網迫の電子テキスト新着情報

全4件 (4件中 1-4件目)

1

今日にちなむ

2005年01月03日
XML
カテゴリ:今日にちなむ
中里介山『日本武術神妙記』
ある年正月三日の夜、肥後熊本細川家花畑の邸で、謡初があって、人々が集まったが、武蔵もやって来た、規式はまだ始まらない前に、大組頭の志水伯耆という人が、上座から武蔵を見かけて言葉をかけ、
「貴殿が先年佐々木と勝負ありし時、小次郎が先きに貴方を打ったのだとの風説がござるが、その実否如何でござる」
 とたずねた。武蔵は何とも返答をせず、席に立てた燭台を取り伯耆の膝下ちかく、つかつかと進み坐り直して、
「我等幼少の時、蓮根という腫物が出来、その痕がある為に月代がなりがたく、今に総髪にてござるが、小次郎と勝負の時は、彼は真剣、我は木刀でござった、真剣で先に打たれたならば、我等が額に疵痕があるでござろう、能く能く御覧下され」
 と、左の手で燭台を取り、右の手にて髪を掻き分けて我が頭を伯者の顔に突き当てた処が、伯耆後ろへ反って、
「いやく一向に疵は見え申さぬよ」
 という、武蔵猶もおし寄り、
「篤と御覧候え」
 という、伯耆、
「いかにも篤と見届け候」
 といったので初めて立て燭台を直し、元の座につき、髪掻き撫でて自若たるものであったが、その時には一座の諸士いずれも手に汗を握って、鼻息するものもなかった。これ伯耆一生の麁忽なりと、その頃の評判であったそうな。






最終更新日  2005年02月17日 20時51分40秒
コメント(0) | コメントを書く


2005年01月02日
カテゴリ:今日にちなむ
高砂屋浦舟(鹿島萬兵衛)『江戸の夕栄』
宝船売り 一月二日夜は初夢を見てその年の吉凶を判ずる者多し。わけて都下花柳界には用ふる人多し。それは下等の半紙を四つ切にしたるものへ七福神乗合ひの宝船の図を画き、「なかきよのとをのねふりのみなめざめなみのりふねのをとのよきかな」(逆に読みても)と印刷せるを枕の下に敷きて眠り吉夢を結ばんとするなり。






最終更新日  2005年02月17日 20時33分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年01月01日
カテゴリ:今日にちなむ
大庭柯公『其日の話』(江戸団扇)

「火事」
今年の元日か二日の朝、芝の白金に火事があった。そこには三人の友人が住んでいるので、私は早速「白金も黄金も持たぬ連中は、江戸の花じゃと近火新年」と葉書に同文狂歌を書いてやった。この恒産無しと云う貧党の精神が、火事にどのくらい威勢を付けたか分からない。東京ももはや文明的帝都として、完成を期せずばならぬ時であるから、旧時代の産物である火事は、旧思想の親爺と共に、絶滅を期せずばなるまい。






最終更新日  2005年02月17日 20時34分38秒
コメント(0) | コメントを書く
2004年12月31日
カテゴリ:今日にちなむ
野村無名庵『落語通談』

「元日や今年もあるぞ大晦日」と、それは誰しもちゃんと心得てはいるのであるが、さていよいよとなるとその間際に臨んで、不心得の者は狼狽せざるを得ず、「春うわ気、夏は陽気で秋ふさぎ、冬は陰気で暮はまごつき」というマクラの狂歌同様の始末となる。
 この年のくれを扱ったものには「掛取万歳」「三百餅」「言訳座頭」「睨み返し」「晦日の五円」等いろいろある中に、おかしいのは「尻餅」などだろう。






最終更新日  2005年02月17日 20時56分53秒
コメント(0) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.