケースの中に入っていた。

これですべて上陸。






最終更新日  2021年02月14日 23時27分28秒
コメント(0) | コメントを書く

全759件 (759件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 76 >


© Rakuten Group, Inc.