1357121 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

あすなろ日記

PR

プロフィール


あみりん9129

フリーページ

小説部屋


黒執事部屋


黒執事小説『猫化』


黒執事小説『鳥籠』


黒執事小説『鳥籠エピローグ』


黒執事小説『滔滔』


黒執事小説『仔犬』


黒執事小説『月の魔女』


黒執事小説『猫耳』


黒執事小説『鳥籠アナザーストーリー』


黒執事小説『貧救院』


黒執事小説『夢幻の森』


裏切りは僕の名前を知っている部屋


裏僕小説『贖い』


裏僕小説『星空』


ガンダムOO 部屋


ガンダムOO 小説 『ハロ』


ガンダムOO 小説 『刹那』


咎狗の血 部屋


咎狗の血小説『罪人』


咎狗の血小説『絶望』


秘密部屋


秘密小説『告白』1~3


秘密小説『お見舞い』


秘密小説『疑惑』1


秘密小説『疑惑』2


秘密小説『疑惑』3


秘密小説『方舟』


べるぜバブ部屋


べるぜバブ小説『花見』


べるぜバブ小説『嫉妬』


青の祓魔師部屋


青の祓魔師小説『碧い泉』


オリジナルBL小説「落日」部屋


オリジナルBL小説「落日」(第1部)


オリジナルBL小説「落日」(第2部)


オリジナルBL小説「落日」(第3部)


オリジナルBL小説「落日」(第4部)


オリジナルBL小説「落日」(第5部)


進撃の巨人部屋


進撃の巨人小説『しつけ』


進撃の巨人小説『過去』


HUNTER×HUNTER部屋


HUNTER×HUNTER小説『友情×愛情×恋情』


HUNTER×HUNTER小説『愛欲×執着×盲愛』


ハイキュー部屋


ハイキュー小説『砕け散った王様』


ハイキュー小説『大王様の憂鬱』


ハイキュー小説『大王様の憂鬱2』


カテゴリ

カレンダー

サイド自由欄

バックナンバー

2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月

お気に入りブログ

新しい中也きたー! New! くずみさくやさん

腰痛ですが、何か? New! あくびネコさん

しゃていがい New! ruka126053さん

勿忘草が咲く丘で 2 New! 千菊丸2151さん

別冊少年マガジン「… New! らいち♪♪さん

コメント新着

あみりん9129@ コメントありがとうございます。 RESTIA (神河由実)さんへ 父は母の遺体を…
あみりん9129@ コメントありがとうございます。 あくびネコさんへ 労いのお言葉ありがとう…
あみりん9129@ コメントありがとうございます。 千菊丸2151さんへ お悔やみのお言葉ありが…
あくびネコ@ Re:130万超HITありがとうございます。(05/03) お母様、この度は御愁傷様でした。 あみり…
RESTIA (神河由実)@ Re:130万超HITありがとうございます。(05/03) お帰りさない。 お母様、逝かれてしまわ…
2014年09月26日
XML
カテゴリ:「黒執事」小説

 SMの苦手な方は読まないでください。

 BLの苦手な方は読まないでください。

 20禁です。

 あくまで二次創作ですから苦情は受け付けません。

 何卒お許しくださいませ。m(_ _)m



   手書きハート  手書きハート  手書きハート  手書きハート  手書きハート  手書きハート  手書きハート



 50人目は漆黒の黒髪に深緑色の瞳の若く美しい男だった。

 「僕が挿入する前に49人分を掻き出さないとね。」

 と男は言い、指を突っ込んで、シエルの身体から白い体液を掻き出し、

 スープ皿に入れると、今度はロートをシエルの口に突っ込んで、

 スープ皿いっぱいのドロドロとした白い体液をロートに注ぎ込んだ。

 シエルはあまりの不味さに吐きそうになったが、口を塞がれているので、

 吐き出せない。仕方なく自分の腸で薄汚れた白い液を呑み込んでいった。

 口の中いっぱいにネバネバしたものが広がって、喉から食道を通って

 胃まで汚されていく感覚にシエルは吐き気を催した。喉にこびりつく

 体液に耐えきれず、シエルは泣いてしまった。

 「可哀相に・・・水が欲しいんだね?キミにぴったりな水があるよ。

 聖水を飲みなさい。」

 男はそう言うと、ロートに放尿した。シエルは咽そうになったが、

 聖水を飲んだ。飲み終わると、男はロートを口から外し、

 「下の口も聖水で清めないとね。」

 と言って、ロートをシエルの尻に挿し、再び放尿した。

 そして、シエルの体内を聖水で満たした後、

 「こぼれないように栓をしないとね。」

 と言って、握り拳を尻に挿さったロートに突き立て、そのまま

 メリメリと尻にロートを押し込んだ。ロートが完全に体内に入り、

 手首までズッポリと納まると、観客達が

 「その瞳の悪魔との契約の印は淫乱の印だ!そんな奴は

 責め殺してしまえ!肘まで入れろ!」

 と囃し立てた。ロートの先の部分は既に直腸を超えているというのに、

 腕を肘まで入れたら、腸は破れて、死んでしまうかもしれない。

 シエルは痛みと恐怖に耐えかねて、泣き叫んだ。

 観客達はゲラゲラ笑いながら、シエルの泣き叫ぶ姿を見ている。

 「助けて!誰か・・・助けて!」

 シエルが血を吐くように叫んだ。すると、男は

 「悪魔と契約を交わした印の右目を抉り取るなら、

 許してあげてもいいよ。」

 と言った。男は腕を引き抜き、ロートも取り出した。

 そして、スプーンをシエルに渡し、

 「このスプーンで瞳を抉り取るんだ。キミが苛められているのは

 悪魔のせいなんだよ。さあ、早くスプーンを眼に突き立てるんだ!」

 と言った。シエルは手に握ったスプーンを恐る恐る

 目に突き刺そうとした。すると、その時、

 「坊ちゃん!坊ちゃん!」

 と、懐かしい悪魔の声がして、シエルは夢から目が覚めた。


                     (続く)









最終更新日  2014年09月29日 20時58分23秒
コメント(0) | コメントを書く
[「黒執事」小説] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.