000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おむつなし育児実践中!布ナプママ*アメリーナ*のエコスタイル

PR

X

全75件 (75件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

エコライフ

2013.07.04
XML
カテゴリ:エコライフ
100万人の母たち 七夕プロジェクト〜首相に願いを〜
http://100millionmothers.jimdo.com/

首相への願いを短冊に書いて送ろう!
7/7に官邸前へ集まろう!

201306-028.jpg


そのためのイベントを、友人のかんちゃんが福津市で開催してくれました♪
みんなで写真を撮るのを忘れちゃった雫

シュタイナー幼稚園のお母さんたちが、和紙を手染めして、七夕の飾りや短冊を作ってくれました。私は和紙染めに参加できなくって残念。

でも、なんてやわらかく美しい飾り!
うっとりきらきら


この短冊に、呼土も願いを書きました(代筆で)。

「おかあさん、いつもありがとう」だって(笑)

ありがとう!


子どもたちの未来が、どうか平和で穏やかなものになりますように。

今、それを実現させるための政策をしてください。






最終更新日  2013.07.04 13:01:25
コメント(0) | コメントを書く


2013.02.26
カテゴリ:エコライフ
私は福岡市在住なので、PM2.5の数値が高い毎日を過ごしています。
子どもの通う園でも、マスクの着用を進めてくださるようになり、
私が子どもたちやお母さんたちのマスクを一緒に購入しました。
数名の方から、マスクについて問い合わせが来ているので、ここで紹介しますね^^

色々と探した揚句、この3種類を購入しています。


感染対策サージカルマスク こども用サイズ 7枚入【感染対策サージカルマスク こども用サイズ 7枚入】医療現場から生まれた信頼の品質【楽ギフ_包装】【マラソン201302_美容】


感染対策サージカルマスク 少し小さめサイズ 7枚入【感染対策サージカルマスク 少し小さめサイズ 7枚入】医療現場から生まれた信頼の品質【楽ギフ_包装】【マラソン201302_美容】


感染対策サージカルマスク ふつうサイズ 7枚入【感染対策サージカルマスク ふつうサイズ 7枚入】医療現場から生まれた信頼の品質【楽ギフ_包装】【マラソン201302_美容】

これがいまのところイチオシ。
日本製で、PFE≧99%、BFE≧99%(微粒子ろ過効率と細菌ろ過効率)
サージカルは、微粒子ろ過効率が良い代わりに、息苦しいというレビューもありますが、このマスクは中央にプラスチックバーがあり口元に空間を作ります。子ども用は、中央にバーはなくノーズフィットのみですが、娘はいつもこれを使っていて、なかなか良いと思います。


それから、大人用にはこれがおトク。

【送料無料】◆即納可能◆77%OFF【サージカルマスクSP (50枚入×5箱セット)】なんと1箱あたり300円!使い捨てマスク N95規格相当!!大容量50枚入り!!※マスクは白色です【マラソン201302_健康】【RCPnewlife】Marathon10P02feb13

なんといっても、50枚入りでこの値段~。夫に使ってもらってます。
N95規格なので、0.3マイクロメートルの粒子を95%以上取り除けるということです。
ノーズ部分に針金?が入っていて鼻にはフィットします。薄くてそんなに息苦しくなかったです。


あと、こちらも買いました。


プルシアンガード マスク 汚染物質を吸着・防御 Sサイズ 30枚入/プルシアンガード/ウイルス対策マスク★特価★送料無料プルシアンガード マスク 汚染物質を吸着・防御 Sサイズ 30枚入[プルシアンガード ウイルス対策マスク マスク 汚染物質を吸着・防御 ケンコーコム]
プルシアンガード マスク 汚染物質を吸着・防御 Mサイズ 30枚入/プルシアンガード/ウイルス対策マスク★特価★送料無料プルシアンガード マスク 汚染物質を吸着・防御 Mサイズ 30枚入[プルシアンガード ウイルス対策マスク マスク 汚染物質を吸着・防御 ケンコーコム]

汚染物質やセシウムを吸着・防御、花粉を分解するので、黄砂時期にはこれがいいかもです。中国製。


でも、PM2.5は随分前からもっとひどい時もあったようですし、中国の大気汚染の原因は、日本の大量生産大量消費から来ているところもあると思います。根本的な解決のことを考えると、マスクの使い捨ては全く意味がありませんよね。


そこで・・・洗濯OKのマスクを生産している愛知県の「くればぁ」さんを検討中です~。
PM2.5フィルターマスク 4998円(送料630円?)
マスクは密着性を高めるため、鼻の高さなどに合わせて作るオーダーメード可能だそうです。
注文殺到で時間がかかりそう。西日本は優先的にしてくれるそうです。






最終更新日  2013.02.27 00:20:16
コメント(0) | コメントを書く
2012.09.25
カテゴリ:エコライフ
sb-kodomori.jpg

ずっとやりたかったエコスクラップブッキング(私の勝手な提唱)!
今日は2作品作りました!

材料は、SB(スクラップブッキング)のためにわざわざ買ったものでなく、すでに家にあるもので。
土台は何かの箱に入っていた段ボール、緑の花は布ナプキンのはぎれの布。花のカタチを切り抜いて。他にはプレゼントにもらった包装紙やリボンシール、裁縫の余りのレースなど。。。
雑誌や包装紙など、かわいいイラストって意外とたくさんあって、素材を集めるのも楽しいですよ!

興味のある方がいたら、ぜひ一緒に作りませんか~?=(*^-^*)=
(SBについて知識があるわけではありません!エコ素材を持ち寄って誰かのおうちでみんなで一緒に作るという感じです^^)






最終更新日  2012.09.26 00:47:53
コメント(0) | コメントを書く
2012.08.07
カテゴリ:エコライフ

庭の一角に生ごみとぬかを埋めようとしていたら、

何かの卵を発見!

120724_1652~001.jpg


6個もあります。


facebookに写真をUPしてみたら、すぐにカナヘビの卵だと教えてもらいました!

3個は男の子のいるお友達に分けました。

ビンに土と卵を入れ、毎日スプレーでシュシュと水分補給。

この10日間ほどで2匹のカナヘビが生まれたよ!

120806_1058~001.jpg 120731_2359~001.jpg

すぐにお庭に逃がしました。


最近のお庭では、6本のオクラがどんどん実をつけてくれて、

毎日のように収穫してすぐに生でポリポリ食べています♪

呼土も生のオクラが大好き!

120724_1654~001.jpg

オクラのお隣では、落花生がどんどん広がっていて、これまた収穫が楽しみ!
(でもまだまだ先だよね、きっと・・・)






最終更新日  2012.08.07 21:49:55
コメント(2) | コメントを書く
2012.06.27
カテゴリ:エコライフ
120627_1848~001.jpg

1週間前に出版された、できたてほやほや!


共著の中里見博さんからのお手紙の一部にこう書かれていました。

「ともかく私は、ゼミの内容が学生たちにとってあまりにも大切なものであると感じたので、学生がいつでも読み返すことができるようにしなければ、と思ってテープ起こしをして報告書をつくり、学生たちに配りました」

そして、この本の印税は、鎌仲さんと共に、すべて福島の子どもを被ばくから守る活動をしているNGOに寄付するとのことです。


少し目を通しただけですが、内容がとても深いです。大学生すごいなぁ!
これはたくさんの学生さんや、大人たちに読んで欲しい本だと思います。
さっそく図書館で買ってもらうよう、予約申請しようっと!

今日じっくり読めるよう、呼土を早く寝せなくちゃ!(笑)






最終更新日  2012.06.27 19:07:19
コメント(0) | コメントを書く
2012.06.08
カテゴリ:エコライフ
農薬・添加物・放射能。
どれも、すぐに因果関係が分かるわけでもなく、
もしそれが原因で何かあったとしても何十年後かもわからない。

見えないもの。すぐに結果がわからないもの。
日本は本当に注意する人が少ない。
それに対して危機感を持つことがどうして「不安を煽る」ことになるのか。
(そう言う人がすごく多い。口を揃えたように。洗脳されたかのように。)

  放射能の実害<不安を煽る

なのか?
いや、そうじゃないでしょう!

「不安を煽る」という言葉の裏には「無害なものを危険だと言っている」
という前提があるってこと?
それに、放射能の影響より不安を煽る影響の方が恐ろしいことなの?
「不安を煽る」ことによる実害はいったい何!?

もし日本中の人が放射能に対して「不安」になったとしたら、
原発はゼロに出来るはず。


「不安を煽る」ことにより困るのは誰?
それは明らかではないですか。

なのに、原発推進に味方するような発言を被害者である大多数の国民がしている。
311から1年経った今もね。

だったら危機感を煽ってもいいんじゃない!?
そんな批判に落ち込まなくていいんじゃない!?


ここしばらく悶々としていたけれど、そんな結論が今のところ出ました~。
今の私のキーワードは「洗脳」と「太平洋戦争」。
1人黙々と図書館の本を読みあさり、歴史やら何やら調べています。






最終更新日  2012.06.08 17:34:54
コメント(1) | コメントを書く
2012.04.04
カテゴリ:エコライフ
5日前の話ですが、「おいで福岡」のスタッフミーティングへ行ってきました^^

0331-006.jpg

この日の話は、おいで福岡の今後やカーシェアリングのルール決めなど。

120331_1250~001.jpg

スタッフみんなの持ち寄りランチ、最高!!!
もちろん動物性なし、かぶりなし、でおいしかったー。


「おいで福岡」のシェアハウス(福岡市南区)は、一旦8月で終了となりそうです。
その後の展開も考え中。


短期疎開や移住のための滞在希望の方からのお問い合わせは、
ずっと途切れなく入ってきています。

今よりもっとニーズに答えられるカタチにしていけたらいいなぁ。

0331-003.jpg
前半は、私にひっついて離れなかった呼土も、だんごむしに誘われて縁側へ。

その後、お姉ちゃんのもえちゃんあみちゃんといつの間にか公園へ遊びに行っていました。
30mくらいしか離れていない公園ですが、そんなところへ私から離れて行くことは
今まで1回もなかったので、びっくり!

しかも、おしっこをしたくなって、1人で家まで戻って来ました。

よしよし、よくがんばった手書きハート






最終更新日  2012.04.04 14:09:58
コメント(0) | コメントを書く
2012.02.01
カテゴリ:エコライフ

「上映会を終えて」という日記を先ほどUPしましたが、引き続き。


午前の部のゲストお二人の話は、放射能をどうするか、というところを超えて、
[生き方]にフォーカスした内容となりました。
あの映画を観た後に、希望を持つことが出来る内容になったと思います。

日登美さん、さおりさんは、今は東京に住んでいらっしゃいます。
詳しい事情はトークショーでは触れませんでしたが、みなさんが抱えている事情と
同じような色々な事情があり、それを受け入れて東京で暮らしていく、という覚悟を
きちんと持たれていると感じました。

しかし、1点補足で伝えたいことがありましたので、この日記に書いておこうと思います。

例えば、私が関東に住んでいたら、今日のお話を聞いても、移住します。
私はお金に困ることより、慣れ親しんだ土地より何より、子どもの命を優先するからです。
それで夫婦の意見が異なり離婚することになろうと、
移住先でどんな苦労をしようと、私にとっては子どもの命が最優先なので
乗り越える覚悟があります。どんな苦労をしてでも子どもを守っていくと思います。
それが私であり、私の生き方なのです。

しかし、いくら子どもの命が最優先でも色々な問題がネックで移住できない方、
たくさんいらっしゃると思います。
無理をして移住しても、その土地でストレスを抱え生活するのなら、
違うカタチで病気になる可能性もあるでしょう。

例えば『家族で一緒に暮らす』ということを最優先にして残る選択をした場合
子どもには徹底的に被ばくさせない!という覚悟をもたれるのではないでしょうか?
食べ物・飲み物を徹底的に気を付けて、外出したらマスクして、帰ってきたらコートの
埃を払い、子どもには外で遊ばせることが出来ない・・・どんなに大変かと思います。
でも、それがその方の選択であり、生き方なのです。

日登美さんは今東京に住んでいるわけですが、直感的、本能的に「今は大丈夫」と
思っているそうです。
でも、だからといって、東京に住んでいる人全てが「大丈夫なんだ」と思っては
いけません。
東京内でもホットスポットがあり、住む場所によって線量が違います。もちろん、
その線量やホットスポットも日々変化します。
日登美さんの「大丈夫」は、その根拠となる生き方、知識があっての直感だと思います。
また、それぞれの食の内容、考え方、生き方、身体の健康状態、全てが違うのに、
全てが同じと考えないように、注意して欲しいと思います。

人は人。私は私。

日登美さんさおりさんの言うように、するべき時か、そうでない時かを見極めること、
自分の感覚をとぎすますこと、判断するために正しい情報を取り入れること、
どれも受け身で生きていてはできないことだと思います。

日本という国を客観的に見ていつも感じていることは、「受け身」の人生を
送っている人が多いなぁということです。

新聞やTVで「日本おかしくない!?」「政府バカじゃない!?」と思うことは
多々あると思いますが(笑)、でもいつの間にか忘れる。マスコミが本気で
騒がないから大丈夫ということにしてしまう、大手飲食メーカーの不祥事が露見
してもスーパーで売られているなら大丈夫だと思ってしまう・・・。

国や大手企業を信じすぎだと思うのです。
そうなるように教育されてきたということに気付かないのです。

そして、責任を他者へもっていく。
「国が悪い」「政治が悪い」よく聞く言葉ですが、それを選んでいるのは
自分たちであり、でも本気で選んでいないのであり、おかしいと思うことに声を
あげもしないのです。

でも、日本の教育を考えると、そうなるのは当然ともいえます。
自分の考えを持ち、人と異なる意見を発言する勇気を、学校では教わらないのです。

ですから、これからの日本を変えるためには、私は「教育」だと思っています。
『自分を持つ』ということ、『自分がどうありたいか』『自分はどう生きるのか』
はっきり知ることが出来れば、どんな事態にもぶれることなく芯を持って生き抜く
ことができると思います。
そういう人が政治家になれば、利権に目がくらむこともなくなるでしょう。

でも今からそういう自分を作っていくにはどうすればいいのか。

例えば、リアルに考えてみてください。
自分の住む場所が放射能に汚染され、でも強制避難区域ではないとしたら・・・
何を優先して生きていくのか、辛くても捨てなければいけないものは何か、
一番辛いもの、それを捨ててでも優先する「一番大切なもの」は何か。

そして、もうひとつ、考えてみてください。

もしこの社会がとても平和で放射能汚染もなく、(何故か)月100万円を誰もが受け取り(笑)、
仕事をする必要がなく自由に生きていけるとしたら・・・
何をして生きていきますか?お金を何に使いますか?それをするのはなぜですか?

それを見出すことが、『自分を知る』ことのヒントになるのではないかと思います。

最後の挨拶でも言ったことですが、ひとりひとりの『意識』が変わることで、
絶対に世の中が変わります。それは大きな力になり、持続可能で平和な解決方法が
生み出されるのではないでしょうか。
私はそれをこの時代の「希望」として、これからも生きて生きて生き抜きたいと
思っています。

hst1.jpg
日登美さん、さおりさん、たくさんの気付きと知識と強さを教えてくれてありがとう!






最終更新日  2012.02.01 15:18:19
コメント(0) | コメントを書く
2011.10.07
カテゴリ:エコライフ
福島から福岡に避難してきて、今福島へ一時帰省中の友人からのメールを転送します。
福島市(だけじゃないけど)は、本当に深刻な状態だと思われます。
もはや国が何かしてくれるなんて思う気もなく。。。
私たち一人一人の力を使うしかないと思います!
どうか、署名&たくさんの人に拡散お願いします!!!!

------------
私は今、一時的に福島に帰省しています。
自宅の庭は今朝、1.69マイクロシーベルト毎時もありました。
すごくすごく高い数値ですよね?福島市は桁外れの線量です。
悔しくて悲しくてやりきれない思いでいます。

福島市に渡利地区という場所がありますが、そこは、もっともっと線量が高い地域です。
それなのに国は今、その場所を特定避難勧奨地点から外そうとしているそうです。
線量が高い渡利が外れると、福島市全体が安全宣言を出されることになります。
福島市だけでなく、全国の汚染されている地域も安全だということになっていきます。
福島市渡利が放射能で苦しむ地域の第一歩になっていかなければならないと思います。
そこで皆さんに、福島市渡利を守るための署名にご協力をお願いできればと思います(下記に署名の詳細を転送します)
そしてこのような信じられない事実があることをどんどん拡散してください。
本当に本当によろしくお願いします。

以下、転送します

************************
10月8日の19時から、渡利小学校で、特定避難勧奨地点指定に関する国・市の説
明会が開かれます。説明会は渡利の一部の住民にしか知らされず、ここで国・市
から一方的に「勧奨地点に指定せず」の説明が行われる可能性もあります。

要望書の署名のさらに輪を広げます。全国から、署名に参加してください!
締め切りは10月8日(土)朝9:00です。
渡利の子どもたちを守りましょう!!

--------------------------------------------------------------
渡利の子どもたちを放射能から守るために
渡利周辺の特定避難勧奨指定及び賠償に関する署名
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-6036.html

第一次締め切り:10月8日(土)朝9:00
第二次締め切り:10月末日
--------------------------------------------------------------
私たちは、渡利周辺の住民、とりわけ子どもたちを放射能から守るために以下を
要望いたします。

1.渡利周辺の特定避難勧奨地点について、世帯ごとではなく、地区全体として
指定すること

2.特定避難勧奨地点の指定に際して行う詳細調査について、山際の一部地域だ
けでなく、地区全域において再度実施すること、1cmの高さでの線量や屋内、側
溝や用水路を含め、測定ポイントを増やすこと、
土壌汚染についても調査すること

3.子ども・妊婦のいる世帯について、伊達市や南相馬市の例にあるように、一
般の基準よりも厳しい特別の基準を設けること

4.積算線量の推定及び避難勧奨指定に際しては、原子力安全委員会の通知に従
い、全ての経路の内部被ばくと土壌汚染の程度を考慮に入れること

5.避難区域外からの「自主」避難者への補償、残った者への補償が確実に行わ
れるようにすること、国及び市による立替払いを実施すること

6.指定に際しての説明会は、決定を通知する場ではなく、住民の意見を聴取す
る場とし、その結果を指定の検討に反映させること

以上

署名フォームはこちら
https://pro.form-mailer.jp/fms/e5e429dd22617
紙のフォームはこちら
http://dl.dropbox.com/u/23151586/111005_watari_yousei.pdf

呼びかけ団体/問い合わせ先:
・渡利の子どもたちを守る会(SAVE WATARI KIDS)
・子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク
・福島老朽原発を考える会 阪上/090-8116-7155
・国際環境NGO FoE Japan 満田(みつた)/090-6142-1807
-----------------------------------------------------------------------

<要請の理由>
渡利周辺(渡利・小倉寺・南向台)は、線量の高い状況が続いており、側溝や用
水路などでは、驚くほどの値が計測されています。周囲を山林で囲まれた地形の
特性から、雨により放射能が拡散する効果は期待できず、逆に周囲の山林から、
常に放射能を含む土壌が供給される状況にあります。

国や福島市は、除染を計画的に行うとしています。しかし、福島市の計画でも、
2年かけて1μSv/時にしかならず、山林は目処が立っていません。除染モデル事
業も効果は限定的です。長期的な除染の間に子どもや妊婦を優先的に避難させる
こと、すなわち除染と避難の両立が求られています。

特定避難勧奨地点に指定されると、避難するか否かを選択することができ、免税
措置や東電による賠償を確実に受けることができます。コミュニティの分断を避
けるためにも、地点ではなく地区全体の指定が求められています。

また、国が定めた避難区域外からの「自主」避難者への補償、線量の高いこの地
区に残った者への賠償が確実に実行される必要があると考えます。

1.渡利周辺の特定避難勧奨地点について、世帯ごとではなく、地区全体として
指定すること

(理由)渡利周辺は地区全体の線量が高く、山林から放射能を含む土壌が常に供
給されるという特性があります。また、世帯ごとの指定は、伊達市で問題になっ
たようにどうしてもコミュニティを分断してしまいます。

2.特定避難勧奨地点の指定に際して行う詳細調査について、山際の一部地域だ
けでなく、地区全域において再度実施すること、1cmの高さでの線量や屋内、側
溝や用水路を含め、測定ポイントを増やすこと、土壌汚染についても調査するこ


(理由)国が詳細調査を行った地点ではないところで、指定基準に近い値が計測
されています。また1cmの高さでの線量が異常に高い地点や屋内でも線量が高い
ケースがあります。そのような状況も考慮すべきです。

3.子ども・妊婦のいる世帯について、伊達市や南相馬市の例にあるように、一
般の基準よりも厳しい特別の基準を設けること

(理由)全域の除染にはどうしても時間がかかります。その間に、子どもたちや
妊婦が優先的に避難できるよう、環境をつくる必要があります。子ども・妊婦の
いる世帯については、南相馬市では、50cm高で2.0μSv/時が、伊達市では2.7μ
Sv/時といった基準が適用されました。

4.積算線量の推定及び避難勧奨指定に際しては、原子力安全委員会の通知に従
い、全ての経路の内部被ばくと土壌汚染の程度を考慮に入れること

(理由)原子力安全委員会7月19日付通知は積算線量に内部被ばくを考慮するよ
う求めていますが、外部被ばく線量だけで決められている状況が続いています。

5.避難区域外からの「自主」避難者への補償、残った者への補償が確実に行わ
れるようにすること、国及び市による立替払いを実施すること

(理由)現在、「自主」避難についての賠償範囲の指針作りが、政府の原子力損
害賠償紛争審査会で議論されています。4月22日以降の避難に対する補償は、盛
り込まれないおそれが高まっています。これにより、線量が高い地域に残らざる
を得なかった住民への精神的損害に対する慰謝料についても、十分に認められな
い可能性があります。

6.指定に際しての説明会は、決定を通知する場ではなく、住民の意見を聴取す
る場とし、その結果を指定の検討に反映させること

(理由)大波地区の説明会では、住民から特定避難勧奨地点の指定についてさま
ざまな疑問が出されましたが、これに対して十分答えることなく、指定なしの一
方的な通知の場に終わってしまいました。住民の意見や疑問をきちんと聞いたう
えで、それを指定の検討に反映させるべきです。

以上






最終更新日  2011.10.07 16:44:50
コメント(0) | コメントを書く
2011.10.05
カテゴリ:エコライフ
111002_1049~002.jpg

先週日曜日は、甥っ子の運動会を見に行ってきました。

こうやって、子どもたちが青空の下、走り回ることができること。

放射性物質に汚染された地域では、死を伴う行為である、と言ったら大げさですか?

当たり前の毎日に感謝の念を抱きつつ、ここ福岡でもいつ同じことが起こるかわからないという現実に、危機感を持つ人はどのくらいいるのだろう?と悲しい思いになるのでした。










最終更新日  2011.10.05 12:16:35
コメント(0) | コメントを書く

全75件 (75件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


© Rakuten Group, Inc.