1347787 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

あすなろ日記

PR

プロフィール


あみりん9129

フリーページ

小説部屋


黒執事部屋


黒執事小説『猫化』


黒執事小説『鳥籠』


黒執事小説『鳥籠エピローグ』


黒執事小説『滔滔』


黒執事小説『仔犬』


黒執事小説『月の魔女』


黒執事小説『猫耳』


黒執事小説『鳥籠アナザーストーリー』


黒執事小説『貧救院』


黒執事小説『夢幻の森』


裏切りは僕の名前を知っている部屋


裏僕小説『贖い』


裏僕小説『星空』


ガンダムOO 部屋


ガンダムOO 小説 『ハロ』


ガンダムOO 小説 『刹那』


咎狗の血 部屋


咎狗の血小説『罪人』


咎狗の血小説『絶望』


秘密部屋


秘密小説『告白』1~3


秘密小説『お見舞い』


秘密小説『疑惑』1


秘密小説『疑惑』2


秘密小説『疑惑』3


秘密小説『方舟』


べるぜバブ部屋


べるぜバブ小説『花見』


べるぜバブ小説『嫉妬』


青の祓魔師部屋


青の祓魔師小説『碧い泉』


オリジナルBL小説「落日」部屋


オリジナルBL小説「落日」(第1部)


オリジナルBL小説「落日」(第2部)


オリジナルBL小説「落日」(第3部)


オリジナルBL小説「落日」(第4部)


オリジナルBL小説「落日」(第5部)


進撃の巨人部屋


進撃の巨人小説『しつけ』


進撃の巨人小説『過去』


HUNTER×HUNTER部屋


HUNTER×HUNTER小説『友情×愛情×恋情』


HUNTER×HUNTER小説『愛欲×執着×盲愛』


ハイキュー部屋


ハイキュー小説『砕け散った王様』


ハイキュー小説『大王様の憂鬱』


ハイキュー小説『大王様の憂鬱2』


カテゴリ

カレンダー

サイド自由欄

バックナンバー

2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月

お気に入りブログ

足元注意! New! あくびネコさん

また随分と更新お休… 天方美月さん

いつわりの ruka126053さん

久しぶりに薄桜鬼二… 千菊丸2151さん

★毎日悩みながらも前… RESTIA (神河由実)さん

コメント新着

あみりん9129@ コメントありがとうございます。 RESTIA (神河由実)さんへ 父は母の遺体を…
あみりん9129@ コメントありがとうございます。 あくびネコさんへ 労いのお言葉ありがとう…
あみりん9129@ コメントありがとうございます。 千菊丸2151さんへ お悔やみのお言葉ありが…
あくびネコ@ Re:130万超HITありがとうございます。(05/03) お母様、この度は御愁傷様でした。 あみり…
RESTIA (神河由実)@ Re:130万超HITありがとうございます。(05/03) お帰りさない。 お母様、逝かれてしまわ…
2010年09月10日
XML
テーマ:†黒執事†(561)
カテゴリ:アニメ
 
 シエルの身体を乗っ取ったアロイス。その身体を人質にして、

 シエル・ファントムハイヴを取り戻す為、アロイス・トランシー

 の心の迷宮を旅していただくと言うハンナ。

 最初の問題「アロイスの本名は?」に「ジム・マッケン。」

 と答えたセバスチャンは不正解。薔薇がセバスチャンを拘束。
 
 本名より気に入っているアロイスの名が正解。

 グレルは喜んで写真を撮ろうとするが、じっと見つめてくる

 セバスチャンの無言の圧力に屈してデスサイズで弦を切断。

 アロイスは笑いながらシエルの身体を引掻いて傷つける。

 止めるハンナに暴力をふるうアロイス。

 「身体を汚される事がなかった?」の問題にセバスチャンは

 「グレルさん。私の為に飛んでくださいますね」とXに向け、

 グレルを放り投げる。案の定、爆発。

 シエルは己の復讐すべき相手が女王たちだった事、

 セバスチャンとの契約を思い出していた。

 「イエスユアハイネス」と3回読む事。

 愛がないクロードの棒読みに「まだクロードに愛されてる」

 と涙を流すアロイス。

 天使も女王陛下も死んだ事を思い出すシエル。

 シエルの意思が関わり、迷路が変化した。

 「シエルは既に復讐を成し遂げているか?」

 セバスチャンは時計塔の上にいるシエルを見上げる。

 「坊ちゃん、あなたは今、そこにいるのですね」

 復讐を成し遂げ、魂を捧げた事を思い出すシエル。

 「何故魂を食らわなかったのか?」

 セバスチャンの左手と共に失った契約印。

 一瞬の隙をつき、クロードに奪われたシエルの魂。

 「クロードは何故アロイスを殺したか?」

 「アロイスへの燃えあがる思い・・・その愛ゆえの・・・」

 だが、クロードはそこで目を閉じ、こう答えた。

 「シエルを手に入れるための道具として利用し殺害した」

 嘘でも誤魔化して欲しかったアロイスは頭を抱えうずくまる。

 不正解だったクロードはふりだしまで戻されてしまった。

 「何故ルカはセバスチャンと契約したのか?」

 だが、これは問題からして違うと言うクロード。

 ルカと契約したのはハンナ。

 アロイスの願いを叶えたいというのはハンナの中に眠る

 ルカの願いでもあるのだった。

 お兄が喜んでくれるからと自分の魂と引き換えに契約をした

 ルカを見て、今までの契約主とは違うと、心奪われたハンナ。

 だからアロイスの隣に居る事がハンナの幸せだった。

 「私はルカを、そして旦那様を、ジム・マッケンを愛している」

 契約すればハンナの中でルカとの再会を果たす事ができる。

 アロイスに愛するものとひとつになれると囁くハンナ。

 再び「何故アロイスを殺したか」の質問を受けるクロード。

 だが答えは同じ。二度も罠に引っ掛からないと避けたが、

 着地した足元が開く。なんとか手を引っ掛けたクロードに

 「お久しぶりです。クロードさん」と見下ろすセバスチャン。

 シエルの意識がシエルの身体を取り戻した。

 「セバスチャン!」

 姿を見せるなというシエルからの命令を破ったセバスチャンを

 「見~せちゃった見せちゃった」

 と、揶揄するクロード。

 「命令だ。さっさと魂を食らえ!僕の魂を食らいつくす最後の

 その瞬間までお前は僕の執事だ!セバスチャン・ミカエリス」

 セバスチャンが膝をついて答える。「イエスマイロード」

 「シエルを手に入れる?クロードが?セバスチャンが?
 
 もうどうだっていい!俺を愛してくれないお前たちなんて、

 全員全部全滅だ!俺は愛してくれる人を見つけた。ルカと

 ・・・そしてハンナだ」

 今の敵はハンナ。一時休戦した二人は時計塔まで走る。

 「ねぇ、愛してるって言って。抱っこして」

 ハンナの胸でぬくもりを味わうアロイス。

 「愛って、あったかいね・・・」

 アロイスの足元に転がった二つの指輪。

 「クロード、俺の心を雲の巣で絡め取った。俺にとっての

 永遠のハイネス。お前の愛が欲しかったよ」

 愛の告白をして、アロイスは目を伏せ、倒れ込んでしまった。

 「契約は完了しました。私はシエル・ファントムハイヴの魂ごと

 ジム・マッケンと契約した」

 アロイスを胸に抱き、笑みを浮かべるハンナ。

 愛に飢えたアロイスが可哀相でした。

 ハンナはルカを好きになって、アロイスの願いを叶えたいと

 言っていたのですね。

 結局、アロイスを愛していたのは弟のルカ一人だけ。

 アロイスにしてみれば、嘘でもいいから、殺した理由を

 愛ゆえに欲情して食べたくなったからって言って欲しかった

 と思います。

 誰からも愛されないアロイスは失意の中、愛を求めて

 ハンナと契約したのでしょうか?

 弟と一緒だったあの頃に戻りたいと・・・

 




   










最終更新日  2010年09月10日 16時03分02秒
コメント(0) | コメントを書く
[アニメ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.